• 締切
  • すぐに回答を!

パッカ-法について

  • 質問No.92090
  • 閲覧数1339
  • ありがとう数3
  • 回答数1

お礼率 100% (3/3)

土の透水係数を求める際に用いられる,パッカ-法(単孔式透水試験のひとつ)の式の導出過程がわかりません.どなたか分かる方がいらっしゃれば教えてください.

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 21% (74/339)

普通パッカー法は透水性が低く且つ強度の大きい岩盤などの試験に適用されると理解しておりましたが間違いでしたかね。
記憶もあやふやになりましたが、確かダムの基岩調査で見たような気がします。
試験位置の具合でシングルパッカー法とダブルパッカー法があるはずで、注水ポンプで圧力水を注入して流量計、圧力計で数値を測定して注水圧力と透水量の関係を求め、透水度を求める、こういった段取りだったはずです。
確かルジオンテストと言ったかな。

ルジオン値については辞書で調べます。
”ルジオン値とは、注入圧力と送水量から透水度をもとめるもので、、ボーリング孔1mにつき10kg/cm2の注入圧力で1リットル/minの水が入ったとき、1ルジオンであるという”とあります。
1ルジオンは、透水係数に換算するには問題もありますが、ほぼ10(-5)cm/secに相当するものとして取り扱われています。(10のマイナス5乗と読んでください)
質問内容から、こちらの勘違いかも知れませんので取り敢えずアドバイスだけと言うことで。
お礼コメント
believe

お礼率 100% (3/3)

ルジオン値は非常に参考になりました.
ありがとうございました.
投稿日時:2001/06/21 19:04
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