• ベストアンサー
  • 困ってます

複素数の辺を持った直角三角形にピタゴラスの定理は

  • 質問No.9626620
  • 閲覧数87
  • ありがとう数2
  • 気になる数1
  • 回答数2
  • コメント数0

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 46% (1655/3570)

他カテゴリのカテゴリマスター
電気計算では縦軸の辺を複素数で示した計算方法で、当たり前に使用
します。
抵抗分(R)を横軸で表します。
リアクタンス分(X)を縦軸で表します。
このうちコイル分のリアクタンス分(XL)を+方向の縦軸で表します。
また、コンデンサー分のリアクタンス分(Xc)を-方向の縦軸で表します。
さらにそれぞれの頂点を結んだ斜線がインピーダンス分(Z)となります。
また、インピーダンス分(Z)の絶対値を計算するときは、ピタゴラスの
定理の式を応用して計算します。

図で示すと判り易いと思いますので、下のURLをクリックして参考に
してください。

「電気計算」
https://hegtel.com/impedance-keisan.html
お礼コメント
kaitara1

お礼率 94% (6802/7176)

早速拝見して勉強します!
投稿日時:2019/06/17 13:25

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 9% (14/150)

直角三角形は複素数の辺を持ちません
お礼コメント
kaitara1

お礼率 94% (6802/7176)

意味がないのですね。
投稿日時:2019/06/17 13:26
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