• ベストアンサー
  • 困ってます

一次元ポテンシャル障壁中のDirac方程式の波動関数

 明けまして、おめでとうございます。 本年もよろしくお願いします。 さて、早速ですが、下記につきまして教えてください。 Schrodinger方程式では、下記のようなポテンシャル障壁があると V=0, x<0 V=V0, x>0 各領域において方程式は、 -hbar^2/2m d^2φ1/dx^2= E φ1 -hbar^2/2m d^2φ2/dx^2 + V0φ2 = E φ2 となり、境界条件は φ1(x=0)= φ2(x=0) x=0において、 dφ1/dx= dφ2/dx となって、波動関数は、E<V0の領域で φ1= c1 Exp(iax)+c1((ia-b)/(b+ia))Exp(-iax) φ2= c1((2ia)/(b+ia))Exp(-bx) となると、ほとんどの教科書には、記載されておりますが、Dirac方程式については、 一次元ポテンシャル障壁中の波動関数がどのようになるのか?見たことがありません。 たぶん、Schrodinger方程式と同じようになると思われますが、導出方法をご教示 願います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数3
  • 閲覧数915
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

ディラック方程式にスカラーポテンシャルを入れる場合、静止質量エネルギーmc^2に、スカラーポテンシャルを付け加えたのではだめです。一般相対論におけるディラック方程式は書いてある本が少ないけど、ディラック方程式への電磁相互作用の入れ方はどの本にでも書いてあると思いますが。ディラック方程式への電磁相互作用を入れるときは、ゲージ不変にするために、微分を共変微分で置き換えます(このような相互作用はminimal couplingと呼ばれています)。つまりスカラーポテンシャルは時間微分作用素に付け加えなければならないのです。一次元ポテンシャル障壁中のディラック方程式も電子が高エネルギーになれば当然考える必要が出てくると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

一次元ポテンシャル障壁中のDirac方程式はKleinのパラドックスとの関連でよく調べられています(Kleinのパラドックスの説明はたとえばItykson,Zuber;Quantum Field Theory, Mc-Graw Hille P.62)。これはディラック方程式を1粒子理論で解釈しようとするときの困難のひとつです。文献はPhysics ReportsにKleinのパラドックスの総合報告があったと思いますので、それを見てください。

参考URL:
http://www.phy.ilstu.edu/~ilp/movies/kleinmovie/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • shiara
  • ベストアンサー率33% (85/251)

 ディラック方程式に1次元のポテンシャル障壁を適用した問題は見たことがありません。誰もそういう問題を扱おうとはしていないからでしょうか。その理由として次のようなことが想像されます。ディラック方程式はローレンツ変換に対して共変である必要があることから、ポテンシャルもローレンツ変換に共変でなければなりませんので、4次元的にスカラーかベクトルポテンシャルである必要があります。ベクトルポテンシャルを扱う場合は、まさに電磁力との相互作用を扱う問題となります。スカラーポテンシャルについては、共変な形式にしなければならないようなスカラーポテンシャルを扱う現象がないのかもしれません。また、ディラック方程式は、スピンと軌道角運動量を扱う場合に有効であって、スピンが関係しない1次元ポテンシャル問題に適用する必要がないのではないかと思います。そんな理由で、ディラック方程式に1次元のポテンシャル障壁を適用する問題が扱われてこなかったのではないかと思われます。  ディラック方程式にスカラーポテンシャルを入れる場合は、ディラック方程式の中でスカラー量である静止質量エネルギーmc^2に、スカラーポテンシャルを付け加えればよいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • トンネル効果 ガウス型関数が障壁の中に入ったら? 

