• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

英文の邦訳(年次報告書)の添削

State Street Corporation has sole power to vote or direct the vote of no shares, sole power to dispose or to direct the disposition of no shares, shared power to vote or direct the vote of 11,821,117 shares, and shared power to dispose or direct the disposition of 13,085,883 shares. 上記英文の下記の邦訳の添削をお願い致します。 「受益的に所有されている13,093,054株の内,State Street Corporationが単独の投票権または議決権を持つ株数はゼロで,11,821,117株について投票権または議決権を共有し,13,085,883株について処分権または処分を指示する権利を共有する。」 以上,どうぞ宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数10
  • 閲覧数170
  • ありがとう数22

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.10
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (7499/9246)

直近の1, 2便になってから気づいたことですが、direct the dispositionを「委任状の権利の付与」や「処分委託権」と訳すと、ちょっと原義から離れるように思います。なぜなら、directは、直接「仕切る」という意味であって、「任せる」というような意味合いはないからです。 「委任状の権利の付与」や「処分委託権」の意味としては、基本的な大項目のみ指示して、詳細は文字通り一任するという感じですが、directは、具体的な事務手続きなどはしないものの、上で述べたとおり、処分に関する差配の権限を保持してその一切を取り仕切ることを意味する語です。 ということで、direct the dispositionの原義を尊重した対訳としては、やはり「処分統制権」や「処分の采配権限」というのがより適切である、と考える次第です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

感謝申しあげます。

質問者からの補足

directでは委任という意味は付帯できないということが良く分かりました。 有難う御座いました。処分の采配権限でいきます。 感謝申しあげます。

関連するQ&A

  • 英文邦訳

    Voting power which includes the power to vote Voting power とpower to vote この二つはどちらが投票権,どちらが議決権でしょうか? ご指導願います。

  • 英文の邦訳

    合衆国のState Street CorporationのDEF 14A (DEFINITIVE PROXY STATEMENT)内に次のような脚注が出てきます。 Includes 2,800 shares to which Mr. Hooley has shared voting power and investment power.(page 81) これは「内,2,800株についてHooly氏は議決権と investment powerを共有する。」以上の訳で正しいでしょうか?has shared voting power and investment powerを正確に御訳し下さいますようお願い致します。

  • 議決権の英語3ケースについて

    (1) Voting power which includes the power to vote, or to direct the voting of, such security; and/or, (2) Investment power which includes the power to dispose, or to direct the disposition of, such security. 以上の英文でVoting power ,power to vote,direct the votingの3つ全てが議決権を意味しているように思われるのですが,3者間に違いはあるのでしょうか?

その他の回答 (9)

  • 回答No.9

> 再三再四,ご面倒お掛け致しますが,どうぞ宜しくお願い申し上げます また、ハードルを上げてきましたね😅。でも#8の回答で、すでに詳細はギブアップしているのですが😞 とは言え、追加ご質問いただいたのでつたない知識ながら再度レポートを見てみました。https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1113169/000120677420000899/trow3700021-def14a.htm そもそも前提を少し勘違いしていたのですが、ご質問の文を含む数行1, 2, 3 がそれぞれの資産運用会社が所有または委任を受けた全ての株式の、投資先企業への影響力を表そうとしていると考えたのですが、見直すとそうではなくて、T. Rowe Price Group, Inc.の発行株式の受益所有者のうち、5%以上の株を所有する株主3社の株式所有形態(議決、処分に関わる権限)について書いた物なのですね。 全体は、株主総会での議決の前に、SECに提出すべきProxy Statementですが、proxy statementを辞書で調べた「委任状」の意味で使われている物ではなく、議決がどの様に行われ、どう言う利害関係が絡んでいるのかを透明に把握するためのものの様ですね。 https://en.wikipedia.org/wiki/Proxy_statement#Retail_investors この目的からして、power to vote, power to disposeは、主な株主の影響力を表せば十分で、それが委任によるものか、株主としてによるものかはやはりポイントではない様で、一方でbeneficial ownerと言うからには株主としての登録名ではなく実際に利益を享受する所有者のことの様で、そうなるとここでは、State Street Corporation が、顧客から委託された、あるいは委任をされたと言う意味合いは含まないと思います(実際にはどうであれ、この文の中では関係がない)。https://www.investopedia.com/terms/b/beneficialowner.asp と言うことを考えると、powerが権限か委任かわからないけれど、どちらでも意味は同じと前に回答したものの、ここでは権限とするべきでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

