• 締切
  • すぐに回答を!

アルミの表面酸化

  • 質問No.9438468
  • 閲覧数286
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0
アルミを表面酸化させて酸化アルミニウム(アルミナ)を数μ数十μm程度形成させることは、可能なのでしょうか。可能ならば、どのような方法があるのでしょうか。

回答 (全2件)

  • 回答No.2
MJさん
アルミは乾燥した空気中では2.5nm程度の厚みの無定形アルミナ(AL203)が生成しております。
湿った大気中では50100nm程度まで厚くなった水和酸化物に変質します。
沸騰水中で処理すると0.51.0μm程度の皮膜が生成します。
答えに成ったかどうかわかりませんが、参考までに。
  • 回答No.1
アルミニウムの表面処理で、陽極酸化(アルマイト)というのがあり、まさにこれがおっしゃられている酸化アルミニウムにする処理です。
ほとんどのアルミニウム製品に施されています。
電話帳で調べるだけで、簡単に業者が見つかるでしょう。
お礼コメント
noname#230358
なるほど、アルマイトにより可能となるわけですね。
ご回答ありがとうございました。
早速、しらべてみます。
投稿日時:2002/10/04 13:07
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