-PR-
締切済み

SFオンチでも読めるSFは?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.125840
  • 閲覧数44
  • ありがとう数16
  • 気になる数0
  • 回答数11
  • コメント数0

お礼率 80% (36/45)

一般にSFと呼ばれる部類に入る本が苦手な者です。
他ジャンルで好きな作家さんが書かれたSFを読みたいと思っているのですが、ちょっと手が伸びません・・・。
SF独自の単語(?)やら設定やらを理解するのは諦めてしまったのですが(苦)なんと言いますか、あまりにもスケールが大きかったり現実とかけ離れすぎていたりするものがやはり理解できません。
(SFと言うのはそう言うものだとは思いますが)

それで、SFに慣れる為に皆様のお勧めの優し目のSFを教えて頂きたいのです。
どういうのだ?と言う質問が逆に出そうな質問ではありますが、どうかお願い致します。

それと、現代人にあるまじきカタカナ拒否人間ですので、人物名がカタカナだったり、ページ内をカタカナが埋め尽すような本はちょっと苦手です。
(海外物も読めないのです・・・)
ちなみに、最近読んだ物の中で平気だったのは上遠野浩平氏の「僕らは虚空に夜を視る」「わたしは虚夢を月に聴く」です。

こんな注文が多くて申し訳ないのですが、それでもこれは大丈夫!と言う本がありましたら、是非おしえてください。
通報する
  • 回答数11
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全11件)

  • 回答No.4
レベル13

ベストアンサー率 31% (610/1954)

翻訳物で申し訳ないですが、「アルジャーノンに花束を」ダニエル・キイス。SFとしては難しくありません。現在文庫本で出ているのは長編バージョンですが、図書館などで中篇バージョンを捜して見て下さい。中篇は泣けます。
痴呆の青年が、ねずみのアルジャーノンと共に知能を高める治療法の実験台になり、天才的な知能のひらめきを見せますが、ある時アルジャーノンに知能の退行が・・・彼は必死に自分の知能の退行を妨げようとしますが・・・

日本人作家のものでしたら、「宮部みゆき」様(?)の「龍は眠る」をお勧めします。この人はSFっぽいのも書きますが推理作家です。平易な文体でとても読みやすく出来ています。超能力ものです。私はこれを読んでから「宮部みゆき」様(笑)の大ファンになりました。
お礼コメント
yuan_kou

お礼率 80% (36/45)

いえいえ、翻訳物でも名前以外にカタカナが少なければ・・・多分。
長編と中篇があるのですね?オススメは中篇・・・と。

宮部みゆき氏の本は、いつだったかミステリで読んだ事があります。
「龍は眠る」もてっきりミステリだと思いこんでおりました。
よ、読みたいかも・・・。
あ、教えて下さってありがとうございました。
投稿日時 - 2001-08-28 23:55:09


  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 22% (121/535)

石川英輔の「大江戸神仙伝」(講談社文庫)なんかいかがですか。
カタカナはほとんど出てきません。皆無に近いです。
SFというものには、こんな物まであるのだと気づかせてくれます。
星新一のショートショートも立派なSFですし、宮部みゆきの「蒲生邸事件」なんてのも素敵です。
お礼コメント
yuan_kou

お礼率 80% (36/45)

おお、麗しの漢字が(笑)
カタカナが皆無、というのにかなり惹かれております。
本屋さんに行って探してみますね。
教えて下さってありがとうございました。
投稿日時 - 2001-08-28 23:50:20
  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 37% (419/1115)

新井素子さんの「星へ行く船」シリーズは如何でしょうか。
一人称で進行する物語はちょっと不思議な感じもありますが兎に角読みやすいです。
舞台が地球から他惑星へと拡がった世界にも関わらず登場人物がほとんど日本人または日本名という馴染みやすい(?)構成です。
時折SFっぽい設定も登場しますが、必ず主人公による解りやすい説明が入りますので安心です。
シリーズというだけあって本編シリーズ5冊+外伝的シリーズ3冊となりますが、何れもあっという間に読めてしまう手軽さ&面白さ。
お勧めです。(^_^)
尚、シリーズ構成は以下の通りです。

(本編)
星へ行く船
通りすがりのレイディ
カレンダーガール
逆恨みのネメシス
そして星へ行く船

(外伝)
星から来た船(上)
星から来た船(中)
星から来た船(下)

何れもコバルト文庫です。
お礼コメント
yuan_kou

お礼率 80% (36/45)

新井素子さん・・・そういえば、家にあったような気が・・・(読みなさい)
以前パラパラと見た事がありますが、「SFかぁ」と思って読まなかったのです。
お金もかからないと言う理由から(笑)早速母に借りて読んでみます。
教えて頂いてありがとうございましたm(__)m
投稿日時 - 2001-08-28 23:48:22
  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 38% (61/158)

はじめまして。

SFを読みたいのでしたら、カタカナくらいは好きになってください。(笑)

まずは、映画の原作本などを読み始めてみてはいかがでしょうか?
ジュラッシック・パークなどは映画やTVでご覧になったことも
あると思いますので、それほど苦労しなくても読めると思います。
(ただし、人物名がカタカナになってしまいますが...)

