• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ラック切削加工

いつもお世話になります。 ラックの加工をすることになりましたが、m=2.5 PA20歯数10のを切削しますが、フライスカッターの歯が10枚並んでいるやつ、ホブカッターのねじれのないやつφ110くらいで切削しています。(名前はなんというのでしょうか?) かなり古いフライス盤ですので資料もなくよくわかりません。今はおそらくですが、70rpm、送り0.5mm/minくらいで加工していますがそれが正しいのかどうか平均てどうなのかも、わかりません。社内で、わかる人が辞めてしまったのでこまっています。カッターはおそらく再研磨したあとコーティングとかはないと思います。 わかる方、または加工されている方いらっしゃったらどれくらいの回転と、送りで切削するものなのか教えてください。よろしくお願い致します。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 切削
  • 回答数1
  • 閲覧数85
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

横フライス? 今日日流行らないから---- ラックカッタ、一枚ずつの重ねでは   http://www.yamatoseimitsu.co.jp/freepage_13_1.html 薄いけど10枚重ねは、かなり過激。びびりが酷いと思います。 70rpmはハイスなら標準的。送り0.5mm/minは切込と見合いながら低いかも。 いずれにしろびびりとの闘いです。 0.5mm/min  桁が違うのでは。 NCでさえコンマ台に設定できるのは特殊。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつも回答ありがとうございます。的確な回答恐れ入ります。 おっしゃる通り横フライスです。説明不足ですいません。かなり古い機械で、品物的にかなり数がでるので専用機的な使い方になってます。ハイスなら回転はいいんですね。良かったです。送りのテーブルは油圧コントロールツマミがついていて(無限ボリューム)ビビりをみながら適当に回して送りの速さを調節しています。なので0.5mm/minというのは実速でなく、自分でわり算しただいたいの数値です。すいません。 かなり時間がかかるので出来るだけ早く加工がしたいけど、基本がわかってないので質問させていただきました。機械剛性の問題もあり、限界はあるとは思いますが、ご回答いただいた内容を参考にして、いいところを見つけていきたいと思います。

関連するQ&A

  • 正面フライスの切削条件

    丸材からの六面体加工をしています.そのとき正面フライスを使うのですが,送り速度がいまいちわかりません.正面フライスの切削条件ですが, D80 送り0.2mm/rev 切削速度150m/mim 5枚刃 で加工しています.S45Cです. 回転数=80*150/320=600rpm で,送り速度は600*0.2*5=600mm/min となるかと思うのですが,これでいいんでしょうか.速い気がします.そして切削後は荒いなんてもんじゃないです. なので削るときは送りを100mm/minまで落として加工してます. 仕上げでは0.2~0.05mmの切込で切削しましたが(600送りと比べると明らかになめらかではありますが)見た感じワークの表面が曇っていてきれいになりません. いろいろ調べたところ,削りながら送りを探る,みたいなのですがベテランの方どうかご教授願います.それと,六面体加工のとき,丸材をノコ盤などで角材に近づけてからでも加工できますか?

  • サイドカッター切削動力

    機械は使いますが計算が出来ないので分かる方のアドバイスを御願いします。 φ100×20枚×巾12mmのサイドカッターを使い、主軸モータ5.5Kwモータ仕様の横フライスで深さ何?程度切削できるでしょうか。切削条件はカッター回転速度90rpm、送り100mm/minです。アドバイス御願いします。 切削条件を追加します。 材料はS50Cとなります。 また、カッタは千鳥刃ですが平刃の場合では切削深さは変るでしょうか。

  • 切削条件について

    アルミ板(YH75)を汎用フライス盤で加工しました。 条件は次の通りです。 切削速度;680rpm 送り速度;160mm/min 板厚;7.9mm 切り込み量;1mm 結果アルミ板の表面加工をした際に面がビビッてしまいました。 原因として考えているのは送り速度が速い、切り込み量が多い、考えているのですが みなさんはどう思われますか? 意見やアドバイスなどがあればお願いします。

  • 深溝加工について

    サイドカッターにて深溝加工を行っています。 機械が古く、深溝加工自体、負荷が大きいのに溝幅寸法も 厳しく悩んでいます。 機械  遠州 SFH型(横フライススケールミル)アーバー径25.4 材質  S45C サイドカッター 100×6(0~+0.02)×25.4 クランプ  油圧 2M Pa 切削油 油性 AM-15 条件  回転数 98rpm  送り  12mm/min 寸法公差   溝幅 6 (0~0.04)  溝深さ 20mm  溝長さ 80mm  以上の内容でアーバーにカッター2枚を着けワーク2個同時加工1発仕上げ を行っています。 少しでも改善したいので宜しくお願いします。

