• 締切済み
  • すぐに回答を!

エンドミル側面加工における理論表面粗さの考え方

表面粗さですが 側面時の場合でも、チップのノーズRをエンドミル半径に置き換えれば よいのでしょうか。※工具のたわみ、機械剛性は今回無視します。 現在、表面粗さ Ra1.6要求されておりまして、加工制約上この方法しかありません。 材質SS400 ?エンドミルで加工として成立するか。 ?、?の時 S700とした時の切り込み量、送り速度。 ?仕上げ加工にて(Z方向 1.5D以内) ・ Φ25/4刃/ハイス+TIコート品、・Φ20/4刃/超硬+Tiコート (油性の切削油)  どちらが上記加工に適しておりますか。 初心者の質問で申し訳ありませんが以上、3点の質問のいずれかでも 構いませんので、回答宜しくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

計算式は考えられないが >>チップのノーズRをエンドミル半径に置き換えればよいのでしょうか。 理屈はそれと 周速から1刃当たりの周速を求め 送りから先ほど求めた1刃当たりの周速を ダウンなら足して アップなら引いて それを刃当たりの送りとして求めれば 近似値は出ると思います 送り量 加工方向(アップ・ダウン)によって工具半径は引きずられ 転写されるので あくまでも近似値になります 他人様のブログですが つttp://マシニング加工.jp/archives/201011-1.html 薄壁の削り出し(失敗) 画像 つttp://マシニング加工.jp/upload/detail/image/P1020515-thumbnail2.JPG.html つ0.1?厚さで幅20?、高さ20?の壁を削り出そうとしました。 つで、失敗。 失敗した反対側の面(たぶんアップ加工)で この位はもってける (高速MCならなんちゃって高速も含むの場合)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます、参考になりました。 少し気になったのですが ”送りから先ほど求めた1刃当たりの周速を ダウンなら足して アップなら引いて”の所が理解できませんでしたの 宜しければ具体的に教えて下さい。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

測り方が横方向なら出るような気がします。   http://mori-1.net/maker/pdf/1101-316.pdf   コロミル316・エンドミル径:φ12mm・刃数:3-4枚・側面の面粗さ:Ra0.6 チャンピオンデータなのでかなり割引要。 刃数の多い方が良いが、(静的動的に)刃の振れがあると計算粗さを超えてしまう。   ミスミ 側面仕上げ加工用高精度エンドミル   http://tool.misumi.jp/practice/detail/detail51.html どこか他社も出していたはず。 横方向に出る真っ直ぐなスジの方が粗いことがシバシバ起きます(縦に測る面粗さ)。オイルストンで磨きをかけると露呈。 研ぎの出来映えに刃の管理と寿命の判断。 社内ヘボ設計の図面なら、どうせ目安程度と気にせず試し、外れたなら何の根拠で Ra1.6 と書いたのか追及する。。。 因みに、加工力によるエンドミルの倒れで、溝幅を上から下まではめあい公差に入れるのも厄介ですよ。 >送りから先ほど求めた1刃当たりの周速をダウンなら足して その通りで、粗さの目が伸びるか詰まるで影響はします。しかし 周速>>送り なので値としては判らないでしょう。 一方、ミスミの宣伝にある 刃先振れ精度5μm以内 は1刃あたりでなく1回転あたりのバラツキになるから影響大きく、ビビリをも左右するので、振れを抑えることが肝要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 送りを参考に実際にチャレンジしてみます。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

>表面粗さですが側面時の場合でも、チップのノーズRを >エンドミル半径に置き換えればよいのでしょうか 残念ながらそのようにはなりません。 一刃ずつの加工の筋目も面粗さとして現れると思われます。 ?加工制約上他に方法が無ければ先ずはチャレンジするしかないのでは。 ?一刃あたりの送り0.05~0.08mm/刃が目安となります。  4枚刃エンドミルであれば、n700min-1より 140~224mm/minとなります。  径方向の切込みは0.1~0.2mm. ?n700min-1,油性クーラント を考えるとφ25ハイスの方が良いと考えます  (φ20超硬ではn2,000min-1ぐらいが目安。クーラントは使用せず、エ  アーブローを推奨) 質問者さんは答えを期待しているのに、回答(1)氏の「技術資料は 何を持っているか?」の補足要求の意図は?? 質問者さんは No.39944 にて既に加工をされているのですね。 上記回答の切削条件で、手っ取り早くトライすることをお奨め します。 仕上げ加工用は新品工具を使用して、摩耗してきたら荒加工に 転用すればよろしいかと。 サイトNo.1の回答者さんをdisる(スラング,意味は検索して下さい) ことは憚られますが、 >理論的な考察の技術資料を入手し確認ください は、あまりにも酷いような気がいたします。 (答えにもアドバイスにも雑談にもなっていない) 知見の無い質問にまで、無理矢理回答しなくても良いのでは。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 送り、切り込み量、切削油について参考にさせて頂き実際に加工してみます。 ありがとうございます。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

