• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

築20年でも大丈夫?

今回気に入った物件は築20年くらい経っています。 築年数は古いですが、前のオーナーがていねいに使い まめに手を入れていたのでかなりいい状態です。 造りもかなりいいそうです。 しかし地震に関する不安は付きまといます。倒壊、圧死 なんてなるとしゃれになりません。一応1981年に 建築基準法が改正されそれ以降の物は震度6クラスでも 倒壊の恐れは無いそうです。これも85年築なので 一応大丈夫なはずですが。でも最新の新築は耐震実験 でも阪神淡路や中越震災クラスでも全く損傷無く、 ビクともしませんよね。あそこまでは期待しませんが、 倒壊だけは避けたいです。どうですか?大丈夫 ですか?

noname#10103
noname#10103

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数98
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
noname#11466
noname#11466

阪神大震災でも問題となったのは倒壊した建物の多くは、構造部分の腐食や白蟻被害にあっていたという事実がありますので、購入前に専門家による点検を受けた方がよいでしょう。 方法としては、 ・木造耐震診断士などの資格を持つ建築士などに依頼 ・住宅性能保証による中古住宅保証の診断を受ける などが考えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 耐震補強のいろいろ

    今度中古戸建を買おうかと思います。しかし築年数 が25年と古く耐震面で不安です。でもとりあえず 住まないといけないので、耐震工事を頼もうかと 思います。そこで質問です。 1 費用ってどれくらいかかるんですか?数十万 でできるのですか? 2 やはり事前に耐震診断を受けた方がいいのか? 3 きちんと施工すれば震度6クラスでも倒壊、圧死 等は防げますか?

  • 築20年でのマンションの耐震。

     築20年でのマンションの耐震はどれくらいなんでしょうか?。  両親が築20年のマンションを買おうとしていますが、私の家は埼玉で近年必ず起きるであろう、首都直下地震は埼玉直下のケースもありえるわけで、築20年なんて地震に耐えうるかとても心配です。  そこで、阪神大震災や新潟中越地震などでの住居倒壊ケースで築年数と倒壊関係などの報告資料があれば教えていただきたいのですが。

  • 建築基準法の「新耐震設計基準」(1981年)

    「阪神淡路大地震の際にも、1981年以後に建てられた建物は、新耐震設計基準に沿って設計されているので、被害が少なかった」とよく耳にします。 「新耐震設計基準」とはどのような内容なのか、わかるサイトなどあれば教えてください。 下のサイトは「建築基準法」の内容がわかるものですが、このどこに「新耐震設計基準」についての記載が書かれているのか、全くわかりませんでした。 http://www.houko.com/00/01/S25/201.HTM

