• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

60歳を過ぎてから働き続ける場合の年金について

60歳を過ぎても一定の給与収入がある人は厚生年金に入らなくてはいけませんが、その時に払う保険料(基礎年金分と報酬比例分)について教えてください。 60歳を過ぎると加入年数が40年を過ぎるので、基礎年金には加入できないという事で基礎年金相当額の保険料が減額になるという事でいいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数494
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

すでにご回答がありますが、60歳以降でも厚生年金の被保険者であれば、それまでと同じように標準報酬月額等に基づいた保険料を納付します。国民年金相当分の減額があるわけではありません。 これは、国民年金と厚生年金の双方から基礎年金勘定へ、それぞれ決められた額の拠出を行うという全体としての制度設計となっていて、個々人から見ると納得しづらいですが、逆に考えると、60歳以前の拠出額を低目にしているのかもしれません。また、専業主婦の場合には1円も保険料を支払っていないのに、国民年金に加入したことになっている第3号被保険者の制度なども、逆のケースの最たるものと言えます。 いずれにしても、公的年金は「現役世代」から「老年世代」への世代間扶養の仕組みで成り立っており、自分が支払った保険料のみで給付額が算定されているわけではないので、全体として納得するしかないのではと思います。 https://www.nenkin.go.jp/service/seidozenpan/hokenryo-futan/20140710.html 少し補足しますと、「経過的加算」というものがあり、条件によっては、厚生年金に60歳以降に加入していれば、その間の基礎年金(相当)額が加算して支給されるケースがあります。 https://www.nenkin.go.jp/yougo/kagyo/keikatekikasan.html 例えば、20歳から加入するはずの国民年金に未加入の大学生が22歳で就職して、62歳まで厚生年金に加入していた場合、基礎年金としては22歳から60歳までの38年間分しか支給されません。ところが、このケースでは60歳から2年間分の(ほぼ)基礎年金相当額が「経過的加算」として支給されるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。つまり40年以上厚生年金に加入している場合、基礎年金相当の掛け金は全て掛け捨てという事ですね。どれだけの人が知ってて払っているのかわかりませんが、これがもしも税金なら大変な事になりそうですね。 常々思っているのですが、年金保険料なんて廃止して所得税に上乗せして一本化してしまえばいいと思います。そうすれば厚生年金や共済年金の間の不平等も起こらないし、自営業者も同じ制度になるので問題なんか起こりません。わざわざゆがんだ制度を作って迷惑なことをし続ける厚生労働省って本当に国民の敵そのものですね。

関連するQ&A

  • 60歳以降の厚生年金の支払い

    私は大学でゆっくりしたため昭和48年に24歳で社会人となり来年60歳の定年です。 この間36年間厚生年金に加入していた事になります。 報酬比例分は60歳から、基礎年金は64歳から支給される所謂逃げ切り世代です。 基礎年金は40年の加入で満額、36年なら36÷40で満額の90%になると思います。 90%になるのが気になっていたのですが幸い継続雇用制度で64歳まで働ける事になりました。 勿論収入は激減ですが… さて質問ですが、この場合継続雇用期間の4年間も厚生年金を払い続け加入期間が40年になり基礎年金は100%になるのでしょうか? また報酬比例分も加入期間が40年に増える事で60歳で年金生活に入るよりも増額になるのでしょうか? 継続雇用は再雇用という方式で1年毎の契約というのか見直しがありますが社会保険は現在のまま使えると会社から聞いています。 御回答よろしくお願い致します。

  • 退職後の厚生年金保険料の支払いの必要性

    私は厚生年金保険料をこれまで467ケ月給料天引きで納めてきていますが、この7月末に57歳7ケ月で退職する予定ですが、平成23年11月18日時点で送られてきた年金定期便に記載されている基礎年金額(老齢基礎年金)と厚生年金額(特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分額と老齢基礎年金の報酬比例部分額)を受け取るためには退職後60歳まで引き続き保険料を払い込む必要がありますか?また、退職後57歳8ケ月目から60歳までの保険料を納めなかった場合、年金定期便に記載されている金額は減額となりますか?またどのくらい減額となってしまうのでしょうか?