    ガウス型の波束を入射させるトンネル効果についてなんですが、  0<x<aでV=V0(>粒子のE),他ではV=0の箱型ポテンシャルの系で-x方向から+x方向に粒子(ガウス型の波束)を入射します。 ガウス型の波動関数  Φ(x,t)=Aexp{-(x/a)^2}exp(ik0x-iwt) (x<0での波動関数です。) ってポテンシャル障壁の中に入るとどういう関数になるのでしょう?どの参考書にも載っているような定常的な系ならばもとめられるんですが、時間的にも変わるこのガウス関数型の場合はシュレーディンガー方程式と波動関数の連続条件から求められるのでしょうか? 連続条件を考えるときに時間tが入っていると難しいと思うのですが。  返信よろしくお願いします。  

  • 一次元の井戸型ポテンシャル中の自由粒子についてハミルトニアンを導くとこ

    一次元の井戸型ポテンシャル中の自由粒子についてハミルトニアンを導くところなんですが 全エネルギー E = p^2 / 2m + U(x) --(A) p <- -ih d/dx (hは棒付き) --(B) ∴ H^ = (-h^2 / 2m) d^2/dx^2 + U(x) --(C) において、 (1) (B)運動量演算子 -ih d/dx がいきなりでてくるのがわかりません。教科書など見てもこの導き方が載っていません この運動量演算子というのは波動関数に作用させると運動量になるというものなのでしょうか (2) (C)ハミルトニアンは演算子なのに、U(x)の部分はただのスカラーになっていますがいいのでしょうか (3) (1)で運動量演算子を波動関数に作用させたものが運動量ならば、波動関数に(C)を作用させたものは、(運動エネルギー)+(ポテンシャルエネルギー×波動関数)になってしまいませんか? そうするとシュレーディンガー方程式は (運動エネルギー)+(ポテンシャルエネルギー×波動関数)=(全エネルギー×波動関数) となって、次元が合わないような状況になってしまいませんか? 質問の意味がわからなかったらすぐ補足するので、1つでもいいので教えてください。よろしくお願いします。

  • 波動関数について(1次元)

    ポテンシャルU=0で1次元のシュレディンガー方程式を解くと、 波動関数は0<x<aにおいてΨ(x)=(√2/a)sin(nπx)/aとなり、エネルギーはE=(n^2h^2)/(8ma^2)となりますが、たとえばCH3-CH3とCH3-CH2CH3は上記の同じ式になるのでしょうか? CH3-CH(CH3)CH3のように1次元でない分子の時は、どういう波動関数になるんでしょうか?

  • 一次元井戸型ポテンシャル、井戸の外でのシュレディンガー方程式は?

    井戸の深さが無限の一次元井戸型ポテンシャルで、井戸の外において電子が満たすべきシュレディンガー方程式を求める問題があるのですが、井戸の外では波動関数φ(x)=0なのでシュレディンガー方程式は0になると考えたのですが、合っているでしょうか?

  • 井戸型ポテンシャル 二重障壁

    井戸型ポテンシャル(ポテンシャルはプラス方向で有限)が二つつながった二重障壁の問題がわからないのですが、何かいい参考書、波動方程式の解き方などないでしょうか。 左から波が入ってきたときに、一個目の凸を通過するとき、トンネル効果を考慮して波動方程式を出すとこまでわかるのですが、 これを二個目の凸とどう関係させればいいのかわかりません。 一こめと二こめのポテンシャルの壁内部の波動方程式は同じになっていいのでしょうか

  • トンネル効果について

    独学で量子論を勉強している大学一年生です。教科書はアトキンス物理化学要論第5版をつかっています。 早速質問です。 教科書に、 「粒子が容器の壁の中に入り込んでいるとき、そのポテンシャルエネルギーが無限大ではないが、E<Vであれば(全エネルギーがポテンシャルエネルギーよりも小さく、古典的には粒子が容器から脱出できない)、波動関数は急に0になる訳ではない。」 とかいてあるのですが、全エネルギーはポテンシャルエネルギーと運動エネルギーの和のことなので、E<Vのとき、運動エネルギーが負になると思います。これはあり得るのですか? また、シュレディンガー方程式を使えば、障壁にぶつかる粒子がトンネルする確率を求められるらしいのですが、どのようにもとめられますか? 一次元のシュレディンガー方程式 -(h^2)/2m(d^2ψ/dx^2)+V(x)ψ=Eψ で、V(x)を障壁におけるポテンシャルエネルギーV(>E)として、ψ=Ae^(λx)とおくと、λ=±√{2m(V-E)}/ h となったのですが、ここからどうすればよいのかわかりません。