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
noname#96725
noname#96725

家の耐震性能は仰るような築年数だけで判断するものではありません。 確かに建築基準法は地震などがある度に強化されて来た歴史はありますが だからと言って強度が比例すると言うほどのものではありません。 建物の外観や手入れの良さは直ぐ解りますが頑丈かどうかは別問題ですね。 >どうですか?大丈夫ですか? と聞かれて資料もなしに誰もお答え出来ません。建築士の私でも無理です。 もし診断士に調査して貰わないのであれば自己責任の大まかな想像で決断して下さい。 一応目安になるものを申し上げますが、これも総合的に判断をしないとかえって間違いの元になるかもしれません。 1)屋根は軽い材料を使っているかどうか 2)二階建てなら二階の四隅もしくはそれに近い位置で柱は通しの一本物を使っているか 3)窓が多い開放的な間取りではないかどうか(開口部ばかりが目立つ建物は良くない。特に家の隅の二辺とも窓などの開口部があるような場所は構造的に弱いです) 4)筋交い(すじかい)がしっかり入っているかどうか(これは床下に潜って調べる) 5)屋根裏に上ってみて小屋組みが丈夫に出来ているかどうか 6)二階建ての場合ですが二階の窓・壁の直下が同じように窓・壁で構成されている(これはあまりあてにならない) 7)リビングと食事室或いは台所が一体になっている広い空間は好まれますが耐震性能は劣ります。その上に二階があると強度は更に下がります。 8)二階の壁配置と一階の壁配置がおおむね似通った位置かどうか 9)賃貸を前提に作られた建築物かどうか。これは素人でも雰囲気でわかります。玄関が何となくチャチ、建具が安っぽい、流しや風呂が安物、など。目立つ一部分だけを飾って高級に見せ掛けていても解ると思います。仮に個人所有物として建てられていても予算を手抜きして建てたものはやっぱり解ります。そのような建物の隠れて見えない部分だけ手間と予算を掛けるという事は想像しにくいですね。 以上、気になるのであればお金を支払って調査して貰うのでなければご自分で本を読むなり研究して調査されるのがベストです。専門の本もわずか一冊読めばたいがいの事は解ると思います。 私だってこの世界に入って勉強する前は何も知らない素人だったですよ。素人の方には本を読んでも理解が出来ない、と言うほどチェックは高級な物理学ではありません。 教えてgooで誰かが「良いでしょう」と答えたとしてあなたはそれでご家族の安全を納得されますか?その逆のお答えでも必ずしも信用できないでしょう? ちょっと辛口の回答になりましたが家の倒壊・ご家族の生死に言及されましたのでついこちらも真面目に・・・。お許し下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

基礎や柱など、構造体の部分に異常がなければ大丈夫と思いますが、前のオーナーがいくら丁寧に住んでいても、大幅な改修実績が無いと、構造体にまでは手は回らないと思います。 床下の換気や、水漏れによる腐食、シロアリ被害などは通常目が届かないところですから、見た目は綺麗でも充分注意する必要があると思います。 診断士など、プロの目で確認して見たほうが良いかも知れませんよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • cards
  • ベストアンサー率14% (3/21)

一軒家なのかマンションなのか状況が判らないのですが、はっきり言って、物によるとしか言いようがありません。 立派そうに見えても、手抜き建築の可能性はあるし(20年もたてば、不具合がはっきり出ている?)ましてや地震対策がどうなっているかなんて、実際に見ても判るわけはありません。 やはり、不安ならば、建築士などの専門家に見て貰うのが一番良いでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • genmai59
  • ベストアンサー率45% (1214/2675)

私の知り合いの家は阪神大震災のときに震度7の地域で、築30年でしたが、多少傾いただけで無事でした。けっきょくは、その家の建て方によるのだと思います。むかしながらの工法でしっかり建ててある木造住宅は、案外強いですよ。心配なら、耐震診断を受けてみてはいかがでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 築35年のマンションの耐震性

    1970年築、8階建てのマンションの一室を借りることを検討しています。古いので、耐震性がどの程度あるのかまったくわかりません。(希望する千代田区内だとこれくらい古くないと予算におさまりません。) 大手建設会社の施工なので倒壊はしないだろう、程度の認識しかありません。 建築基準法の構造規定や耐震規定が改定されるまえの物件ですが、耐震面でどのような位置付けにあるか教えていただけないでしょうか。 なにとぞよろしくお願いいたします。

  • 一戸建ての寿命

    最近一戸建てを探しています。予算の関係で 中古ですが、築十数年経つと建物の価値も ほとんどなくなります。そうなると当然 お安く買えます。 そういう家を買ってどれくらい長く住めますか? 業者に言わせると、屋根を葺き替えたり、 外壁を塗りなおせば長く住めるといいます。 しかし木造で築40年なんか地震がくれば 一発で倒壊しそうな気がします。実際築 35年の物件を見ましたが、雨漏りもひどく やばかったです。 築20年未満だと建築基準法上はそれなりの 耐震基準を満たしてるとは思います。事実 地方自治体の補助も1981年以前の物件 のみですし。実際戸建はメンテナンスをちゃんと やれば長持ちしますか?

