• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

2段歯車機構

2段歯車機構において、駆動歯車(z1)・中間歯車(z2:大歯車、z3:小歯車 )・従動歯車(z4)のそれぞれの歯車がありますが 減速比の関係式等でおのおの歯車の歯数を決定する際に 中間歯車のz2:大歯車とz3:小歯車には何か制約条件がありますか? ある程度の駆動歯車(z1)と従動歯車(z4)の狙いがある為 中間歯車のz2とz3の歯数に関する記述が見当たらないので 確認したく投稿させて頂きました。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数881
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

特段の設計上の制約はありません。 普通に歯車設計のイロハに沿って、手順を踏むだけです。 極端な伝達比にならない様に注意する事や、 可能なら互換性を考慮する等の、設計センスは問われます。 モジュールを揃えておき、組み替えて伝達比を変更できるようにする等の 工夫をする事も、場合によっては有効だと思います。 ところで・・、 「困り度」が緊急の「すぐに回答を」となっていますが、 何かの設計の最中でしょうか? でしたら、もっと詳しく機器の詳細を書いて下さい。 > 確認したく投稿させて頂きました。 単に後学の為って事でしたら、何か歯車の本でも調べてみましょう。 よく、学生さんがレポート書く為に、この手の投稿をするみたいですが、 何だかなぁ?って思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 不思議歯車機構について

    不思議歯車減速機は、太陽歯車、その周りを自転しながら公転する遊星歯車、その遊星歯車とかみ合う歯数の異なる2つの内歯車で構成されているのが一般的ですが、 1. 太陽歯車を使わず、遊星歯車を直に公転させることで減速させることは可能ですか?   (駆動部を直接遊星歯車のキャリアの回転に利用する) 2. その際の問題点、デメリットについて教えてください。  減速比が下がることは承知しているので、それ以外あれば教えてください。 宜しくお願いします。

  • 平歯車の音

    平歯車の音の対策について教えて下さい。 2本のローラー(φ75、L=725 SUS304)を平歯車m=6、歯数12、転位量1.5、歯幅30、材質S45Cの2個で駆動しています。ローラーは両端にボールベアリングで受けています。駆動側にはスプロケットで駆動を掛けています。回転数は49.5rpmです。従動側のローラーはねじにてローラー間の隙間を調整するようにしています。ローラー隙間0が基準です。最大隙間は約5mmまでです。今現状ローラー隙間が2mmまでだったら音は気になりませんが、それ以上になると音がうるさく感じられます。この音の現象は仕方ない事なのでしょうか?対策として従動側の歯車をMCナイロンで製作しようかと思っていますが他に良い方法はありませんか?安価で簡単な方法がいいのですが。 以上、宜しくお願いします。

  • 樹脂歯車の高歯

    樹脂歯車駆動にて、消音駆動を目的に高歯歯車を採用したいと思っております。 高歯歯車の計算方法は、例えば 20%増加で 歯末たけを1.2 歯元たけを1.45と考えてよいのでしょうか?それぞれどのくらいが良いのでしょうか? 実使用上の注意点もお教えいただけますと幸いです。 現在、m0.3以下を考えております。減速は、1対2程度です。 回転数は2000rpm 

  • 位相可変直動機構

    位相可変直動機構 定速回転する原動節に従動して直線運動する節において、ストロークを変えないまま動作タイミング(位相)を可変とする機構 についてアイデアを頂きたいです。 以下条件です。 ・従動節はストローク方向以外に並進運動しない ・可変機構は原動節とは別の動力源により駆動される ・可変用モータ停止時には従動節は一定の位相で往復直線運動する ・位相は瞬時に切り替えられる ・原動節は並進運動しない その他の条件は必要に応じて補足致します。

  • ロジックス歯車

    現在理論上バックラッシ0でも回転可能なロジックス歯車を 機構部品の歯車として検討しています。 検討にあたり限られた条件下では、減速比が確保できず非常に困った状態ですので知ってる方いましたらご教授の方お願いします。 (条件) ?ピニオン歯車の歯底円直径は一定 ?セクターのピッチ円は一定 以上よろしくお願いします