  • SUS 316Lの切削方法

    はじめまして maruwaiといいます。 今、SUS 316L をマシニング加工しています。 ブロック材の角出しなのですが、上面をひくのに、中べこになってしまいます。 なぜでしょうか? 刃物 FM80パイ6枚刃 回転数600rpm 送り毎分500m/min 切削油 油性 敷板は再研磨しました。 後は、バイスなのでしょうか? どなたか、よいアドバイスをいただけないでしょうか? 宜しくお願いします。

  • フライス加工の切削動力

    切削動力のの計算式を教えてください 平削り盤(プレーナ)に新規にフライスヘッドをのせましたが、主軸モータの容量不足でモータがトリップしてしまいます。 切削条件は、 切込み:4mm 切削巾:160170mm スピンドル回転数:150200rpm フライス:8インチ、歯数12枚 被削材:ニッケルクロムモリブデン鋼     引張強さ883MPa以上 今の構成は18.5kwのモータを使用 フライスヘッドのギヤ比は約1/2.9です 1台のモータで2軸のスピンドルを駆動するようになっています 条件が不足しているのなら調べますので教えてください よろしくお願いします

  • 焼結金属の切削加工

    こんにちは ひさしぶりに質問させてもらいます。 現在、焼結金属という得体の知れない非常に脆い材料をφ5の超微粒子に コーティングした多刃のエンドミルで段、溝加工を行っていますが角部が欠けてしまいます。 粒子と粒子を押し固めただけ(密度は不明です。)と聞いていたので、粒子をごっそり取ると欠ける事はあらかじめ予想できたので、切り込みを小さくしたのですが、やはり欠けは防止できませんでした。。。 加工法としてはマシニングで回転8000rpm・送り500mm/min・Z方向切り込み0.01mm・横方向はカッターの半径以下分の切り込みでダウンカットで 加工しています。ワークの使用上、乾式加工を実施。 みなさん、欠け対策の最良な方法はありませんでしょうか。 非常に困っています。 何かアドバイスあれば是非、ご教授ください。

  • 加工条件について

    漠然として、すみません。 旋盤、フライス盤の切削加工の条件について材質や行程、加工方法別に切削速度や送り速度の設定についてまとめてあるサイトや資料本など教えてください。 また加工方法に対する工具(バイト、エンドミル等)の解説資料などご存知でしたら教えてください。

  • 切削条件のについて

    横フライス盤で鋳物を正面フライスを使用し。削ってます。チップを少しでも長く使用したいのですが、条件はどのような感じにしたらいいでしょうか? 現状 回転数:240rpm 送り:140mm/min

  • 高硬度材の切削加工について

    初めて質問させていただきます。 昨日FANUC_ROBODRILLにてDC53(SKD11相当)を焼入れ後、再加工するため焼きなましHRC40~50程度にしたものに、丸100mm深さ53mmのポケット加工を行いました。 ツールはMISUMIの高硬度用6枚エンドミル刃径12mm刃長30mmシャンク径10mm、これをユキワのG1チャックに60mm突き出して使用しました。 条件は丸12mmのドリルで下穴加工後、深さ切込み1.5mm、切削幅6mm、切削速度18m(500rpm)、送り一刃0.1mm(100mm/min)。切削油剤はBlaserのバスコ1000(水溶性)を12%で使用しました(一番多い加工材が非鉄なので水溶性を使っています)。 上記のような加工で、刃が最後まで持たず根元より折損しました。考えられる原因として、 1.切削速度、送りが遅すぎた。 2.水溶性の切削油剤ではなく、ドライ加工をするべきだった。 等があるかなと考え、次はドライ加工を試してみようかと考えていますが、皆さんはどう思われますでしょうか。社内に経験者がおらず、いろいろな所で情報を集め加工しているのですが、どうも自分がやっていることが正しいのか間違っているか自信が持てません。些細なことでもかまいませんので、ご教授願えれば助かります。よろしくお願い致します。 沢山の書き込み、ありがとうございました。短時間でこれだけ多くの反応をいただけると考えていませんでしたので、ちょっとびっくりしています。 その後ですが、現在段取りしていて途中のものを仕上げてしまわなくてはいけませんでしたので、まずは手持ちの工具を使い、ドライ加工と切込み条件の変更をしてみました。 使用した工具は、12mmスクエア2刃TiAlN(MISUMI)、エアブローを使い条件は切削幅0.5mm切込み5mm、2300rpm-200mmで加工してみました。結果2枚刃でしたのでこれ以上条件を上げるのは厳しそうですが、まずは目的とする仕上げ面を得ることが出来、最後まで加工完了しました。 ドライ加工、やってみるとなかなか面白そうなので、他のワークでも使ってみようかと考えています。切粉が流れないので、掃除がちょっと大変なのが難点ですが(^_^;) エンドミル形状は、ラジアスのものを近いうちに購入し、またいろいろ試して見ようと思っています。そして、少しでも早く目的を達するためのベストな方法を見つけられるよう、学んで行きたいと思っています。 今回はお忙しいところアドバイス、ありがとうございました。 また質問することもあるかと思いますが、今後ともよろしくお願い致します。