• ベストアンサー
  • 困ってます

引火性固体の比重

  • 質問No.9704192
  • 閲覧数66
  • ありがとう数2
  • 回答数1

お礼率 96% (3817/3944)

第2類危険物は、水より重い危険物ですが、唯一、引火性固体のみ水より軽いということで、その引火性固体の比重を調べたのですが、固形アルコールについては、どこにも比重は載っておりません。何か理由でもあるのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 58% (338/575)

[技術者向] 製造業・ものづくり カテゴリマスター
>固形アルコール(こけいアルコール)とは、メチルアルコールまたはエチルアルコールを凝固剤で固めたものです。携帯用の固形燃料などとして用いられます。
混合物なので、どのような凝固剤を用いるか、アルコールの混合比がどの程度かによって、製品の性状に相当の範囲があるので、一般的な性質として比重を示すことが難しいからと想像します。

固形アルコールの代表例である卓上調理用の固形燃料は、主にメタノールにゲル化剤として酢酸カルシウムまたは脂肪酸ナトリウムなどを加えて製造されているとのことです。このように製品の成分を特定すれば具体的な比重をある程度特定できると思います。
お礼コメント
tahhzan

お礼率 96% (3817/3944)

そうなんですか。それくらい色んな製品があるんですね。なるほど。道理で、固形アルコールとしての比重が載せにくいはずですね。よく、わかりました。ありがとうございました。
投稿日時:2020/01/22 07:34
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