締切済み

Python2と3両方インストして両方使えるの?

  • 困ってます
  • 質問No.9544121
  • 閲覧数63
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 3% (9/299)

Python初心者です。
Python学習用のHPを読みながら、ターミナルから計算とかやっている程度の者です。

Python2がインストールされている状態で、Python3をインストールしても何も問題ないでしょうか?以前にどこかのHPで3をインストールする前に2をアンインストールするように書いてあったのですが、最近両方インストールしておいても使えるようなことを書いてる記事もよみました。
現状Python2.7のみがインストールしてあります。(訳あって2も使える必要があります。)

Python2とPython3 を両方インストールして、何か問題があるのでしょうか?それとも特に気にする必要なく両方インストールして問題ないものなのでしょうか?

ご教授いただけたらと思います。
よろしくお願いします。

環境はMacOS X EL Capitanです。

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 62% (404/651)

pythonコマンドで起動されるバージョンが変わると、動かなくなるコマンドがある恐れがあります。
pyenvを使うなどして、最初からインストールされているpythonを変更せずに、ユーザー環境で呼び出されるpythonのバージョンのみが変わるようにすればいいでしょう。pyenvコマンドでユーザー環境で使用するpythonのバージョンは、簡単に切り替えることができます。
補足コメント
pupPeTear119

お礼率 3% (9/299)

pyenvについて調べてみます。
ちょっと読んだ感じだと、pyenvのインストールだけでもハードル高いなと心配になってきました(T.T)。
書き込みありがとうございました。
投稿日時 - 2018-10-06 19:19:46
感謝経済
  • 回答No.2

ベストアンサー率 38% (2782/7175)

他カテゴリのカテゴリマスター
python とタイプしたときにどちらが起動するかが問題です。
そのためにpython2 とpython3 という2つのエントリーを作っておかないといけません。そうすれば環境的には別々に使えます。ここまでは別に問題ありません。

しかしながら、pipでオブジェクトをインストールするときにもその区別は必要になりますし、どちらにインストールしたかもだんだんわからなくなります。だんだん不自由になりますし、何かが起きたときに原因が相当わかりにくくなります。
特にDBを使用したりすると、どちらのオブジェクトがどう触っているのかがだんだん不明になります。

どちらかの版数に限定した環境にすることを強くお勧めします。
基本的にOSをインストールすると2.75あたりは無条件で入ってきますが、これが曲者です。それがある状態で3.6などを入れようとすると、何の矛盾もなくできてしまい、リンク関係が不明になるんです。

2と3とを両方使う必要があるのであればVirtualBoxなんかでゲストOSを立ち上げ、こちらのOSでは2、こちらでは3、というようにマシン切り分けをするのが事故がないのでそれをお勧めします。
同じOSで2と3を共存させるのは、将来にひどい問題を引き起こします。
補足コメント
pupPeTear119

お礼率 3% (9/299)

大変参考になりました。
書き込みありがとうございました。
投稿日時 - 2018-10-06 19:20:08
  • 回答No.1

ベストアンサー率 38% (267/697)

すみません >< ググった検索結果だけですが・・・
https://www.tech-tech.xyz/archives/3067595.html
こういうの、ありましたが  参考になります?
それとも私の理解不足? 
補足コメント
pupPeTear119

お礼率 3% (9/299)

書き込みありがとうございました。
投稿日時 - 2018-10-06 19:20:20
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
こんな書き方もあるよ!この情報は知ってる?あなたの知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