• ベストアンサー
  • 困ってます

エンドミル工具の使い分けについて

機械加工(MCやフライス)に使用するエンドミルという 工具には、2枚刃と4枚刃がありますが、どのような被 切削物、または用途で使い分ければいいのですか? どの状況下で使い分けるか、よく把握できてません 一応、社内(プレス企業)ではダイス鋼の加工が8割を占めてます。 ゆえに、工具材質は「ハイス」ではない気がしますが… なにぶんにも、旋盤加工は経験ありなんですが、フライス加工は 無知なもので… とりあえず、2刃、4刃の使い分けを 条件(回転数、1刃送り)、メリット、寿命、コスト面などを併せて 解説して頂けると、有難いです。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数771
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

2刃・4刃(多刃)エンドミルの使い分けは、両者の特質をつかんで、最終的には臨機応変に、です。 2刃エンドミル 刃溝が大きく切り粉が入るチップポケットが大きいので、送りを早くして厚い大きな切りくずを出しても詰まりにくい。 その反面、刃具の芯厚が薄い(細い)ので曲がりやすく、溝加工などではアップカット側の壁に食い込みやすい。 一般に底刃の中心まで切れ刃があるので、軸方向に突っ込む加工ができる。 刃径は一般に呼び径より、0.02~0.04mmマイナス。 価格はちょっと安い。 4刃(多刃)エンドミル 多刃ゆえにチップポケットが小さく、切り粉が詰まりやすい。 刃具の芯厚が厚い(太い)ので、曲がりにくく、側面削りで精度を上げられる。 センター・カットなどと称して底刃の中心まで切れ刃をつけたものが多くはなっているが、底刃中心を逃がして研削してあるものも多く、その場合は軸方向に突っ込む加工はできない。 回転数と送りが同じなら、1刃あたりの送りは2刃エンドミルより小さくなるので、理論上は面粗さが向上する。 刃径は一般に呼び径より0.01~0.03プラス。 価格はちょっと高い。 以上のような特質から、おおむね、荒加工は2刃で、仕上げは多刃で、ということになります。 たとえば、厚板にポケット加工をして中に入れ子を組み付ける場合、2刃エンドミルで荒加工と中仕上げをしてから、4刃(多刃)エンドミルに交換して最終仕上げをするならば、工具の経路を変えることなく、仕上げ代0.03~0.07の加工となり、ポケットの内寸はおおむね H 8に仕上がるので、入れ子外寸を h 7か js 7に仕上げれはしっくりしたすきまばめになる、というわけです。 とはいえ、一つ覚えはトラブルの元で、荒加工用に側刃に溝やウェーブをつけたラフィング・エンドミルなどは、曲がりにくい事を重視してほとんど4刃ですから、切削剤を大量に送って切り粉を流すなどの対策が必要になります。 エンドミルが HSS(ハイス)か WC (タングステン・カーバイドすなわち超硬)かは、慣れれば、色あいと重さ(比重)ですぐに識別できるようになります。コーティング無しならなんとなく黒っぽく、ずっしりと持ち重りがするのが超硬です。同径のハイスと持ち比べればすぐに判るほど重さは違います。 まず、慣れるまでは工具材質をマークで確認し、メーカーのカタログにある推奨切削条件の60%くらいからトライすると良いかと思います。 メーカーのカタログの推奨切削条件は、売薬の効能書き並みに大げさ(ほとんどハッタリと言いたいこともあるくらい)で、それを丸呑みにして刃具を折ったりオシャカにしても、工具メーカーは責任を持ってくれません。 SKDのエンドミル加工はなかなか骨が折れますが、慣れないうちは「安全第一」。 汎用機なら手ごたえと音で、これは無理かな、まだ余裕があるかな、とわかりますが、アナタまかせのNC機では、はじめは臆病者と言われようとも、おっかなびっくりでやっているくらいがちょうど良いかと思います。 御健闘を祈ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

最終的には自分の体で覚えるしかないのですがヒントを一つカタログに径公差があるはずですけど2枚と4枚で違う数値になってると思いますけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

一度、同じ送り、回転数、深さで加工して見ればすぐに分かります。 ウチでは2刃は荒取り、4刃は仕上げで使います。 といってもケースバイケースですけれど・・。 ワークがそこそこあり、荒取りでかなり削るならば、ウチではチップ式のフルバックで削ります。(最近の工具であればかなり早く、思ったより綺麗に仕上がります。)その後、4刃で仕上げって感じです。 一概に工具だけの能力にだけに頼っていてもいいものは出来ません。 段取りを考え、会社の先輩(経験者)によく聞いて加工することでよい製品になると考えます。 がんばってください。 参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

