• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

雪の進軍の歌詞について

  • 質問No.1321899
  • 閲覧数1639
  • ありがとう数1
  • 回答数2

お礼率 55% (11/20)

軍歌の「雪の進軍」の歌詞についての質問です。
自分の持っているCDの場合
4番 武運つたなく討ち死にせねば
   義理に絡めたじゅっぺいまわた
   そろりそろりと首絞めかかる
   どうせ生かしてかえさぬつもり
ですが、ばあさんの持っていたカセット「あゝ日本軍歌」(HEARTとある)ですと
「どうせ生きてはかえらぬつもり」
になってます。どちらが正解でしょうか?
歌詞の流れや雰囲気からするとCDが正解のように感じますが。また歌詞を変えた意図なんかはあるのでしょうか?よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 32% (25/76)

自分も軍歌は聴きますが、持っているCDでは「どうせ生かして還さぬ積り」になっています。
以下のURLの最後に注釈がありますので参考になさってください。
お礼コメント
zazan2005

お礼率 55% (11/20)

どうもありがとうございます。
やはり疑問に思っていたことは間違いではなかったんですね。
生きては帰らぬ、と生かして還さぬでは
主体性と受ける印象が全然違います。
太平洋戦争中には演奏禁止とは貴重な情報を得られました。
よりこの曲が好きになりました。
本当にありがとうございました。
投稿日時:2005/04/10 23:53

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 35% (34/97)

私が八甲田山で購入した「吹雪の惨劇」と言う書籍に載っている歌詞は、

「どう”も”生きては還らぬ積り」

でした。

ご参考まで。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