様々にご指導を賜り,どうも有難うございました。 今後ともご指導の程,宜しくお願い申し上げます。

質問者からの補足

委任によるものか、株主としてによるものかはやはりポイントではない様,というご理解とNakay様の「directは、直接「仕切る」という意味であって、「任せる」というような意味合いはない」という指摘とに鑑みて「処分の采配権限」と訳してみることに致します。 どうも有難うございました。

  • 回答No.8

> power to voteですが,やはり「投票権」で「委任状の権利」ではいけませんか? この質問に答える知見を持ち合わせません。と言うか元々知見が無いのを原文を見たりWeb検索したりしても、専門用語的に確信が持てるものが見つからず判断できないと言うのが正直なところ。 powerを委任状と訳すと、結構楽です。ただ、そうだとすると株式の保有が資産運用会社では無く、第三者、多分資産運用会社の顧客で、その議決権の委任を受けていると考えるべきなのですが、ところがその前にbeneficially ownedとあり、資産運用会社が保有している株のことを言っていて矛盾します。だからpowerは委任状では無く、権限ととらえないといけないのだと考えたわけです。一方で、前にも書いた様に資産運用会社は自社のために株を保有しているわけでは無く顧客に販売した自社の保有株から投資信託なりETFなりを形成しているわけで、権利や利益も顧客を代表しているはずと考えると、委任を受けているとも言えるのかとも思います。 多分わかる人には常識的なことなのでしょうから、レポートにもターミノロジーとして出てこないのかも知れませんが、私には限界です。 ただ、寛容なことは資産運用会社が持つ議決、処分に関する権限のことなので、日本語で専門用語を踏まえて正確に訳す必要がなければ、委任ととらえようが権限ととらえようが企業にたいする影響力は変わらないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再三再四,ご面倒お掛け致しますが,どうぞ宜しくお願い申し上げます。

質問者からの補足

ご解答・ご指導有難うございました。 資産運用会社は名義人として直接法律の上で株主にも場合によってはなりえますが,一般には,他の機関投資家から投資の指図を受けて,委任状の権利行使を行う場合が多いというのが私どもの認識です。これはご解答・ご指導と整合致します。しかし英米法律の辞書では「benefícial ównership :受益的所有権 ⦅1) 信託財産(trust property)に対する受益者(beneficiary)が有する権利; equitable ownership ともいう 2) 会社の株式を売買する権能などは有しているが, 株主として登録していない株式保有者の権能⦆.[研究社 英米法律語辞典]」からご解答と矛盾しないでしょうか?なお ご教示頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。

  • 回答No.7
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (7499/9246)

再三つかぬことを申しますが、direct the dispositionの対訳として、「処分の采配権限」などもありかなと思いました。これなら、「処分統制権」ほど「仰々しく」なく、しかも「…11,821,117株については投票権ないし議決権を共有し、13,085,883株については処分権ないし処分の采配権限を共有する」と、自然な表現として説明文中にマッチするかも知れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

感謝申しあげます。

質問者からの補足

ご解答・ご指導有難うございました。「采配」の方が確かにより馴染みやすい表現ですね。 有難うございました。

  • 回答No.6
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (7499/9246)

「補足コメント」を拝見しました。 >「処分委託権」ですがNkay様の造語になりますか? ⇒はい、そのとおりです。門外漢ですので、見当違いでしたらお詫びします。 実は、「処分統制権」との間を迷ったのですが、こちらは「仰々しい」感じがしましたので、「処分委託権」としました。けれども、direct the dispositionの意味をよく考えてみると、≪direct「統制(する)」+the disposition「処分権」≫ですので、「気分」で選んではまずい、と思いました。すみません。 というわけで、direct the dispositionの対訳としての「処分委託権」は取り下げ、「処分統制権」と訂正させていただきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

感謝申し上げます。

質問者からの補足

ご解答どうも有難うございました。 お説の趣旨もよく理解できました。 「処分統制権」,筋の通った文脈にも馴染みやすい訳語として候補にさせて頂きます。

  • 回答No.5
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (7499/9246)

