• 締切済み
  • 暇なときにでも

シリーズ名がなんだったかわかる方いませんか?

1970年代に持っていた小学校高学年向けの少女小説の 文庫(と言ってもサイズは今で言う新書サイズだったと思います)がどこの出版社から出ていたか、どのような方が書いていらしたのか、また、その文庫のシリーズ名(「コバルト文庫」「青い鳥文庫」のようなもの)をご存知の方がいらしたら教えてください。 記憶違いかもしれませんが、薄いピンクのカバーだったような気がします。 唯一覚えている1冊は、こんな粗筋でした。 お金持ちの少女と、そんなにお金持ちではない少女が学校で友達になり、お金持ちの少女の家に、もうひとりが招かれます。パーティのようなものです。そこで、お金持ちの少女がもうひとりの少女にお化粧をしてあげます。少し濃い色のファンデーションを塗ってあげるシーンをイラストにしてあった気がします。 吉屋信子さんではなかったと思いますが、その流れのような少女小説のシリーズでした。 インターネットでいろいろ検索してみたのですが、私の思っているシリーズが探し出せませんでした。 どなたか覚えている方がいらっしゃいましたら、教えてください。 宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数53
  • ありがとう数15

みんなの回答

  • 回答No.1

どうもこんばんわ。 >唯一覚えている1冊は、こんな粗筋でした。 お金持ちの少女と、そんなにお金持ちではない少女が学校で友達になり、お金持ちの少女の家に、もうひとりが招かれます。パーティのようなものです。そこで、お金持ちの少女がもうひとりの少女にお化粧をしてあげます。少し濃い色のファンデーションを塗ってあげるシーンをイラストにしてあった気がします。 吉屋信子さんの「からたちの花」という小説にそういう シーンが出てくるんですけど、違いますよねぇ…。 昔買ってもらったのを読み返してみるとそういうシーンあったので。ポプラ文庫社刊ですが、今は絶版みたいです。参考URLにストーリーが若干書いてあります。

参考URL:
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=15202

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。 吉屋信子さんの「からたちの花」は以前、仕事をしたときに図書館で読むことができましたので、違っていたと記憶しています。確か主人公の朝子に、百合子と桜子(だったかな?)という美人の姉妹がいて、自分だけあまり美しくない、という筋立てだったと思うのです。 私が覚えている主人公は、同じファンデーションでも、「あなたは少し浅黒くてかっこいいから、ちょっと濃い色のファンデーションを塗りましょうよ」という具合に宝塚の男役のようなお化粧と施される、というシーンだったと思います。 でも早速のお返事、嬉しかったです。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 昔の少女小説(川端康成、等)

    今まで少女小説といえば、幼少の頃に読んだ コバルト文庫、ビーンズ文庫などしか知りませんでした。 ですがWikipediaの"少女小説"の記述にて >川端康成や吉川英治といった大家も少女小説を執筆しており というのを見てそういう少女小説がぜひ読んでみたくなりました。 古典…とまでは言わないのかもしれませんが 大正や昭和といった時期に発表された少女小説で ご存知のものがありましたらぜひ教えて下さい。 図書館や古書店で探して読もうかと思っているので 絶版になっていても構いません。 よろしくお願いします。

  • 少女小説の古本について

    最近、古本・新刊合わせて少女小説が増えて、古本屋に売ろうと思います。 ただ、かなり古い本や人気がない本、シリーズが途中な本ばっかりで、買い取ってもらえそうにないやつばかり。 妹は、少女小説は人気シリーズしか買い取ってくれないとか、友人はBLならなんとか買い取ってくれるとか、本当にそうなの? 主に、コバルト文庫・角川ビーンズ文庫が中心なんだけど、買い取ってくれるところはないの?

  • 吉屋信子作品のタイトル

    吉屋信子の作品で、水の江滝子が出てくるもののタイトルを教えて下さい。 作中人物の好きなもの、もしくは作中の当時流行しているものとして出てきたか、作中人物の同様のセリフ(つまり、ターキーのファンだとか今はSKDが流行……といったようなセリフ)であったはずです。 それから、こちらはまるで自信なしなのですが、垣根か庭に花が咲いていてピアノを弾いている女の子が出てくる話というのはあったでしょうか。 20年以上前に読んだきりなのでほとんど忘れています。 ちなみに当時読んだものは吉屋作品が何冊かシリーズもののようになっていて、サイズは文庫。ピンク色のイメージがあるので、おそらく背表紙か装丁でピンク色が使われていたと思います。

