• 締切済み
  • 困ってます

シース熱電対について

熱処理炉などに取り付けてある熱電対はk熱電対で、それとは別で即答性が よく精度もk熱電対よりいいシース熱電対というのがあるそうです。形状的には 細い針金みたいな形です。今度、そのシース熱電対を使って温度調査を行おうと 思っているのですが、工場に昔使ったものが残っていましたのでそれを 使おうと考えたのですが、シース熱電対は使い捨て品で時間も経っているから 精度も悪くなっているのではないかという話があり、新品を購入しようか 迷ってます。  過去にテストで4,5回使った程度 温度も750℃位の温度域で直ぐに 使えなくなるものなのでしゅうか? どなたかお詳しい方いましたら、ご教授願います。

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数76
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359

昔の程度が1~2年前位で、シース管に錆や破損などが無い、を前提とし、 テストの使用環境が750℃で一回の計測が数分程度でしたら恐らく問題ないと思います。 簡単にセンサの校正を行うのであればセンサを沸騰した水の蒸気にあて、 計測器が100℃付近を表示するかである程度の確認は出来るかと思われます。 ただし、沸点は大気圧により変動しますのであくまでもある程度、なのですが 台風でも来ていなければ大体沸点温度は100℃±0.5℃くらいには入ります。 100℃にて熱電対許容差のJIS規格クラス2(±2.5℃以内)に入っていれば、恐らく750℃でもクラス2の精度(±約5.7℃)内に収まっていると思われます。 ちなみに熱電対全般に言えることなのですが、熱電対の「使い捨て」の意味は 熱電対が壊れるから「使い捨て」と言う訳ではなく、 使用するごとに熱電対の特性が変化してゆくところからそういう言い回しになっています。 シースの外径にもよりますが大体3~400℃以上で1時間くらい熱をかけ続けると 特性が変化し始めます。 これは熱電対素線の外径が細ければ細いほど如実に変化します。 (シース熱電対も結局はシース管の中に熱電対線(恐らくKタイプのもの)が酸化マグネシウム(絶縁物)と共に入っています。一般的にシース外径の0.15倍したものが中に入っている熱電対線の径になります。) 自信なし→自信あり。の間違いです。申し訳ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。 内容を確認して「ほっと」しました。詳しいご説明に感謝致します。

関連するQ&A

  • 熱電対のRとKについて

    こんにちは.早速ですが,熱電対の質問です. 温度1150~1250℃で熱処理を行うのに,熱電対をRとKの両方で測定したところ,RとKでは最大で25℃程度の誤差がありました.ちなみにKを2本セットしても,K同士はほぼ同等の温度で,Rとは同じように誤差がありました. 接触させている位置は若干違いますが,炉の熱応答性が良く,ペンレコでカーブを描いているので,均熱帯などの問題はあまりないかと考えます.(1~3時間保持している) 誤差が小さければRとKの精度の問題かと考えられますが,あまりにも誤差が大きいので困ってます. 追記 Kは一般に1200℃未満となっているので,1200℃以上で適用させることに無理があるのは承知しております.また,Kはシース(SUS310S)なので,700℃程度から使用できないともいわれてます.これらの要因から使用してはいけないのはわかりますが,経済的な問題から何とか適用できないかと考えております.上記の質問と合わせて,Kを1200℃また700℃以上で使用した場合にどのような問題があるか教えてください.

  • 金型の温度測定について教えてください

    現在、成形品の形状精度を求めるために、金型のキャビ表面温度を精度よく測定したいと考えております。 表面温度の測定は ?サーモグラフィー ?熱電対 の2つが一般的だと思うのですが、?については絶対温度の評価がしづらい、という問題点があり、?についてはキャビに差し込むための穴、溝堀などをすることにより、その時点で温度バラツキが発生してしまい、実際の評価をするのが難しいのでは?と感じています。 そこで質問なのですが、現在ある?の製品で、高精度(±1℃以下)で評価可能なサーモグラフィーがあるのでしょうか? もしご存知であれば教えてください。 また?についても金型温度をばらつかせなくても取り付け可能な方法があれば教えてもらえると幸いです。熱電対については、現在Tタイプのクラス1が妥当と判断しておりますが、取り付け方法で悩んでおりますので、この点で詳しい方がいらっしゃれば教えていただけると幸いです。 ちなみに成形品の大きさは、横幅70mm×縦幅12mmで、熱電対を入れるのなら、7mmごとに取り付け、温度差を評価したいと考えています。 以上、どうかよろしくお願いいたします。