  • 木造中古住宅と地震対策

    こんにちは 中古の木造2階建て住宅購入を検討しておりますが、昭和53年3月築(平成3年内装のみリフォーム)と年季が入っています。週末に見学に行こうかと思うのですが、木造住宅の寿命はどの程度と考えれば良いでしょうか。(水周りリフォームは覚悟しています) また阪神大震災では、新建築基準(昭和56年、1981年?)以前の多くの住宅が倒壊したそうですが、やはり補強は必要でしょうか。またどんな工事で、費用の相場はどのくらいでしょうか。さらに自分で(日曜大工レベル)の作業は、無理でしょうか。 東京都世田谷区で、3LDK、23坪、建蔽率60%、容積率150%で、地盤はしっかりしている様です。ご教示のほど、よろしくお願いいたします。

  • マンションの耐震性

    今度マンションを買おうかと思います。最新の免震 マンションとかではないです。でもここ数年に 建ったので、阪神淡路クラスの地震でも倒壊することは ないそうです。ただ基礎の部分に大きな損傷を 受け、多額の修繕費がかかる事は否定できないそうです。 困りました。特にマンションは戸建と違って総意を まとめないといけません。えらく大変だそうですね。 ましてやローンを組んでる状態で、数百万の出費と なると人によっては無理という人もいるでしょうし。 実際大地震が起きたら多額の修繕費を伴う改修は 必要なんでしょう?ちなみにその物件は安普請な マンションではなく、大手デベロッパーとゼネコンが 建てた大規模マンションです。

  • 建物の耐震強度と大家の義務等…

    こないだの中越地震をうけ、不安な事があるので会社の建物の耐震性などについて教えて頂きたいです。 会社は10人くらいの小規模な事務所です。 建物の状況ですが、 ・一戸建て3階建物の1階に会社が入っています。 ・ビルではなく、普通の住居で2~3階は大家さんが住んでいます。 ・1階は前面が駐車場になっており、柱が隅に2本立っています。 ・駐車場上は大家さん住居がはり出しています。 ・駐車場と1階室内の区切りはガラス張りの仕切りで、サッシの柱です。 ・1階室内には柱はありません。 ・広さは90ヘーベーくらいです。 ・天井には室内中央にガラス仕切りと平行に一本梁があります。 ・ガラス張りの所の上の壁にところどころ亀裂がみられます。 (壁紙だけに亀裂なのか中までかは不明) ・外壁に小さな亀裂のようなのがいくつかあります。 ・築16~17年です。 ・8年くらい前に簡単なリフォームを行った際、床や壁をみた感じ、ちょっと杜撰な造りの印象を受けました。 (床の支えの一部に木の切れっぱしのようなので適当に支えてあったのがあったり…) 以前、会社の上司に「地震のとき気をつけた方がいい建物」みたいな冊子に、一面ガラス張りなど、我が社がいくつか当てはまる旨など告げたのですがあまり真面目に取り合ってもらえませんでした。 私の席は業務上ひとりガラス張りの面のすぐ横にポツンとあるのですが正直とても不安です。 阪神淡路や中越級の地震が来たら一瞬でグシャッといってしまうのではないかと… そこで、上司に真面目に取り合ってもらう方法と、大家さんに補強などを促す方法を教えて頂きたいのです。 会社の、建物にたいする社員への義務や大家さんの店子へ対する義務などもありましたら教えて頂けると助かります。 ちなみにちゃんと資料等揃えて話せば聞いてくれる上司です。 大家さんは年配のそれなりに裕福そうな家です。 よろしくお願いします。

