-PR-
締切り
済み

吸着実験

  • 暇なときにでも
  • 質問No.91311
  • 閲覧数1437
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 34% (10/29)

酢酸溶液中における活性炭の吸着実験をしました。活性炭を加熱処理した場合の吸着効果をおしえてください。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1

どのような目的での質問でしょうか・・・? もう少し説明して頂けなければ、質問の意図が分かりませんが・・・? 補足お願いします。 ...続きを読む
どのような目的での質問でしょうか・・・?

もう少し説明して頂けなければ、質問の意図が分かりませんが・・・?

補足お願いします。
補足コメント
0asuka0

お礼率 34% (10/29)

酢酸溶液に活性炭を入れる前の濃度(規定度:Co)と入れた後の濃度(C)から吸着量X=(Co-C)×50/100(mol)をもとめて、logCに対し、logXをプロットしたというやつで、それを活性炭を未処理と加熱処理の2つの場合で行いました。加熱処理によって吸着効果が未処理に比べてどう変化するのかという実験でした。プロットした結果加熱処理したほうが吸着量が大きいことがわかったけど、理由が分かりません。
投稿日時 - 2001-06-17 14:34:42
関連するQ&A


  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 31% (44/139)

活性炭の表面積という観点から、考えればいかがでしょうか。つまり、表面積が大きいほど吸着能が高いということですね。 私は、活性炭(吸着)の関係は、詳しくないので詳細は、控えますが、加熱処理によって、ポア(孔)の数が増えたか、よりポアサイズが細かくなりその結果、表面積が増加したと捉えるのが良いのではないでしょうか。
活性炭の表面積という観点から、考えればいかがでしょうか。つまり、表面積が大きいほど吸着能が高いということですね。
私は、活性炭(吸着)の関係は、詳しくないので詳細は、控えますが、加熱処理によって、ポア(孔)の数が増えたか、よりポアサイズが細かくなりその結果、表面積が増加したと捉えるのが良いのではないでしょうか。
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 50% (1133/2260)

mission さんの回答で良いように思いますが,少し補足いたします。 mission さんは「活性炭の表面積」としか書かれていませんが,これを「活性炭の活性表面積」と考えて下さい。 つまり,いくら表面積が大きくても,酢酸を吸着する部位に何か別のものが吸着されていると,酢酸を吸着することは出来ません。 今,加熱処理によって,この吸着されていたものが除去される(ガスとなって飛んでいく)と, ...続きを読む
mission さんの回答で良いように思いますが,少し補足いたします。

mission さんは「活性炭の表面積」としか書かれていませんが,これを「活性炭の活性表面積」と考えて下さい。

つまり,いくら表面積が大きくても,酢酸を吸着する部位に何か別のものが吸着されていると,酢酸を吸着することは出来ません。

今,加熱処理によって,この吸着されていたものが除去される(ガスとなって飛んでいく)と,「表面積」は同じでも「活性表面積」は増えます。そのため,酢酸の吸着量が増加します。

いかがでしょうか。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