• 締切済み
  • 困ってます

欧米経済の流れー欧米通貨、円以外でリスクヘッジ

世界欧米のドル、ユーロなどの自由化されている通貨って、一つの流れがありますね。 世界、欧米経済にショックがあると円が買われたりしますね。 欧米経済金融の流れの通貨と日本の円の為替リスクを抑えるために、もてばいい通貨って何でしょうか? 変動ある高金利通貨もリスクヘッジになるのでしょうか?

noname#228303
noname#228303

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数169
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2
  • human21
  • ベストアンサー率37% (894/2379)

ドル、ユーロ、円など先進国の通貨に限らず、全ての 通貨に為替リスクがあります。 為替リスクを抑える為には、ゴールドが有効です。 ゴールドは世界通貨とも呼ばれていて、欧米で一般的に 資産の保険と考えられています。 全資産の10%ぐらいが一般的目安になっています。 リーマンショック後、世界中の中央銀行がゴールドの 備蓄を始めていて、今も続いています。 一度、ゴールドについて調べられる事をお勧めします。 高金利通貨はリスクヘッジにならず、かえって高リスクの 通貨を持つ事になってしまいます。 実際に多くの人達が、評価損を抱えている状態です。 私自身は長年、株投資を行っていてゴールドへの投資も 並行して行うようになりました。 この変化は、とても良い結果に繋がっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 今後の基軸通貨について

    昨今の経済危機で新興国がドタバタとIMFにお世話になる現在、今後のアメリカも影響が薄れると言わてますが現在の基軸通貨である米ドルはどうなるでしょか? Q1、今後も米ドルが基軸通貨であるか? Q2、円が基軸通貨の可能性はあるか?どの程度可能性があるか? Q3、もし円が基軸通貨になった場合日本経済・社会構造はどうなるか? Q4、円が基軸通貨なると円/ドルと円/ユーロの適正価格は? Q5、もし米ドルでも円でも将来が基軸通貨で無い場合ドノ国の通貨か? Q6、今後の世界経済 答えられる範囲で結構です。よろしくお願いします。 個人的には「円」の基軸通貨は相当高いと思っています。 少なからず米ドルが基軸ではないと思います。ドルが基軸は何より欧州が認めないと思ってます。そもそもドル=基軸に対抗してユーロが作られたのも一理あると思ってるので。少なからずフランスは認めないと思います。とは言ってもユーロも酷い状態ですからね・・。 正直、タナボタと言うか気づいたら円が・・。なんてあるかもしれないと思ってます。

  • 世界経済の関わり合い

    レポで,主要国家通貨の為替レートなどの相関を取っているのですが, 今までに大体以下の事がわかってきました。 初めに,ドル・ユーロ・ポンド・香港ドル・台湾ドル・ウォン・TOPIX・日経平均の相関を取ったところ, ・米ドルは香港ドル・台湾ドルに強い相関を示している ・特に香港は、米ドルと緊密な相関が見て伺える ・米ドルはTOPIX・日経平均に強い相関を示している ・ユーロはウォン以外の通貨すべてに負の相関を示している ・英ポンドはユーロと相関が無しに近い。寧ろ米ドルに起因するところが多い 次に円と,各国通貨との関連を調べたところ, ・変動指数から見て円にほぼ連動して動いているのは、ユーロとウォンである ・イギリスのポンドは円にも連動するところがみられる (ユーロには相関していないのに、ドルと円の動きに連動するところがある) ということがわかりました。 ここからわかる世界経済の実態とはなんでしょうか? 私がこのデータについて見て分かったことといえば, 香港台湾の通貨がドルに深く起因しているということで, 香港は一生懸命ドルと足並みをそろえようと政府が躍起になっているようです。 なので,この結果なのだと思いました。 でもなぜ躍起になって揃え様としているのかまではわかりませんでした。 ほかにもいろんな兼ね合いがあるとは思うのですが, 私の知識不足でなかなかうまく進めません。 引き続きいろいろ調べている最中なのですが, もし宜しければ,上に書いたことからわかる世界経済の関わり合いを教えてください。 お前はここが全然まちがっとるわ~!などのフランクな回答でも, 上に書いた事1つずつに対する回答でも,今の私には貴重な力になると思うので, 至らない点など多々あるとは思いますが,よろしくお願いいたします・。 当たり前のことですが,回答は100%したいと考えております。(^_^;)