超硬の場合、おおまかに、周速60~100メーター。 一刃当りの送りが同じであれば、4枚刃は2枚刃の倍の送りになります。 加工時間は、半分になります。 寿命は、加工の内容によって、変わってくると思います。 コストは、同じ工具メーカーの4枚刃と2枚刃を比べてみれば 判るかと思います。他社の物でも、勿論かまいませんが。 使ってみて、良し悪しを判断されては? 材質によっても、硬さによっても、条件は変わってきます。 私の会社では、荒引きには、スローアウェイのカッターを使い、 仕上げで、エンドミルを使うことが、多いです。 あくまでも、「これにはこれ」と決めつけている訳では、有りませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

同じ直径、長さなら刃数が多い方が良いような気がしますが 加工内容により切削抵抗が増えると一概にそうとは言えません 切り込みが多くなると一度にワークに接触する刃が増えますので 4枚刃は抵抗が増えます ですからおおざっぱなイメージではポケットの大きい2枚刃は荒~中 歯数の多い4枚刃は中~仕上げとなります 勿論刃形状には様々な種類がありますので一概には言えません 加工データは各メーカの推奨条件を参考にしてください

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ハイスのエンドミルと正面フライスにおいて1刃あた…

    ハイスのエンドミルと正面フライスにおいて1刃あたりの送りは同じか SS400を正面フライスとエンドミルを使って加工します ドチラもハイスです 1刃当たりの送りはエンドミルと正面フライスどちらも同じなのでしょうか? あと正面フライスにおいて切り込みの量の 求め方はどのようにしますか? よろしくお願いします

  • エンドミルの選定

    フライス初心者です。 汎用フライスで、金型の加工をしてるのですがエンドミルの使い分けが良く分かりません。 材料はS55C、NAK55、NAK80です 送りが手送りになります ハイス、コーティングハイス、超鋼とありますが 材料別にエンドミルを用意したほうがいいのか? それとも超鋼で全部加工してしまっても大丈夫なのでしょうか?

  • 初めてのマシニング

    初めまして エンドミルにて側面加工しようと思います。旋盤やボール盤は、経験がありますがフライス等は 慣れなくて.... 一般的な加工(SS.S45.SUS.FCD)の切削条件(送り・回転・刃数)の計算方法教えてください。フェイス・エンドミル(ハイス)の場合にて また アップ.ダウンカットの進め方.違い等教えてください

  • MCナイロンのエンドミル加工について

    おはようございます。いつもありがとうございます。 MCナイロンのエンドミルでの加工で質問があります。 MCナイロンをエンドミルで加工すると、なんか溶けたような面になり、 バリがものすごくでます。なんとかバリとりでとることはできるのですが、 これらを何とか改善できないかと思っています。 毎度毎度切削条件が多少違うんですが、ハイスのエンドミルで油類はかけずに加工しています。 ここをこうしたらよいなどアドバイスをいただけたらうれしいです。 よろしくおねがいします

  • 超硬4刃とハイス2刃どっちがいいか

    現在MCについている底刃付きハイス φ14の2刃フラットエンドミルで M8六角穴付きボルトの座繰り加工をG83のステップ加工で 9ミリあける加工をしています。 この工具の波長は35です。 プレス金型作製において、スクリュープラグの M16 18 20 22  P1.5 の下穴 と タップは ボール盤とか手でやっていたのですが、 タップはプラネットタップを使って一本で対応し 下穴もφ14のエンドミルを 使ってコンタリング加工をしてエンドミル一本で対応しMCでできるように しようかと考えているのです。 今のエンドミルは刃長が35なので、 板厚みが35以上のプレートには 下穴をあけれないので、 波長がもう少し長いφ14の工具に変えて、 スクリュープラグの下穴を作る為のコンタリング加工 とM8ボルトの座繰りどちらも一本で対応したいと考えているのです。   スクリュープラグのタップを開けるプレートの厚みを40ミリまでと想定し エンドミルのカタログを見ていたところ、 OSGではEX TIN EDL ハイス2刃 刃長55 φ14 シャンク16 とミスミTSコート超硬スクエアエンドミル φ14 刃長さ42 四枚刃がありました。  座ぐり加工や下穴あけ加工につかうので切り子のはけから2刃の方がいいよう に思いましたが、超硬は4刃しかありませんでした。値段は2000円ほどしか かわりませんでした。 このような加工で使うとしたらどちらの工具がいいでしょうか? 加工材はSKS3 生 SS400  です。 超硬って4枚刃で そのようなざぐり加工をすると切り子つまったり 刃が長いことからの振動などからかけると考えてハイスドリルに するでしょうか?  訂正 >などからかけると考えてハイスドリルに >するでしょうか? ハイスのエンドミルにするでしょうか?  

