• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

小説新人賞は賭け?

よく小説新人賞では「面白い小説は必ず最終選考に残る」「落ちるのはつまらないからだ」と言われていますが、受賞作品が読者に酷評されていることも多々あります。 私も「何故これが受賞したのだろう?」と思ってしまうこともあります。 審査員や下読みの方によっては受賞に値する面白い作品が落選する場合もあるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数159
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

あって当然でしょうね。 審査なんて人がするものなので、どうしても自分の主観が入ってしまうでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆様、この度はご回答ありがとうございました。参考になりました。

関連するQ&A

  • 小説 新人賞 地方 

     こんにちは。新人賞か雑誌掲載で、プロデビューをしたいのですが、小説の新人賞を狙うかプロになるには地方在住者は不利でしょうか?  やはり受賞者や最終候補となると東京都やその近県が多いような気がします。  下読みの段階から最終審査まで、そういう暗黙のルールのようなものがあるのでしょうか? やはり地方在住者は上京して、プロへの強い意志を見せた方がいいのでしょうか?   地方差別のような気もしますが。  

  • 小説の新人賞について

    小説で新人賞ってありますよね。 小説すばる新人賞とか新潮新人賞とかです。 それらに応募している人たちはどういった人たちなんですか? 『新人』の定義がわかりません……。 他の新人賞を受賞した人は、もう応募できないんですか? それとも作品を出版した人は応募できないのでしょうか?

  • 小説の新人賞

    小説を書いたので、新人賞に応募したいと思います。 小説の系統としては、近いものは恩田陸『夜のピクニック』です。 どの新人賞に応募すれば良いでしょうか。 また、雑誌で結果発表をされると思いますが、(私が受賞できるとは思いませんが念のため)発表の際は本名ではなくペンネームなどで、私だと特定されたくないのですが、可能でしょうか? 教えてください。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

〉受賞に値する面白い作品が落選する場合 私は、無いと思います。 売れる作品を簡単に見逃すほどの余裕は今の出版社にも編集者にもありませんから。 むしろ、受賞させないと売れないような状況なので、受賞作が買い手である読み手の人たちタタかれているのでは、と、思ったりしています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

新人賞を受賞するポイントとして。 作品の完成度の高さが、必ずしも重要というわけではないそうです。 むしろ、新人を発掘するという意味では、いかに新鮮な視点、アイディア、オリジナリティがあるか。 募集要項に添ったテーマであることも大切ですが、それ以上にその作品に可能性を感じる場合は、そのテーマに添って書かれた作品を差し置いて、オリジナリティあふれる作品が選ばれることもあるそうです。 また。新人賞の書き出しは、一般的に売られている書籍のようなものではいけないと教わりました。 ※審査員に読みたい気持ちを持たせるために、つかみがかなり重要だとも。 ですから、たとえどんなに面白い作品であっても、冒頭で下読みの方の気を引けなければ読まれない可能性はあると思います。 私には酷評されている内容がどういったものかはわかりませんが、もし、その酷評されている内容が「作品の完成度」や「作者の文章力・表現力」といった技術的なものならば、選考された理由がそこではなかった可能性を考える必要はあるかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#233772
noname#233772

基本的には一次審査にもならない下読みは編集者がやります。その中から一次審査へ回す作品が選ばれます。ですから一次審査の前に落ちる作品もあるわけです。 応募作品の多い有名な新人賞ともなると、ただでさえ忙しい編集者が読んでいられないので、下読みのバイトを雇うケースもあると聞きます(本当かどうか知りません)。 「面白い小説は必ず最終選考に残る」と言ったって、面白いかどうかを最初に決めるのは編集者です。編集者が面白いと思うか思わないか、それは「運」でしかありません。応募する際に出版社のカラーを読んで分析し、編集者が好みそうな作品を書けることが作家デビューの大前提となるわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 小説の新人賞について

    小説の新人賞について質問があります。 公募新人賞は多数あるようなのですが、書こうとしている作品に合う賞がありません。 昔読んでいた、小林深雪さんのような少女向け小説を考えていたのですが、現在講談社X文庫といったらファンタジーやBLといったエンターティメント性の強いものが多いようで、ラノベ系新人賞のよいものが見つかりません。 携帯小説系も少し違うようです。 小林深雪さんっぽい作品、というと大まか過ぎるのですが、そういった作風も受け入れてくれる賞はあるのでしょうか。

  • 小説の新人賞の『新人』の定義について。

    小説の新人賞の『新人』の定義について質問です。他のコンテストなどで出版を目的とした賞に受賞した場合、すでに新人では無いのでしょうか?実際に出版をしていない時点では新人なのでしょうか? 私自身、某コンテストで受賞し、一応出版契約はしたものの、まだ全然具体的な出版には至っておらず(これまでの受賞者の方も受賞から出版までかなり期間がかかっているようです)、経験を積む為にも新しく書いた小説で別の賞に応募したいのですが、その場合新人賞はマズいですかね?