  • 資産防衛の通貨分散

    最近、円安ですね。 家計の防衛的(ディフェンシブ)に多通貨に分散させて資産を持つ場合どのようにすべきでしょう? 現在はドルが一番流通が多くて、ユーロ、円、ポンドがあって、他の主要通貨でいえば、スイスフランやカナダドルやオーストラリアドルがありますね。 円とスイスフランは最近は退避通貨でしたね。カナダドルやオーストラリアドルは資源通貨ですね。 金利も差があります。よく似た方向、違う方向に動く通貨がありますね。 移動を多くすると手数料がかかります。 資産、金融のセンスがないとだめとかでなく。 現在だとどれくらいの分散がいいのでしょう?

  • 回答No.1
  • shiren2
  • ベストアンサー率47% (139/294)

そもそも米ドルと日本円以上に安全な通貨は、中々ないです。 特に米ドルは、世界中にドル建ての債務がありますので、常に需要があります。 どうしてもヘッジしたいなら、通貨に拘らず、素直にゴールドを買うほうが良いです。 高金利通貨は、むしろ逆で、 リスクオフの流れになると売られます。 元々リスクが高いうえに、普段の買い持ちが多いので、ポジションを閉じる流れになると売られるんです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 貯蓄について

    大前研一の著書「新、資本論」の142ページに 日本でお金を稼いだとき,私はそれを三つに分けることを推奨する。三分の1をドルに,三分の1をユーロに,そして残りを円建ての金融商品に転換するのである。このなかのどの通貨経済に何が起ころうとも,残りの通過は逆に価値が上がり,引退後のための貯金は保護されることになる。つまり,どの国の通貨にもつきまとう為替リスクを,私はアービトラージで避けているのだ。また同時に,そうすることによって世界共通の金融決済手段を財布に入れることになる。それは,クレジットカードと呼ばれるものである。消費者は,円,ユーロ,ドルと言う三つの相対的な強さをいつも見ていて,買物をするときには,その時々で一番強い通貨で支払うようにしている。 そありますが、クレジットカードで、ドルで決済してほしいとか、ユーロで決済して欲しいと言うことが、できるのでしょうか。

  • 「高金利通貨は長期的に下落する」について

    リーマンショック前にあった、教えてgooのQ&Aでの解説で、 「高金利通貨は長期的に下落する」という解説を見ました。 リーマン前に流行っていたスワップ狙いの円キャリーやスイングなどの投資手法について、「高金利通貨は長期的に下落する」ため、ドル買いのナンピンや塩漬けについて、その危険性を解説していました。 ただ、今はアメリカは利下げをして、日本と同じくらいの金利(日米逆転?)になっていますよね。 質問1.上の解説からすると、高金利通貨でなくなったドルは長期的にみて下落(ドル安)する方向には行かなくなったのでしょうか? 質問2.逆の発想で、超低金利である日本円は、長期的に上昇(円高)していくのでしょうか? ご回答よろしくお願いします。

  • 高金利通貨

    高金利通貨とその利息を教えてください。 過去のものでもかまいません。 メキシコペソ NZD なんかは知っています。 ちょっと前のブラジル(レアル?って読む??)が19.5%でしたっけ? 1日6,000%という通貨もあったとか(「ろくてんぜろ」、でなく「ろくせん」) ↑為替王ブログでみたような気がするんですが忘れました。 ご存じの方教えてください。 ポンドも高金利ですが暴落したんですね。 高金利通貨なので日本円、闇金でX%とかそういうのは駄目です。