再度の「補足コメント」を拝見しました。 >議決権の代行とは委任状の権利行使(代行)ですから,委任状の権利の付与と理解してはいけないでしょうか? ⇒はい、「委任状の権利の付与」でもいいと思いますが、「処分委託権」とすればもっと端的に言えるかも知れませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

感謝申し上げます。 補足コメントについて宜しくお願い致します。

質問者からの補足

ご解答どうも有難うございました。 さて,「処分委託権」ですがNkay様の造語になりますか? なおご指導の程,宜しくお願い致します。

  • 回答No.4

>議決権の代行とは委任状の権利行使(代行)ですから,委任状の権利の付与と理解してはいけないでしょうか? 私もその様に考えています。ただ、委任状を第三者に与えるだけだと、power to direct the vote (その投票の指示をするpower)にはまだならないので、議案に対してどう投票するまで指示することまで含まれるのだと考えました。すると、そこまでを表す日本語がありそうな物なのですが、どう検索しても見当たらなかったと言うのが正直なところ。しかも参照しているレポートにも用語の説明が無く、金融・証券に関して素人の身としてはここまでが限界です。 別に調べると、資産運用会社は、各顧客の資産で投資を行った株式に対する議決権を代表して持つものの、どう言う投票を行ったかは報告する義務があり、また議決は顧客の利益を最大にする目的でのみ行う必要があることから、通常は議案に関しては投資先の会社の以降に従うものだそうで、顧客の利益を損ねる議案に対しのみ十分運営会社内で審議の上でどう投票するか決定するのだそうです。第三者に投票を委任することはある様ですが、ある意味当然の様に投票すべき内容は、事前に指示するものなのでしょうね。 ところでpowerには委任状と言う意味があります。最初はpowerそのものが委任状かと思ったのですが、それだとpower to vote が、自社が所有していない株に対する議決権の代行行使になってしまい、やはりpower は素直に権限、権利。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再三お煩わせ致し,恐縮ですが,補足コメントについて,宜しくお願い致します。

質問者からの補足

知見にあふれたご意見を頂戴致しました。投票をめぐる権利状況が俯瞰できて大変勉強になりました。感謝申し上げます。 さて,power to voteですが,やはり「投票権」で「委任状の権利」ではいけませんか?

  • 回答No.3

State Street Corporationは資産運営会社の様ですが、内容からして投資信託の様な証券の所有者(顧客)の利益のために、代表して権利行使できる持ち株の種類に関しての話の様ですね。 power to voteは、資産運用会社が証券所有者を代表して株主総会で投票を行う、議決権と思いますが、power to direct the voteが業界用語なのかどうか探しても見つからず、ただ質問が含まれるレポートの前後を見る限り vote or direct の株式数がbeneficially owned の株式数を越えることがないことから、State Street Corpの所有株式の中の権限の話なので、自社の投票権を他社に指示して代理行使させる場合を想定しているかと想像します。実際、証券会社の議決権の指図行使のポリシーを見ると、その様なケースが書かれています。 すると、 「State Street Corporationの持つ、単独での議決権または議決を代行させる権限を有する株式はゼロ、単独で処分する権限または処分を代行させる権限を有する株式もゼロ、(他社と)共有の議決権または議決を代行させる権限を有する株式は11,821,117株、共有で処分する権限、または処分を代行させる権限を有する株式は13,085,883株である。」 と言うことになるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうも有難うございました。感謝申し上げます。補足コメント,どうぞ宜しくお願い致します。

質問者からの補足

ご解答・ご指導どうも有難うございました。かなり説得力のある御指摘かと拝見致しました。 どうでしょう?議決権の代行とは委任状の権利行使(代行)ですから,委任状の権利の付与と理解してはいけないでしょうか?

  • 回答No.2
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (7499/9246)

「補足コメント」を拝見しました。 >OKWAVEにアップした理由は,実は「処分権と処分を指示する権利」との具体的な異同を知りたかったことにあります。この点についてはどのようにご判断されますでしょうか? ⇒例えば、みずから直接取扱窓口に処分を申し出るのは「処分権」の行使で、取扱業者(のみ)がライセンスを保有するとか、あるいはその道に明るい等の関係で、仲介業者に委託するのが「処分を指示する権利」を行使する、ということであると考えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

感謝申し上げます。補足コメント,再三再四ご面倒をお掛け致し,恐縮ですが,どうぞ宜しくお願い致します。

質問者からの補足

ご解答・ご指導どうも有難うございました。早速ですがconcha様にもお聴きしたのですが,議決権の代行とは委任状の権利行使(代行)ですから,委任状の権利の付与と理解してはいけないでしょうか?

