• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

自然な日本語に添削していただけないでしょうか

  • 質問No.1355889
  • 閲覧数137
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 95% (4831/5074)

 次の会話表現を自然な日本語に(できれば、女性の言葉に)添削していただけないでしょうか。いくつかの会話場面と想定させていただきます。

1。(「なりとも」という単語を練習してみたいと思います。)

 「Aさんは本当の理由にふれる話がわずかなりとも教えてくれればよかったのになあ。」
 
 Aさんは仕事を辞めました。仕事を辞める時に、本当の理由を言わずに、ほかのなにか言い訳のような理由を言いました。しかし、社長はそれをAさんの本当の辞める理由と思って、辞めさせました。社長はAさんが辞めた数日後、Aさんの辞めた本当の理由をほかの社員から聞きました。その時に、社長は惜しかった気持ちを含め、社員Bさんに以上のような言葉を言いました。

2.(「覚え間違えがなければ」という意味を表したいのですが、「覚え間違えがなければ」という言い方は自然かどうか自信がありません。)

「佐藤:田中さんの娘さんは何と言う名前だったっけ。
中村:覚え間違えがなければ、確かに「由美」という名前なんだけど。」

 佐藤さんと中村さんは田中さんの娘さんのことについて話をしています。佐藤さんはその娘さんの名前を聞いたことがありますが、自信がなく、中村さんに確認してもらっています。中村さんもちょっと自信が足りなく、もし自分の覚えていることが正しければ、由美という名前だと思っていますが、もし間違えましたら、佐藤さんに申し訳ない気持ちを表したいと思っています。

 日本語を何年間も勉強していますが、まだまだ文章がうまく書けません。説明文もせっかくの日本語を練習するいいチャンスと思って、工夫して書きました。説明文の中で不自然な表現がありましたら、それも併せて指摘していただければ助かります。宜しくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 22% (28/123)

ども。

1、
あなたの文をそのまま使ってなおすとすれば

Aさんは本当の理由をわずかなりとも教えてくれればよかったのになぁ。

Aさん(主語)が、教える(他動詞)ですから、理由(目的語)には、「が」ではなく「を」ですよね。

なりともは↓のように例文などありますが、おそらく一般日本人である私が今思いつき、かつ、普段使うのは
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%CA%A4%EA%A4%C8%A4%E2&kind=jn&mode=0&type=stick
1位 多少なりとも
2位 わずかなりとも (あまり使わないかなぁ)
の二語くらいかなぁ。

私がなりともを使って考えるならgoogoozzzさん同様
「Aさんが/は多少なりとも本当の理由を話してくれていたらよかったのになあ。」
でしょうか。この場合「が」「は」の違いは個人的にはあまり気になりません。

2、
「覚え間違い」は記憶が間違ってなかったら、間違いではないと思いますが、あまり使わないかなぁ。
何かわかりにくい文になりましたが、つまり
「記憶が間違って(い)なかったら」
「記憶が違って(い)なければ」
「記憶違いでなければ」
「記憶が正しかったら」
「記憶が合って(い)たら」
などなど「覚え」より「記憶」を使うほうが自然かと思います。下記おすすめ文です。

中村:記憶が正しかったら、確か「由美」という名前なんだけど.......。

確信の度合いは、確かに>確か、の大小関係が一般にあると思うんですが、説明文を見るかぎり、中村さんもあまり自信がなさそうなので、「確か」としました。

説明文、
中村さんもちょっと自信が足りなく、もし自分の覚えていることが正しければ、由美という名前だと思っていますが、もし間違えましたら、佐藤さんに申し訳ない気持ちを表したいと思っています。

この部分なおします。*ついている所なおしました。

中村さんもちょっと自信が足りず*、もし自分の記憶*1が正しければ、由美という名前だと思っていますが、もし間違えたら*2、佐藤さんに申し訳ないという*気持ちを表したいと思っています。

*1 上述の理由に因りますが、「覚えていることが正しければ」でも問題ありません。記憶を使う方がベターだというだけです。
*2 間違えるのは中村さん自身です。自分に丁寧語をつかい敬意を払っていることになります。

