• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

江戸時代の藩士の跡継ぎ

江戸時代の藩士の跡継ぎは、前の代が下級の上クラスでも、跡継ぎは一番下級の御広間勤からスタートして、徐々に階級が上がると聞きましたが、それは、どこの藩でもやってましたか? 御広間勤を20年以上勤めたって話しは、結構あったらしいです 因みに、うちのご先祖の藩の分限帳には御広間勤は役なしだからか分かりませんが、御広間勤は人数だけで名前は載ってません

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数114
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

No.1です 補足を頂戴しました。 補足に「親が藩士引退した後の」とありますが説明させて下さい。 制度上藩から脱藩するということはあり得ても藩士を引退するということはあり得ません。 家督を子息など後継者に譲って後継者が藩から支給される俸禄で養ってもらう隠居になることはありました。 「親が藩士引退した後の跡継ぎは」とありますが「跡継ぎ」は事前に藩から正式に認められている必用があります。 勝手に自称跡継ぎなどということは赦されていませんでしたのでご注意下さい。 質問者さんのご先祖は家督の後継者を正式に認められていたと考えられます。 親が家督を譲って隠居になった後で後継者が御広間勤になりその後役職に就任して昇格して行ったものと考えられます。 「家」として代々引継がれてきていた役職ではなく他の役職に無役から就任したということであれば相当優秀なご先祖様だったと考えられます。 尚、藩士と武士は意味が全く違いますのでご注意下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

大名家(藩)で御広間勤というのは無役の人の役割とされていたことが多い名称です。 江戸幕府では身分によって小普請組、寄り合い、などと呼ばれていました。 武家が家を継ぐ場合継承者は予め城主というか藩に届け出て認められておくことが必用でした。 その際に御目見得と称して城主(藩主)に拝謁する儀式が行われました。 継承者として認められても父親など当主が役職を辞任しない場合がありました。 世襲で引継ぐ役職が引継げませんので継承者になったものの登城しても仕事がないということになってしまいます。 このような場合に御広間勤という役割を果たしているという形にしました。 当主が勤めている役職の種類によっては見習いとして執務室に控えていることもありました。 このように必ずしも広間勤めからスタートとして昇格していた訳ではありませんでした。 同じ広間勤でも将来自分の父親など当主の役職を引継ぐことが決まっている人もいればチャンスがなければ役職に就任することが出来ない人もいました 武家階級の役職というのは特別な場合を除いて世襲でした。 空きが生じるというのはまれでしたので20年間広間勤ということはあり得ました。 代々無役のまま広間勤ということもありました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

うちのご先祖は、江戸時代後期、親が藩士引退した後の、跡継ぎは御広間勤からスタートでした 代々、何代も無役の御広間勤の人もいたのですか、そういう人がいたことは知りませんでした

関連するQ&A

  • 無役の藩士

    無役の藩士は分限帳には、名前も載らない、人数にカウントすらされないというのを聞いたのですが、本当なんでしょうか? 足軽は無役でも、人数にカウントされ分限帳に載ってます それと無役の藩士は先代が役付の藩士でも、後継ぎは家督を継ぐまで役無ということはありましたか?

  • 江戸時代の先祖について

    こんばんは。 私は現在、自分の先祖について調べており 取得できる分すべての除籍謄本や改正原戸籍などを 取得してきました。 しかし江戸時代の先祖の名前が何人かしか載っておらず 行き詰っています。 ちなみに江戸時代に生まれた女性の名前がカタカナ二文字 なのですがこれは農民ということでしょうか? (たとえばケイとかアキなど) 男性の名前は○之助や○蔵や○吉や○之進です。 身分によって今後探す書物が分限帳か宗門人別改帳 など変わってくると思うので、戸籍以外に判断材料が無いので 困っています。 また先祖の「姓+通称+諱」が分からないのですが どのように調べたらよろしいでしょうか? 申し訳ございませんが、ご存知の方がいらっしゃいましたら 上記の名前と身分についてと諱などについての2点 ご教示ください。 よろしくお願いします。

  • 江戸時代の武士について

    質問させていただきます。 この前、テレビで『江戸時代は藩士という言葉を使わなかった』という事をやっていました。 しかし、それなら何と名乗っていたのですか? 例:長州藩)「私は毛利家家臣○○○○だ!」 とかなのでしょうか?それとも 例:長州藩)「私は毛利周防守家臣○○○○だ!」 とかなのでしょうか? それと、俗に言う『藩士』というのは何歳からなれるのですか? 『藩士』は親がそこの藩の藩士でなければなれないのですか? 複数の質問をしてしまい申し訳ありません。 どれか一つでも構わないので、御回答よろしくお願いします。

