• 締切済み

小説の書き方

nijjinの回答

  • nijjin
  • ベストアンサー率27% (4714/17457)
回答No.7

スマホがあれば音声入力で文章化もできますから 思いついたことをそうやってメモっておけばいいかと・・・ 文章の作り方は投稿サイトや小説を見れば何とかなると思います。 取りあえず、メモったものをもとに小説として書いてみたものがプロット で、それを見直しておかしな所などを書き直したり話を追加したりという事ですね。

fula9631
質問者

お礼

音声入力、やったことがないので試したいと思います!! とても私が勉強不足なのだと改めて思いました。もっとこれから頑張っていきたいと思います! 回答ありがとうございました!

Powered by GRATICA

関連するQ&A

  • 小説のプロット、書き方について

    ずっと頭の中で暖めていた小説のプロットを昨日から書き始めました。 5幕分で多分1冊は行くと思いますが、今14幕分の大雑把な流れをかき出しました。 結末も大きな重要な出来事も決まっています。 留学前に何してんだが、って思われるかもしれませんが、9月から留学なので留学前までに1冊は書き終えたいんです。 ファンタジーなので歴史など決めなきゃいけないことも沢山あって…。 どのように進めていくのがいいと思いますか? 留学に行ったら書くのをやめてしまいそうです… 具体的なプロット制作期間?小説制作期間に当てるべき時間??みたいのを教えてもらいたいです!

  • 学校生活で力を入れた自己PRについて

     これまでの学生生活で力を入れたことは、小説の執筆です。特に、ストーリーの論理的なつながりを確保することに尽力しました。  ゲーム制作と小説執筆は、キャラクター設計や世界観の構築といった点で共通する部分があります。この共通性に着目し、小説投稿を始めました。  小説を執筆する際には、ストーリーの進行やプロットを整理するためのメモを活用しました。難しい瞬間もありましたが、最終的には物語を成功裏に完結させることができました。  この経験から、ひらめいたアイデアや考えをメモする習慣が身につき、キャラクターの性格や世界観の構築に対する洞察が深まりました。 と、書いてみました。 自分でも読み直し、確認をしましたが、これで自己PRとして成り立っているでしょうか?

  • 携帯小説の書籍化について

    携帯小説について質問します。 私はライトノベル作家を目指して、毎日執筆活動を行っているのですが、この前本屋でふと携帯小説書籍化コーナーが目に留まり、携帯小説を読んでみたのですが、文章の稚拙さに驚愕しました。 私自身、まだまだ未熟なのですが、そんな私からみても、自分より酷いんじゃないかという作品が多々ありました。 まあ書籍化するぐらいだから設定は凄くいいと思うんですが、やはり書籍化するなら文章力も伴わないといけないと私は思うんですね。 そこで質問ですが、皆さんは、携帯小説の書籍化について、賛成ですか、反対ですか? 私はやはり携帯小説は無料で楽しめるからこそあのレベルでいいのであって、お金を取るものではないと思うのですが、皆さんの意見をお聞かせください。 また、理由もお願いします

  • 小説の飛ばし読み

    齊藤孝著の「頭がよくなる!必殺読書術」という子供向けの本を読みました。 その本には、小説を速く読む方法で、「飛ばし読み」という読み方があるということが載っていました。 私は本を読むのがものすごく遅いので良い方法だと思いました。 ですが、ビジネス書なら、飛ばして読んでも理解できると思うのですが、小説は飛ばして読むと内容がわからなくなるのでは ないでしょうか。皆さんは速く読み終えようと思って、小説を飛ばし読みすることはできるでしょうか。

  • 読みやすい推理小説

    現在高1で、夏休みの宿題に読書感想文が出されました。 私は、あまり本を読むのは好きではないので、内容を理解しやすい推理小説を探しています。 推理小説ではありませんが、以前買った『白い犬とワルツを』という本は5回程読みましたが、結局内容を理解することが出来ませんでした。 こんな私でも楽しめて、なおかつ、読書感想文が書きやすい本はないでしょうか? お教え頂けると嬉しいです。