  • 主人60歳がもうすぐ・・・

    今 59さいです 23年2月に来た通知では 下記になっています 60歳までこの金額を納めたらあとは払わなくてもいいのですか? 私は4歳下で扶養になっていますが主人が60歳で払い込みが終わったら そのあと 私はどうしたらいのでしょうか? 主人が60歳で辞めた場合とそのまま65歳まで働いた場合でちがいますか? よくわからないので教えてください 国民年金合計 205月    厚生年金 期間合計 465月(2月現在) (8)年金加入期間合計 13 ←(これは残りの期間って事ですよね) 毎月 30000円ほどのねんきん納付額です それと     60歳  厚生年金 特別支給の(報酬比例部分) 690600円       65歳  基礎年金 老齢基礎年金 820900円  厚生年金 老齢厚生年金(報酬比例部分) 680589円                  (経過加算部分 180円 となっています 60歳からの健康保険の扶養の関係なども教えていただけませんか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • f272
  • ベストアンサー率45% (5443/11926)

#1です。 60歳以降はそれまでと(同じ給料なら)同じ金額の保険料を払って、受給額は報酬比例分が増えていくだけです。 この辺のことは60歳以前と全く同じ仕組みですよ。基礎年金は加入月数だけで受給額が決まりますから、厚生年金加入者のうち国民年金に加入しているみなされる人数を計算して、それに見合った分の金額を厚生年金勘定から基礎年金勘定に移します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。という事は厚生年金に40年以上加入すると、40年以上の基礎年金分の保険料は掛け捨てになってしまうという事でしょうか?

  • 回答No.1
  • f272
  • ベストアンサー率45% (5443/11926)

「60歳を過ぎても一定の給与収入がある人」ではありません。 60歳以前と同じように厚生年金の加入事業所に常用されている人は厚生年金に加入します。 その時に支払う保険料は基礎年金分と報酬比例分に分かれているわけではありませんから、減額などということもありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。基礎年金は40年しか加入できないと思うのですが、それはつまり40年以上の加入をしても受給金額は増えない事を意味しますが、つまり60歳以降はそれまでと(同じ給料なら)同じ金額の保険料を払って、受給額は報酬比例分が増えていくだけという事でしょうか?

関連するQ&A

  • 基礎年金

    基礎年金について教えて頂けませんでしょうか? (1)任意加入は60歳から自由に可能ですか? (2)59歳までの給付額とは別に増加するのですか?  満額の778500円を超えても可能ですか?  もし満額に達成したならそれ以上は保険料が 無駄になるようなので・・・ (厚生年金の場合を危惧します)   ※ 厚生年金は1F部が満額でも保険料払は継続しています。 つまりいつまでも年金機構に6割払い  2Fの比例部分には4割しか充当されない。 これが2F部分(比例報酬)に100%充当されると幸せですが。  任意加入の国民年金保険料を 無駄にしたくないという考えからです。   識者様教えて頂けませんでしょうか?

  • 公務員の共済年金について

    定年延長に伴って共済年金加入期間が40年を超えるケースが出てきます。 厚生年金の加入期間が40年を超える場合、給付されるのは加入年数分の厚生年金と40年分の基礎年金だけなので基礎年金は40年で頭打ちになります。 共済年金に40年を超えて加入した場合、40年を超える部分の基礎年金の給付はどうなるのでしょうか。

  • 年金の基本的なことを質問させてください。

    年金の基本的なことを質問させてください。 20歳から60歳まで厚生年金に加入していた場合、65歳から老齢年金をもらう場合 「老齢基礎年金の満額792,100円(平成22年度額)」+「老齢厚生年金(40年分の保険料などで計算された額)」 をもらうことになりますよね? 【1】20-30歳→厚生年金、31-40歳→国民年金、41-60歳→厚生年金 という場合は30年分の「老齢厚生年金」と40年分の「老齢基礎年金」分をもらうということで良いのでしょうか? 【2】夫が20-50歳まで厚生年金、51-59歳まで国民年金で59歳の時に亡くなった場合 (兎に角厚生年金・国民年金に加入して受給資格を満たしている場合) 亡くなった時国民年金だったから遺族厚生年金は遺族に支払われないと聞いたのですが本当なのでしょうか? 障害厚生年金も障害になったときに国民年金だと障害基礎年金しか支給されないとききました。 また、亡くなった・障害になった最後に加入していたのが国民年金だったから遺族基礎年金しか支給されないのでしょうか? 厚生年金に加入している時期があったとしても、亡くなった時の加入年金で決まるのですか? 言葉足らずで間違っていることが多いかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