  • 回答No.1
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (7499/9246)

>「受益的に所有されている13,093,054株の内,State Street Corporationが単独の投票権または議決権を持つ株数はゼロで,11,821,117株について投票権または議決権を共有し,13,085,883株について処分権または処分を指示する権利を共有する。」 ⇒以下のとおりお答えします。 個々の表現の対訳はすばらしいと思いますが、次の2点をご点検ください。 (1) 「受益的に所有されている13,093,054株の内」は、原文にありません。 (2) お訳では、(has) sole power to dispose or to direct the disposition of no sharesの部分に相当する部分が欠落しています。「単独の処分権ないし処分を指示する権利を持つ株数はゼロである」。 (添削文) 「(受益的に所有されている13,093,054株の内)State Street Corporationが単独の投票権ないし議決権を持つ株数はゼロで、単独の処分権ないし処分を指示する権利を持つ株数もゼロで、11,821,117株については投票権ないし議決権を共有し、13,085,883株については処分権ないし処分を指示する権利を共有する。」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうも有難うございました。補足コメントについて,どうぞ宜しくお願い致します。

質問者からの補足

ご解答・ご指導どうも有難うございました。ミスを御指摘いただきました。御指摘の通りに存じます。感謝申し上げます。さて特にOKWAVEにアップした理由は,実は「処分権と処分を指示する権利」との具体的な異同を知りたかったことにあります。この点についてはどのようにご判断されますでしょうか?尚ご指導賜りますようお願い致します。

関連するQ&A

  • 英文中の用語の試訳の添削を願います。

    § 240.13d-3 Determination of beneficial owner. (a) For the purposes of sections 13(d) and 13(g) of the Act a beneficial owner of a security includes any person who, directly or indirectly, through any contract, arrangement, understanding, relationship, or otherwise has or shares: (1) Voting power which includes the power to vote, or to direct the voting of, such security; and/or, (2) Investment power which includes the power to dispose, or to direct the disposition of, such security. 上記英文中の(2)の冒頭のInvestment power は「投資力」,(1)のto direct the votingは,以前教わった事のある(2)の to direct the dispositionの訳語=「直接的処分采配権」に習って,「直接的議決采配権」としました。知見をお持ちの方,適訳をお願い申し上げます。

  • 英文の邦訳の添削

    States of Delaware, The Official Website of the First State, Delaware Code Online(出典), Title 8, Chapter 1, § 217 Voting rights of fiduciaries, pledgors and joint owners of stock, (b)( https://delcode.delaware.gov/title8/c001/sc07/(2020/06/07)). If shares or other securities having voting power stand of record in the names of 2 or more persons, whether fiduciaries, members of a partnership, joint tenants, tenants in common, tenants by the entirety or otherwise, or if 2 or more persons have the same fiduciary relationship respecting the same shares, unless the secretary of the corporation is given written notice to the contrary and is furnished with a copy of the instrument or order appointing them or creating the relationship wherein it is so provided, their acts with respect to voting shall have the following effect: (1) If only 1 votes, such person’s act binds all; (2) If more than 1 vote, the act of the majority so voting binds all; (3) If more than 1 vote, but the vote is evenly split on any particular matter, each faction may vote the securities in question proportionally, or any person voting the shares, or a beneficiary, if any, may apply to the Court of Chancery or such other court as may have jurisdiction to appoint an additional person to act with the persons so voting the shares, which shall then be voted as determined by a majority of such persons and the person appointed by the Court. If the instrument so filed shows that any such tenancy is held in unequal interests, a majority or even split for the purpose of this subsection shall be a majority or even split in interest. 以上の英文の下記の試訳の添削をお願いします。 「デラウェア州会社法,表題8,第1章,§217:株式の受託者,質権設定者および共同所有者の議決権  持分または他の証券が複数の人々の一連の履歴を議決権に残すなら,受託者,共同経営者のメンバー,共同財産人,共同権利者,完全かそうでない権利,もしくは複数人は,会社の秘書役が反対の文書を届出ていないか,法律文書の写しが提示されていないか,あるいは,彼らの指名し,またはそれが提供される関係を築く順序付けを行なわない限り,同じ持分をまさに反映する同じ信任関係を有するなら,彼らの議決権行使に関する活動は以下のような効果を持つ: (1)1人のみが議決権を行使するするなら,その者の行動はすべての議決権共有者を拘束する。 (2)複数人が議決権を行使するなら,その行使の過半数の行動がすべての議決権共有者を拘束する。 (3)複数人が権利を行使するが,行使が特定の事例に付いて割れるような場合でさえ,各部分は,当該証券に付いて比例投票することができ,あるいは,株式の権利を行使する人は何人であれ,あるいは,受益者がいる場合にはその受益者は,衡平法裁判所に准じることができ,または議決権をそのように行使する人々と行動を共にする追加的な人々を指名するために権限を持ちうるような他の裁判所に准じることもでき,それら行使者はそれゆえ,追加的な人々の過半数および衡平法裁判所が指名する当該人によって決定されるよう議決権行使される。財産権が同等でない権利を付帯するような事態を示す法的効果を持つ文書で提訴されるなら,過半数あるいはその一部の者のための分割さえ,当然多数派をなし,または利害関係で分割されさえする。」 以上,宜しくお願い致します。