  • 波動方程式について

    現在波動方程式についての勉強をしています。 授業では d^2u(x,t)/dt^2=E/P*d^2u(x,t)/dx^2 (Eはヤング率、Pは物体の密度) という式で教わっているのですが、ネット「波動方程式」と検索してもこのような式で書いているところは一つもなく、もっとややこしい複雑な式を書いているサイトばかりでした。 はたしてこの数式も波動方程式と言うのでしょうか? そして方程式というからには何かしら解というものがあると思うのですが、この波動方程式の解はいったい何なんでしょうか? 解説よろしくお願いします。

  • MORSEポテンシャル 波動関数

    MORSEの論文を読み、ポテンシャル V[x_] := d Exp[-2 a (x - x0)] - 2 d Exp[-a (x - x0)]上の波動関数は、 R[x_, n_] := Exp(-x/2)*x^((k - 2 n - 1)/2) *LaguerreL[k - n - 1, k - 2 n - 1, x] と与えられることがわかったのですが、 これの直交性を確かめるためにMathematicaで      int[R[x,n]R[x,m],{x,0,∞}] を行ったのですが、これがなぜか0になりません。 なんでですかね? ラゲール多項式の直交性は     int[Exp[-x]*x^k*LaguerreL[n,k,x] *LaguerreL[m,k,x],{x,0,∞}] が0になることは確認できているので、Mathematicaの計算過程に問題はないと思うのですが… なので、元の波動関数に問題があるのかも知れなく思えてきました。 原因がわかる方教えてください。

  • デルタ関数のポテンシャル

    シュレーディンガーの式 [-(h^2/2m)(d^2/dx^2)+Vδ(x)]ψ(x)=Eψ(x)・・・★ の解のx=0での接続条件はどのように求めたらよいのでしょうか? ★の両辺を-εからεまで積分し、ε→0とすれば・・・、のような事をやれば、 ψ(+0)=ψ(-0) ψ'(+0)-ψ'(-0)=αψ(0) という感じになったと思うのですが、どうも上手くいきません。 1.∫[-ε→ε]d^2ψ/dx^2 dx =ψ'(+0)-ψ'(-0)となる理由 (結論を見る限り、d^2ψ/dx^2はx=0で(δ関数的に?)発散していますが、この場合にも微積分学の基本定理は成り立つのでしょうか?) 2.∫[-ε→ε]Eψ(x)dx=0となる理由 (要するに、ψがx=0で有限である理由です。ポテンシャルがδ関数で発散しているので、ψもx=0でおかしなことになっていない保証はない気がするので) 3.ψ(+0)=ψ(-0)となる理由 (もう一度何かを積分すれば導けた記憶はあるのですが) の3つが分かれば、問題ないと思います。

  • 階段型ポテンシャル障壁について質問です

    波動関数の求め方はどのようになっているのでしょうか? 階段型ポテンシャル障壁の波動関数を求める際 エネルギーEが障壁V0より大きい場合と小さい場合の二通り ありますよね。 0<V0<Eの場合は 粒子を入射したら透過し、障壁の向こうには反射する粒子は存在しえず、 透過粒子しか存在しないため Φ=Ae^(ikx)  のようになると教科書やネットに書かれています。  しかし、 0<E,<V0の場合は 無限遠方で発散を避けるため Φ=Be^(-Kx) というようになっています。 僕は後者の求め方には納得しています。 前者の方は透過するならなおさら無限遠方を考慮したほうが良いのではないかと思います。 そして、最後の定数についてです。 障壁の前では 反射と入射によって波動関数は Φ=Ae^(ikx )+Be^(-ikx) となります。このAとBを求める際、 障壁の向こうの波動関数との連続条件から 求めると思いますが、この反射と入射でできた波動関数は sin cosの形にしてA,Bを求めても良いのでしょうか? 加えて、sin(kf+φ)のように合成しても良いのでしょうか?定数が1つ減るので気になります。 以上です。 駄文ですみません。 独学なため、おかしな記述・表現の箇所があるかもしれませんが、 どうかよろしくお願いします。