• 締切済み
  • 困ってます

磁化された原因は

材質 STKM20Aのパイプに端面にS35Cが溶接された製品を旋盤加工しました 旋盤加工時、切粉が引っ付き磁化されていることが判明しました 大きさはΦ250x3675あります 磁化が強い(10ガウス以上が両端200mm程度最大200ガウスあります) 磁化の原因及び今後の対処方法について考えられることを教えていただけませんか よろしくお願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数384
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.5

直流溶接だった http://www-it.jwes.or.jp/qa/details.jsp?pg_no=0100070130 ↑は磁化した配管の溶接法だが 注目すべきはここ 抜粋 磁化した配管を溶接すると,フレミングの左手の法則に従う電磁力が働く ↑ 磁化する可能性はある 叩いただけでも磁化しますよ https://www.magfine.org/knowledges/6

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

溶接や旋盤加工で磁化されるとは考えにくいのですが。 加工前に既に磁化されているということはありませんか。 例えば、加工物を磁石でこすったとか、マグネットスタンドを付けたとか。 (クりップを磁石に付けて取りやすくしている文房具がありますが、磁石から外してもクリップ同士くっついている事があります。) 一度加工前の材料を測定してみたらどうでしょうか。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • ohkawa3
  • ベストアンサー率58% (638/1093)

磁化した原因は、なかなか判らないでしょうから、検討外として、脱磁する方法を準備しましょう。 一例ですが、φ300×L200程度のベークパイプの外周に、φ1.6程度のポリエステル銅線(エナメル線)を100ターン程度巻いて、スライダックでコイルにかかる電圧を調整して、15A程度の商用交流電流を通電します。このコイルで、交流磁界を発生させます。 パイプの一端から他端に向かって、通電したコイルをゆっくりと移動させゆけば、消磁できる筈です。

参考URL:
https://www.jp.tdk.com/tech-mag/ninja/071

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

鉄系材料は少なからず磁気を帯びます。 加工条件の修正では磁化を防げないと思います。 脱磁設備メーカーに代理店を紹介してもらい、相談が必要です。 納期が迫っているようなので・・・ 前出の図面を添付するな云々のコメントですが、以後気をつけたほうが良いと思います。 気にする人は気にします。事実、手書きの納期は読み取れました・・・ 私は、3DCAD派で、FAXレベルの情報を図面と呼称する人種は認めたくはない派です。

参考URL:
https://www.emic-jp.com/solutions/magnet_demagnet

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の返答ありがとうござました 脱磁メーカに相談してみます 図面については直接添付はやめます

  • 回答No.1
  • mpascal
  • ベストアンサー率21% (1136/5191)

図面、そのまま添付しちゃまずいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • SUS321の磁化について

    ステンレスの丸棒にネジ穴を開けて、ある寸法に切断し、鉄板に溶接を行った所、磁石がステンレス材にくっつく現象が出ました。 文献を調べた所、ステンレス材を曲げたり、絞ったり熱したりの加工を加えると残留応力により磁化する事が有ると書かれていたました。 しかし、使用している材質がSUS304で同じ加工をしても同じ現象にはなりません。SUS321では磁化しやすくて、SUS304では磁化しにくい、何らかの要因が有るのでしょうか?

  • オークマLB3000IIについて

    素材材質SCM420Hでφ110x270コロンとしたシャフトで最大φ107両端φ80仕上がりです この加工を全長、両センター、掴み代、芯出し用を削ってくれなければ出来ないと言われたのですが素材のまま端面ヘソを残し両側を加工して汎用でヘソを飛ばす方が速いと思うのですがそう言う前加工をしなければならないのですか? 本数は30本有り1~2日で旋盤加工を終わらないと納期遅れを出してしまいます 自分は汎用旋盤しか使えないのですがNC旋盤の動きは解っているつもりです 知らないからええ様に言われてる様で腑に落ちません

  • NC旋盤のお勧めは?

    予算が通りそうなのでNC旋盤をいよいよ購入することになりそうです。 現在旋盤、フライス盤ともに汎用機なのでNCについて知識がありません。商社は得意なメ-カ-、不得意なメ-カ-があるようなので、実際にNC旋盤を使っておられる方々に使用者の立場からのアドバイスをいただきたいのですが、宜しくお願い致します。当社は一般的な部品加工屋で、加工物の材質は金属全般です。 ワ-クは最大径φ302*133 、 もしくは径φ50*700mm(両端をφ40h7*60Lに段つき加工して端面にM10タップ加工)。最大径はφ302です。

  • s45cのアーク溶接

    車用部品を製作の為、s45cでの旋盤加工の発注をする為に、図面製作中なのですが、旋盤加工後、アーク溶接にて溶接予定でいました。 今日、ネットで色々調べていた所、s45cの溶接は、余熱?等の前処理が必要で、単純に溶接しても、すぐに溶接が外れるとの文章を目にしたのですが、本当なのでしょうか? その部品自体、最大で1~2トンの力がかかりそうな部品ですので、強度をssよりも上げたいのですが、もし、s45cでは、溶接困難でしたら、他の材質に変えたいと思うのですが、何か良い材料はありますか?