  • 年金の繰上げ支給について

    基礎年金は20歳から納め、22歳で就職し厚生年金となり、60歳で定年を迎えた昭和32年5月1日生まれの男性の場合 65歳の年金支給開始までは特別支給の老齢厚生年金はなく、報酬比例部分を63歳から受給可能となると思います この人が61歳の誕生日で繰り上げ支給を希望する場合、老齢基礎年金のみ減額率に応じた支給を受けられるのでしょうか もしくは老齢厚生年金についても、同様の減額率で計算された金額を支給されるのでしょうか その場合、63歳から受取れるであろう、報酬比例部分には どのように影響してくるのでしょうか

  • 60才からの年金 受給について

    ねんきん定期便が届きました。現在、専業主婦です。 結婚する前 会社勤めを6年間しました。私の受給開始年齢は 昭和29年4月2日~昭和33年4月1日に 該当します。 私は老齢基礎年金は 繰上げ支給をしないで 65歳から受給するつもりです。 そこで質問です。老齢基礎年金は65歳から受給する事は いいのですが、ねんきん定期便の厚生年金 部分 60歳~の欄の特別支給の老齢厚生年金の(報酬比例部分)に60,000ほど 65歳~老齢厚生年金(報酬比例部分)特別支給と同じ金額60,000と(経過的加算部分)30,000ほど記入されてます。 そして、企業年金連合会からの郵便で年金支給義務承継通知書を受け取り そこには将来支払われる年金の見込み額として年間50,000ほど あります。 この企業年金連合会の年金の引継ぎの お知らせ(年金支給義務承継通知書)の基本年金額は ねんきん定期便と別物でしょうか。 別物として 60歳~受給すると、ねんきん定期便の厚生年金部分の年金額は 減るのでしょうか? そして 又 ねんきん定期便の特別支給の老齢厚生年金の(報酬比例部分)だけを60歳~受給すると65歳~の経過的加算部分)30,000は なしと言う事でしょうか? そして 障害年金が 気になってます。たぶん老齢基礎年金部分だけ関係すると思いますが念の為教えてください。60歳~特別支給の老齢厚生年金の(報酬比例部分)に60,000受給した場合は、それ以降に障害等級に該当したとしても障害基礎年金は支給されないのでしょうか。?この事は企業年金連合会の年金の引継ぎの 基本年金の 受給年齢にも関係するのでしょうか? 質問の内容が うまく書けなくて すみませんが よろしくお願いします。 

  • この場合 年金と任意の健康保険料の関係

    主人が 24年の4月で60歳になります       23年7月より病気で傷病手当金を受けています       23年4月~6月まで の66%で25万円ほどです (1)60歳で年金支払いは終わると言うのは 3月の給料(月末)で終わりですか?  それとも4月が最後になりますか? (2)厚生年金は60歳からもらえるのですよね?   主人の場合 690600円となっていますが これは4月から翌年の3月まで支給額になりますよね? (3)厚生年金を4月?からもらったら 月額で690600円÷12ですよね  傷病手当は 所得税がかかりませんがこの厚生年金には税金かかりますよね? (4)健康保険を任意継続にしたら2年間は保険料がかわらないと書いてありましたが 主人の場合はいくら払っていくことになるのでしょうか?年金払い終わったら退職を考えています 主人の年金便の記載です↓ 国民年金合計 205月    厚生年金 期間合計 465月(2月現在) (8)年金加入期間合計 13 ←(これは残りの期間って事ですよね) 毎月 30000円ほどのねんきん納付額です それと 60歳 厚生年金 特別支給の(報酬比例部分) 690600円         65歳 基礎年金 老齢基礎年金 820900円          厚生年金 老齢厚生年金(報酬比例部分) 680589円                          (経過加算部分) 180円

