• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

軸受鋼(SUJ2)切削について

  • 質問No.9595234
  • 閲覧数493
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0
以下の材料を旋盤で切削できるチップを探しています。
バイトサイズは中華産で12mmです。
高炭素クロム軸受け鋼(SUJ2)を旋盤で切削したいのですが、ネット上の企業情報の切削事例でこの材料はサーメット TiN-TaNで切削可能とありました。
これはどうも新種のようですね。
早速モノタロウで検索してみましたが物がありません。
その他TiAlN、DLC、TiCN-PVDも検索してみましたが該当チップがありません。
この手のチップを購入した経験が無いので判りませんが、このチップの表面硬度はハイスよりも幾分硬い軸受鋼を刃こぼれさせずに常用で切削するのは軸受鋼(SUJ2)ビッカーズ硬さ800Hv程度の約4倍の硬さ3000Hv前後は必要かと思います。
切削可能なチップ遭ったら紹介してください。
あとバイトに適合すればどこのメーカーでも良いのですが、チップの詳細を知るためにはやはりメーカーからカタログを取り寄せた方が良いのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 46% (136/290)

[技術者向] 製造業・ものづくり カテゴリマスター
セラミックス TiCN-30TiB2系またはCBNですね
お礼コメント
noname#236358
CBNで適合する物見つかりました。
早速注文しましたが、さすがに1個当たりの単価にびっくりです。
しかし、これほどの硬度あれば耐久性も問題なく使えそうです。
大変助かりました、どうもありがとうございました。
投稿日時:2019/03/10 16:37

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 59% (293/495)

[技術者向] 製造業・ものづくり カテゴリマスター
切削するのは、軸受鋼(SUJ2)の焼きなまし材/焼入れ材のいずれなのでしょうか?

具体的な硬度をご提示なされば、実用的な回答がつくと思います。
補足コメント
noname#236358
ご指摘ありがとうございます。
例としてSUJ2焼き入れ材のビッカーズ硬さを記述していましたので、その旋削に必要なチップ硬度が3000Hvほど必要だと思ったのですが、SUJ2焼き戻し材の場合は、硬度がどれほど落ちるのか判りません。
モノタロウで扱われている製品上、全て焼き入れ材でロックウェル硬さで58~65HRC程度までの様です
焼き戻し材はここでは扱っていない様です(定かではありませんが)
よって焼き入れ材を採用しますのでビッカーズ硬さに換算するとある企業の資料より653~832Hvになります。
この硬度に対する旋削に適合するチップが欲しいのです。
ですので、刃先硬度を考慮して常用で刃こぼれなしに旋削するにはこの4倍の硬度が必要とある企業の資料で記事を読んだことがあるのですが如何でしょうか。
焼き入れ材でも一番低い高度の方の材料を採用すれば、耐久性は別にしてTinのPVDコーティングチップ(2300Hv 程度)でも行けるような気がするのですが、刃先硬度を考慮すると、やはりもう少し固い方が無難でしょうか。
刃先硬度を考慮に入れたパターンとそうでないパターンと両方ご教示頂けると幸いです。
とりあえず、焼き戻し材の方も検討する可能性が有りますので、焼き戻し材の硬度に対する適合チップも含めて両方の回答を頂けると幸いです。
投稿日時:2019/03/10 09:00
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