以上、高きところを目指してらっしゃるawayuki_chさんだからこそ、いろいろと指摘させていただきました。

参考URLには、awayuki_ch自身たくさんの文法書をお持ちだろうと思いますが、比較的平易な文で項目別に書かれた現代日本語文法を扱っておられるサイトをのせました。文法でお困りの際はこちらを参照なさってください。私もお世話になっているサイトです。
我々日本語を母国語とするものは現代文法を知らずとも、日本語を話せますから現代文法についてはあまり知りません。英語、中国語を学ぶ際に日本語を知ることも大事だと思いました。
お礼コメント
awayuki_ch

お礼率 95% (4831/5074)

 いつもお世話になっております。
 ご丁寧に教えていただき誠にありがとうございます。私にとっては新しい知識がたくさんあります。「なりとも」に関する表現の使う頻度や、「確かに」と「確か」の確信の度合いなど、いろいろと大変いい勉強になりました。説明文もご親切に添削してくださって、感謝します。同じ間違いをしないように気をつけます。これからもきびしい基準で私の質問文を添削していただければ大変ありがたく思います。参考URLも大変いい参考になりました。文法面で分からないことがあれば、参照します。
 本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
投稿日時:2005/04/29 00:19

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5
こんにちは。 参考にしてください。

1.「Aさんも、本当の理由をわずかなりとも(or 少しは)話してくれればよかったのに。」

「Aさんも」の「も」に違和感を感じられるかもしれませんが、英語のtooという意味とは少し違って(そういう意味が元にはなっていますが)、この場合、「~も」の「~」を惜しむような気持ちを表しています。「なりとも」の「も」も同じ語感ですね。
例:「あの人も惜しいことをした(なあ)」(その人が亡くなられた場合とか、その人が大事な機会を失したのを惜しんで)
  「君も君だ!」(他の人にも落ち度はあったかもしれないが、君にも随分落ち度がある、といった意味で、相手に対する残念な気持ちや責める気持ち)

2.「佐藤:田中さんの娘さんは何と言う名前だったっけ。
中村:そうですね…、私の覚え間違えでなければ、確か、『由美』さんだったと思います(よ)。」

他の言い方としては、

「私の記憶が確かなら」「確か…」「そうですね。…だったと思います(よ)」「…ではなかったかしら。(女性の会話言葉で)」

記憶がさらに曖昧で、確信の度合いがもっと低い場合、自信があまり持てない場合ですと、
「確かなことは言えないけれど(or 言えませんが)」「はっきりとは言えませんが」など。

非常に記憶が曖昧な場合の例として、
「そうですね…。確かなことは言えませんが、… ○○さんとか、… ○△さんとか、何かそのようなお名前ではなかったかしら」など。

(極端な話ですが、) 何かの証言を求められるなど、特に正確さを求められるようなシチュエーションでは、
「私の記憶に間違いがなければ」「私の憶えている限りでは」「私の記憶が正しければ」など、やや硬い言い方が生きてくると思います。


ですから、日常語のレベルでは、「そうですね。たしか(or 確か)、~~だったと思います(よ)」ぐらいが自然で、もう少し念を入れて慎重さを期すなら(awayukiさんの解説にあるような、「もし間違えたら申し訳ない気持ち」が働く時には)、「そうですね。私の覚え間違えでなければ、たしか、『由美』さんだったと思いますよ」ぐらいで良いと思います。


「覚え間違え」って、私自身はあまり使わない言葉かなと思ったんですが、「おぼえ」「まちがえ」と全部「やまと言葉」ですから、音がやわらかで、意味もわかりやすい、きれいな日本語だと思います。

ちなみに、「覚え間違え」「覚え間違い」「覚え違え」「覚え違い」どれが一般的なんだろう?と思い、google を引いてみましたところ、皆さん、どれもそれぞれに使っていらっしゃるようです。どれが正しいとかは、言えないようです(動詞の活用形としては、「間違える」→「間違え」、「間違う」→「間違い」)。「覚え間違え」では、ちょうどawayukiさんが使ってらっしゃるような感じで使ってらっしゃる方もありました。ご参考までに。

