• ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:結露のメカニズム)

結露のメカニズム

このQ&Aのポイント
  • 結露は室内の暖められ湿気を含んだ空気が冷たい窓や壁などに触れ気体の水が液体に変化したものです。
  • 冬季間は西高東低の気圧配置から日本列島12月から2月末頃まで9割以上が、ほぼ真西の方向から風がふきます。
  • 高層やタワーマンションなど西側の壁面が広く周りに風への障害がない建物ほど、南東か南西に傾ける必要があるはずですが窓や壁面が東西南北を向いた建物が多いのはなぜなのでしょうか?冬温暖で夏、暑い地方では南東に北海道のような氷点下20度前後のような土地では南西を向けると結露も暑さや寒さ対策になるはずですが建築士は冬の季節風や結露の知識を十分持って設計されてるのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • q4330
  • ベストアンサー率27% (768/2787)
回答No.1

いい案ですね、ぜひ、マンションデベロッパーに教えてあげてください。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (2)

  • q4330
  • ベストアンサー率27% (768/2787)
回答No.3

>24時間換気扇は本当に必要ですか? 建築基準法施行令第20条の8に 住宅の居室では換気回数を毎時0.5回以上の換気を義務づけています 毎時0.5回以上とは2時間で室内の空気が完全に入れ替わることです これはホルムアルデヒドの室内濃度を抑えるためです また、建築基準法施行令第20条の2第2号に 10m3/h・人の換気量が決められてます、これは酸欠を防止するためです 10畳の部屋では3.6m×4.5m×2.7m(高さ)=約44m3 二人でいるとすると20m3/hの換気が必要だから、これからも約2時間で完全に空気の入れ替えが必要です、そうでないと酸欠で頭痛などの障害がでます

yy159753
質問者

お礼

24時間換気扇はシックハウスの原因になる化学物質を排出するために法制化されたもので化学物質が排出されたら特に24時間回すことはないそうです。 私は北海道ですが24時間換気扇と融雪割引電力を使用した家では16時から21時頃まで通電が断続的に停止し説明書通り回し続けると夕方から朝の時間帯は雪山のテント泊のような低温になります。 相当前ですが家の中で凍死者が出てニュースになったことがありました。 換気扇を回し暖房を入れ忘れ泥酔などすると本当に危険です。2時間程度で外の空気と入れ替わりマイナス20度以下の外の気温に近づくわけです。 普通の家では壁の換気口は寒さ対策で全て閉じ換気はあまりしてませんが、それでも窒息して死者が出たなど聞いたことがありません。ただ結露が酷い家では室内の気圧を下げなければ防げない為必要ですが換気量を調節する換気扇コントローラーや時間をおいて断続的にオンオフできるプログラムタイマーがあると換気過多での寒さ対策や適度な運転で結露対策や適度に換気もコントロールできますので、こちらの方が必要アイテムです。 まあ部屋数の多い大型住宅はどうしても各部屋にダクトを配した集中換気は必要ですが普通の4LDKなどの家では浴室やトイレやレンジフードの換気扇があれば十分だと思います。 ただ24時間換気扇の名称は止めて欲しい。このような名前が付いてるばかり24時間回し続けなければならないと勘違いしてる人が随分多いです。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • fujic-1990
  • ベストアンサー率55% (4505/8062)
回答No.2

 ご説の前提に異議があります。 > 空気が冷たい窓や壁に触れるのは室内より外の気圧が低くい場合に気圧の低い窓 > や壁方向に室内の空気が流れるため発生する  確かに、室内より室外の気圧が低くて、窓を開けている(穴があいている)なら、室内の空気は外へ流れていくでしょうが、窓が閉まっていて(穴も開いてない)場合は、室内の空気の流れと室外の気圧は関係ないと思います。  室内の空気が冷たい窓・壁へ冷たい窓・壁へと流れていくのは、こういう理屈です。  たまたま冷たい窓ガラスに接していた室内空気(空気塊:A)は、冷たくなるので、下降します。  すると、それまでAがあった空間(室内の空間です)の空気(気圧)が薄くなります。  すると、その薄くなった部分を補償するために、室内の(比較的暖かい)空気が流れて行ってAが無くなった部分を埋めます(気圧を一定にする)。  暖かかった空気は冷たい窓ガラスに接して温度が下がり、また下降します。そこへまた暖かい空気が流れて行って・・・ 、という「空気の循環・対流」が生じるのです。  という具合に空気が循環するから、室内の空気は冷たい窓ガラス・壁側へ流れるのであって、「外の空気の気圧」は関係ナイと思います。  なので、換気扇を回し続けて室内の気圧を外よりも低くしても、24時間回し続けても、同じように室内の空気は冷たい窓ガラス側へ流れて行きます。  なので、これを防止するには、厚手で、完全に床まで垂れ下がる長いカーテンを取り付けて、循環(対流)が起きないようにすればいいのです。

