• 締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:ビッカース硬度計測定荷重について)

ビッカース硬度計測定荷重について

このQ&Aのポイント
  • ビッカース硬度計測定荷重の選定について質問があります。
  • 現在換算表を使用していますが、誤差が発生しています。
  • 特に浸炭焼入れ品の表面硬度測定で問題が発生しており、適切な荷重の選定方法を知りたいです。

みんなの回答

noname#230359
noname#230359
回答No.3

浸炭焼入れの場合深さの指示があると思います。 焼き入れ深さが浅いと荷重が大きい場合浸炭層を突き抜けてしまうので少ない荷重で測定します。 かなり浅い場合はマイクロビッカースという物もあります。 今回の場合10kgより50?の方が硬く出ているので、荷重には問題が無いと思われます。 注意点としては、 測定前に紙やすり等で表面をきちんと磨いているか? という事が考えられます。 #1000~#1600位で表面(測定部位)が光るくらい磨かないとダメです。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#230359
noname#230359
回答No.2

大和久重雄さんの著書「硬さのはなし(多分)」の一読を薦めます。 1、円筒状の肉厚は?。肉厚の影響は 2、硬度測定後の痕跡のひし形はOK? 参考になれば良いですが。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#230359
noname#230359
回答No.1

測定方法の注意点は色々あるが 先ずは取り扱い説明書をしっかり読む事 そして JIS B7725 ビッカース硬さ試験-試験機の検証及び校正 JIS B7735 ビッカース硬さ試験-基準片の校正 上記で確認して見よう。 ※円筒面はそのままだと径の影響を受けやすい。    忘れていた JISの内容は下記より検索して確認できます。 http://www.jisc.go.jp/index.html

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 硬度の変換

    浸炭焼き入れにて、表面硬度の測定誤差(変換誤差)が発生しています。 硫黄快削鋼の丸棒を切削し、を浸炭浸窒焼入しています。外径研磨後に表面硬度を測定します。 スペックはHRC60以上ですが、現在Hv(10kg)にて測定しJISの表で近似値 換算をしています。しかし客先はHRA(60kg)又はロックウェルスーパーフィシャル(15kg)にて測定しています。現在HRCにて4くらいの差があります。(ビッカースの方が高い) 硬さ基準片での測定では誤差にあまり差がありません。何故でしょう キーワードは「ワークの浸炭硬化層の深さ」ではないかと思うのですが・・・ Hvにて補償できる方法はないでしょうか?

  • 浸炭の表面硬度について

    客先からSCM415、表面硬度56~60HRC、浸炭深さ1mm以上で依頼がありました。 テストピースを180℃で戻し、ロックウェル指示なので、ロックウェルで測定したところ、表面硬度59HRCでした。 浸炭深さはヴィッカースで0.1mmおきに測定し、有効深さ1.1mmでした。 データを客先に出したところ、ヴィッカースで浸炭深さを測定した硬度が0.1mmから0.3mmのところで62HRCあると言われ、なぜ表面硬度より硬いのかと言われました。 表面は残留オーステナイトなどで多少柔らかくなると説明しましたが納得してもらえませんでした。 表面硬度指定なのに内部硬度を言われても、難しいと思います。 また、ロックウェルとヴィッカースの荷重による違いもあると思います。 どのように説明したらよろしいでしょうか? 浸炭深さ1mm以上指示は、板材で変形も考え、研磨仕上げで、どれ位削るかわからないので深めにしたということです。 品物が大きいので、品物自体をヴィッカースで測定することはできません。 テストピースをヴィッカースで測定し、表面硬度ではなく、内部のどの深さで硬度を測定するか客先と相談してみます。

  • ビッカース硬度試験について

    ビッカース試験について問合せします。 鉄の上に無電解ニッケル40ミクロンめっきします。 その後、熱をかけて硬度をアップします。 それを、100gの荷重でビッカース試験するのですが、データの信頼性は高いのでしょうか? 同一炉内(ファン撹拌付)でテストピースを2種類加熱し、その硬さを測定したら、HV800のものとHV1000のものが発生しました。 100gの荷重ですと信頼性が低いのでしょうか? それとも、このばらつきは妥当なのでしょうか?

  • DLC膜のビッカース硬度

    1μmのDLC膜を微小硬さ試験機で測定しようとしています。膜が薄いので荷重は1gf(0.0098N)以下である必要があるのですが、荷重を小さくすればするほど計測値が大きくなってしまいます(つまり荷重依存性があります)。このような場合、DLC膜のビッカース硬さはどのように評価すればよいのでしょうか?かける荷重の大きさによりHVの値が変わってきますので、例えば1gfでの計測値が1000と出てきた場合、単に1000HVと表記するのは適切でない気がしますが、表記方法は「1000HV0.001」でよいのでしょうか?(「HV0.01」という表記は見たことがあるのですが、微小荷重領域での「HV0.001」という表記は正しいのでしょうか?) また、JIZ(またはISO)規格に則った正しい計測を行ないたいのですが、そもそも、このような薄い膜の硬度はビッカース硬さとして評価してもよいのもなのでしょうか? どなたか詳しい方教えていただけないでしょうか?宜しくお願い致します。

