-PR-
解決済み

親友の死

  • 困ってます
  • 質問No.91901
  • 閲覧数112
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 88% (24/27)

先週の金曜日に親友が自ら命を絶ちました。
どのように気持ちの整理をつけて良いのか分かりません。
友人たちは皆、自分を責めてました。「もう少し話しができたら」
「彼女の悩みを解決できたら」等。

彼女は友人には気を使っていたのでしょう。
しかし重度の鬱状態だったらしいのです。
友達と一緒に居るときは、明るくしてましたが
彼女の心の中を察する事が出来ず、皆一様に悔しい思いをしています。

ふっと心に隙間が出来ると悲しくて涙が出てきます。
「生きていてもしょうがない」と彼女は生前、元彼に話したそうですが
生きていてくれるだけで、幸せにしてくれていたのに・・。
この悲しい思いをどのようにすれば乗り越えられますか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 34% (664/1947)

私も親友が事故死したという経験があります。
彼女の場合、彼の運転による巻き添えと言った方がいいくらいなので、あまりにも突然のことであり、ご家族や私達友人の悲しみはとても深いものでした。私もふとした瞬間に思い出されて涙がこぼれそうになるので、それを抑えるのは容易ではありませんでした。

けれどこれも時間のおかげでしょうか。数年たった今では、23歳という若さで亡くなってしまった彼女が「今も、もし生きていたら」という思いはありますが、どうしようもない悲しみだけはなんとか落ち着いたようです。

pororocaさんやpororocaさんの他のお友達の悲しみは察してあまりあるものですが、このような場合はゆっくりと時間をかけるしかないのではないでしょうか。
かえって無理をして彼女のことを考えないようにしたり、思い浮かばないようにしたりはしない方がいいと思います。
pororocaさんの感情の赴くまま、悲しければ泣いてもいいでしょう。懐かしければ他のお友達と思い出話をするのもいいかと思います。

故人にとって、「忘れられる」ことが一番の「死」なのではないでしょうか。
お礼コメント
pororoca

お礼率 88% (24/27)

そうですね。
何かしたら、すっぱっと気持ちが変わるものでもないし、
ゆっくりと時間をかけて、感情を押さえずに流れにまかせてみます。

相談する前から分かりきっていたのに、相談したのは多分sydneyhさんのような
方から、諭していただきたいという甘えだったのかもしれません。
早速のお返事に大変感謝します。
そして生前の彼女との思い出を大切に生きていきます。
投稿日時 - 2001-06-18 13:41:24
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 20% (6/29)

私も19歳の時に同じ経験をしました。逢って数時間後に彼は命を絶ちました。私も自分を責めました。もっと悩みを真剣に聞いてあげていたら。もっと話しをしていたら。
勿論、その時に彼と私の間に問題があった訳では有りません。あれから30年経ちました。今でも彼の事は良く思い出します。悲しみ苦しみも時が癒してくれます。自ら命を絶つ事を止める事は無理でしょう。私達には想像を超えた心の闇を照らす事は出来ないでしょう。残された私達に出来る事は、亡くなられた方を忘れない事と同じ悲しみ苦しみを他の人に与えない事、ご冥福を祈る事。これだけではないでしょうか?自分を責めるのは無意味です。元気を出して、時が癒してくれます。
お礼コメント
pororoca

お礼率 88% (24/27)

お返事ありがとうございます。
今まで、そんな経験がなかったので動揺してしまってます。
今年に入って同級生だった友達が2人も自殺をしてしまいました。
自殺って、残された者にとって本当に辛い死に方ですよね。
時が癒してくれるまで、暫くは楽しかった彼女との思い出に浸ってみます。
投稿日時 - 2001-06-18 13:47:35
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