• 締切
  • 困ってます

椎間板ヘルニアです ヘルニアは治らないんですか

  • 質問No.9288963
  • 閲覧数127
  • ありがとう数0
  • 気になる数1
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 2% (24/960)

医者はリハビリをしろといいますが
そのリハビリは微々たるもので
ほとんどききません
椎間板ヘルニアのひとはどうやって腰を
よくしていますか

最近ずっと足がしびれっぱなしだったり
歩くと腰がいたくてうまくあるけなくなりました
腰をよくする方法を教えてください
リハビリはけんいんと電流流ししか
やらないですよね

回答 (全5件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 22% (413/1807)

お歳と仕事内容(生活環境)が分かれないので的確なアドバイスが出来ませんが、、、
私は50過ぎのおっさんで、10年前程から「椎間板ヘルニア」持ちです。 私の場合、徐々にでは無く、自動車の運転中突然、右足に力が入らなくなってアクセルからブレーキペダルへの移動も困難な状態になりました。 如何にかこうにかクルマを止めて、女房に迎えに来て貰い病院へ・・・あなたもご存知なとおりの曲げ伸ばしの検査、レントゲン、CT、MRIの画像診断を受けて一度帰宅。 翌日、硬直しベットから身動きが取れない中、学生時代の友人(大学病院レベルの総合病院、整形外科)に頼んで、受付をスルーして再検査。 その場で、手術の予約とベッドの手配をしてくれましたが、、、わたしの病状を知ったある人から「椎間板ヘルニア」の手術は、「五分五分」だと聞かされ、、、「その歳で、なったということは、今の箇所を手術してもその上下に負担が掛かってまた違う箇所で症状が現れる可能性がある。」と聞かされ、更に翌日、県立病院でサードオピニオンを受けました。
その時の先生に「先ずは、一週間、炎症が引くまで待ちなさい。仕事は?」と聞かれ、「ディスクワークと営業です。」と答えると、「自分にはその仕事しかなく、それが出来なくなった。」と判断した時に手術しなさい。」と促されました。 少しずつ良くなるとともに朝昼晩の椎間板運動を欠かさず、詳細には「歯みがき、くしゃみ、パソコン机の高さ、寝具の選択・・・」までも書面等で説明いただきました。 その後は、手術をキャンセルし今に至っていますが、常に情報収集し、生活基盤は改善しています。

私は医者ではないので、独り言として聞いてください。 整形の「けん引」は一番ダメな治療法と聞いています。 保険が利く接骨院で揉む(電気あんま)もダメです。 更に整体師による背骨修正は絶対にダメです。 ここで説明すると長くなりますが、朝起きてから(直ぐに寝床から立ち上がらずに腰を伸ばすストレッチをしてから)開脚やイスに片足を上げたストレッチを十分にしてから、歯みがき、食事に移ります。食事は正座。自動車での通勤移動は姿勢を真っ直ぐに・・・片手運転にならないよう注意しています。 ディスクの4足に木材を噛ませパソコンのモニターが目の高さにくるようにしました。 1時間も座っていれば、途中3~5分程歩きます。 しゃがむ時は必ず膝から。 帰宅すれば専用のイスでTVを見ています(ソファーはダメ)。
日常はこんな感じですが、週一で鍼灸院(保険適応)へ通っています。 月1でカイロプラティック。 季節代わりの何らかの拍子にガクっと来る経験をしていますので、4~6月、9~11月の急に気温変化が予想される前には月2~3回になる時もあります。 この予想を間違えると一週間杖を突かなければ歩けなくなるので、、、寒いこの季節はダメですが、逆に調子が良く、「攻め」の時は、背筋を意識したウォーキング、ゴルフの打ちっぱなしに出掛けます。 この辺で終わっておきます。 何かひとつでも参考になれば幸いです。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 38% (29/76)

大事な事は、ヘルニアが腰痛の原因なのか否かです。

その医師は、リハビリをすれば何らかの効果が有ると思っているのか、それとも他の手だてが無いから取りあえずその様な事を言うのかです。
おそらく、後者ではないかと推測します。
だとしたら、ヘルニアは腰痛の原因では無い可能性が有るのです。
その場合は、臀部や腰部の筋肉や筋膜の改善をすればたちどころに回復するかも知れません。
要するに、あなたの痛みの原因を医師は掴めていないのです。

ですから、ヘルニアが有っても気にする必要は無いし、有っても「エマクロファージ」とやらが食いつぶしてくれるので心配は無用でしょう。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 35% (337/952)

他カテゴリのカテゴリマスター
私は30歳半ば頃から医師に椎間板ヘルニアで、少しはみ出し加減だと云われ定年退職するまで腰痛に悩まされました。
ひどい時は足の後ろ側が腰から踵まで痺れて30分も立って居られなかったです
少しは腹筋などをしていたのですが…

退職後腹筋と背筋を毎日鍛えています、両方で5分位かな、8年続けています。
重たい物を持つことが無くなったこともあると思いますが、腰痛はすっかり忘れた様に無くなりました。
腹筋と背筋を鍛える様に医師からも勧められると思います

脊椎専門の病院、整形外科がありますが痛み止め等の処方で「保存療法」か手術になると思います
手術は内視鏡手術で1週間位で退院出来ます
腹筋、背筋を鍛えるか手術しか無いのでは…と思います
  • 回答No.2
神経が圧迫されていますので治りません、手術しても圧迫された神経は元に戻りません。
足・腰が痛いのは圧迫された神経のためです。
私は頚椎脊髄症で、手の痺れ・腰の痛み足の痛みですが、神経の病気ですので何にもしていません、リハビリも先生に癖になるのでするなと言われています。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 19% (106/557)

AKA博田法が有る。
全国に博田法を出来る整形外科病院は少ないが有る。
自分成りにAKA博田法を検索して調べて見ては。
https://matome.naver.jp/odai/2140933481607880101

https://byoinnavi.jp/i22

整形外科病院だけど健康保険適用外治療に成る。
治療料金は高いが痛みが無くなれば安いはず。
整形外科の医者が全員が治療出来れば厚労省も保険適用認可もするがAKA博田法は高度な技術が必要でどの医者も簡単には治療が出来なく一部の医者の為保険認可が出来ないのが現状。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