• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ターボについて教えて下さい

余分な加給圧を逃がす所の構造がいまいち理解できていません。 排気圧でタービンを回して吸気を強制的に圧送する所までわかります。 リリーフバルブとウエストゲートとブローオフバルブの違いがわかりません。 詳しい方教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数724
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#10873
noname#10873

ターボの作動図をUPしておきます↓ http://www.e-tts.com/turbo.html 図をみれば分かると思いますが、ウェストゲート(赤)はタービンホイールの所にバイパスさせるバルブが付いてますよね?これがウェストゲートです。ブローオフバルブ、リリーフバルブ(青)は図にはありませんが、コンプレッサーホイールとスロットルバルブの間の配管に取り付けられています。 役目はウェストゲート、リリーフバルブは規定のブースト圧になると開きブースト圧を一定に保つ装置です。 ブローオフバルブは、アクセルオフ時に行き場の失った吸気を逃がす役目とタービン保護、レスポンス向上の役目があります。

参考URL:
http://www.e-tts.com/turbo.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 純正タービンの限界ブースト圧

    ターボ車に関してですが、以前まではブーストコントローラーで1.3kはかかっていたものが、最近では1.1kしかかからなくなりました。1.1Kで制御しているみたいにピタッと止まります。 原因を調べているのですが、どこが悪いのか分かりません。 まず、ブーストコントローラへの配管を外し、タービン側にメクラをし、アクチュエータを動作しない状態としました。この状態ですと、普通ならタービン能力いっぱい上がるだけ上がると思います。1次排圧でウエストゲートが開くかもしれないと思い、アクチュエーターのロッドを固定しましたが、ブースト変わらずです。 そのほかはバキューム配管からのエア漏れが考えられますが、見たところ亀裂や緩みなどはありませんでした。 あと考えられるのはウエストゲートが完全に閉まりきってないぐらいしか思いつきませんが、他に考えられるところは無いでしょうか? また、実際にバキューム系配管にブースト圧相当のエアを入れて漏れを調べる方法も考えましたが、給排気バルブが全部閉まってないと駄目ですよね。何か調べる方法はないでしょうか? ただ単にタービンが限界でこれ以上圧力を上げられないだけなのかと思ったりしますが、タービンのシール等が悪くなるとブーストが上がらなくなるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • ワゴンRのターボタービンが壊れたので構造を知る為に分解しました。排気ガ

    ワゴンRのターボタービンが壊れたので構造を知る為に分解しました。排気ガスを受けて羽根が回され同軸に固定された吸気側の羽根も同じに回転する事で吸気圧を上げる事が出来るものと思っていました。でも軸はセンターで分離しています。何故、この構造で圧縮出来るのでしょうか?お分かりになる方宜しくお願い致します。

  • リリーフバルブとレギュレートバルブの違いについて

    リリーフバルブとレギュレートバルブ、どういう違いがあるのでしょうか? 私の感覚では、 リリーフバルブ:普段作用しないような圧を開弁圧に設定 レギュレートバルブ;普段から作用する圧を開弁圧に設定(常にパカパカしてる) という使われ方の違い、という解釈ですが、具体的に構造に違いはあるのでしょうか? 先輩から以前こんな話も聞きました。 「リリーフバルブは開弁圧に達すると、一気に大流量の圧を逃がし、一度開弁してもしばらく閉弁しないのに対し、レギュレートバルブは開弁してもしてもすぐに閉弁するように設計してある」 この話は合っていますか? 皆様はどうすみ分けされていますか?

  • ターボについて素朴な疑問

    大雑把ですがターボとは、エンジンから出る排気ガスの排圧を利用して タービンを回し、同時に空気をより多く吸入して 沢山爆発させるシステムですよね。 その際、いわゆるターボラグが発生してレスポンスが悪くなるのが 欠点の一つで、それを解消するのにアンチターボラグシステムが 存在するのは知っているのですが 単純にタービンの羽の軸部分にモーターか何かを取り付けて 常に、或いは必要時にタービンを回転させる様な機構にして ターボラグを防ぐ事って出来ないのでしょうか? それとも私が知らないだけで 似たようなモノは既に存在しているのでしょうか? ご存知の方いらっしゃいましたら 宜しくお願いします。

  • ヴィヴィオ加給圧

    SCプーリーを小径にし加給圧UP(1.2k)仕様としたのですが、リリーフバルブがあると意味ないのでしょうか? アクセル全開すると、6000回転付近で一度500回転くらい回転が落ちてしまいます。関係あるのでしょうか?

