• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

語源に関する「読み物」

語源辞典や、語源で覚える単語帳、というよりも語源をテーマに書かれたエッセイ的な読み物を探しております。 有益性よりも、「語源って面白いなぁ」と思えるもの、特に下記サイトのようなアプローチの書籍があればベストです。 http://www.alc.co.jp/eng/vocab/etm-cl/index.html ご存じの方、宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数139
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

渡部昇一著「英語の語源」は如何ですか。  数十年前ですが興味深く読んだのを覚えています。  「英語の歴史」か「英語の語源」だったか、題名を忘れていたのでwww.google.comで検索して思い出だしました。     余談ですが、著者は日本、日本語にも造詣が深く、「日本語の語源」、「日本の歴史」についても著述があります。  その時分は渡部氏(氏と言うより、今では博士かもしれません。)の本を発売される度に買い求めて読んだものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 「英語の語源」も「英語の歴史」も共に面白そうな本ですね。語り口も、そんなに堅苦しくなさそうなので、書店で是非手にとってみたいと思います。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • bhoji
  • ベストアンサー率53% (1514/2852)

単語帳的ですが、その名も「英語イディオム由来辞典」があります。 内容例は参考URLで見て下さい。 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4385151598/249-9766709-1198768

参考URL:
http://www.sanseido-publ.co.jp/publ/dicts/eigo_idiom.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 小学生の頃に読んだ、諺語源を思い出しました。とりあえず、書店で手にとってみようかと思います。

関連するQ&A

  • 英英版 「語源辞典」

    スペースアルクの「語源辞典」(http://home.alc.co.jp/db/owa/etm_sch) を愛用しています。 語源の説明がわかりやすく、派生語も一緒なので大変 便利ですが、いわゆる英和なのが欠点です。 日本語を通しての英語というのがもどかしく、最近は 英英しか使っていません。 「語源辞典」の英英版をご存知の方はいらっしゃらないでしょうか?

  • 日本語の語源辞典を探しています。

    英語などの外国語では、語源辞典がネット上にもあり便利なのですが、日本語では、なかなかみつかりません。 書籍も買ってはいるのですが、値段の割りに掲載単語数が少なく、あまり使い物になりません。 ネット上や、書籍で豊富な単語をそろえたものはありませんか。 例えば、「雨男」の語源とか。いつから日本社会に登場したかは、歴史などの検証では重要です。 よろしくお願いします。

  • 『ゲルマン語語源辞典』

    片岡孝三郎の著作に『ロマンス語語源辞典』というのがあります。 これは 共通の祖先であるラテン語の単語から それが変化した結果の イタリア語 フランス語 スペイン語 ポルトガル語 ルーマニア語 レト・ロマンス語 の単語を引けるようにした辞書です。 これと同じように、一つの見出しに同源の ドイツ語 英語 オランダ語 スウェーデン語 デンマーク語 ノルウェー語 アイスランド語 を並べた辞書はありませんか? 国内の大学図書館・大型市民図書館をいくつか回っても見当たらなかったので、 もし無ければ英語圏やドイツ語圏で発行されている書籍でもいいです。

  • 普通の英和や、英英辞書に載っていない英単語の意味を語源から考える事は可能でしょうか?

    こんにちは、いつもお世話になります。 例えば、susurrateという英単語があります。 これは、「囁く」とか、「サラサラと音を立てる」とかいう意味がありますが、普通の辞書には載っていません(ジーニアス、英辞郎、ロングマン英英、macmillan英英には載っていませんでした。) 検索して難解英単語辞典なるものを発見してやっと意味を発見しました。 http://www.tiscali.co.uk/reference/dictionaries/difficultwords/data/d0012459.html これを、辞書を使わずに意味を考えられるか考えてみました。 ~~~~~~~~ [語源] sus-=sub-(…の下に)+L.capere(=catch) ~~~~~~~~ http://home.alc.co.jp/db/owa/etm_sch?unum=954&rnum=75&stg=2 uは、分からない。 ~~~~~~~~~~ 【語根】 ra-、 rat- 【語根の基のラテン語(L.)・ギリシア語(Gk.)】 L.ratio=a reckoning(計算)、a reason(理由) ~~~~~~~~~~~ http://home.alc.co.jp/db/owa/etm_sch ??計算/理由の下????、、、、自力では、慣れていないので現在は不可能でしたが、コツさえ掴めば、出来るようになりますか? もしくは、、、ラテン語でも勉強し始めれば、、、。 教えてください、よろしくお願い致します。

