• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

フィルムカメラの頃のアマチュア写真家の投稿

  • 質問No.9388638
  • 閲覧数680
  • ありがとう数2
  • 回答数12

お礼率 19% (713/3746)

カメラと言えばフィルムしかなかった頃、現像店でフィルムを預けるとき、「公序良俗に反する写真はお返しできないことがあります」と書かれていましたが、カメラ雑誌にはアマチュア写真家が撮ったヌード写真も投稿されていました。
プロなら自分専用の設備を持っていたかもしれませんが、アマチュアではまずいないと思います。どのような手段で現像、焼き付けしていたのでしょうか。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.11
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 57% (19/33)

>どのような手段で現像、焼き付けしていたのでしょうか。

モノクローム(白黒写真)とカラー写真で全然違いました。アマチュアでも写真コンテストに応募する程のベテランのマニアであれば、モノクロ写真の場合フィルム現像も印画紙のプリントも自分でやっていました。

一方、カラー写真は個人が自分で現像するのは困難でした。いえ、技術的に困難だという訳ではありません。私自身、フイルムメーカー主催の講習会でカラー写真の処理技術を一通り学びましたから、設備さえあれば自分で現像とプリントの処理をすることは可能だったのですが、モノクロ(白黒写真)と比べるとカラーの処理は、温度管理も暗室内のセーフライトの設定も薬品や印画紙の品質管理も非常にシビアだったし、それに加えて色調の管理や設定も複雑になるので、個人でこれらを全てまかなうことはとても大変だったのです(余程お金に余裕のある人は自分で贅沢な設備を所有していた人もいましたが、私には無理でした)。

だから、カラーのフイルム現像と同時プリントは行きつけの写真店でやってもらい、応募作品の大伸ばしプリントはその写真店を通して現像所に送ってもらうことになります。

>「公序良俗に反する写真はお返しできないことがあります」と書かれていました

そうです。写真店も現像所も猥褻事犯でトラブルに巻き込まれるのはまっぴらですから、きちんと店頭に表示しておくことは当然です。

で、当時の私のように写真コンテストにヌードの作品を応募しようとするカメラマンがどうしていたかと言えば、長年付き合いのある行きつけの写真店に持ち込んで依頼していました。

その際、ポイントは二つあります。

一つは、芸術写真と猥褻写真のボーダーラインをきちんと弁えて作品づくりを依頼するということです。芸術はO.K.であり、猥褻はN.G.であり、カメラマンと写真店と現像所の間で一定の価値基準が共有されていました。

もう一つは、長年の付き合いによる互いの信頼関係でしょう。写真店も現像所も、素性の知れない一見の客から請け負った際どい写真が元で警察沙汰になるなんてマッピラご免です。その点、付き合いが長くてちゃんとした写真家としての活動をしていることが分かっている相手であれば、安心して仕事を請け負うことができるというものです。

こうした常連客はお店の立場も分かっていますし、迷惑を掛けないように配慮もしながら作品の発表をします。店の側もそれを信頼しています。だから、時に「じんじろ◯」や「われ◯」や「び◯び◯」が写ってしまっているカットが混入していても、ニヤリとしながら普通に渡してくれましたよ。私が決してそれらを発表することはなく、カメラマンの密かな「お楽しみ」に止めるはずだという相互の信頼関係があったからです。

ヌードの写真作品をコンスタントに発表するカメラマンと写真店の関係というのは、概ねこのようなものであったと思います。

その他の回答 (全11件)

  • 回答No.12

ベストアンサー率 57% (19/33)

No.11です。書き忘れていた事がありましたので、追加回答させていただきます。

ヌードの撮影では、ヤバい部分が写っては大変だといって、モデルさんの身体を無理に捻ったり曲げたり隠したりしたのでは美しいフォルムを表現することはできません。あくまで自然なポーズを撮影することが基本となります。当然、写ってはマズい部分も写り込んでしまうことがあります。

しかし、作品として発表するプリントの引き伸ばし時には、トリミングなどのテクニックを用いて発表できない部分はギリギリでカットするなどして、芸術としての美しい表現に仕上げるわけです。

撮影後の同時プリントでは当然ながら写ってしまっています。ですが、先の回答にも書きましたように、最終の作品ではきちんと芸術として仕上げる筈だ(このお客さんなら間違いは無いだろう)という、お店の人達の信頼があったからこそ出来たことだと言えます。
お礼コメント
tzd78886

お礼率 19% (713/3746)

ヘアヌード解禁前の週刊誌などのヌード写真は非常に不自然な姿勢が多かったようです。かえって股間を誇張しているようでおかしな構図になっていたと思えます。麻田奈美の股間にリンゴを置いた構図は後から作ったものですが、元々は母親が娘の記念写真として写真館で撮ったものなのだそうですから「そのまま」だったのだろうと想像します。
投稿日時:2017/10/27 22:54
  • 回答No.10