  • タービン

    蒸気タービンの勉強中です。タービン排気側に大気放出板と言うのがついてます。ネットで調べると排気圧が異常上昇したときにタービン保護の為に解放(破れる)するらしいのですが、排気圧が異常上昇した時のタービン保護とはどのような意味ですか?排気圧が異常上昇した時に大気放出板を破ってまでしないとタービンに悪い影響があるのですか?素人ですみませんがよろしくお願いします。

  • ブースト圧が上がらない  その2

    皆様いろいろと回答ありがとうございます。 恐縮ですが、もう一つ教えて下さい。 タービンが死んでいないと仮定した場合 やはり、パイピング外れの可能性が高いとご意見を頂きました。 明るい時間に、点検とパイプの交換をしようかと思います。 回答を頂いたなかで、ブローオフバルブの故障では? と言う回答も頂きました。 負圧をかける工具を持っていないので、単体検査ができないのですが ちなみにですが、このバルブが故障で圧か漏れているかを確認する為に このバイパスに、何らかの物で、強制遮断すると、問題は起きますでしょうか? 強制遮断すれば、アクセルOFF時に、空気の逃げ道がなくらると思いますが 不具合はでないのでしょうか? もし、これで、ブースト圧がかかるのではれば、原因が特定できるのですが・・・ 皆様よろしくお願いします。

  • 水蒸気タービン・コンバインドサイクルを超えろ

    ・フッ化水素蒸気タービン発電施設 ・フッ化水素蒸気コンバインドサイクル発電施設 フッ化水素は水より沸点が低く、常温で蒸気圧が1気圧となるので、 排気圧を1気圧以上にする事ができる。 通常、復水式の水蒸気タービンだと排気圧が0.05気圧ほどになり水蒸気の体積が非常に大きくなるので、 車室をかなり大きくしなければならないが、フッ化水素タービンは排気圧を1気圧以上にする事ができるので、 車室の大きさをかなり小さくできる。 また、負圧(大気圧より低い部分)が無くなる為、ある程度、構造を簡単にできる。 さらにフッ化水素は多原子分子の水蒸気と違って二原子分子であり、比熱比が水蒸気より大きい。 水蒸気の比熱比=約1.33 フッ化水素の比熱比=約1.4 これにより、熱効率の向上が期待できる。 フッ化水素蒸気タービン及びフッ化水素蒸気コンバインドサイクルを1日も早く実用化するべきである。

  • ブレーキアシスト

    ブレーキアシストについて色々と質問です。 (1)自動車の油圧式ディスクブレーキには踏み込みの力を倍増する、真空倍力装置などが付いてるらしいのですが、サイトなどで調べて見た所エンジンやエアクリの負圧を利用しているって事は確認できたんですが、実際どのような形で吸い込む?のでしょうか・・・ (2)一般的に普通自動車や軽自動車など吸い込むというか吸気圧?排気圧?ってどの位なのでしょうか? (3)大まかな仕組みはなんとなく理解できたのですが、細かい仕組み?構造?が全然理解できていません。「どのようなユニットが付いていて」「どの役割をしている」のか? 漠然とした質問ですが上記内容で何か教えて頂けたらと思います。 よろしくお願いします。

  • 油圧回路に関して チェック弁とリリーフ弁の違いを教えてください

    チェック弁とリリーフ弁は,バルブそのものは同一のモノだが, 仕様用途で呼び名を変えているということなのでしょうか? すなわち,チェック弁もリリーフ弁も,   1次側が設定圧以下なら2次側に油を流さず,   1次側が設定圧以上なら2次側に油を流す という機構を持ったバルブであるが,仕様用途で呼び方が異なり,   チェック:2次側から1次側に油を流させないためのバルブ   リリーフ:設定圧以上の油が回路に流れないようにするためのバルブ ということなのでしょうか? (バネ定数を高くしたチェック弁の2次側をタンクに接続したら,チェック弁からリリーフ弁に名前が変わるということなのでしょうか?) チェック弁とリリーフ弁の違いを教えてください.