工具等の技術資料は、どのような物を持っていますか? 工具の材質的な違いは無視して、理論的な考察の技術資料を入手し確認ください。

参考URL:
http://www.kyocera.co.jp/prdct/tool/pdf/all/r.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

工具はΦ25のショートのハイスです(OSG)

関連するQ&A

  • 頑丈なエンドミルの素材

    アクリルでワーク厚20ミリを切削しようとしてます。 刃物を回転させワーク断面に当てて5ミリほどの切込みを入れたいのですが 内Rが3ということでφ6の以下の刃径になります。 コストから基本的に1回で削りたいのですが、エンドミルの径が細いのと刃長が長いため(切り粉の逃げを考え22ミリから25ミリ必要と考えます) 送りと回転数の条件だけでは刃物の折れおよび切削中の刃物のたわみが 考えられ悩んでおります。 一般的にはハイスや超硬といった素材だと思いますが 頑丈で剛性のある素材でできたエンドミルは他にあるのでしょうか

  • 小径ロングネックエンドミルでの側面加工

    Φ0.2のロングネックエンドミルでHRC60の被削材を加工しようとしています。 側面切削のため多少逃げは覚悟していましたが、一切切込みが生じません。 焼例材を側面切削する方法があれば教えてください。 また、逆にそもそもエンドミルの剛性不足で加工不可という結論を出す方法でも構いません。

  • エンドミル加工でのチッピングについて

    金属加工についての質問です。 マシニングで、材料はADC12、水溶性の切削油を使用しております。 粗削りをφ10超硬DLCコートエンドミルで円がφ18高さ8mmのボス加工をしています。 仕上に別の刃物、φ10超硬DLCコートのエンドミル(強ねじれ)で円がφ17.95の円加工(CW)で高さ8mmで加工しているのですが、仕上の刃物が100ヶ~1000ヶほどでチッピングしてしまうときがあります。良いときで9000ヶほど加工できるときがあります。 切削条件は回転数1900送り220です。 原因として考えられることがありましたら教えて頂きたいと思っております。

  • 荒加工用ボールエンドミル

    現在削り出しパーツの切削を行っているのですが、荒加工に使用しているラフィングボールエンドミルの消耗が激しくて困っております。 また、エンドミルの材質はハイスです。(超硬のものを探したのですがありませんでした) それに、加工方法の都合上(掘り込み加工みたいな感じです)、フラットエンドミルは使用できず、工具径も12mm以下の径のものまでしか使用することができません。 他の加工で使用している超硬のコーティングラフィングエンドミル(フラット)が調子が良いのでボールでも同じようなものを探しているのですが、荒加工用に適した高能率のものや小径のスローアウェイチップの工具があれば紹介していただきたいのですがいかがなものでしょうか? もしくは掘り込み加工でもフラットエンドミルを使用できる加工方法がありましたら教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 超硬ボールエンドミルの荒加工、仕上げ加工

    こんにちは、今回始めて私の会社で超硬ボールエンドミルを使いまして荒加工、仕上げ加工をする事になりました。従来は時間の関係でラフィングボールエンドミルを使っていましたが、今回の仕事につきましては小径を使う個所が、多くある為に超硬ボールエンドミルを使いまして、荒加工、仕上げ加工を行う事になりました。 私の機械では最速が6000回転で、本来ですと10000回転ぐらい必要かと思いますが、できましたら6000回転以下からの条件で、切削条件を教えて頂けないでしょうか。 加工物は、深さが約30.0mm 、形状の段曲げ、それを45度曲げ(山形)、それを90度曲げ(2段曲げ)となっています。 使用エンドミルは日進工具MRB230深リブボールエンドミル(3R)を使用します。 (知りたい情報は) 荒加工の切り込みピッチ(xR)+切り込み深さ 回転数、送り速度 仕上げ加工の切り込みピッチ(xR)+切り込み深さ。 回転数、送り速度 その他の超硬ボールエンドミルの条件でも切削条件が御座いましたら、お願い申し上げます。 以上。アドバイスを宜しくお願い申し上げます。  

  • 鋳物の加工硬化層について

    現在、FC200の素材に 1.13.7キリ(超硬) 2.14.3エンドミル(ハイス) 3.14.5リーマ(超硬) の順で加工を行っています(油性切削湯使用)。ここで、14.3のエンドミルを超硬に変えた場合、リーマの寿命はやはり減るのでしょうか?また、鋳物の場合、硬化層はどのくらい見ておけばよいのでしょうか?何件かの技術相談には電話してみたのですが、「鋳物だからあまり硬化層なんて考えなくて良い」と言われただけで、少々不安が残る今日このごろであります。よろしくお願いします。