ベストアンサー率 30% (6520/21546)

他カテゴリのカテゴリマスター
昭和末期には、セルフプリント店もありましたよ。プリント機を時間貸ししてくれるお店があったのです。お愉しみの秘蔵フィルムをお持ちの好事家は、そういうところでセルフプリントしていた人もいたようです。大久保界隈にはそういうお店がいくつかあったと聞いたことがあります。

修学旅行なんかでふざけてクラスメートの服を脱がせておちんちんの記念写真とかを撮ったことが何度かありましたけど、ことごとくプリントされませんでしたね・笑。ネガを見るとちゃんと混じってるんですよ。でも紙焼きはしてくれませんでした。
そういえばその頃の深夜番組で「鮑の写真と一緒に女性の性器を撮影したらバレずにプリントできるか」って企画がありましたね。鮑の写真をずーっと撮って、そこに1枚だけ女性の性器の写真を撮って、また鮑の写真を撮る。結果はもちろん、はじかれていました・笑。

その当時に投稿系エロ雑誌を作っていた人が昔の知り合いでいましたが、そういう投稿エロ写真というのは地元では現像してくれないので(あるいは田舎だからバレちゃうので)そういうところに投稿することで自分が見られることができるというのもあったようですよ。全国から山のようにフィルムが届いていたんだそうです。そういや、私も子供の頃に駅前の写真屋さんにプリントを出すと「スキーに行ってきたの?」って引き取るときにいわれるようなことがよくありましたね。個人情報なんてのは存在しない時代だったのでそれは当たり前のことでした。
  • 回答No.9

ベストアンサー率 32% (6309/19203)

アマチュアでも、フィルムの現像から、プリントまでできましたよ。

フィルムの現像に必要な道具は、1万円もあれば買えました。

印刷するための機材も、安いものなら、10万円も掛からずに揃えることも可能でした。
少し前のパソコンよりよっぽどやすく、普通にアマチュアでできましたよ。

自分で印画紙に焼き付ける方が、テクニックを使った写真が作れましたので、写真屋に依頼するよりも、志向を入れた特殊な写真に仕上げることができたんですよ。
  • 回答No.8

ベストアンサー率 48% (714/1464)

他カテゴリのカテゴリマスター
数十年前、学生であった頃に写真屋でアルバイトをしていました
白黒写真は自店で現像・プリント、カラー写真はラボに委託してフイルムの現像・プリントの時代です。
局部が映った写真や行為中の写真は、カラーの場合はフイルム現像はされて戻って戻ってきましたがプリントは「公序良俗に反する写真」とのメモがついてラボからプリント不可で戻ってきました。
この分に関しては風景写真が同じネガに入っていてもネガ単位でのプリント拒否であった覚えです。
但し、普通のヌード写真に関してはそのような問題はなかった覚えです。
そんな写真を持ち込んでくるお客さんはこちらも分かっているので、「○○さんのネガが、カラーラボからプリント拒否で戻ってきた」との情報がアルバイト仲間から入ると、白黒プリントの技術を持ったアルバイトメンバーが店主の留守の間に・・・(以下自粛)

そのころでも、オッパイが映るぐらいの写真は問題なかった覚えです
私は自宅の押し入れの中でフイルム現像や白黒写真のプリントをやってましたが、親に見られるリスクなどを考えた場合アルバイト先でプリントしたほうが楽でした。
当然、ヘアヌードなんて言葉以前の時代でしたが、オッパイぐらいの写真はさほど問題にならなかった覚えですし、それぐらいの写真が載った雑誌は本屋の店頭でも購入可能でした。
また、多少のヤバい写真も店主とラボとの力関係で何とかなっていたと思います。
  • 回答No.7

ベストアンサー率 44% (1061/2393)

他カテゴリのカテゴリマスター
思いつくカメラ店でヌード写真でも現像、焼き付けされる可能性が高いケース。
・カメラ店が主催、もしくは窓口になったヌード撮影会で撮影したフィルム。
・現像設備のある個人経営のカメラ店で店主、もしくは店員と顔見知りになり、事情を説明し理解してもらえれば。

「公序良俗に反する写真」の定義は難しいでしょう。フィルムメーカー系列の総合現像所は「危うきに近づかず。」ですね。

プロカメラマンで現像設備を持っている、もしくは持っていた人は稀でしょう。
プロラボに現像、プリントは依頼が一般的です。
  • 回答No.6

ベストアンサー率 21% (260/1205)

