• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

コンデンサの容量と台数について

  • 質問No.9340610
  • 閲覧数347
  • ありがとう数0
  • 回答数2

お礼率 78% (389/493)

コンデンサの容量はよく動力トランスの1/3といいますが
台数はどのように考えればよろしいのでしょうか。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 55% (398/719)

NO.1 です。
自家用電気設備の維持管理業務をやっていらっしゃるのですか?

高圧受変電設備なのですが動力一台分の容量に対して3台コンデンサがついている場合があります。
例えば500kVAの動力トランス二台、1/3として160kVarが3台といった具合でっです。
何故動力トランス1,000kVAの1/3じゃないのでしょうか?
又コンデンサはなぜ3台なのでしょか?
>>>3相6kV 受電だと思いますが、変圧器が2台設置されているということは、各変圧器が単相変圧器なら、V結線(Δ結線から1台の変圧器を取り除いた結線)になっていると思います。
その場合、一つの相間に変圧器が接続されていなくても、他の二つの相間に接続された変圧器に流れる一次電流によって、変圧器が接続されていない相の電圧と電流の位相差が現れますので、各相にコンデンサを接続する必要があると思います。Δ結線の場合と同じ容量でいいのかどうかわかりません。
V結線の場合は変圧器の利用率が√3/2=0.866 になりますので、500kVA の変圧器2台で1000kVA ではなく、866kVAになります。コンデンサの容量はその1/3 でいいのではないか?という気がします。

もうひとつ、将来の電力需要が増加を考慮して単相変圧器三台によるΔ結線で設計し、当面、電力需要が小さいうちは1台の変圧器を取り付けず、V結線で運用することがあると思います。その場合は他の部分の構成は最終期の構成にすると思います。

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 55% (398/719)

コンデンサ設備は、必要な容量のもの1台で良いと思います。コンデンサ設備をバラしてみれば、3相3線式ならコンデンサが3個入っています。
容量が大きくて1個のコンデンサでは必要な容量を確保するのが難しい状況では複数個入っていることもあるでしょう。そのような場合でも、コンデンサ設備としてみた時は1台です。

何か新しいアイディアがありますか?
補足コメント
v0002106

お礼率 78% (389/493)

高圧受変電設備なのですが動力一台分の容量に対して3台コンデンサがついている場合があります。
例えば500kVAの動力トランス二台、1/3として160kVarが3台といった具合でっです。
何故動力トランス1,000kVAの1/3じゃないのでしょうか?
又コンデンサはなぜ3台なのでしょか?
投稿日時:2017/06/14 01:54
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