  • 鋼球の硬度測定方法

    鋼球の硬度測定方法について質問します。 中国メーカーより 直径0.8~1.5mmの鋼球の購入検討しているのですが  メーカー検査データでは硬さが実力値HV760~825であり JIS B1501(付表3 呼び径0.3~3mmの場合 HV772~900)を満足できません。 測定方法を確認したところ 測定面を平面研磨し測定荷重10kgfとのことです。 そこで 気になるのは ?鋼球の硬度は表面と内部は同じか? ?もし異なるとすれば 研磨代,測定荷重(測定子の沈み深さ)により 測定値に差が出るのではないか?です。 JISには具体的な数値が記載されていなかったので 測定方法,勘所などご存知ありましたら教授願います。  その後: 資材政策(コストにつられ・・・)で採用しましたが 結局多品種混入など現品管理の問題を連発させたあげく 監査に行ったところ 硬度測定機も申告されていたビッカースではなかったなど ”でたらめ”で発注を取りやめました。

  • 硬度について

    ?ビッカース硬さの単位ですが、いろいろな硬度換算表をみていると「ビッカース硬さ(荷重50kg)」という表記がなされて数値が表されている表がほとんどのように感じました。 しかしながら、私が扱っているアルミ製の製品のビッカース硬さは「62.1(HV100N)」という表記がなされています。荷重50kg と 100N の表記の違いで硬さ数値は換算の必要性があるのでしょうか? ?また、ビッカース硬さ62.1では、よく使われるロックウェル固さHRCに換算するには値が低すぎて0以下となります。アルミとはHRC表記できないものでしょうか? ?最後にHRC,HRB,HRCとロックウェルの表記には3種類ありますが どういう区分で使いわけるのでしょうか? たくさんの質問ですみませんがネットで検索していてもなかなかわかりやすい 解説がみつからなかったので質問させて頂きました。 何卒、ご回答の程宜しくお願い致します。

  • めっき皮膜の硬度測定方法について

    社内のデータ収集および温度・電流密度の変化における硬度の変化を知りたいため、ビッカース硬度を測定したいと考えております。 そこで、質問ですが ?めっき種によって必要膜厚が異なるのでしょうか?また、測定荷重や必要を膜厚を教えてください。 なお、ハルセル銅板に、下地めっきなしで、下記めっきをする予定です。 ・半光沢Niめっき(予想硬度 400~600Hv) ・硬質Auめっき(???) ・半光沢Snめっき(???) ・光沢半田めっき(10Hv前後?) (深さの10倍以上膜厚が無いと材料の影響が出る?) ?表面が粗いと正確な数値が得られないとのことですが、研磨は必要でしょうか?(どこかのHPで鏡面仕上げが良いと書かれてました)   ご回答、宜しくお願い致します。

  • ビッカース 測定データー

    教えてください。 今、弊社で使用しておりますハンディータイプのビッカース硬度測定機ですが取り扱い説明書には、11mJ 5.5gと明記されています。 通常ビッカースの計測結果には、荷重表記(2.94N 9.8N 98N)がされていますが、この測定機は一体どれにあたるものなのでしょうか?  宜しくお願い致します。

  • 板金材の焼入れ後、硬度について

    ご質問させて頂きます。 板金材の焼入れ後の硬度と、表面すべり性に関しまして調査しております。 図面要求仕様は・・・。   焼入れ後硬度 : 700HV0.1 バフ後表面粗さ : Ra=0.4 となっておりますが、この板金部品コストの中の70%くらいをバフ研磨費にとられております。焼入れ後に700HVの硬度が保て、バフ研磨工程を排除できる加工方法があれば是非ご教授頂きたいと考えておりますので、宜しくお願い致します。 表面処理に関しましては、電解研磨を調査致しましたが試験にてNGとなってしまいました。現在の使用板金材は、SK-5です。

  • 浸炭焼入れ

    SCM415の材料に浸炭焼入れを実施したところ表面硬度がHv600650ぐらいになりました。 ただ、お客様からの要求は表面硬度Hv850程度必要と言われています。 材質を変更することも出来ません。 SCM415の材質に浸炭焼入れにて表面硬度をHv850程度にする方法を教えてください。

このQ&Aのポイント
  • 【HL-L2300D】の印刷文字が薄くなり、特に罫線が消えかかる問題について、解決方法をご紹介します。
  • 印刷濃度調整ができない場合、【HL-L2300D】の印刷文字が薄くなることがあります。特に罫線は消えかかったように見えるかもしれません。この問題の解決方法について詳しく説明します。
  • 【HL-L2300D】をお使いの方で、印刷文字が薄くなり、特に罫線が消えかかる場合の対処方法をご紹介します。印刷濃度調整ができないため、他の方法で問題を解決する必要があります。
回答を見る