あと、医学系のSFは読まない方が良いですね。
僕は好きなので苦労せずに読んでいますが、
D.N.A.の話などが出てくる場合、少々の知識がないと辛いと思います。
(D.N.A.とはどういうものなのか...ぐらいは知っておかないと...)

参考になれば幸いです。
お礼コメント
yuan_kou

お礼率 80% (36/45)

ごもっともです(笑)
カタカナはもはや天敵とも言うべき存在です。(これでも若いんですがねぇ)
だから、好きになるのはともかくなれるように努力致します。

なるほど、映画になった物だったら大丈夫かもしれません。
試してみます。

医学系は、多分大丈夫なのかなと。
漫画ですが、以前パラサイト・イブを読んで理解できました。(ゲームになったやつではありません)
教えて頂いて、ありがとうございましたv
投稿日時 - 2001-08-28 22:09:21
  • 回答No.5
レベル9

ベストアンサー率 37% (33/87)

SFとは言えないかも知れませんが、星新一はどうでしょう?
ショートショートで有名ですね。
短いけど、最後にやられたぁ~。と思わされます。

そんなにカタカナも使われてないと思います。
ただ、殆どの話で主人公がエフ氏とかエヌ博士とかですが(笑)
1つの話はそんなに長くないのでカタカナが有っても
苦にならないと思いますよ。
お礼コメント
yuan_kou

お礼率 80% (36/45)

SSということは短編集か何かでしょうか?
短編集、ん~いいですねぇ。短編は何故か大好きなのでレッツトライしてみます(笑)

エフ氏とかエヌ博士とか、ということはエル先生とか(笑)
明日大きめの本屋さんに行くので、ちょっと探してみます。
って、おや?読む時間はあるのかしら・・・?
投稿日時 - 2001-08-28 23:59:18
  • 回答No.6
レベル12

ベストアンサー率 22% (103/453)

『ソリトンの悪魔』(梅原克文)などはいかがでしょうか?
登場人物は日本人ですが若干カタカナの機械用語がでてきますがほとんど気にならないと思いますよ。

上下巻で、重ねると5cmほどありますが読みやすくてかなりお勧めです。
内容的には、近未来SF小説で読んでいて荒唐無稽な展開にもかかわらず情景が想像できてしまうところが面白いです。
内容も一応は超真面目風となっております。

私は一気に読み干してしまいました。
とにかく一度是非読んでみてはどうでしょうか?
お礼コメント
yuan_kou

お礼率 80% (36/45)

分厚い本、ドンと来いです(笑)
京極氏の本が好きなので、本の厚さには慣れてしまいました。
て、話がずれました。すみません。
内容説明からすると、イメージしやすい文章なのでしょうか。なんだか楽しみ。

早速探してみますね。(何だか時間より金銭的な問題が~/苦笑)
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-08-29 00:05:09
  • 回答No.10
レベル9

ベストアンサー率 33% (21/63)

 SF用語が苦手という事なら、やや難度は高めかもしれませんが、笹本祐一は結構お勧めです。
 
 代表的な著作を挙げるなら、
 「妖精作戦」シリーズ4巻
 「ARIEL」シリーズ17巻(続巻中)
 「星のパイロット」シリーズ6巻

 ほかにも多数ありますが、ほとんどが現代~近未来(50年ぐらい?)を舞台にしているので、今の科学技術でも充分説明できる小道具ばかりです。
 科学用語はこれでもかってぐらいに登場しますが、適当に読みとばしても雰囲気は味わえる語り口です。読んでいるうちになんとなく科学用語に詳しくなれると思います。
 あ、あと作中に登場する車やヒコーキはクラシックモデルでかためるのが好きな作家です。最先端の科学ととっくの昔に生産中止になったクラシックカーが混在する不思議な魅力があります。

 シリーズものだけでなく、1冊物も多く書いていますので、お近くの本屋さんでとり合えず立ち読みされてはいかがでしょうか。もちろん怒られない程度に(^^;)
お礼コメント
yuan_kou

お礼率 80% (36/45)

おおお、見覚えのある作品名が(^^)
適当に読み飛ばして・・・い、いいんでしょうか?(笑)
そうですね、早速本屋さんで立ち読みに行って参ります。もちろん棚のすみに隠れて読みますですよ。

教えて頂いてありがとうございました。
投稿日時 - 2001-10-06 18:10:28
  • 回答No.9
レベル8

ベストアンサー率 28% (9/32)

上遠野浩平氏の「虚空牙シリーズ(勝手に命名)」が読
めるんでしたら、大抵の和物ライトSFはいけるんじゃな
いですかね?