  • 各国の漢字音がわかる辞書

    各国の漢字音がわかる辞書 片岡孝三郎の著作に『ロマンス語語源辞典』というのがあります。 これは 共通の祖先であるラテン語(例:aqua「水」)の単語から それが変化した結果の イタリア語(acqua) フランス語(eau) スペイン語(agua) ポルトガル語(agua) ルーマニア語(apa) レト・ロマンス語(aua) の単語を引けるようにした辞書です。 これと同じように、一つの漢字(例:「銀」)から 上古/中古漢語(ngi*n) 北京語(yin) 広東語(ngan) ベトナム語(ngan) 朝鮮語(eun) 日本語(呉gon/漢gin) の読み方を引ける辞書はありませんか? ウェブページでは大体要求を満たすものを見つけました。 http://emich.world.coocan.jp/kanji/kanji.html また、書籍に関しては藤堂明保や河野六郎など 漢字音の分野でよく知られたものは手に取ってみました: 漢字語源辞典(藤堂明保) 中国語音韻論/中国語学論集(藤堂明保) 朝鮮漢字音の研究(河野六郎著作集) 中国語語音史(佐藤昭) 支那言語学概論(カールグレン) 中国文化叢書1「言語」

  • 読み物について

    たくさんの本を読むのと気に入った本を何度も読むのとどちらが良いのでしょうか。 私は本も漫画が大好きなのですがつい一回読むと飽きてしまうんですよね… 内容をちゃんと覚えもしないのに… つい新しいものを求めてしまいます。 みなさまはどう思いますか? 何かよい方法はないものですかね…?

  • この読み物がご都合主義に感じない点を教えて!