  • USドルの利下げと他国通貨の利上げについて

    USドルの利下げがささやかれてますが、 USドルが利下げしたら円安で株価が上がるのに、 他通貨(ユーロやポンド・豪ドルなど)は利上げしても 円安になるのですか? 高金利通貨が買われる傾向があるのでは??? 2001年以降 USドルが利下げした際は数年かけて円高になったような記憶がありますが。。。 詳しい方、やさしくおしえて下さい。

  • ドルキャリートレードについて教えてください

    近年、ドルキャリートレードというのがよく言われます。 調べますと、金利の安いドルを売って、高金利通貨や株や商品を買うこと、などと書かれていますが、具体的なやり方がよくわかりません。 金利の安いドルを売って、金利の高い通貨を買う、、、これは、FXで出来ますよね。 世界中どこでも、通貨売り通貨買いのトレードはやろうと思えばできるので、これは具体的にわかります。 わからないのは、ドルを売って株を買う、商品を買う、というところです。 ○日本人の場合、ドルを持っていないので、FXでドルを売って円を買う、でその円で日本株を買うのか? 米株は買えないでしょ。でもFXでドル売り円買いした円で、そもそも株を買えるのか? 原油などの商品についても同じ。 ○アメリカ人の場合、 ドルを持っているので、これを売って、円やユーロに変える。 その円やユーロで日本株やユーロ株を買う、ということか?米株を買うのならドルを売る必要はない。つまり、アメリカ人の場合は、ドル売りユーロ買いで、金利差で儲けることしか出来ない? ○ユーロ人の場合、 日本人の場合と同じ。FXでドル売りユーロ買い。 で、そのユーロでユーロ株を買う? 原油とかはドル決済なので、ユーロを持っていても買えない。 わたしの考えはなにか根本的に間違っているように思っています。 これではおいしいのはユーロ人だけですから。でも基本的に原油はドル決済なので、ドル売りで原油で儲けることはできなくなります。 なので、 ○アメリカ人でも、少ないドル資産でレバレッジをかけて、より大きなドルを売ってユーロを買う。そのユーロをドルに変換し原油を買い値上がり利益をドルで得る。これをユーロに変換し、ドル売りユーロ買いを解消する。 でも、これもバカな話。最初から、原油先物でレバレッジをかけて売買すればいいだけ。 つまり、アメリカ人には、ドルキャリートレードは金利差を取ることだけしか使えないのでしょうか?アメリカ以外の国で有効なのか? ドルを売って株や商品を買う主体っていったどこの国の誰なのか。 具体的にどこでドルを売って(FX?銀行?投資銀行?証券会社?)何を買い(ユーロなど?いきなり株は買えないでしょ)、そのお金で何を買っているのか(ユーロ株?原油?でも原油の決済はドルでしょ)? 教えてください。 こういうところをわかりやすく解説しているHPとかがあれば教えてください。 なかなか、ないのですよね。

  • 世界統一通貨を実現すれば財政問題解消は妄想?

    どこの通貨にするかという反発は必至であるという議論を除いて、 世界でドルならドル、ユーロならユーロ、円なら円というようにすべての国の通貨って統一できるなら統一した方がいいのではないでしょうか? ユーロみたいに中途半端に通貨を統一するものだからギリシャみたいに どこかで財政危機が起きたらそれが波及するわけで。 世界統一通貨を実現できたら、それこそ単一通過しかもちようがないので問題も発生しないのでは?という安易な疑問に取り付かれて頭から離れません。 どなたか解説いただけませんか?

  • 通貨同士の関係で・・・。

     世界の通貨はお互いに影響しあっていると聞きました。と言うことは例えば米ドルの値段が上がったときユーロやポンドなどのその他の通貨は値段が下がるはずですよね。  世界の通貨の量はそれほど極端に変わるわけではないと思ったので対円の米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドルの通貨をためしに足してみました。すると8月6日現在で合計で609.23になりました。前後の日も調べてみましたがだいたいその数値の近辺に落ち着きました。これで世界の通貨はお互いの国をまわりまわっていることが証明できましたが、ためしに4年前の2001年のある日の通貨を、同じく米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドルを足してみたところ、510.28になり、今日の数値より100近くも低い結果が出ました。  これはなぜでしょうか?  長い目で見て、日本の円の価値が下がってきているからこのようなことになるのでしょうか?  逆にこれからこの数値がまた下がることはありえるのでしょうか?