  • 地震の時の逃げ場

    同じような質問がたくさんあるだろうと思いますが、不安で仕方ないのでいくつか質問させてください。 私は東北在住ではないのですが、今回の地震で震度5弱の揺れを体感しました。 築15年の10階建てマンションの8階なのですが、とても揺れました。 幼い子供を2人抱えて、怖くて怖くて一瞬死ぬ覚悟もしました。 幸い見た感じでは亀裂や破損もないのでマンションには影響はなかったように思いますが、あまり綺麗なマンションではないですし、普段から床がギーっと軋んだりするので造りがもろいのではないか心配です。(一応鉄筋コンクリートです) これからまだ大きな余震の可能性もあるそうですし、今回以上の震度6や7が来てマンション自体が倒壊してしまえばどうしようも無い事なんですが、まず地震が来た時にどこへ逃げれば良いのかが分かりません。 今はまず玄関のドアを開けながら揺れがおさまるのを待っています。 玄関のドアは手を離すと勝手にしまってしまう構造なので、閉まらない様に押さえながら子供2人抱えてうずくまっています。 机の下に隠れろなどとよく言いますが、机はダイニングキッチンにあり、近くに大きな食器棚などがあるので逆に怖いです。 食器棚が倒れてくると道がふさがれてしまうので・・・ 玄関には壁にくっついているタイプの下駄箱があり、他に家具などもないので天井や壁が崩れて落ちてこない限り重たいものが倒れてくる心配はないと思っているのですが。。。 家の中で玄関は安全な方なのでしょうか? 私の避難の仕方で危険な事などがあれば指摘して欲しいです。 あと、寝室にはセミダブルベッドのみなのですが、大きな地震の時はセミダブルベッドが吹っ飛ぶと聞くのですが、逆にベッドは置かないほうが安全ですか? もう1つ、今回の地震や阪神大震災の時など、全壊したマンションやビルなどはどのぐらいあったのでしょうか。 とにかく建物が崩れさえしなければまだどうにかなるのではないかと思っているのですが、余りにも揺れるので造りが雑なのかと心配してしまいます。 どのぐらいの震度に耐えられるのか調べる方法などはあるのでしょうか? 明日から停電も始まり、主人が仕事でいない間1人で子供2人を守らなければならず、もう本当に怖くて不安でたまりません。

  • 耐震補強で屋根の軽量化と柱の抜け防止はどちらが効果

    的でしょうか。 我が家は築35年を超える在来工法の日本家屋です。 このタイプの家は阪神淡路や東北の巨大地震ではひとたまりもなく倒壊すると言われています。 従って是非とも耐震補強を施したいのですが、今の建築基準からするとほとんどの部材が強度部材とみなされないらしいのです。 ですから新基準に合致するように補強するとなると大変な費用がかかってしまいます。 しかし正直な話、お金の余裕があまりありません。 お金があれば議論の余地なく、とっくの昔に工事していたことでしょう。 お金のない私達は毎日心配しながら暮らすのしかないのでしょうか。 私達の市でも補助金は出してくれるそうです。 しかし、補助金を頂くにはそれ相応に十分な補強をしなくてはなりません。 なまはんかな補強には補助してくれないのだそうです。 役所にしてみれば、せっかく補助金を出したと言うのに、 地震で倒壊してしまったら何をしてるのかってことになってまずいのでしょう。 ですから補助金出すんだから徹底的な補強にしてくれと言うことになります。 しかしそんな工事は大変なお金がかかって、とても私たちには無理です。 しかし、考えれば考えるほど今の我が家は危険だと感じています。 専門家の意見を聞きますと、先ず屋根が重過ぎるということでした。 うちのは日本瓦に土の典型的な日本式の最も重いタイプの屋根だそうです。 それと強烈な揺れが続くと柱が抜け出して二階がそのままストンと落ちてしまうような構造になっているそうです。 ですから屋根の軽量化と柱の抜け防止は絶対必要であると言う話です。 両方すべきなのでしょうが、乏しい資金ではそうも行きません。 でもせめてどちらか一方は施したいと思っています。 そこでお聞きしたいのです。 乏しい資金の中から少しでも効果のある補強をするとしたら、 屋根の軽量化でしょうかそれとも柱の抜け防止でしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 耐震扉とは、どの様な構造・仕組みですか?