  • 藤本ひとみさんのコバルト文庫シリーズ

    昔、藤本ひとみ先生がコバルト文庫で「マリナ」「銀バラ」「花織」等のシリーズを書かれていましたよね。(他の出版社でも{ユリナ}{テーヌ・フォレーヌ}とか)あれから、たぶん10年程、書かれていませんがどうしてでしょうか?ちょっと違うタイプのようなのは出版されているみたいですが・・。私は藤本さんの少女小説がすごく好きなのですが、もう書かれないのでしょうか?次を読みたくて歯ぎしりする程です。出版社に聞いた所、「予定はない」と、ちょっと怖かったです。

  • 母恋ちどり って・・・

    すっごく古い話で申し訳ありません。 「母恋ちどり」という題名のお話をご存知の方、いらっしゃいませんか? (氷室冴子さんの小説「アグネス白書」「クララ白書」に出てきていたの ですが、その中に登場する誰かの愛読書だったように思います。) で、そのお話は誰が書いたか、短編だとしたら、なんという本に入って いるか、を教えてください。 確か、吉屋信子さんの作品だったような???

  • おすすめ百合コミック

    こんばんは!お世話になります。 最近、百合コミックが気になっています。 おすすめがあったら、ぜひ教えて下さい! いくつかアンソロジーや雑誌を買ってみてみたのですが、あまりピンと来なくて。。 昔から女の子同士の恋愛小説が好きで、吉屋信子、谷崎潤一郎、栗本薫、森奈津子などを読んでいました。 あと、BLも大好きで沢山読んでいます。 悲恋でもラブラブでも、プラトニックでもH満載でも何でもOKです! なんでもいいので、「これ良かったよ!」というのを教えて頂けたら嬉しいです。

  • 完結済みのティーンズ小説を教えてください

    最近、本を読むのが疲れ気味なので軽く読める本が欲しいのです。 ティーンズの少女小説(コバルトや角川ビーンズなど)やティーンズファンタジー文庫(角川や電撃など)でお話やシリーズが完結しているオススメの本があれば教えてください。よろしくお願いします。

  • 小説紹介してください。

    少女小説大好きでルルル文庫の「愛玩王子」コバルト文庫の「悪魔のような花婿(あなた)」「黄金の姫は桃園に夢をみる」「海が愛したボニ―ブランシェ」などいろいろ読んでいます。 内容が現実からかけ離れていて、絵が良く(♪)恋愛系の小説誰か知りませんか?いくでもいい(できたらたくさん)ので教えてください。

  • 昔読んだ少女小説を探しています

    5~7年前ぐらいに読んだことのある小説を探しています。 【あらすじ】 シンデレラをモチーフにしたお話だったような気が。 【覚えているエピソード】 ・ヒロインが葡萄に関係する商売を行っていたこと ・その商売に関することで困っていた ・相手役の王子に相談すればすぐ解決できるけどヒロインは中々その事に触れない。 ・相談されない事にやきもきしている王子 ・あと、王子は髪が薄いような...? *他の話とごっちゃになっているかもしれません。 【物語の舞台となってる国・時代】 洋風でした 【本の姿(ハードカバー・ソフトカバー・文庫等)・装丁・挿絵】 文庫のようでした。あと、少女マンガのような挿絵もついてました。 【その他】 文庫で、少女マンガのようなイラストもついてたので もしかしたらコバルト文庫等で出版されている少女小説かもしれません。 情報が曖昧ですみません。 小~中学生のころ日本に行ったときある学校の図書室にて初めて読んだ小説です。 心当たりのある方情報お願いします。

  • 大正時代を舞台にした、若い男性が主人公の小説

    最近、『花物語』(著:吉屋信子)や『鏡の偽乙女』(著:朱川湊人)、『こころ』(著:夏目漱石)を拝読し、大正時代の学生の生活に非常な興味と憧憬を感じました。 ついては、さらに当時の男女学生を描いた小説を読みたいと思っています。 女学生に関しては該当作品がいくつか見つかったのですが、男子学生のものがなかなか見当たりません。 もし、大正時代の、男子学生ないしはそれに近しい年頃(具体的には、10代半ば~20代)の男性を主人公とした小説をご存知でしたら、教えてくださいませんか? ※恐れ入りますが、アニメや漫画はご遠慮ください。小説のみでお願いします。

専門家に質問してみよう