• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

流体力学の専門書で名著と言えば何でしょうか?

流体力学の専門書で名著と言えば何でしょうか? 流体力学は学生時代の必修科目で習ったのですが,完全に忘れてしまいました.特に,航空機や鳥に関する流体力学を理解するためにお勧めの専門書を探しています.わかり易くてかつ「この本が理解できれば流体力学はOK」みたいな専門書があれば教えてください.よろしくお願いいたします.

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数475
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

 土木系です。  自分の時代の定番といえば、やはり今井功先生の流体力学でした。氏の本は、岩波とかからも出ています。後おすすめは、(土木なので(^^;))椿東一郎の水理学です(森北出版,基礎土木工学全書6)。  一般に流体力学の本では、完全流体はもちろん詳しく書かれていますが、実在流体のところが省略気味になります(難しいので)。実在流体の話は#1さんもあげられていた、ランダウやラムに十分に載ってますが、これらは国際的な定番で、初見で読むのはちょっと苦しい気がします。本当の専門書です。  そのてん椿先生の水理学は、実在流体の理論も、実験や歴史的経緯に即した形で十分に書かれていますし、物理的意味が明確です。また実用的な例も豊富です。投影断面積に対する流体の抵抗係数の一揃えの表なんて、この本以外では見た事がありません。 >絶版が多いため、古本を探すことになりますが…(#1さんより)  ・・・そうなんですよね(^^;)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます.今井功先生と椿先生の水理学をまずは購入して読んでみようと思います.教えて頂きありがとうございました.(ちなみに今井先生の本は,岩波と裳華房の2つがあるのですね.本のタイトルは同じなのに両者でページ数が2倍近く違うのはなぜなのでしょうか?...)

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

 #2です。 >(ちなみに今井先生の本は,岩波と裳華房の2つがあるのですね.本のタイトルは同じなのに両者でページ数が2倍近く違うのはなぜなのでしょうか?...)  今井先生は流体力学の本を、何冊も出してたと思います。岩波は、たまたま自分が持ってたというだけで、岩波と裳華房だけでない可能性も十分です。内容はそれぞれ(どこに力点を置くかで)違うと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど,補足に対しても教えて頂きありがとうございました.早速Amazonで両方とも注文しました.ありがとうございました.

  • 回答No.1

私は物理なので、物理界隈で有名な流体力学の本は以下になります。 今井功 流体力学(前編) 裳華房 ランダウ・リフシッツ 流体力学(全2巻) 東京図書 ラム 流体力学 (全3巻) 東京図書 巽 友正 流体力学 培風館 絶版が多いため、古本を探すことになりますが…

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 航空機や鳥の力学を考えるために必要な流体力学の知識

    航空機や鳥の力学を考える場合,不連続流や粘性流体力学を理解しておく必要はありますでしょうか?(流体力学はほぼ無知なのでとても初歩的な質問だと思います.) クワッドコプターや鳥の力学に興味があり,まずは流体力学を今井功先生の本で一から勉強しようと思っているのですが,「不連続流」や「粘性流体の力学」というものまで理解する必要があるのかどうか知りたく質問させて頂きました. よろしくお願いします.

  • 空気力学?流体力学?

    空気力学?流体力学? こんばんは。 装置内のガスの流れ方を真面目に考えようと思い、 流れなのだから流体力学を勉強しようと思いました。 知人からガスの場合は流体力学よりも、空気力学の方では?と言われました。 そこで空気力学に関しての本を探したのですが、"空気力学"で探すと どうも航空機に特化した航空力学や、レーシングカーのウィングなどを 扱うような本が出てきてしまいます。 装置内のガス流(層流、乱流、チャンバー内でガスはどこをどのくらいの流速で流れるのか)を 考えたい場合、どのような本を探せばよいのでしょうか? 流体力学は空気力学を含む幅広い学問のようなので、まずは流体力学の本を読むべきでしょうか? よろしくお願いします。

  • 流体力学ってどのように勉強するのが良いのでしょう?