解説の文章は、登場人物の気持ちがひたひたと伝わってくる達意の文で、伝えたい気持ちの中身がとてもよくわかりました。がんばってくださいね。  

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E8%A6%9A%E3%81%88%E9%96%93%E9%81%95%E3%81%88&lr=
お礼コメント
awayuki_ch

お礼率 95% (4831/5074)

 いつもお世話になっております。
 ご丁寧に教えていただき誠にありがとうございます。「も」の使い方、「記憶」に関する一連の口語表現、「やまと言葉」など、どれも大変いい勉強になりました。
 応援してくださって、本当にありがとうございました。日本語の勉強がんばります!
投稿日時:2005/04/29 01:25
  • 回答No.4

ベストアンサー率 23% (189/802)

「女性ことばの自然な日本語」ということで,考えてみました。

1.(「なりとも」の使用例練習からは外れますが)
BさんからAさんのことを聞いた後,(Bさんに向かってとも自分自身の独り言ともつかない言い方で)
社長:「わずかでもいいから本当の理由を話してくれればよかったのにねぇ」
※もちろん,「わずかなりとも」と言っても成り立ちます。また最後は「なぁ」でもいいですが,これだと多少男っぽい感じがします。

2.「たしか,(このあいだに少し間をおいて)
『由美』という名前だったとおもいますけど…」
※もちろん,「記憶違いが無ければ」という言葉を入れても成り立ちます。
お礼コメント
awayuki_ch

お礼率 95% (4831/5074)

 いつもお世話になっております。
 ご親切に教えていただき誠にありがとうございます。教えてくださったネイティブなしゃべり方を覚えておきます。大変いい勉強になりました。
 本当にありがとうございました。
投稿日時:2005/04/29 01:02
  • 回答No.2

ベストアンサー率 46% (144/311)

こんにちは。とてもきちんとした日本語を書かれているので
あまり指摘するところはありませんよ。

1について
説明文を読んで「なりとも」を使って社長の気持ちを表す。
という問題を自分が出されたと想定して

「Aさんが多少なりとも本当の理由を話してくれていたら
よかったのになあ。」

ですかねぇ。


2について
「覚え間違い」という言い方もするかもしれませんが
より自然な言い回しでは
「記憶違い」という言い方のほうが馴染みやすい
ような気がします。

「記憶違いじゃなければ、確か「由美」という名前なんだけど。」

"確かに"「由美」・・・ だと確信をもった表現
になってしまいます。


日本語教師ではないので、日常生活の中で使っている
日本人の感覚で答えてみました。何か足りないことがあれば
また補足しますね☆
お礼コメント
awayuki_ch

お礼率 95% (4831/5074)

 ご親切に教えていただき誠にありがとうございます。
 普段の会話の時の感覚で伝えていただき大変助かりました。私は教科書の例文より、日本人が普段使っている日本語をより多く身に付けたいと思います。今日のNHKのニュースの中で、「記憶違い」という単語が出てきました。聞き取れた瞬間はとても嬉しかったです。これはgoogoozzzさんのおかげです^^。
 本当にありがとうございました。日本語はまだまだ下手です。これからもよろしくお願いします。
投稿日時:2005/04/28 23:57
  • 回答No.1

ベストアンサー率 28% (2/7)

1、「Aさんが、会社を辞めた本当の理由を、少しだけでも教えてくれれば良かったのになぁ」が良いと思います。「なりとも」は、特に女性はあまり日常では使わないので、気にしなくてもいいですよ。

2、私なら、「覚え間違えがなければ、確か「由美」という名前だと思うんだけど」と言います。「覚え間違えがなければ」は自然ですよ。

 説明文は全く自然です。
 勉強、頑張ってくださいね。
お礼コメント
awayuki_ch

お礼率 95% (4831/5074)

 ご親切に教えていただき誠にありがとうございます。
 「なりとも」はこちらのサイトで習った新表現で、自分でも一度使ってみたいと思って、こんな場面と想定したのです。女性は日常ではあまり使わない表現ですね。大変いい勉強になりました。
 応援してくださって、本当にありがとうございました。日本語の勉強、がんばります!これからもよろしくお願いします。
投稿日時:2005/04/28 23:28
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