yy159753
質問者

補足

引き違い窓は気密性が低く容易に気圧差で空気は移動しますよ。 換気口を閉め全部の換気扇をフルに回し窓に手をかざすと判ります。 仮に高さ1m幅2mの窓があり内外気圧差が0.1気圧高くなると低い側へ2トンの力が働きます。 ですから内外同じ気圧なら温度差により対流は生じるかもしれませんが気圧差による力と比べると無視できるレベルです。 地上と同じ1気圧で宇宙ステーションを打ち上げると1平方メートル四方の壁には気圧ゼロの宇宙空間に向かい10トンの力が働くということ。これは窒素や酸素、気化した水の分子が10トンの力で外に向かい壁へ衝突してるということです。 ですから実際には気密に関係なく気圧差があれば高い方から低い方に流れるということです。 気密性の低い引き違い窓より気密性の高い押し開き窓が良いのは換気口閉じ室内の気圧を下げるときに少ない換気量で気圧を下げやすいためと外から冷たい空気を入れたくない為また隙間から外に室内の空気を吸い出されたくないということです。 ですから厚手のカーテンやエアパッキンの断熱シートなどを窓に張っても殆ど効果ありません。 余談ですが翼面積200㎡の旅客機が翼にかかる上と下の気圧差が0.5気圧なら1000トンの揚力が働くということで数100トンの重さがある飛行機が空に浮き上がるのが納得できますね。 高層やタワーマンションの壁面には、これと似た力がかかってるということです。 補足ですが風が当たる西側の壁面や窓の外側は気圧が高くなり内側は気圧が低い状態になるため西側の窓や壁は決して結露は発生しません。 今までの説明でなぜ南東や南西に傾けて建築すると、なにも対策しなくても結露は発生し難いということが理解して戴けたと思います。 なら西側に壁面を広くとり窓も大きくするとどうなんだと思う方もいると思いますが結露は発生しにくいですがまともに西風が吹き付け窓から風が吹き込み夏は長時間西日が入り暑く典型的な夏暑く冬寒い住まいで最悪の建築になります。 これでほぼ説明しつくしたので締め切りますが疑問があれば自分で実証試験や観察し確認すればなるほどと思います。 ただ、建築士を養成する大学の教員の方「結露を完全に防ぐ方法などない」などと言い放置するのは恥ずべきことです。しっかり学生にこのような基本的な事は真っ先に教えるべきです。そして建築士の方へは素人でも解析できる単純な現象で住環境を左右する基本ですので、しっかりと理解され良い住まい造りをして貰いたいものです。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 結露対策の誤った常識

    冬季間特に寒い地方の結露については 1. 換気をしないから発生する。 2. 窓が曇ったり壁が結露したら扇風機やサーキュレーターで室内の風を当てる。 3. 結露を防ぐためには窓の上にロスナイを付ける。 などが常識となってますが、1の換気に関しては室内の空気が窓や換気口から外へ吸い出されるのが主たる結露の原因となり2の室内の空気を吹き付けるは冷たい窓側へ部屋の湿つた暖かい空気を吹き付ければ結露が酷くなり壁内へも圧力をかけ押し込み絶対にしてはならない対策です。 3のロスナイは回すことにより冷たい窓側に室内の空気を押し付けることになり結露が酷くなります。 これらの逆に結露を発生させる原因となつてることが未だにどうして常識となってるのでしょうか ? 結露を防ぐためには換気口を閉め、できるだけ外気が入らないようにし浴室の換気扇などで吸い出して室内の気圧が常に室外より低くなるように維持するだけで殆ど完璧に防ぐことができます。 これは室内の湿った空気が内側に縮まろうとするため窓や壁など外側に押し付けられなくなるためです。