    現在大学4年の理系学生なのですが、流体力学がちんぷんかんぷんです。 今後研究等で必要となるため、勉強が必要なのですが、どのように勉強したら効果的または理解しやすいでしょうか? また、おすすめの参考書があれば教えてください。 ちなみに、日野幹雄さんの「流体力学」を持っているのですが、読んでもよくわかりません。

  • 流体力学と熱力学

    4大力学のうち、流体力学、熱力学を勉強したいのですが、素人でも理解しやすい本はありませんか?

  • 空気抵抗と流体力学

    流体力学を学ぶと途端に空気抵抗という言葉が使われなく気がします。 そのため、当方のようなものには理解しがたいですが、流体力学では 空気抵抗をどのように扱っているのでしょうか? 空気抵抗とナビエストークスの関係なども教えてください

  • 流体力学を会社員が学ぶには

    大学時代、物理が苦手でしたが、最近、気象予報士試験に合格しました。 気象学を勉強する中で、渦度方程式やω方程式など、数学的な側面もおもしろく感じました(学科は数学に近い分野を卒業)。 趣味で流体力学、を勉強しようと思うのですが、大手本屋で物理学のコーナーをみても、流体力学の本はほとんどおいていません。 もっとも、気象予報士試験では、初歩の物理でも苦労しましたので、物理を初歩から学んでいきたいのですが、力学、解析力学あたりから勉強しなおしたほうが、流体力学の勉強にはよいのでしょうか。 「趣味で流体力学」という本はないようですので、どのような順で勉強していけばいいのかアドバイスをお願いします。

  • 流体力学について質問です

    すみません。 はじめて流体力学を勉強しましたが ちんぷんかんぷんです。 どなたか教えてください。 (1)外径30mm、肉厚7mmの特殊高圧配管鋼管で、許容引張応力を  80MPaとするとき、許しうる内圧はいくらになるか求めなさい。  腐れ代は0とする。 (2)内圧1.2MPaを受ける内径2mmの薄肉円筒の肉厚を求めなさい。  但し許容応力を80MPaとする これは、どのようにしてとけばいいでしょうか。 (1)は、断面積64mm^2に80MPaの力がかかると考えていいのでしょうか。 (2)は(1)の内容が理解できれば解けるのでしょうか。 自分なりに調べたのですが、わかりませんでした。 流体力学を勉強しだして間もないですが、どうしても 理解していきたいのです。 よろしくお願いします。

  • 流体力学の公式証明が解らない

    流体力学の中で証明の課題が出たのですが、全然解りません。初心者向けに教えてください。 ポテンシャル流 非圧縮流体、粘性無し、渦無し、一様流 球対称な流れの場合 rのみの関数の場合(r=x.y.z) Φ=Φ(r.θ.ρ)=Φ(r)のとき ΔΦ= 1/r2 ・ d/dr(r2・dΦ/dr) 2の数字は2乗です。   となることを証明せよというものです。 ベクトル解析を良く理解していないので、困っています。

  • 流体力学の問題が解けません

    流体力学を勉強していますが、専門書を読んでも選択式の解と答えが合わなくて困っています。 問題は、縮小管内断面1から断面2に向けて水が流れている。上流側の断面1では平均流速が10m/s、圧力が200kPa、内径が100mmである。下流側の断面2では内径70mmである。損失は無視できるものとして、縮小管に働く力を求めよ。というものです。 解は(1)297N (2)593N (3)816N (4)1409N (5)2225Nのうちどれかになっています。 解を導き出すまでの詳細な式を教えて頂けると大変助かります。 皆さん宜しくお願い致します。

  • 流体力学の流れ関数などについて

    流体力学や水理学に登場する「流れ関数」「ラプラス方程式」「速度ポテンシャル」について簡潔に説明してくださいませんか? 「初心者でもわかる・・・」といった類の本を読んでも式がたらたら書いてあるのみで結局何なのか、何の意味があるのかよくわかりません。 私は馬鹿なので、日常生活における現象など具体的事例を挙げつつ説明していただけると助かります。 また、私のような馬鹿でも理解できそうな書籍・WEBサイト等ございましたら教えていただけると助かります。 お手数ですが宜しくお願い致します。