  • 旋削加工での熱電対法を使用した切削温度測定装置改…

    旋削加工での熱電対法を使用した切削温度測定装置改善について 大学の研究において旋削加工の際、熱電対温度測定法使用し切削時の温度を測定しようとしています。 今のところ、切削工具刃先(スロアウェイチップ)に放電加工をしてK熱電対 をチップに通してデジタルマルチメーター(切削時に発生した起電力を温度に変換する)に繋いで切削温度を測定しました。 <切削条件> 切込み量: 0.9mm           切削速度:75 m/min 送り量:0.2mm/rev 切削時間:40sec 被削材 SUS630 ミスト供給量:0ml/h この時の切削温度が80~100℃の値でした。しかし文献を見ると700℃や800℃まで切削温度が上がっているので、現在の装置では切削温度の精度が不十分なのが分かりましたが、文献を調査しても温度測定装置の詳細が書いていないので何をすればいいのか分かりません。温度測定装置について分かる方がいらっしゃいましたらアドバイスの方をお願いします。 初めての投稿なので足りない情報があると思いますのであれば指摘の方よろしくお願いします。

  • 液体の温度センサ

    液体の温度を測定する温度センサーを探しています。 測定の温度範囲は 0度~40度程度です。 測定精度に関しては±0.1度で問題ありません 「滅菌」されている状態で使用しなければならないです。 また、使い捨てではなく、繰り返し利用できるのが条件です。 測定温度をリアルタイムで出力したいです。 温調器はよくあるFAメーカのものでいいかと思っています。 温度を取り込み制御に使用するため外部出力が必要です ロガータイプのセンサは見かけるのですが 熱電対+温調器の組み合わせで探しています。 熱電対が繰り返し滅菌が可能なものは製品はどのようなものなのでしょうか? 滅菌としては オートクレーブができるもので探しています。

  • シース熱電対のシースの部分

    シース熱電対の金属保護管の部分、つまり金属管で先端が閉じているようなものを探しています。 寸法はφ0.3程度で内径φ0.1以上です。 ステンレス管はすぐにみつかるのですが、先端が閉じているのは見つけられません。 そういったものは販売されているでしょうか?または簡単に作る方法はないでしょうか? よろしくお願いします。 http://www.shinnetsu.co.jp/products/15/index.html

  • シース熱電対の基本的な質問

    シース熱電対というものを見たことがないのですが, 文献を読むと曲げられるようなことがかいてありました。 これは紐のように曲げることが出来るということですか? それとも「たわむ」といった感じなのでしょうか? 保護管を併用した場合には曲げられないのでしょうか? 金属シース先端は半球状になっているようなのですが, 測定したい試料としっかりくっつけることが出来るのでしょうか? そもそも一般的に何でくっつけているものなのでしょうか? 複数の質問となってしまいましたが,1つでもよいので 回答よろしくお願いいたします。

  • 熱間鍛造とリベット打ち時の温度について

    熱間丸リベットの鍛造時の温度とリベット打ち時の温度について教えてください。 当方供給者で、使用者(リベット打ち業者)からリベット打ち時の適正温度について 質問を受けている状態です。使用者の工場でリベット打ちをした再、頭部にクラックが入ってしまう為、改善に向けた調査を依頼されている状態です。 軸径20φの鉄丸リベットで、材質はSS400(電炉材)です。 熱間鍛造時は、約1100℃、リベット打ち時は約900℃設定となっております。 リベットは工場打ちで、加熱範囲は900℃~1100℃となっているようです 素人考えでは、温度が高い方が金属が柔らかくなる為、 900℃で割れが発生するようであれば、単純に950℃、1000℃と 温度を上げれば効果があるのでは?と思うのですが、正しいでしょうか。 また、熱間鍛造の適正温度が1100℃である事に対し、 ほぼ同じ形状に変形させるにもかかわらず、リベット打ち時の温度が 900℃である理由はあるのでしょうか(高すぎるとなにか問題がある?加熱が難しい?) リベット打ちをしている業者につてもなく、当方もリベット打ちに関しては 知識や経験がない為、SS400という材料が影響している可能性は0ではないですが、材料要因含めてもクラック発生原因がつかめず、問題解決に到れない状態です。 教えていただきたい内容としては、 (1)温度を上げれば単純にクラック発生を抑えられるのでしょうか? (2)保持時間は最低何分という決まり事的なものはあるのでしょうか?  →900℃に加熱するとしても、それを10分保持してから打つのと、30分保持してから打つのとで差があるかどうか。

