• 締切
  • すぐに回答を!

酸化アルミニウム(アルミナ)と黒鉛材料(カーボ…

  • 質問No.9461879
  • 閲覧数849
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0
酸化アルミニウム(アルミナ)と黒鉛材料(カーボン)の反応について・・・

タイトル通りアルミナと黒鉛材料の反応について教えてください。
Al3O2(アルミナ)がC2(カーボン)と結合して、1400℃を超えると、アルミと二酸化炭素に分類され、熱でアルミの成分がドロドロに溶けるところまでは分かりましたが、正式な化学式が分かりません。化学式とアルミナとカーボンの反応温度(正式な)を教えて下さい。お願いいたします。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
全くの素人ですが、アルミナに興味がありましたので、ネットで
調べてみたところ、WIKIでヒットしました。

炭素電極で電気分解し、生成された二酸化炭素はさらに電極と反応
して一酸化炭素になるそうです。
Al2O3 + 3C → 2Al + 3 CO

ご参考となれば幸いです。
補足コメント
noname#230358
化学反応式有難う御座いました。このケースは熱間使用での反応ではなく、電極実験の反応式なのですね。実際は反応後、二酸化炭素は更に電極を返し一酸化炭素に変貌するのですね。まったく化学を勉強していなかったの助かりました。
投稿日時:2009/11/05 08:58
お礼コメント
noname#230358
有難うございました
投稿日時:2009/11/10 11:53
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