回答 受付中

ファンドマネージャの実力

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9596780
  • 閲覧数65
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1

お礼率 97% (3670/3780)

多くのファンドマネージャがマーケットのインデックスに勝てない事を理由にアクティブ投信は投資に値しないという結論が出て久しいですが、ファンドマネージャがインデックスに勝てない理由は短期的に定期的に成果を求められるからだという話もあります。一方個人投資家は職業投資家と違って好きな時だけ勝負すればいいのでその点有利だといわれています。

ところで職業投資家が個人的に好きな時だけ投資したらどのくらい勝てるものでしょうか。何かそういう調査結果ってありますか?
さわかみファンドのようにキャッシュポジションも一つの選択肢というのはそれに近いように思います。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 47% (582/1217)

ご質問者様の前半の考え方は正解です。
実際に企業向けのファンドを行っている会社の社長と話をしたこともありますが、職業投資家はデイリー・ウィークリー・マンスリーと短期での成果を求まられるので結構大変だよ。しかも、単純なドローダウンだけでなく、最大含み利益からの減少もドローダウンとみなされるので、利益のポジションも難しい。とも言っていました。

ご質問の部分ですが、職業投資家が個人投資家のように運用したら…。
成績は悪くないでしょうが、実際問題が無理なんです。
個人ではいろんな手数料が高いことや、投資する総額が不足するので、ヘッジが出来ないです。
個人投資家は、個別銘柄でも買いなら買い1本で問題ありませんが、職業投資家はリスクを最大限排除するポジション運用方法なので、バスケット投資をしながら、インデックスや先物、オプションなどを組み合わせて、所謂「鞘取り」で利益を出す手法なので、大きな資金が必要になるわけです。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集

ピックアップ

ページ先頭へ