  • 超硬エンドミルにおいての座ぐり時にくらえこむよう…

    超硬エンドミルにおいての座ぐり時にくらえこむような音が よろしくお願いします。 M8六角穴付きボルトの座ぐり加工をSS400に深さ-9でしました。 使用工具はミスミ のTSC-EM2Rという工具でφ14 です。 底刃もある2刃のエンドミルです。 本来は座ぐりはコンタリングや 座ぐり専用工具でやるべきという 意見があると思いますが、マシンのポット数が足りない理由と コンタリングはめんどうという理由から ハイス2刃のφ14のエンドミルで以前はG83ステップで深さ-9の座繰りをしていました。 その時はG83のステップ1ミリで S416 F50で加工していました。 切削速度で17メートルほどですね。 その工具を今回超硬のエンドミルTSC-EM2Rに変えたので、 SとFの条件 S682 F50 で同じG83のステップ1ミリでやってみたのですが、 途中でくらえこむような音がでました。 それで回転数を 90から80パーセントに下げるとましになったような気がします。 S682 F50 は切削速度は30メートルなのですが、 座ぐり加工するには はやかったのでしょうか? ハイスエンドにくらべて超硬では このような座繰り加工のやりかたでは くらえこみやすかったりするのでしょうか? くらえこむような音がでたことから次はハイスエンドミルでやっていた S416 F50 でやってみようかと思うのですが、そうすると切削速度は 17メートルになるのですが、 超硬のエンドで17メートルだと 切れにくかったりしてよくないでしょうか? 回転数 送りどのように調整するとよいでしょうか?

  • エンドミル加工について

    おひさしぶりです。 正面のエンドミル溝加工について困っています。 3.1の超硬エンドミルでΦ9.0の形状から12.0mm長手方向に加工するのですが、 エンドミルが欠けやすいのです。 荒加工として2.0のフライスカッターをT3200に付け 半分に分けて12.0ぐらいまで加工しています。 (12.0も溝を入れれないのでカッターの底部で加工。) 加工条件載せます。 機械 SR20 ピーター スイス型    T3200 25径×2.0mmのフライスカッターで荒加工を行う。    T3411に正面ドリルユニットを装着しエンドミルで長手12.0mm進む  (回転工具T3100~T3400でエンドミル加工すると終点が丸くなるから不可)    工具は日進 NX 超硬 エンドミル3.1刃長15.0    回転は少し遅めだと思うんですがM36S2600 F0.01~F0.02    切り込み量は2.0mmずつ後半8.0mmぐらいからカッターの    舟底があるので1.0ずつ進んでいます。    (欠ける前はカッターなし、HSSのフライスで2.0mmF0.02で進ん     でいました。) 現段階では加工上トラブルがなくなったんですが、かなり時間が掛かってしまい、悩んでいます。 こんな加工もしくは、こんなエンドミルがあるなど何でも構いませんので、 時間短縮を目指したいと考えてます。何とぞアドバイス頂けないでしょうか??     

  • MCナイロンのエンドミル加工について

    おはようございます。いつもありがとうございます。 MCナイロンのエンドミルでの加工で質問があります。 MCナイロンをエンドミルで加工すると、なんか溶けたような面になり、 バリがものすごくでます。なんとかバリとりでとることはできるのですが、 これらを何とか改善できないかと思っています。 毎度毎度切削条件が多少違うんですが、ハイスのエンドミルで油類はかけずに加工しています。 ここをこうしたらよいなどアドバイスをいただけたらうれしいです。 よろしくおねがいします

  • エンドミル

    趣味でNCフライスを購入して使っている初心者です。 今までは、フライス購入時にもらった、新品や再研磨品の ハイスエンドミル20本程度を使って練習などしてました。 メーカーも分からない物もあり、切削条件も分からない事から、 持ちが悪いです。 貰った物も残り数本ですので、今度は、ミスミ製品を使いたいと思っています。 フライスは、静岡のVHR-APです。主軸NT40です。 切削油ポンプはついてますが、使ってません。 ミストと言うより、スプレー状の吹き付けが出来る、 ノガ ミニクールは購入しましたが、不水溶性を使って居る為、 油煙が凄く使ってません… 刷毛塗りも試しましたが、油煙が多いですし、 意味があるのか分からない常態です… オイル挿しでかけながら削るのが1番油煙も少なく 刃持ちも良いので、切削油ポンプを使うのが1番良いのだと 思いますが、潤滑油と混じるので、使わない方が良いと聞き、 使わないつもりです。 自分なりの結論は、エアーで切子を飛ばす程度のエアーを噴きながら、 ドライ加工が出来れば1番良いのかなと思っています。 そこで、ミスミのエンドミルを使う場合は、何が良いのでしょうか? ハイスでも超硬でも良いので、VHR-APで、主にS50Cをドライ切削するのに 良いエンドミルがあれば教えてください。 よろしくお願いします。