    こんにちは 小説カテゴリには作る側の方もいらっしゃるでしょうか? もちろんそうでない人でもかまいません、多くの本を読んだことがある人に伺いたいことがあります。 私の好きなゲーム「スカイリム」には多くのゲーム内書籍が用意されています。 その中に「後衛の心得」という本があり読むと軽装スキルがアップします。 こちらから読むことが出来ます(URL:http://skyrimlibrary.ldblog.jp/archives/21567026.html ) 一度読んでいただき、その構成についてお聞きしたいのですが、「後衛の心得」という本の内容を説明しますと 【舞台は剣と魔法のファンタジー世界で石造りの城などがあります。 主人公メネグールはカスカベル伯爵の邸宅(要塞)で、撤退を援護する後衛として一人邸宅を守る任務を受けていた。 城は頑丈で井戸水も豊富で数ヶ月は持ちこたえられそうだったが、軍が残していった食料庫である荷車の中を見てみると、ネッチ皮の鎧がギッシリと詰まっており食べられない皮だと知らない兵士が置いていったのだとメネグールは落胆する。 ネッチはクラゲのようなキノコのような大きな生物で、その皮で作られた硬いゼリー状の鎧を食料と間違われていた。 空腹をしのぐために中庭の草1本まで食べつくし、とうとう食べるものがなくなってしまった。 メネグールが空腹に悩まされる原因は他にあり、それは城の外に広がるリンゴ林に成るおいしそうなリンゴと風で運ばれてくるその匂いだった。 メネグールはネッチ皮の鎧を着込み、敵の野営地となっているリンゴ林に忍び込んでリンゴを取ってくることを決意する。 メネグールの友人であるアエリンはネッチ皮が牛の皮鎧のように食べられるものではないことを知っており、またネッチ皮の鎧の扱い方も知っており、過去にその話を聞いていたことをメネグールは思い出した。 メネグールはリンゴ林へと忍びこんだが、案の定敵に見つかるものの、アエリンに聞いたとおり、ゼリー状の鎧の特性を活かし、一度敵の攻撃を受け流してから生まれた隙を突いて攻撃することで、 結果として、リンゴをたくさん手に入れることができた。 メネグールは戦争が終わる4ヶ月以上もの間、リンゴ林に忍び込んではリンゴを手にいれ、敵に遭っては攻撃を一度受け流してやりすごしてきた。 そしてある時、戦争が終わり、メネグールが独りで守っているカスカベル邸にカスカベル伯爵と停戦協定を結んだ両軍の国王がやってきて、メネグールが敵軍の騎士に「林の影」と呼ばれていたことを話、その栄光を称えた。 続けて、カスカベル伯爵は所有物であるリンゴ林のリンゴがなくなっていることを指摘した。さらに、メネグールは傭兵であり、傭兵は経費を自己負担しなければならないことが古くからの規則であることも指摘した。つまりは食べたリンゴ代をメネグールに請求した。 メネグールはその指摘(攻撃)を一度受け止め、「それでしたら喜んで払いますよ。秋の収穫の後で利子を付けて、私自身に」と言い、その攻撃を受け流した。リンゴ林での戦闘のように。 続けて、古くからの規則では、3ヶ月以上君主に仕えていない者が占有した場合その不動産及び称号権が認められるという。 よって、メネグールは古くからの規則にのっとり、カスカベル伯爵を名乗ることができるようになりカスカベル邸も手に入れた。 メネグールは邸宅を守る4ヶ月以上もの間、邸宅にあった書籍をたくさん読む中で、この古くからの規則のことを知ることができた。 と、言う内容の話です。 このお話は偶然ネッチ皮の鎧が食料と間違われて用意されており、偶然アエリンという友人から使い方を聞いており、偶然空腹で、偶然リンゴ林が城の外にあり、偶然邸宅の本を読んで古くからの規則を知っていた。というご都合主義もびっくりなくらい舞台が完璧に用意されています。 ですが、私がこのお話を読み終えたときにはメネグールしてやったりとニヤニヤとしてしまうような満足感がありました。】 私は趣味でお話を書くことがあります。最近ではセカイ系と呼ばれる、現実とは違う世界でのお話を書くことがあるのですが、どう読んでもご都合主義な感じがでてしまいます。 「後衛の心得」のようになるべくしてなったような話でもご都合主義に感じないのはなぜでしょうか。 またどうすればご都合主義にならないような世界設定を考えることができるでしょうか? 何かアドバイス等あれば回答をお願いします。

  • おもしろい歴史の読み物を教えてください。

    ヨーロッパ史が大好きです。 なるべく歴史に忠実に、裏話などを含めた本を探しています。歴史モノはたくさん出ていますが、どれを選んでいいのかがわからず、オススメの本を教えてもらいたいと思っています。 例えていうなら、シュテファン・ツワイクの「マリー・アントワネット」のような、中世から19世紀くらいまでの歴史上有名な人物の生涯を書いたものや、貴族や庶民の文化を書いたものなどで、いい本があればぜひ教えてください。

  • 数学の読み物、、、

    おもしろい、数学の読み物を教えて下さい、、専門書のように堅苦しくもなく、単なる問題集でもなく、、、みなさんが今まで読んだ中でおすすめを教えて下さい。。 ちなみに今年から大学生ですので、あまり難しすぎないものを、、(;^_^A アセアセ

  • 「読み物」として面白いサイト

    このサイトの教えて!ウォッチャー、All About、弁護士ドットコムなど、色んな事柄についての雑学やHow Toを読むことにハマっています。 日常の生活を送る上で、知っておくと役に立ったり雑学的な知識を学べる、「読み物」として面白いサイトを↑3つ以外でご存知ではないでしょうか?