  • 小説を書いている方に質問です

    私は小説を書くとき、主人公やその他重要登場人物の性格等を決め、紙にメモします。 あとは大体のあらすじというか、途中で起こることを決めておき、それもメモ! そしてそれを見ながら書いているのですが、これがやりやすい方法なのかどうか良くわかりません。 本当に大雑把に、途中にこんなことがある、あんなことがある、というようなことだけをメモに書くので、 その「こんなこと・あんなこと」に辿り着くまでの行程をどうするか・・・と悩みます。 でも「辿り着くまで」の行程は最初は特に考えていないので書きようがありませんし、書く必要があるのか?とも思います。 最近小説を書き始めたばかりなので、 みなさんはどのように小説を書き始めるのか等、参考にしたいので教えて下さい。 ラストなど、頭に浮かんだあらすじはやはり最初にメモしてから始めるのでしょうか?

  • 小説の応募に続きものはありでしょうか?

    はじめまして、雪菜と申します。 小説家を目指して執筆中ですが、自分の力量を知りたいのである新人賞に投稿したいと思っています。 こちらで検索したところ、漫画では読み切りが原則で続きものは読んでいただけないとのことですが、 小説、特に私の場合はジャンルがファンタジーなので、どうしても続編が前提になってしまいます。 なお、募集要項には何頁以上、書式などの基本的な情報しか載っておりません。 大まかなあらすじに全体像を書いて、第一部だけ投稿するような形では読んでいただけないでしょうか? また、その場合は完結まで何千頁も送らないとダメでしょうか。 プロットはほぼ出来上がっており、原稿も1/3くらいまでは書きあがっています。 編集部や投稿経験者の方がいらっしゃいましたら、ご回答宜しくお願い致します。

  • 小説が作れないんです。

    こんばんは。 小説を書きたい者です。 今まで私は小説を書こうと、作り方をネットや本で探してきたのですが、一向に書けたことがありません。 キャラクターや世界観は思いつくのですが、ストーリーが作れないんです。 「あらすじ・プロットから作る」 「「起承転結」から考える」 「最初と最後から考える」 いろいろ試しているつもりなのですが、一度も作れたことがありません。 ワンシーンを思いついても、それにつながるシーンが思いつかない。 内容が矛盾する。 「文書が下手」なんてレベルじゃなくて、それ以前に物語が思いつきません。 主人公を変えてみても、世界観や時代設定を変えても、小説を書きたいと思ってから何年もずっとこの状態なんです。 別にプロになりたいとか思っている訳ではないです。 ただ、自分の小説を作りたいだけなんです。 本当に、本当に小説を書きたいのに、私にはそれができないんです。 どうしたら、良いのでしょうか?

  • 三人称での小説の書き方が載っている本はありますか?

    小説の書き方が載っている本を探しています。 三人称で小説を書きたいのですが、 読書でなじみがあるのは一人称のものばかりで、 どのように書いたらよいのか、よく分かりません。 三人称では、こういう風には書けない、書かないほうがよい、 といった基本ルールがあれば、知りたいのですが、 そういった内容の載っている指南書などありませんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 文学や小説を楽しむ

    ビジネス書、歴史本、雑誌、専門書など の書籍はよく読みます。 読もうという気持ちになります。 何かを知りたい、知的好奇心 今まで知らなかった世の中の仕組みや 物事の仕組みや成り立ちなど知るのが 楽しく思えます。 文学作品、小説だと知識を得るための 読書でないので読もうという気持ちが わいてきません。 文学作品でもストーリーを楽しむことなく そそくさとあらすじを理解しさえすれば 終わりという感じになって味気ないです。 文学や小説、推理小説などを楽しめるように なるにはどうしたらよいでしょうか。 よろしくお願いします。