  • 高温(600℃)にヒーターで加熱するロングツール…

    高温(600℃)にヒーターで加熱するロングツールの錆止め はじめまして。よろしくお願いいたします。 熱圧着するためのツール(L800mm30mm角)程度 母材はS55Cで、熱処理なし。 従来これに棒状ヒーターと熱電対制御にて300℃前後で、使用していました。 このときの表面処理(防錆)は無電解NIを使用→特に問題なく生産していました。 今回この温度が約600℃くらいまで上げることになり従来どおりのツールにて(無電解NI)テストした所、全体が赤錆のようなものが発生し、 ヒーターの穴内径も錆びてしまいました。 調べると、高温にしたのが原因のようですが、このような環境下で、 適した表面処理(目的は防錆のみ)を知っておられる方いましたら教えていただけないでしょうか。 尚、もうひとつ心配があります。S55Cなので、形状的に長手方向が 600℃昇温時に約3?以上伸びています 母材がこれだけ伸びても処理は(亀裂→錆)などの心配はないでしょうか? 今は硬質クロムを検討していますが、使用環境の点で適切でしょうか? なにぶん、経験がないため困っています。

  • 振れ精度

    タイトル通りなのですが、ツールと刃物をつけた状態での振れというのは、いったいどれぐらいが標準的なのでしょうか? 現在、maza○のネクサス510cを使っているのですが、2回ほどぶつけた(主軸ではなく刃物の折損)ことがあり、その精度が大変気になっています。 自分なりに以下のツールでテストインジケータで測ってみました。 1.Bのベビーチャック、nbs-13-75(主軸先端からツーリング先端まで75ミリ) 2.Nのミーリングチャック、c32-105(主軸先端からツーリング先端まで105ミリ) 3.Nのミーリングチャック、c25-70(主軸先端からツーリング先端まで70ミリ) で、1,2,3ともにツーリング先端から80ミリ位置のシャンク部をテストインジケーターで測ってみました。 結果は、1が0.005以内、2、3は0.03振れていました。ちなみに3のツールは新品です。 これはやはり主軸の精度が大分悪くなっているということでしょうか?それともミーリングチャックは剛性重視で、精度はこんなもんなんでしょうか? ちなみに、レニショーのタッチセンサで固定しているバイスの壁(設置精度はテストインジケータで0.01以内を出しています)の位置を図ると、図る時間に寄って0.04ほど数字が上下します。 短時間内で何度もタッチセンサをATCして図ると数値の変化はなく、朝と晩で違うと言う感じなので、これは温度の差(工場内はとても寒いです)なのかな?と楽観視しているのですが・・・。 暇なときにでもご意見よろしくお願いします。 また、振れ精度が高いツールがあれば、そのお勧めを併せて教えて頂けたら幸いです。 すいません、お礼書かないといけなかったのですが、諸事情でこんな遅くなってしまいました。 失礼しました。いまさらながらですが、書かせて頂きます。

  • 熱電対について

    真空装置内で試料の温度を測ろうと思っています。(1000℃ぐらいまで) 手元にクロメルとアルメル線があります。 フランジに大気側2本、真空側2本の銅線が出ています。 この場合、まず銅とクロメル(アルメル)を電気溶接で付けて 計測しても大丈夫なのでしょうか?銅線じゃなくて銀色の線 (材料がわからないが、融点は高そう。)でも大丈夫なのでしょうか? アルメルとかと銅をつなぐとちゃんと計測できるのか心配で。 あと、大気側の2本の端子間を精度の良い電圧計ではかればOKなのでしょうか? 温接点と冷接点との差が温度差なので、冷接点側(電圧計)は室温としても OKでしょうか?ちなみにそんなに精度はいらないと思っています。 私と同じように真空中で熱電対による温度計測をされている方、 他に注意する点などあれば教えてください。よろしくお願いします。