  • 小説の新人賞について

    文学賞は原稿用紙100枚とかになっていますが、受賞した作品は一冊の本になっています。 受賞後に書き足すのでしょうか?原稿用紙100枚程度では本にはなりません。 例えば文学界新人賞は、応募が原稿用紙100枚ですが、受賞作品が単行本になっているのを見かけます。

  • 小説の新人賞について

    高三です。小説家を目指しています。110枚の作品を書きました。ジャンルは多分純文学です。それで新人賞に応募したいのですが何所がいいのかわかりません。新人賞の特徴や、メリット・デメリット、レベルの高さ等教えていただけませんでしょうか?お願いいたします。

  • いま募集している新人賞は?

    現在、またはもうすぐ募集するコピーライターの新人賞について教えてください。 あと、できれば、検索の仕方も教えていただければ、と。 「コピーライター 新人賞」では締め切ったものや、受賞した体験談など、役に立たないものだったり、 「コピー 新人賞」だと、文学作品の新人賞で「コピー可」など、そういうワードに引っかかってしまいます。 どうぞよろしくお願いします。

  • 新人賞

    小説を書き始めてしばらくたちますがいっこうに目がでる気配がありません。 昨年書いた小説を思いあまって某直木賞作家のところに持ち込んだところ原稿用紙8枚に及ぶ絶賛に近い評価をいただきました。にも関わらず文芸誌の新人賞は一次も通過しないという有様。入選は果たせなくても一次は通過できるとおもっていたのに…  下読みの人は本当にちゃんと読んでいるのでしょうか?  彼らは本当に小説を理解する力があるのでしょうか?  

  • 新人賞受賞者の生活

     小説家を主人公にしたサクセスストーリーを思い付いて書いているんですが、新人賞を受賞した後の生活がよく分かりません。  一応設定は、こんな感じです。 ・主人公はあまり小説と縁の無かった30代の理系サラリーマン。 ・昔、疎遠になった文系の友達に無理矢理読まされた小説を懐かしんで読み返したら、嫌々だった当時が嘘のように感銘して、自分も書いてみたくなって小説を書き始める。 ・応募した会社は、大手になろうとして躍起になっている準大手クラスの出版社。 ・受賞した新人賞は大賞とかではなく、銀賞とか審査員特別賞くらいの賞。 ・書いた題材の小説がブームになって最初その勢いに乗じて売れ出す。 という感じです。  書き始めて二ヶ月くらい経つのですが、出版されるまでの流れや、サラリーマン生活と両立は出来るのか、出版社内での扱いや待遇等が分からずに進みが止まってしまったので、お暇な方がいたら教えて下さい。

  • 文学の新人賞一般について

     ここ5年間で小説の新人賞をとって活躍されている方というは、何人ぐらいいらっしゃるのでしょうか?  すばる新人賞は受賞後の対応が他の新人賞と比べ、丁寧と聞いたのですがどうなんでしょうか?  ここ5年ですばる新人賞を受賞されて活躍されている方というのはどれぐらいいらっしゃるのでしょうか?  以上、この3点、どれか1点でもおわかりになりましたら教えてください、

  • 公募新人賞について教えてください

    文学公募新人賞について、同時に同じ作品で二つの賞を応募してはルール違反ですよね?では、同じ時期でなかったらよいのでしょうか? 例えば、今年文學界新人賞で落選して来年同じ作品で群像新人文学賞にとか。

  • 新人賞のあらすじはオチまで書かなければいけない?

    小説の新人賞(小説すばる新人賞、小説現代長編新人賞など)に応募しようと考えています。 応募要項には、原稿用紙数枚のあらすじ(梗概)をつけるように書かれています。 私はミステリー (推理小説)で挑戦しようと思っており、作品のラストシーンで、犯人の正体、トリックのネタばらし、どんでん返しの結末などを用意しているのですが、これらも全部あらすじに書かなければいけないのでしょうか。 できれば、審査員の方にも、あらすじでなく小説として読みながら、その意外性や驚きを体感して欲しいと思っているのですが・・・。 あるいは内容を具体的な正体でなく、「~という事で犯人が暴かれる」といったようにぼかして書くのは、ダメなのでしょうか。 よろしく、お願いします。