  • 駆動ロールとSTKM材の摩擦係数

    質問させてください。 V溝ロールA・・・材質X ワークチャック側 駆動 仕上Ra3.2 V溝ロールB・・・材質X 固定側 駆動 仕上Ra3.2 上記2ロールでパイプ(STKM材)を挟み、送っていく機構です。 STKM材に対し、摩擦係数が最も大きくなる材質Xの組み合わせは… 1、S45C 2、SKS3 3、DC53 4、SKH9 5、その他(安価なもの限定) 同系統の材質ですと大きくなるといいますがどれが最適なのでしょうか。

  • SUSパイプの先端加工について

    初めて質問します。 SUSパイプやインコネル管のパイプの片方の端を 試験管の様な形に丸く封をする様に加工したいのですが、インターネットで調べても出てきません。 多分溶接で付けると思うのですが。 材質はSUS304やインコネル管 t=2.0~3.0程です。 短尺の物なら出来る所はあるようですが、1m程にもなるとちょっとねぇ・・・という感じです。 使用方法は保護管として使おうかと思っています。 どなたか加工してくれる会社をご存知無いでしょうか? 宜しくお願いします。

  • ロールのバランス取りについて

    パイプ材の両端面に軸を溶接後、外周加工し最終的には研削にて、振れ・真円共に0.005以下に仕上げたいのですが、加工前に回転バランスを取りたいのですが、どのような方法や器具があるのでしょうか?全長は5002000mm、外径100200mmぐらいです。材質はS45C,A2017,SUS304などです。バランス取りが必要だと思うのですが、他に何か良い方法がありましたらご教授ください。

  • 長尺軸の加工について。

    お世話になります。 Heddokorokoroと申します。 旋盤未経験から半年程の素人工です。 よろしくお願いいたします。 長尺軸の加工方法についての質問になりまして、加工手順や方法に間違いがないか、ご教授お願いいたします。 ・加工寸法がΦ150、3000L、両端にネジ切り、軸の部分は公差があります。 ・材質はS45Cです。 ・使用機械は汎用旋盤にNC制御盤がついているタイプです。 考えている加工方法は、 (1)両端面にハンドドリルでセンター穴をあける。 (2)センターを心押台で押して、外径を削る。 (3)ブリュウで受け直して、片方の端面を仕上げ削りする。 センターを押し直す。 (4)ひっくり返して、もう片方の端面を仕上げ削りをして、全長を仕上げる。 センターを押し直す。 (5)全体を粗加工(片0.5mm残)する。 (6)半分ずつ仕上げていく。 このように考えておりますが、両端にネジ切りがあるので、片方のネジ切りをしたあとに、 チャックでどう掴むのか分かりません。 また、長尺軸の加工方法は、このような手順で大丈夫でしょうか? 社内に本職の旋盤工の方がいないので、手探りでやっております。 お忙しいかと存じますが、よろしくお願いいたします。

  • バリ取り作業の簡素化について

    STKMのパイプに旋盤加工をしたあと、マシニングでロール全面にΦ4の穴を あけます。その時のバリ取りは作業者が電ドルで1個ずつ穴を通してやってます 数が多いのでたいへんです。しかも、そのあとにワイヤーブラシ等で残った バリを取らなければいけません。 バリのでないドリルなどありますが完全ではないようです。 何かいい方法はないものでしょうか。

  • パイプの焼き入れ焼き戻し加工ついて教えて下さい。

    パイプを外径約【φ73×t6×L80】(焼き入れ温度830℃~860℃・焼き戻し温 度600℃~650℃ 表面硬度HRC18~23 材質欄にSC45Cと記載)に加工と指示の あるものを加工する場合に、パイプ材のSTKMを購入し焼き入れ焼き戻しをした 後に指定寸法に加工するのか、またはS45Cで表面硬度HRC18~23のパイプがJIS 規格で存在するのですか? 良いアドバイスを頂ければ幸いです。よろしくお願いします。