  • 厚生年金保険と国民年金について。

    厚生年金保険と国民年金について教えてください。 よく厚生年金保険は国民年金に相当する固定部分と報酬比例部分からなる、と説明されていますが、厚生年金保険に加入しているものの標準報酬月が低い(例えば10万円以下)の場合、労使双方の負担額を合わせても国民年金の保険料よりも納める額が低くなると思いますが、それでも将来(加入期間などの受給要件を満たした場合)国民年金と同等以上の老齢年金(基礎年金+報酬比例)が受取れるのでしょうか? 将来の保険料率の上昇など既に決まっている部分はあると思いますし、将来は制度そのものが大きく変わるかもしれませんが、あくまで現在の制度が続くと仮定した場合を想定しています。 よろしくお願いします。

  • 年金について

    どのように質問すればよろしいのか自分でもわからないのですがご存じの方がいらっしゃいましたらご教授下さい。 私は来年退職します。 社会保険庁よりねんきん定期便が届いています。   60歳から報酬比例部分の受給。   65歳から老齢厚生年金、老齢基礎年金とあります。 また、18歳~21歳までの3年間は地方公務員(共済)でした。 共済組合に対しては現在は何も確認しておりません。 ここで質問ですが… 60歳からの報酬比例部分金額と65歳からの老齢厚生年金、老齢基礎年金額を差し引きしたその差額が老齢基礎年金額であるという解釈でよろしのでしょうか? と…言うことは、国民年金満額(23年度)は788.900円とありますから 私の場合19.549円の差額が生ずるのですが、これは国民年金の満額に対してこの金額分が未納となっていると言う事でいいのでしょうか? もしそうであれば、60歳時に「任意加入」をして満額になるようにしたいと思いご質問させて頂きました。 よろしくお願いします。

  • 将来の年金の給付水準

    2030年ごろに公的年金の積立金が底をつくという試算があります。年金はなくならないと言いますが、大きく減るのは確実でしょう。 現在の年金給付原資は現役世代が払う保険料、税金、積立金取り崩しです。基礎年金には税金が入っていますが、厚生年金など報酬比例部分には恩給なんかは別にすれば税金は入っていないと理解しています。 1)現在の基礎年金の支払いに占める積立金取り崩しの割合はどのくらいですか? 2)現在の厚生年金(=報酬比例分)の支払いに占める積立金取り崩しの割合はいくらですか? 3)将来にわたって支払い原資における現役世代が払う保険料、税金、積立金取り崩しの割合が分かるような資料はありますか? 基礎年金と2階部分に分けた資料があればベストです。

  • 老齢基礎年金の支給繰り上げ

    母の老齢基礎年金の繰り上げ請求を代理で私(娘)がしようと思っているのですが、イマイチ仕組みがわからないので教えて下さい。 現在は厚生年金を受給しています。 ちなみに母の生年月日は昭和20年2月で現在63歳です。 手元に年金証書がありますので、以下に情報を書き込みます。 ・平均標準報酬月額及び平均標準報酬額・・・127,065万円 ・実期間(おそらく厚生年金の加入期間?)・・・133か月 ・現在受給している厚生年金の額・・・367,400円 母は独身時代に厚生年金に加入していて、結婚後は父と自営業を営んでいましたので自分で国民年金保険料を支払っていました。 60歳まで保険料未払いの月はありません。(20歳から60歳まで40年間ずっと支払っています) 過去の似た質問などを読んでも難しくてなかなか要領を得なかったのですが、お尋ねしたいのは (1)支給繰り上げをすると本来の年金額よりどのくらい減額になりますか? (2)支給繰り上げをすると今まで受給していた厚生年金は停止になりますか?(どこかで聞きかじっただけですので根拠はありません) (3)支給繰り上げする事で何かデメリットはありますか? 母は昨今の年金問題の不安から、将来的に年金額が減額になったりするかもしれないので先に基礎年金も受給したいと安易に考えていますが、気をつけなければならない点などがあれば教えて下さい。 社会保険事務所で聞く前に知識をつけておきたいので宜しくお願い致します。

専門家に質問してみよう