解決済み

富士山の頂上に2つの神社がありますがなぜ2つの神社

  • 困ってます
  • 質問No.9336746
  • 閲覧数223
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 96% (3384/3513)

富士山の頂上に2つの神社がありますがなぜ2つの神社が同じ場所に存在することになったんですか?

どういう歴史があったのか教えてください。

浅間大社奥宮と久須志神社ではどっちの方が古くからあったのでしょうか?

あと富士山ツアーでご光来を見るツアーで行って、その朝日が登る早朝に神社は開いていて御朱印を貰うことが出来るのでしょうか?

すでに書かれてある御朱印の紙が置かれていてお金を入れて勝手に取っていくスタイルですか?

御朱印をその山頂で書いてくれる人はいないのでしょうか?

御朱印を貰いにいくのが1番の目的で2番目が御朱印なんでご光来ツアーで御朱印が貰えないとなるといく意味がなくなります。

教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
富士浅間神社。
本宮  富士山南麓 富士宮市。
奥の宮 富士山頂上。
浅間大社は全国の浅間神社の総本山。
富士信仰の中心地。
富士山8合目以上約38万m2も所有。
本宮の本殿は徳川家康による造営で「浅間造」という独特の建築様式で
国の重要文化財。
久須志神社。
富士登山道吉田口と須走口側の頂上にあり、富士山本宮浅間神社の末宮。
元々は薬師堂と呼ばれて須走浅間神社が薬師堂の開帳・入仏など行うって
いたので基本的には須走浅間神社の管理。
現在は。
富士山本宮浅間大社。  富士宮口 富士宮市。
富士山浅間大社奥宮  富士山頂上。
北口本宮富士浅間神社 富士吉田口。
東口本宮富士浅間神社 須走口。 
御朱印は7月中旬~8月末まで。
神社から出張して御朱印押してくれます。
http://www.ameblo.jp/1set/entry-11338451617.html
お礼コメント
blackkigyou2017

お礼率 96% (3384/3513)

ありがとうございます
投稿日時 - 2017-06-03 20:10:46

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 59% (1811/3058)

久須志神社は富士山本宮浅間大社の末社です。
須走浅間神社の薬師堂が朽ちていたため1702年に浅間大社が薬師堂として造設され廃仏毀釈により改名して末社

両社で朱印帳に押してもらえます
特大の印もあり初穂料もそれなりになります。
これは朱印帳からはみ出しますので色紙に押してもらうこともできます
お礼コメント
blackkigyou2017

お礼率 96% (3384/3513)

ありがとうございます
投稿日時 - 2017-06-03 20:10:37
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