-PR-
解決済み

office2016のライセンスについて

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9374443
  • 閲覧数234
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 87% (124/141)

会社でoffice2016の購入を検討しています。

ボリュームライセンス(オープンライセンスstandard)より、パッケージ版(Home&businessオンラインコード版。1ユーザーで2台インストール可能?)の方が安かったのですが、企業でパッケージ版を購入すると問題がありますでしょうか?
(キーが複数になって管理が大変という面以外で)

質問1
ライセンスがユーザー単位ということは、Aさんが退職してBさんが入社する際、新たにライセンスを購入しなければならないのでしょうか?

質問2
Cさんが社内で2台のデスクトップPCとノートPCを使い分けている場合、ライセンスは1つでOKでしょうか?

質問3
DさんとEさんがそれぞれデスクトップPCを使っていて、ライセンスを2個購入していれば、DさんとEさんが共有している別のノートPCにインストールする分のライセンスは不要ですか?

他にも問題ありましたらお教えいただけると幸いです。

お手すきの時に、ご回答よろしくお願いいたします。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.6
レベル14

ベストアンサー率 57% (3188/5558)

デジタルライフ カテゴリマスター
実際にライセンスの委譲などしたことが無いので流石にわからないですね。

Office Premium 再インストール用のプロダクトキーを入手する方法
http://snow-white.cocolog-nifty.com/first/2016/01/office-premium-.html
Office Premium 搭載機を譲り受けた
http://snow-white.cocolog-nifty.com/first/2016/08/office-premium-.html
上記はOffice Premiumでの話ですがMicrosoft Office Home & Business 2016でも同じような手順を踏む感じになるのでは?って気はします。

Office2016のリテール品・パッケージ版の場合はMicrosoftアカウントとの紐づけが必須とか色々面倒なので会社である程度の台数のPCがあるならボリュームライセンスの方がそう言う面倒がない分楽かも知れませんね。
お礼コメント
miki63

お礼率 87% (124/141)

ご回答、ありがとうございました。

実質、パッケージ版はユーザー(MSアカウント)に結びついてしまうので、ライセンス移譲は難しそうですね…。

ありがとうございました。
投稿日時 - 2017-09-15 08:20:34

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 57% (3188/5558)

デジタルライフ カテゴリマスター
Office 2016のライセンスについては詳しくないのでわかりません。

Office の譲渡の方法 一覧まとめ【2010/2011/2013/2016/365Solo/Premium】
http://win-and-off.techblog.jp/archives/3333733.html
仮にユーザーが変わってもHome&businessオンラインコード版はパッケージ版に準ずると思うのでライセンスの委譲でユーザーが変わっても何とかなるかも知れません。
お礼コメント
miki63

お礼率 87% (124/141)

ご回答ありがとうございました。
HP参照させていただきました。
インストールディスクとキー2つを移譲すると、移譲された人はディスクを使ってインストールできるのでしょうか?
MSアカウントとの関連付けは、新しい人がインストール時にキーを使うことで新しい人のアカウントに関連付いて、元のアカウントとは解除される、ということでしょうか?
投稿日時 - 2017-09-14 16:00:28


  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 29% (356/1200)

「企業でパッケージ版を購入すると問題がありますでしょうか?」
何の問題もありません。ただし、登録を個人でやると問い合わせの時にめんど臭い(辞めたり移動の時)です。

質問1
ライセンスはPC単位ですので、そのPCを使い続けるならば、新たなライセンスは必要ありません。なので、PC名は個人名は避けた方が良いでしょうね。

質問2
okです。

質問3
不要です。どちらかのライセンスで使えます。

上記のように、ボリュームライセンスでも個人で買っても基本は同じです。
ただ、ボリュームライセンスの場合は、一度登録してしまえばあとは追加購入で買えるので手続きは簡単で、一括管理が出来るので企業には便利です。
お礼コメント
miki63

お礼率 87% (124/141)

ご回答ありがとうございました!
投稿日時 - 2017-09-14 16:00:55
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 45% (2665/5877)

厳密なところを言えば、職場のコンピューター
つまり会社の所有するコンピューターであれば

「この二台はDさんしか使わない」という考え方ができないので
リテール版の、一人で使う二台に導入可能という要項は
適用できないと考えることになります。

今見ると、Microsoftのサイトは、たしかに2台に導入可能という
非常に曖昧な説明しかしていないようですが
以前は、もう少し具体的な説明が、見つけやすいところにありました。
今は、なぜかちょっと見つけにくいみたいです。
(無いわけでは無いと思いすが)

これは、Microsoft的には前提として
一人が使うソフトとして説明しているからです。

実際に購入する側の考えることと
Microsoftが前提としていることが
大きく食い違うことはよくあることです。


この措置自体、日本だけで実施されている特例で
EULAとして、これを明記したものは存在しない可能性があります。

ウェブ上でちょっと探しても、↓これしか出てきませんが
たぶんこれは国際版の日本語訳版で、2台への導入についての条項がありません。

https://www.microsoft.com/en-us/Useterms/Retail/Office/2016HomeAndBusiness/Useterms_Retail_Office_2016HomeAndBusiness_JPN.htm