  • 機構学・歯車の問題がわからないことだらけです。

    機構学の問題でわからないことがたくさんあります。 つめ車を歯車と同じに考えて解く問題です。 軸の受けるトルクT=300kN・mm 許容曲げ応力σa=30MPa 以上の条件で (1)つめ歯数z=20のとき、つめ車の円ピッチpc 答え 37.5mm (2)つめ車のモジュールを計算して、外径d 答え 240mm (3)歯面に生ずる面圧p 答え 10.1MPa という問題です。 (1)の値が分かれば(2)は解けましたが (1)と(3)は調べてもどうにもわかりません。 (1)の設問の下に参考が載っていたので それも貼り付けています。 わかる方いらっしゃれば、、 よろしくお願いします。

  • 増速歯車

    1回転を増速(16回転目標でした)させるプラスチック歯車を検討しています。 既に1:4を2個組み合わせ1:16に減速させる歯車が社内にありましたので単純にその逆の試作をしたところ、堅くて回りませんでした。 (よくよく考えて見ると減速時の16倍の力が必要?) 歯車のサイズには制約があり、歯先円でmaxΦ7以下という小物です。 今回の実験では  小歯車:ピッチ円Φ1.6 歯数:8 m=0.2  大歯車:ピッチ円Φ6.4 歯数:32 m=0.2 を2組使用しました。 増速歯車というものが良く解かっていないのですが普通はこんな設計は無いのでしょうか? また、いきなり4倍の増速は無理なのでしょうか? (実用的には何倍位までが可能なのでしょうか?) 回転を小サイズの中で増速させる、何か良い方法はありませんか? 長々書き綴ってしまいましたが、知識をお持ちの方、是非ご教授お願いします。

  • ウォームギアと平歯車噛み合いの設計について

    現在、駆動部でウォームギアと平歯車の組合せで減速機構を考えています。ただ、以下の点について自分なりの懸念点があり、有識者の方々のコメントを頂きたく質問させて頂きました。 緒言としては、ギアはともに樹脂材料を使用し、モジュールは0.3程度で考えています。ちなみにウォームギアは1条です。 懸念点 ?ウォームギアとホイールの組合わせに対し、平歯車は効率が落ちないか? ?摩耗については、平歯ギアの減速系よりもリスクが大きいのか? ?強度計算はどのように考えればよいか? ?外力に対して、平歯車のギア列よりも劣る点はあるか? 些細なコメントでも構いませんので、情報頂けたらと思います。 よろしくお願いします。

  • 無段変速機構 摩擦車 

    摩擦車の無段変速機構について教えてください。 円盤型の摩擦車を 原動側にします。そして従動側の円盤に動力を伝えます。原動側と従動側の軸は 直角をなしています。 原動側の円盤を従動側の円盤の中心に近づけたり、遠ざけることによって 変速します。 そこで、原動側の回転速度を一定にするという条件で 原動側の円盤を従動側中心に近づける→ 従動側の円盤の回転速度 低くなる 従動側の円盤を従動側の中心から遠ざける→従動側の円盤の回転速度 高くなる というようになるらしいのですが・・。 自分としては 従動側の中心に近づけるほど 回転速度は大きくなるのではないのかと思ってしまします。なぜなら従動側のトルクは小さく伝わるから その分、速度が速くなるのではないだろうかといった感じです。 このような現象は どのように説明するのでしょうか? 初心的な質問で わかりにくい記述がもしれませんが、どうぞご教授下さい。  

  • 歯車の回転数の計算について

    参考URL(png)の図で歯車Fの回転数を求めたいと考えております。 図がわかりにくいので補足させていただくと ・ギアBとCは同じ軸上にあります ・ギアCとDはねじれ歯車です 減速比は被駆動÷駆動の歯数で計算すると理解しています。 なのでFの回転数を求めるには、モーターが2600rpmとすると 減速比が(58÷1)☓(18÷18)☓(40÷30)=77.3 Fの回転数は2600÷77.3=33.6rpm と考えてよいでしょうか? http://www.fastpic.jp/viewer.php?file=5760492621.png