• ベストアンサー
  • 困ってます

リード線 CP線とCu線について

  • 質問No.9625689
  • 閲覧数176
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 0% (0/2)

リード部品のリード線 CP線とCu線の材質の違いについては↓を参照して理解できたのですが、機械特性(耐引張、耐屈曲など)はそれぞれどのような違いがあるのでしょうか?
https://www.murata.com/ja-jp/support/faqs/products/capacitor/mlcc/conf/0003

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 59% (227/379)

[技術者向] 製造業・ものづくり カテゴリマスター
>剛性が低いCu線の方が耐引張、耐屈曲が上回るのでしょうか?

引張り強さは、銅に比べ鉄(鋼)の方が高いのは明らかなので、リード線単体においては、CP線の方が強いでしょう。とはいっても、接合部の強度を決める要素は、リード線の引張強さだけでなく、はんだ付けの強度なども重要な要素となるので、間違いなくCP線が強いという結果にはならないかもしれません。

耐屈曲性については、どのような条件で比較するか次第と思います。鉄(鋼)に比べ銅の方がヤング率が低いので、曲げに対して同じ力が加わった場合、Cu線の方が大きく曲がります。同じ曲げの程度で比較した場合、Cu線の方が疲労限度が高いかもしれませんが、Cu線の方が曲りの程度が大きくなるので、必ずしもCu線の方が強いという結果にはならないでしょう。

上記のように、考え方(条件)次第で結果は変わる可能性はあると思いますが、一般的には、CP線の方が強いと思います。それ以上に明白なことは、鉄よりも銅の方が高価なので、コスト優先の部品ではCP線が採用されます。

なお、高級オーディオアンプの部品では、鉄(鋼)の磁性(非線形性)による音の歪を嫌って、Cu線を採用する場合が多いようです。この場合は、機械的強さではなく、音に対する拘りが選定基準になっていると思います。

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 30% (698/2259)

他カテゴリのカテゴリマスター
CP線とCu線の材質の違いによる耐引張、耐屈曲は、当然、Cu素材ベースの
Cu線の方が上回っていると思います。
CP線は、Fe素材ベースです。
ただ、CP線の方が、剛性があると思いますので、基板実装時の変形などには
強いと思います。
実装をどんな方法でするのかによっても変わると思います。

添付のリンクにもありますが、使い勝手でCP線からCu線に変更もできる
ようです。
詳しくは、メーカーに直接確認されて下さい。

尚、機械特性もありますが、電気特性の制限や耐久性など(信頼性)、
確認が必要だと思います。
補足コメント
taroty

お礼率 0% (0/2)

剛性が低いCu線の方が耐引張、耐屈曲が上回るのでしょうか?その理由を教えていただけますでしょうか?
すみませんが、ご教授いただければ幸いです。
投稿日時:2019/06/14 13:23
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