  • 結露の原因と対策

    室温20度湿度50%の6畳間程度の室内では、液体の水にして300cc程度の水の分子が気体で存在し室内を飛び交い冷たい窓や壁に触れたとき液体に変わり濡れた状態が結露だそうです。 そこで対策を考えてみると (1) 湿度をゼロに近づける (2) 窓や壁面などの温度を結露しない温度に近づける (3) 結露しやすい窓や壁などに水の分子を近づけない 対策はこの3点くらいだと思います。 (3)は外より室内の気圧を結露し難い浴室の換気扇などを使い換気口を閉じ外からの空気の流入を抑え気圧を低く保てば水の分子は近づけなくなりそうです。 二重窓の外窓の氷結は内窓と外窓の間の空気を室内側に隙間から入れるか、この狭い特殊な空間の温度を外の温度に近づけると氷結は防げるのではないでしょうか? そこで昔から結露は換気したり、室内の空気を動かす、照明器具に羽のついサーキュレーターや結露した窓などにサーキュレーターで室内の空気を吹き付ければ良いなどと云われてますが、実際には逆効果しかないように思われます。 実際に窓の上についたロスナイなどの換気装置やサーキュレーターを使用した事がありますが、窓は曇りが酷くなり全く逆効果でした。 今まで対策として、言われていたこのような事は実際には効果があるのか、もしあるのなら、その根拠を教えてください。

  • 結露について専門家の意見は ?

    以前「結露について誤った常識」という質問をさせて貰いましたが自称建築士と言われる方から回答をいただき結露に関する資料を添付して貰いましたが改めて精査すると静圧で結露がどう発生するかというような内容でした。 実際に結露が発生する条件では気圧の高低により室内側が室外より高い場合低い室外へ室内の空気が流れ(つまり風が窓や冷えた壁に当たる)ために発生してます。 この事を何度も色々な例などで説明しましたが理解して貰えませんでした。 この方も冷えた窓や壁へ風が当たれば結露が発生すると認めてましたが、これこそが結露が発生する原因となつてるのを理解してないようでした。 私は北海道で夜間は外の気温は-15度前後で結露対策をしなければ二重窓の外側ガラスは氷結しガリガリになり内窓は断熱シートをガラスに貼っても濡れ一晩で500ccのペットボトルが一杯になるほど濡れます。 ですが換気口を閉め外から空気ができるだけ入らないようにし浴室など結露し難い場所の換気扇を回し室内の空気を外より低圧に維持すると全くこのような結露は解消されます。これは窓や壁など外側に面した場所へ室内の湿った空気が浴室方面へ吸い寄せられ水分が触れにくくなるためです。 つまり窓や壁方向とは逆の方向に空気が流れ窓方向に風が流れない為です。 建築士など建築の専門家の皆さんは、室内と室外の気圧の変化で空気の移動を全く考慮されてないのではないかと思います。 北海道に寒地研究所という場所があり二重窓のガラスの氷結対策で内窓は気密性を高めるのが良いと解説されてましたが、それでは外窓は氷結し易くなります。 正解は逆に外窓の気密性を高め内窓は気密性を低くし二重窓の間の空気を部屋側へ気圧を下げて外側窓ガラスに気圧がかからないないようにしなければなりません。 このように結露に関しては建築士を養成する学校で誤った教えをされてるのではないでしょうか。 もし私の提案する方法以外で北海道などの寒地でも完璧に結露を発生させない方法があれば教えてください。 私の気圧での対策以外では湿度と温度をコントロールする方法と3点の組み合わせが考えられますが気圧の要素を入れなければ相当難しいと思います。 今までの私の実証実験では結露は本当に単純な理由で発生してますし簡単に完璧に防止できてます。 結露が発生する理屈までは、ほぼ解明されてますので(冷たい場所に湿った空気が触れるため)ならば先入観念なしに小学4年生の思考で考えれば容易に対策は判明しないでしょうか ?

  • 簡単、確実な結露対策

    これから結露が酷くなってくる時期ですが 壁などについている換気口を閉め浴室などの換気扇を回し室内の気圧を室外より低く保つとフロア内の全室の、ほぼ100%結露を防げます。 どうして結露しないのか、その理由やメカニズムが分かりますか ?

  • NHK朝いちで紹介された結露対策

    関西の建築学部の教授という方が結露対策のいくつかを紹介してましたが、結露している窓ガラスにサーキュレーターや扇風気で室内の風を吹き付けるというのがありました。 こんなことは、逆に結露を酷くすることではないでしょうか ? 北海道や東北といった窓外、氷点下の気温の地域では内窓は結露や氷結しますし外窓はガリガリに凍り付きます。 結露は換気口を閉め浴室など窓や壁から離れた位置にある換気扇を回し室内の気圧を室外より低く保てば、ほぼ完全に結露はおきません。 大学の建築学部の教授でもこのような簡単な事を知らないのですかね?