  • 英文の邦訳の添削をお願いします。

    Asset management decoupling, combined with voting power coordination, make the accumulated ability of the new mandate owners to exercise de facto power over corporate shares increasingly relevant for the market for corporate control: these positions seize and encapsulate the core element of the franchise of corporate voting. 上記英文の下記の試訳を添削して下さい。 「資産運用の分離は,議決権調整と結び付いて,会社支配市場とますます関連する会社株式に対する事実上の支配の行使を行うために新しい資産運用委託上の所有者に力を蓄積する。すなわち,これらの立場は,会社の議決権の権利という中核的要素を摑み,封入するのである。」 以上,宜しくお願い致します。

  • 英文の構造と邦訳

    Rather than issue each participant a separate proxy to vote its shares, DTC drafts a single proxy (the "omnibus proxy") granting to each of the multiple participants listed in the proxy the right to vote the number of shares attributed to it in the omnibus proxy. 上記英文の構造が分りません。お訳しと併せてご指導宜しくお願い致します。

  • 英文の邦訳を願います。

    Yet Section 13(d) and its applicable rules do not only support an interpretation of mandate ownership. They place the ability to exercise de facto power above any formal legal title to the share, and make it in fact superior to any other type of ownership. The SEC has formally recognized the supremacy of the ability to exercise de facto power over any formal title to the share as a constituent element of beneficial ownership, by explicitly indicating that “the mere possession of a legal right to vote is not determinative of who is the beneficial owner inasmuch as another person has the power, whether legal, economic or otherwise to direct such voting.” 上記英文の,特に The SEC以降の邦訳をお願い致します。

  • 英文の邦訳

    A member of a national securities exchange shall not be deemed to be a beneficial owner of securities held directly or indirectly by it on behalf of another person solely because such member is the record holder of such securities and, pursuant to the rules of such exchange, may direct the vote of such securities, without instruction, on other than contested matters or matters that may affect substantially the rights or privileges of the holders of the securities to be voted, but is otherwise precluded by the rules of such exchange from voting without instruction. 上記英文の邦訳をお願いします。