  • ルーマニア通貨への両替

    今週末からルーマニアに1週間ほど出かけます(経由地ウィーンで1泊)。 ルーマニアで日本円から現地通貨レイに両替できるか不安なので、日本円を予めユーロかドルに替えておこうと考えています。 日本で両替する場合、ユーロよりドルの方が手数料が安いので、どちらの通貨で持っていこうか迷っています。 ただ、今回、ルーマニアの前にウィーンで1泊するので、食事や移動にユーロは必要ですし、やはり日本円→ユーロ両替にしておくべきでしょうか? わざわざ日本でドルに両替し、ウィーンでドルをユーロに両替、ルーマニアでドルをレイに両替、というのは変・・・ですよね? (1)日本で円をドルに替える (ウィーンでドル→ユーロ、ルーマニアでドル→レイ) (2)日本で円をユーロに替える (ルーマニアでユーロ→レイ) (3)ウィーンで円をユーロに替える (ルーマニアでユーロ→レイ) どういった方法でお金を持っていくのが良いか教えて頂けると助かります。

  • 「金利裁定は高金利通貨を減価させる」のでしょうか?

    おしグー紹介のサイト↓を読んで、外貨投資に理論的リスク・プレミアムがない点は理解できました。(目からウロコでした) まだわからないのは、「金利裁定があるから、高金利通貨は減価する」という説明です。 ・金利裁定を通じて、先物の為替レートに金利差が織り込まれるのは理解できます。 ・インフレ率を無視して名目金利で考えるのがおかしいのもわかります。 ただし、A国のほうがB国よりも実質金利と実質GDP成長率が高ければ、(ABの経常収支が均衡していても)他の条件が同じなら、A国通貨がB国通貨に対して強くなる気がします。 (市場が効率的なら、現時点で実質金利が高い通貨を買えば儲かるとは限らないという点は、理解できます。) 1) 裁定取引によって先物レートに織り込まれるのは、「名目金利の金利差」で、実質金利は無関係という理解で合っていますか? 仮に、手数料ゼロ、    ドルの金利は、名目2%、実質1%    円は、名目・実質とも0%   とします。    いまの現物レート……$1:¥100    12ヶ月限の先物の現在レート……$1:約¥98.04    1年間現物で運用した手取り……$1.02(実質価値1.01):¥100 両国の金利・インフレ率・実質為替レートが1年間変わらないと仮定すると、    1年後の名目為替レート……$1:約¥99 これで合っているでしょうか??? 2) もし上の考え方で正しければ、「金利裁定によって高金利通貨が減価する」「金利裁定があるにもかかわらず、円キャリーが起きている」 のではなく、 「金利裁定によって高金利通貨の先物が実質価値以上に安くなりすぎるから、円の先物が売られ、現物の下落を加速する」ような気がするのですが???? (ただし、仮に米国が超インフレで名目金利が高く、デフレの日本より実質金利が低ければ、円に対しドル先物が猛烈に売られると思います。) ……どこか根本的に誤解しているでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 世界経済の基本、流れをわかりやすく書いている本

    現在、FXをやっているものです。 ですが、経済のことをよくわかってなく、ちょっとかじった知識だけで売買をやっていたので、強制退場を余儀なくされました。 このままで終わるか!とリベンジを誓っています。 そこで、世界経済の基本と流れが書かれている、初心者でもわかる、お勧めの本はなにかございませんか? 知りたいこととは ドル円で売買しているとき、アメリカの金利が上がると、ドルが買われる?円が買われる? ユーロドルを売買するとき、どういう知識があれば、自分なりの判断が下せるようになるのか? などです。 何卒、よろしくお願いいたします。

専門家に質問してみよう