特定の地域だけで行われている特例を、他地域のユーザーに知られないために
そうなっているだけで
リテール版パッケージには、日本専用のEULAが用意されているのかもしれません。

でも、公式サイトの購入ページで
EULAへのリンクが無いので、これけっこう問題のある状態だと思います。
だまし討ちする気まんまんですね。


この点については、正確な情報がわかりやすいところに無く
優良誤認の恐れがありますから、消費者センターとかに相談したり
Microsoftの電話窓口で質問しまくったりするべきところだと思います。

Office365事業のためには、この特例を廃止したいのは間違いないので
意図的に、あえて、あいまいにしている可能性があると思います。


予算的に割に合わないのであれば、ミュンヘン市などが実践したように
一部端末にMS Officeを導入し
LibreOfficeなどで事足りる端末には導入費用を抑えるという手もあります。

良くも悪くも、万人が「この価格でも買う」と言い続けてきて
競合製品が撤退したり、低価格化を進めてきた中
今の安くないMS Officeの価格と製品構成が成立しているんですよね。

ですから、それが不当な価格だと言うこともできませんし
必須とするなら、その価格に見合う価値があるということになりますし

不満であれば、使わないという選択肢しか無いんですよね。
お礼コメント
miki63

お礼率 87% (124/141)

ご回答ありがとうございました!

けっこうあいまいな危うい橋なのですね…。
一部端末だけというのは現状無理なので、検討してみます。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2017-09-14 16:03:02
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 43% (7201/16586)

>質問1
>ライセンスがユーザー単位ということは、Aさんが退職してBさんが入社
>する際、新たにライセンスを購入しなければならないのでしょうか?

「ライセンスがユーザー単位」の意味は「ライセンスが、マイクロソフトアカウントと1対1に紐付けされている」と言う意味です。

Aさんが退職時にマイクロソフトアカウントを破棄してしまうと、Officeのライセンスも破棄されてしまうので、Bさんが入社後にBさん用にマイクロソフトアカウントを取得した場合、ライセンスを新規購入する必要があります。

>質問2
>Cさんが社内で2台のデスクトップPCとノートPCを使い分けている
>場合、ライセンスは1つでOKでしょうか?

CさんのマイクロソフトアカウントでデスクトップPCとノートPCにログオンしているのであれば「ライセンス1つで、同一のマイクロソフトアカウントのPC2台までインストール可」なので、ライセンスは1つでOKです。

>質問3
>DさんとEさんがそれぞれデスクトップPCを使っていて、ライセンスを
>2個購入していれば、DさんとEさんが共有している別のノートPCに
>インストールする分のライセンスは不要ですか?

共有パソコンでは「DさんのマイクロソフトアカウントでログオンしてDさんのライセンスでOfficeをインストール、EさんのマイクロソフトアカウントでログオンしてEさんのライセンスでOfficeをインストール」と言う、ちょっと面倒な手間が必要になるでしょう。
お礼コメント
miki63

お礼率 87% (124/141)

ご回答ありがとうございました!
投稿日時 - 2017-09-14 16:01:36
  • 回答No.5
レベル14

ベストアンサー率 28% (2884/10242)

他カテゴリのカテゴリマスター
確証はご質問者さんで取ってください。

オフィスの利用権は、パソコンか個人に貼り付きます。

個人に貼り付いたとき、ご質問に書かれたように、二台のパソコンにインストールできますが、利用できるのは個人です。

パソコンに貼り付けたとき、1ライセンスで二台のパソコンにインストールできます。

https://www.microsoft.com/ja-jp/office/2013/license/commercial.aspx

リンク先の表を見てもらうとわかりますが、デバイス単位の契約と、ユーザー単位の契約では、契約そのものが異なっています。

ユーザーの数のほうがパソコンの台数より少ない場合、その逆の場合で、損得が異なってくると思います。
パッケージ版は人に貼り付くので、一人分で二台インストールできますが、ライセンスは人数分要ります。
ご質問のような人の出入りをかんがえるなら、パソコンに貼り付くボリュームライセンスのほうが面倒がないかもです。
お礼コメント
miki63

お礼率 87% (124/141)

ご回答、ありがとうございました。

ボリュームライセンスは、デバイス単位のライセンスなのに1ライセンス1ユーザー2台までというのはやや理解しにくいのですが、1ユーザーがMSアカウントではなく企業に紐づく、というイメージであってますでしょうか?

そして、パッケージ版はExhangeに連携できないというのが盲点でした…。

貴重な情報ありがとうございました。
投稿日時 - 2017-09-15 08:17:48
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このやり方知ってる!同じこと困ったことある。経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