  • 英文邦訳の添削

    しかしながら,持分の分散における中心的変化は,年金基金やミューチュアル・ファンドの仲介機関で集中している持分所有について生じており,それはそれらの受益者,ミューチュアル・ファンド株主,もしくは年金退職者を代表する持分の記録上の保有者である(however, the central change in equity distribution has been for equity ownership to concentrate in intermediary institutions, like pension funds and mutual funds, that are the record holders of equity on behalf of their beneficiaries, mutual fund shareholders, or pension retirees.)<44:ブローカーが通常受益権所有者によって保有される株式に共通して投票した環境においてさえ,記録上の所有が「仲買人名義」ないしは「ノミニー名義」(証券が受益権所有者の信託を受けて登録・保有される名称)においてなされるとき生じる名義上の集中から乖離したこの集中をわれわれは区別する。(We distinguish this concentration from the nominal concentration that occurs when record ownership is in “street name” or “nominee name,” even in the circumstances in which brokers have commonly voted the shares held by beneficial owners.)仲買人名義の手順において,一般的な所有者は常に,議決権行使を求め,また,ブローカーによる投票に関する最近の制限以前においてさえ,多様な通知システムが,こうした議決権行使の企業の問題への提供を容易にした委任状ルールによって命じた。(In the street name setup, the retail owner can always claim voting rights, and even before the recent limits on broker voting, various notification systems mandated by the proxy rules facilitated such voting pass-throughs.)一般投資家はポートフォリオの構成証券の処分に対する支配をも主張することもありうるであろう。(The retail investor could also assert control over the disposition of portfolio securities.)対照的に,投資仲介業を通じた再集中においては,一般投資家は,実質的に,何らかのポートフォリオ構成会社の議決権の何らかの部分を再請求する方途のない証券のプールにおける集中した利権を持つ。一般投資家は,ポートフォリオの構成に影響を与えることもない。(By contrast, in reconcentration through investment intermediaries, the retail investor has, in effect, an undivided interest in the pool of securities with no way of reclaiming any share of voting rights for any portfolio company. Nor can a retail investor affect the composition of the portfolio.) >。 上記邦訳(括弧内は対応の英文)の添削を宜しくお願いします。

  • 英文の邦訳

    The supremacy of de facto power over legal title is clear from two additional elements of the Rules. First, the regulator extended “beneficial ownership” to include persons holding a right to own any time within 60 days, not only those who currently own, equity shares. The emphasis is on whether a person is legally entitled to relocate the power of the share (in this case, place it at their own disposal); i.e. to change (within 60 days) the identity of the person who may exercise the voting and/or investment power. Second, the exemption to record holders who may vote on some matters without instruction from the individual for whom they hold the stock, only exempts one class of record holders: those who can vote without instruction on matters “other than contested matters or matters that may affect substantially the rights or privileges of the holders of the securities to be voted.” This exemption, in fact, supports the general rule. Except for the limited cases where the exemption applies, if one person holds the legal right to vote while another has the actual power to decide the voting, only the person able to direct the voting must disclose. 以上の英文の以下の試訳の添削をお願い申し上げます。 「法的所有権に対する事実上の優位は,規則の2つの追加的な要素から明らかである。第一に,規制者は,普通株を現行所有していない者ではなく,60日以内のいずれかの日に所有する権利を持っている者を含めるよう,「受益的所有者」(の規定範囲を)を拡張した。その者が法的に株式に関する権利を再編する権利を与えられているか否か(このケースでは,彼ら自身でその普通株を処分できるか否か),すなわち,(60日以内に)投票する権力または投資する力あるいはその両方を行使する場合があるまさに当該者を代える力を与えられているか否かが強調されている。第二に,まさにその者のために彼らが株式を所有する当該人から指図されることなく,何らかの事柄について投票する場合がある名義上の所有者に対する免除が,ある種別の名義上の所有者,すなわち,「争点となっている事柄または投票されるべき証券の所有者の権利あるいは特権に大きな影響を及ぼすかも知れない事柄を除く」事柄について指図を受けることなく投票できる名義上の所有者だけを適用から外す。この免除が実際には原則を担保する。例外が適用される限られたケースを除いて,ある者が投票する法的権限を持つ一方で他の者が投票する決定する実際の権利を持つなら,投票を指図することのできるまさにその者だけが情報公開しなければならない。」 Nakay702様には重複のお願いになりますが,どうぞ宜しくお願い申し上げます。

  • 英文の解釈・邦訳

    This approach would reduce the power wielded by index funds and thereby decrease the concentration of power in the hands of index fund providers, as many index fund providers vote the shares from actively- and passively-managed funds as a block. 以上の英文の最終句as many以下を御訳し下さい。 お願い致します。 原典:Caleb N. Griffin (2019), “We Three Kings: Disintermediating Voting at the Index Fund Giants”, SSRN, pp.1-44.

  • 英文の一部邦訳をお願いします。

    In 2003, the U.S. Securities and Exchange Commission (SEC) issued a rule that required index fund providers to disclose how they voted their shares in proxy vote contests. Though not explicitly required by the rule, index fund providers have since voted nearly all of their shares. 上記英文の最後の箇所:index fund providers have since voted nearly all of their shares.を邦訳願います。宜しくお願いします。