  • 4枚刃エンドミルと2枚刃エンドミルの切削条件の違い

    主に2枚刃エンドミルでのABS,PPの加工をしているのですが、先日間違えて4枚刃のエンドミルを購入してしまい、用途(切削条件)がわからず困っています。 具体的に2枚刃とどう違うのか教えて頂けないでしょうか? また、切削面に違いは有るのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 超硬エンドミルにおいての座ぐり時にくらえこむよう…

    超硬エンドミルにおいての座ぐり時にくらえこむような音が よろしくお願いします。 M8六角穴付きボルトの座ぐり加工をSS400に深さ-9でしました。 使用工具はミスミ のTSC-EM2Rという工具でφ14 です。 底刃もある2刃のエンドミルです。 本来は座ぐりはコンタリングや 座ぐり専用工具でやるべきという 意見があると思いますが、マシンのポット数が足りない理由と コンタリングはめんどうという理由から ハイス2刃のφ14のエンドミルで以前はG83ステップで深さ-9の座繰りをしていました。 その時はG83のステップ1ミリで S416 F50で加工していました。 切削速度で17メートルほどですね。 その工具を今回超硬のエンドミルTSC-EM2Rに変えたので、 SとFの条件 S682 F50 で同じG83のステップ1ミリでやってみたのですが、 途中でくらえこむような音がでました。 それで回転数を 90から80パーセントに下げるとましになったような気がします。 S682 F50 は切削速度は30メートルなのですが、 座ぐり加工するには はやかったのでしょうか? ハイスエンドにくらべて超硬では このような座繰り加工のやりかたでは くらえこみやすかったりするのでしょうか? くらえこむような音がでたことから次はハイスエンドミルでやっていた S416 F50 でやってみようかと思うのですが、そうすると切削速度は 17メートルになるのですが、 超硬のエンドで17メートルだと 切れにくかったりしてよくないでしょうか? 回転数 送りどのように調整するとよいでしょうか?

  • エンドミル Z切り込み量の目安

    最近NCフライスを購入し勉強中です。 フェイスミルの切削条件は少しずつ理解できてきたのですが、 エンドミルの条件がわかりません。 Z切り込み量と、側面での切り込み量の簡単な目安を教えてください。 また、長穴加工の場合、両端をドリルで穴あけ後、エンドミル加工が一番効率が良いのでしょうか?(片端穴あけでエンドミルのほうが早い?) 使用工具は エンドミルφ10 2枚刃で 機械スペックは 主軸端寸法 JIS No.50 電動機 5.5kw です。 宜しくお願いいたします。

  • 切削工具メーカー

    現在、切削工具メーカを探してます。 主な内容としてエンドミル,リーマ,フライス工でハイス、超硬、ダイヤ、CBN(ボラゾン)などを取り扱ってる企業であればベストです。 情報お待ちしております。

  • 工具の再研磨どうしていますか?

    こんにちわ。 弊社は精密機械加工部品の製造メーカーです。 今度環境ISOや経費改善のからみで工具再研磨を 推進していくことになりました。精密機械加工部品を 製造している企業でありながら、今まで工具の 再研磨に疎かった事実は恥ずかしいことでもあるの ですが、再研磨を推進していくにあたり、まずどの ようにしていけばよいのか具体的にわからず 困っています。是非皆様のお知恵を経験を教えて 頂けましたら幸いです。 【知りたいこと】  ?ドリルは径が何φから再研磨していますか?  ?エンドミルは径が何φから再研磨していますか?  ?再研磨は業者に依頼するものと自社で行える   ものとあると思いますが、その内自社で行って   いるのは何φからですか?  ?再研磨に使用している機械を教えて下さい。  ?今度工具研磨をしていく人間はほぼ素人なの   ですが、素人でも作業しやすい工具研磨機、   それを出しているメーカーありましたら教えて   下さい。 【弊社の現在の状況】  ?ドリルはOSG社のSシャープナーを使用です。  ?エンドミルは平面研磨機につけるアタッチメントを   使用してφ10の2枚刃エンドミルのみ再研磨   しています。(加工担当者が各自)  ?よく使っているのがφ1φ8のエンドミルで、   2枚刃・4枚刃のものです。超硬6割・ハイス   4割くらいでしょうか。側面を使用する   加工はあまりないので、再研磨は痛んだ底面   のみ少し切断して加工するようになります。   希望としてはφ3以上のエンドミルは自社で   再研磨したいと思っています。  ?工具研磨機は日本精密製の小径万能工具研削盤   が1台ありますが、操作や設定が難しく皆触れ   ない状態です。(治具や拡大鏡などあれば、   この機械で出来るようになるのでしょうか??) 以上宜しくお願いします。