私のお勧めとしては
草上仁氏
一種落語的なオチがある短編SFを書かれています。
最近は長編が多いようですが、それはそれで楽し
めます。
早川SFなどで10何冊程度出版されてます。
また短編かいてくれんかなあ・・・。

梶尾真治氏
こちらは、ハートフルもしくは哀愁漂うSFを書かれ
ます。
SF用語が多いきらいもありますが、それを押しても
ストーリーテリングが楽しめます。
早川JAや徳間書店、朝日ソノラマ等で出版されてます

などですかね。
どちらも短編集的なのがお勧めです。

参考までに
無断リンクですが

草上仁著作一覧
http://member.nifty.ne.jp/hagu3/k/kusakami/kusakami.htm
梶尾真治著作一覧
http://www1.mint.or.jp/~idris/kajio/kajio.html
「クロノス・ジョウンターの伝説」お勧めです。

読書は、もっとも手軽な疑似体験たど思います。
自分から枠を設けて、このジャンルは読まないってい
うのはやっぱりもったいないですよね。
誰がなんといおうと、読んだ本人が楽しめればオッケー
なのですから。
お礼コメント
yuan_kou

お礼率 80% (36/45)

草野仁氏の名はよく本屋の棚で見かけます。
有名な方なのでしょうか・・・?(早川はじめSF系作家にはもう疎くて疎くて…)
挿絵の絵柄が可愛かったような覚えが。それだけで決めるのもなんですが、このみの挿絵はそれはそれで楽しいですので(笑)

そうですね、やはり読書は「これは駄目、アレは駄目」って決め付けないで、広く読んで行きたいですよね。
これがその第一歩になるといいのですが。

教えて頂いて、ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-10-06 18:07:43
  • 回答No.8

私も翻訳ものでもうしわけないですが…

『アトムの子ら』ウイルマー・H・シラス著 早川文庫
主人公ティムは、すごく頭がいいのにそれを必死でかくしています。
その謎を精神科医が探って行きます。

『夏への扉』ロバート・A・ハインライン著 早川文庫
タイムトラベルの古典です。微笑ましいです。

上記二冊は、1950年代の本で、翻訳もカタカナが少ない方だと思います。
「冷凍睡眠」と書いてある横に小さく「コールドスリープ」とかいてあります。
SFの初期の頃の本ですから、翻訳者の方もなじみやすいように工夫されていたのだと思います。

それから、『リプレイ』ケン・グリムウッド著 新潮文庫
人生を何度も何度も繰り返すという話です。
1988年10月から以前のアメリカが舞台ですから、SF特有のカタカナなどはでてこないと思います。
作品自体がちょっと考えさせられるので、オススメします。

これらは、宇宙人も星間戦争もハイテクもあまりでてきません。
でも、やっぱりSFです。(^^)
お礼コメント
yuan_kou

お礼率 80% (36/45)

お礼が遅くなってしまって本当に申し訳ありません。
冷凍睡眠の横に小さなルビが・・・(笑)少し歴史を感じてしまいました(何故)
SFと一言でまとめてしまうのも難しいのですね。宇宙が出てこなくともSFと呼ぶのですから。

教えて下さってありがとうございました。
投稿日時 - 2001-10-06 18:03:22
  • 回答No.7
レベル12

ベストアンサー率 26% (249/938)

漫画から入ると言うのも一つの手かもしれませんよ。

藤子・F・不二雄氏のSF短編集とか、石ノ森章太郎氏の
「人造人間キカイダー」「サイボーグ009」「番町惑星」「原始少年リュウ」「幻魔大戦」などがSF入門によいと思います。

特に「幻魔大戦」はその勢いで平井和正氏の小説「幻魔大戦」に行くということもできますからね(笑)

因みに藤子・F・不二雄氏の「SF」は「すこし・ふしぎ」の略なのだそうです。
(といっても、しっかり宇宙やパラレルワールドなどの単語が出てきます)
お礼コメント
yuan_kou

お礼率 80% (36/45)

漫画や映画は不思議な事に平気なんです。画像として既に出来てるからかな?
でも、確かに最初から小説にはいるよりも慣れやすいかもしれません。
漫画の方は古本屋で立ち読みしてまいります(笑)

「すこし・ふしぎ」の略は初めて聞きました。
なんだか可愛らしい響きですね(^_^)
投稿日時 - 2001-08-29 00:08:53
11件中 1~10件目を表示
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