  • 結露の原因と対策は ?

    始めたときから即効があり簡単にできる結露対策はありますか ? また冬季間どのような対策をしてますか。 窓上のロスナイなどの換気装置や照明器具に羽を付けたサーキュレータや窓ガラスに向けサーキュレータで室内の空気を吹きかけるのは効果があると思われますか、それとも逆効果でしない方が良いと思いますか? 私は、できるだけ換気口を閉じ外からの換気を抑えて浴室の換気扇で全室の気圧を下げた結露対策をしてますが、これは効果があると思いますか ? 北海道は二重窓が殆どですが、内側窓の結露や外側窓の氷結対策はどのようにしてますか ? 結露のメカニズムはどのような物だと思いますか ?

  • 結露は換気と言われてますが、これは嘘ですか

    結露したら換気すると良い言われてますが、その根拠は何ですか ? 窓が曇った時、換気口を開けた状態で24時間換気扇を回しても全く変化しませんでしたが、換気口を閉じ外からの空気の流入を抑えて室内の気圧を下げると直ぐ曇りは解消しました。 結露は換気といわれてますが結露と換気は直接の因果関係はないと私は思います。

  • 結露がひどい

    賃貸マンションに住んでいますが、毎年冬になると結露がものすごく出てきます。 あまりにも結露が出るので、窓の下のフローリングは黒く変色してますし、窓の上の壁は黒かびがはえています。 どうしたらいいのか困っています。 ちなみに、 ・家をあけているときはいつも換気扇をまわすようにしています。 ・できるだけ空気の喚起もするようにしていますが、冬は寒いのであまり窓は長時間開けられません。  結露がなくなるまで窓を開けていても、閉めるとすぐに結露が出てきます。 ・今年は対策のために結露フィルムというシートを窓に貼りましたが、ほとんど効果なしです。 他にどんな結露対策をしたらいのか教えてください。 また、引っ越すときに、フローリングの変色などは弁償させられますか?これも気になります。。

  • 結露した後の対処

    木造在来工法4LDKの3階建てで2階リビング・リビング階段(扉無し)・水周りは全て2階という形状です。 常に浴室24時間換気システムを動かした状態で各部屋の窓のガラリを開けた状態で空気の流れを作っております。 昨日19時から22時までの間リビングでガスファンヒーターとエアコン暖房弱運転(24度に設定)をしておりました所、23時頃に3階に上がると3階の窓がすごい結露しておりました。 全ての窓ではなくガラリがついていない小さな窓のみびっしりと結露しておりました。 暖房運転時は暖房の熱が3階まで上がってしまい効率が良くない為、3階の部屋の扉は閉めています。 3階の部屋の扉の下には空気の通り道がある為、窓のガラリから入った外の空気が階段を通って、浴室の換気扇から抜けていく為、結露した理由がよく分かりません。 3階階段上にも換気扇が付いておりますので、朝まで回しておきましたが、この換気扇は常に回しておくものではないと思います。 このままでは家がすぐにダメになってしまうのでしょうか? また、結露してしまう場合の対処法は何か必要でしょうか?

  • 結露を防ぐ方法を教えてください。

    今年の9月から一人暮らしを始めた者です。 窓の結露を防ぐ方法ってあるのでしょうか? 一応、窓枠の下に結露防止シート?は貼っているのですが、 朝、帰宅時に見ると、窓一面がびっしょりしていて、玄関にまで水滴がすいている状態です。 (朝一、帰宅してすぐに窓全開+窓拭きはしています) 浴室のドアは閉めておかないと、部屋に湿気がこもり結露の原因にもなり、 よくないと聞いたのですが、浴室のドアも閉めっぱなしにしておくと、今度は浴室がカビ臭~くなりますよね? 一応、浴室の換気扇を回したり、 ドアを開けておくときは、お風呂のお湯を抜いたりしているのですが、何かよい対応策はないものでしょうか?

DCP-L2550DWのUSB接続について
このQ&Aのポイント
  • DCP-L2550DWのUSB接続に関して困っていることや購入したいUSBケーブルについての疑問を解決します。
  • DCP-L2550DWのUSB接続について分からない点や適切なUSBケーブルについて解説します。
  • DCP-L2550DWのUSB接続に関する基本情報や適応するUSBケーブルについて詳しく説明します。
回答を見る