こん**は

まず、フィルム現像ですが、カラーであれば一般的には現像タンクとダークバッグがあれば後はカラー用の現像液、漂白液、定着液があれば後は水道水で...白黒でも液体が変わるだけで現像ができます。
フィルムを取り出してタンクに巻き付けるまでダークバッグが必要ですが、あとは普通に室内で現像ができます。

次にプリントですね。
DIYですと、自宅に暗室を作る必要があります。
でもそんなに難しいものではなくウォークインクローゼットに暗幕を張れば出来なくはないと思います。
今ほど家電のパイロットランプが多いわけではないので夜中であれば遮光カーテンと、その隙間埋めを暗幕で行えば自室でも現像は可能だと思います。
プリントに関しては引き伸ばし機のコスト+「現像ドラム」もあるので白黒にとどまる人が多かったんじゃないかと思います。

さて、プリントが簡単ではないとなるとマニアックな事のようにおもえますが、デジタルに移行する中間の時代にフィルムスキャナなるものがありました。
これは画期的で、フィルムさえ読み込んでしまえばPC経由ですがプリンタで印刷することが可能となりました。

どの時代かによって方法は変わりますが、引き伸ばし機以外大きな機械が必要なわけではないので、やる気さえあれば割と簡単なのかな?と思います。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 23% (1525/6503)

私もヌード撮影はしていましたが、おっぱいやお尻が写っているのは当たり前で、普通に出していましたよ。
局所が写っていない限り、アンダーヘアーの写ったものも問題にはならなかったですね。
卑猥なポーズでない限り普通にしていましたけどね。
カメラクラブで行ったヌード撮影会は、何が写っていても現像してくれるように現像所に話をしてやっていました。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 33% (1454/4350)

>どのような手段で現像、焼き付けしていたのでしょうか。
普通に「ラボ(現像所)に依頼していた」が殆どではないか と。

「ヌード=公序良俗に反する」と考えているようだけど、そのような単純、短絡的な判断ではない。
「モロ見え」や「行為の最中」のような「著しく劣情を刺激する」「性的表現」が「公序良俗違反」であり、「芸術的表現」としての「裸婦像」の類いまで当てはめるほど杓子定規でも無かった(たまに、問題視されることもあったけど)。

ま、普通の写真店の持ち込むには勇気(あるいは無神経さ)が必要だったろうけど、ある程度の規模の街には、自前のスタジオやラボを持っているカメラ店もあって、ヌード撮影会を主催したり、常連客の持ち込んだフィルムの現像・プリントをするサービスも普通に行っていた・・・そこで”芸術的裸婦像”を撮影したり、”芸術的”写真をプリントすることに問題にするような野暮はいなかった(露骨な性表現を要求したら”一発レッドカード”で退場、永久追放もあり得た)。

あとは、「蛇の道は蛇」というか・・・
自家製ラボを持っている個人経営やこっそり引き受けてくれる店員がいるショップの「きわどい写真も現像してくれる」なんて口コミ(ネットがある時代では無かったが、撮影会などで顔を合わせているうちに情報交換することがあった)が”ひっそりと”広まっていたなんてこともあった。
実際、知人が準大手クラスのDPEショップで働いていたとき、「これヤバいヤツだけど・・・」と持ってくる客がいて、実際、ソヤツがそう言って持ってるフィルムはモロ、公序良俗違反に該当しそうな写真が多かったそうだけど「普通の写真の現像も持ってくる常連で、客商売として無碍に断れない」ため、従業員間の暗黙の了解で「普通の写真で行う”プリントした写真を見せて間違いないかを確認”する作業を省く(周りの客が気づくかもしれない)」扱いだったそうな・・・

あとは、「未現像のフィルムを送ってくれたら、現像・プリントして返送します」なんてサービスをしていたエロ本系の出版社もあったっけ・・・
  • 回答No.3

ベストアンサー率 13% (199/1471)

日本カメラ、アサヒカメラ、等の普通のカメラ雑誌にのるヌード写真は『公序良俗に反する写真』ではありません、ですから普通に現像を出しても問題ありません。なるのは普通の書店に売ってないような本の写真のことです昔の言葉でいえば「ウラ本」です「猥褻図画」に相当する写真で簡単いえば性器が写っている写真です、いまでも本屋に売っているエロ本でも精々陰毛までですね、

フィルム時代でもアマチュアの現像している人は写真が趣味の人の中でも数%だと思いますしモノクロ写真です、これはモノクロは現像所では撮影の意図どうりに現像できないからです、カラープリントは機材が複雑でできても現像所と同じですからあまりしているひとはさらにすくないです
  • 回答No.2

ベストアンサー率 22% (4371/19578)

 
私はヌードは撮らなかったのですが、現像する楽しみがあったので自宅の風呂場で現像してました。
現像はバットと薬品があればできるのでたいした設備はいりません。
 
11件中 1~10件目を表示
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