• 締切
  • 暇なときにでも

長寿社会

  • 質問No.9705004
  • 閲覧数79
  • ありがとう数1
  • 回答数5

お礼率 18% (688/3629)

長寿国日本と言われていますが、先日亡くなった中曽根康弘氏のように100歳以上生きた人が知人や親類にいる方はいますか。私の身内や知人にはいません。いる方はどういう関係でどのような方なのか教えてください。

回答 (全5件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 13% (688/5184)

本日お葬式に行ってまいりました。
友人のお母さまですが、93歳だったそうです。
先日お二階の奥様が亡くなりました。96歳でした。
お隣のご主人は95歳でお亡くなりになりました。

回答ですが 私の元彼氏のお母さまは102歳でした。
 
  • 回答No.4

ベストアンサー率 30% (6218/20638)

他カテゴリのカテゴリマスター
祖母が99歳まで生きました。あんなタフな人は他にいなかったですね。
75歳を過ぎて、転倒して前腕を骨折しました。転倒した理由が、老人ホームで天井の電球を取り換えるために机の上に椅子を乗せ、その上に乗ったところバランスを崩して転倒しました。その場にいたお婆ちゃんたちの中で祖母が最高齢でしたが、机の上に乗せた椅子に上がれたのは私だけだったからやったと祖母は笑っていました。そんな高いところから落ちたのに、腕の骨折だけで済んで頭を打ちませんでした。医者は「もう高齢だから骨がちゃんとつくかどうか」といってましたが、跡形もなく治り、医者がビビりました。

その何年後かに、配達のバイクに轢かれました。何事もなく復帰しました。

80を過ぎて、立ったまま靴下をひょいと履きました。80過ぎたバーサンが片足で立って作業する。脅威のバランス感覚でしょう。「どこも痛くない」が口癖でした。
90過ぎて、老人ホームで友達の70代のお婆ちゃんが祖母がタフすぎてついていけなくて倒れました。リアルターミネーターだと思っていましたが、最後の5年くらいが認知症となりましたかね。

ちなみにその祖母の長男にあたる伯父はもう80を過ぎていますが、背中がシャンとしていて、今でも現役の税理士として働いています。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 14% (608/4182)

祖母が105歳の大往生でした。

100歳くらいのとき転んで背骨を折り入院、もうこのまま寝たきりでそのまま弱って亡くなるだろうと親戚と言っていたら、リハビリして退院して驚きました。

目がほとんど見えない状態でしたが、頭だけはハッキリしていてすごいなと思いました。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 24% (1139/4566)

何年か前に亡くなったのですが、妹の義実家の曾祖母に当る方が106歳まで生きたそうです。
100歳というのは今時珍しくないのかもしれませんが、106歳というのは全国的に何かのランキングに入っていたのでは? と勝手に想像しています。
学校の教師をされていたそうで、認知になることもなく100歳を超えてもたくさん食べていたそうです。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 21% (1262/5944)

仕事関係のお客さんのお母さんが、確か101か102あたりで亡くなって葬儀に行きましたが、身内ではいませんし周りにもいません。
80を過ぎると何かしらの病気や物故者が多いです。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

カテゴリ

一覧 ]
ページ先頭へ