  • 下級藩士の内職

    江戸時代下級藩士などはいろいろ内職をしてたようですがそうした中で寺子屋の師匠をするのはダメだったのですか?あれは浪人でないとやはりまずかったのですか?無役の侍なら師匠もする時間取れそうですけど。

  • 江戸時代の武士が没落

    江戸時代、親のご先祖は郷士、中期から在郷藩士になり城勤めでした 郷士の頃か在郷藩士の頃かはわかりませんが、ご先祖は建造物移築のため借財をしてしまいました、それで借財が返せなくなり、お金の代わりに屋敷の土地で借財した相手に返しました 屋敷がなくなり、没落しかけたとき、親せきが、みんなでお金を出しあって家を建ててくれて没落しないで済みました 一町数反分の田んぼは残り、土地は削られたか?親せきの人たちが、土地も買ってくれたかは、わかりません 江戸時代って一回、家を失うと幕府や藩から武士身分取り上げだったり、土地や家を、そんな自由に購入できたんですか? 大きな建造物じゃないのに、神社仏閣に移築すると昔はお金がかかったんですかね?

  • 【江戸時代】“作事下奉行”とは?

    先祖の事を辿って調べていたら江戸時代末期に「作事下奉行勤方」(さくじしもぶぎょうつとめがた?)であったと残っていました。 そこで質問があります。 ★江戸時代の終わり頃で「作事下奉行」というのは大工の職人に城内の大工仕事をやらせる仕事のようですが、具体的にはどのような仕事だったのですか? ★当時の作事下奉行の平均的な報酬は100俵と言われていますが、石高にすると何石位ですか? ★100俵程度の役人の暮らしは慎ましいものだったのでしょうか? もし使用人を雇っていたとしたら何人位雇っていたと思われますか?

  • 江戸時代の戸籍管理

    ご先祖は江戸時代農村の郷士から藩士(城勤め)になったので、戸籍管理が、お寺から藩庁のほうに移りました だけど、藩士になっても、お墓は郷士だった頃の農村のお寺に建てたんですよね、これって、戸籍管理がお寺から藩庁に移ってますが、元々いたお寺にお墓を建てても、よかったんですか?それと、当主や家族が亡くなる度に遺体を10数キロも離れた農村まで運んだのも不思議ですが 余談、農村には郷士だった頃の、ご先祖所有の農地屋敷があり屋敷農地の管理は身内、小作人に任せてあったみたいです

  • 江戸時代の士農工商の人口比率は?

    江戸時代を通じで人口は一定であったという話を聞きました。 では士農工商の身分の違いによる比率はどうだったのでしょうか? 人口全体に占める武士階級がどれくらいであったのか? またその比率が江戸時代を通じてどう変化していったのかが知りたいところです。 江戸の初期は、藩の取り潰しなどで武士は一時的に減りますが、農民よりも経済的に恵まれていたので、徐々に増え続けていったのではないかと想像しています。 それからこれはうろ覚えなのですが、江戸では武士が人口の50パーセントを占めていたという話を聞いたことがあります。 今おもうと、江戸中武士だらけになってしまい不自然だとおもうのですが、真実はどうなったのでしょう。

  • 跡継ぎ

    例えば、江戸時代中期から在郷藩士になった家が跡継ぎで、女子しか生まれないとか、男子がみんな若いうちに亡くなって跡継ぎがいない場合、富農、百姓の親せきから養子を貰って跡を継がせることを、譜代藩主が認めたってことはあったのですか? 代々継ぐ中で、そういうことはあったと思うので 因みに、武士が他人から養子に貰うのは相手の身分が武士、農民関係なくダメだったらしいです

  • 先祖が士族なので分限帳で家系を調べています。名前を確認したので藩士とし

    先祖が士族なので分限帳で家系を調べています。名前を確認したので藩士としての経歴は分かりました。但し、同じ○○家が4系統あるので、本家と分家ではないかと思うのですが、4つの○○家の相互関係については何も記述がありません。一番目に記載されるのが本家で、あとは分家でしょうか?そうではなくて、同姓でも他人なのでしょうか?