    NZ地震の模様が毎日放送され、耐震対策も放送する状況です。 天災は忘れた頃に来襲するとか、備えあって憂いなしとは言われるますが、分譲マンションでは個人でする対策は個々人が対処します。だが、共用部・共有部となると、高額を要しますし、対策してもメーカも販社も補償しないから組合員は誰も賛成しない。 こういう状況ですが、阪神淡路地震では、各住戸の玄関扉を内側からも外側からも人力で開けられず救助できなかったと言う事例があったと組合員の発言があった。 そして、耐震扉があるとの事。 Web Siteを調べてもヒットしません。 想像ですが、開口部が変形・ひずんだ場合、玄関鉄扉を外枠が圧縮し、玄関鉄扉と外枠が密着した状態になって、鉄扉を開けられなくなるのでしょう。 それに玄関鉄扉は外枠に対して、2か所の蝶番と2個のシリンダーで、計4か所が固定される状態にあると、上下左右から外枠が圧縮すると、外枠と鉄扉の接触部が密着し、その上、4か所が固着状態ですので、人力では開けられなくなると想像します。 耐震扉とは、この外枠が鉄扉を圧縮する場合、扉側の外周がテーパ(斜面)形状であれば、鉄扉を外側に押し出すと言う構造なのでしょうか? しかし、蝶番と施錠装置のシリンダーで、計4か所が固定されていると、鉄扉は外側に押し出されるだろうか? 図面・カタログ等を掲載してあるWeb Siteを教えて下さい。 設置して効果があったと言う事例がありますか? 全住戸に設置しても、全壊・倒壊に至った場合には、????? ★耐震診断を受診すると震度7向けで30億円、1住戸あたり4千万円??? 新築を購入する方が安価ですよね。 診断士も計測器を携行している訳ではなく、業界標準だと言うが、補償しない事も当たり前と言う感性ですので、組合員の大部分は、耐震対策への対応に苦慮します。 私は、開放廊下に大きなバールとハンマーを備える方策で対応したらと模索中です。 まとまりがない質問で恐縮です。 検討したことがおありの方からの助言をお願い致します。

  • 東北関東大震災に対する建築技術者の想い

    民間企業で、住宅の耐震構造や地震リスク評価の研究開発をしている者です。 阪神大震災をきっかけに、大学から建築構造の道を志し、いつ起こるやもしれない大地震に備えるための技術開発を仕事としてきました。 具体的には、大地震でも損傷を低減できる住宅構造の開発、地域ごとに地震の発生確率を考慮した建物の被害度予測です。 そして今般、その大地震が実際に発生しました。 しかしその結果は、私の業務範囲ではほとんど考えてこなかった津波の被害。 何千人もの犠牲者。 想定外の4震源連動地震。 自分自身の無力さに頭が真っ白になったような気分です。 これまで地震対策のために何年間もやってきたことが、果たして何か役に立ったのだろうかと自問自答しています。 地震で倒壊を免れても、津波には成す術のない住宅。 津波に対する設計など、普通の住宅にはされていない。 なぜなら建築基準法に津波に対する設計が規定されていないから。 我々民間企業は法律にのっとって建物を設計しているのだから、法的には津波被害に対する責任はない。 しかし、本当にそれでよかったのか?? 地震動による被害のことだけを考えてきた自分の仕事のやり方は正しかったのか?? こんなことを一人で考えている自分は変な人なのか? もし、他にも同じような想いを持った技術者の人がいるなら、ご意見を伺いたいです。 このサイトにそぐわない投稿であったなら申し訳ございません。

  • 20年位前だと思いますが。

    タイトルか、内容なのかはわかりませんが 「アトランティス」という言葉があったように思います。 親戚の家かどこかでパラ読みしたマンガなんです。 連載されてたものかコミックスだったかも覚えてません。 双子の髪の長い女の人が出ていました。 覚えているシーンは、壁(?)にあるドクロのようなものの口に、双子の片方が横たわったままくわえられてるような・・・ 捕らえられていたような感じのシーンだけです。 自分自身このマンガのことはすっかり忘れていたんですが、先日見た夢が妙にそのシーンに似てて急に思い出したんです。思い出したら気になってしまって。 もしなにか思い出せるものがある方がいらっしゃいましたらお願いします。

専門家に質問してみよう