• ベストアンサー
  • 困ってます

エタノールと次亜塩素酸水を混ぜたら?

殺菌消毒/消臭の目的で エタノールと次亜塩素酸水を 遮光スプレーボトルに各々を入れ分けて使っています。どちらも なかなかに効果が高くて重宝してます。 が、2つを混ぜて1本で済むんだったら もっと楽で便利だなぁ…と思っちゃいました(笑) そこで質問です。 a. エタノール 76.9~81.4vol%(薬局の市販品) b. 次亜塩素酸水 400ppm aとbを 1:1 で混ぜた場合 どうなるか教えて下さい。 (1) 有毒ガスは発生しますか? (2) それぞれが持っている効能は消えて無くなりますか? (3) 1:1 では無く もっと効果的な比率は? 私の周りの人間達に聞いても 私以上に素人ばかりで正確な答えが得られそうもありません (^◇^;) そもそも 次亜塩素酸水(いわゆる強酸性水) と 塩素系漂白剤に使われている次亜塩素酸ナトリウム(アルカリ性) を混同してる人ばかりで(笑) 御回答の方 宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数19588
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

こちらにもありますが http://sp.okwave.jp/qa/q2599729.html 使用直前に使う分だけ混ぜるのは問題はないと思います。が、別々に使用出来るならその方がよいとは思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

質問前 あんなに調べたのに 既に同じ質問があったのを 見つけられなかった… 教えてくれてありがとうございます。

関連するQ&A

  • 電解水は本当に効果があるのですか?

    お世話になります。 電解水が殺菌効果があるとのことで、 試してみましたが、じゃっかん薬の臭いがしただけで 本当に殺菌されているのかが分かりませんでした。 イオン洗浄なので食品(鮮魚、青果など)に ダメージを与えず洗浄できるのは良いと思いますが、 なにぶん目に見えないので本当に効果があるのか分かりません。 顕微鏡などがあればいいのですが・・・ 海外でも電解水はそれほど有名ではなく、 なんとなく最近の「水素水」のような胡散臭さがあります。 また、強酸性、微酸性、アルカリ性とかもよくわかりません。 これらが確実に効果があると分かるような情報はありますでしょうか? 目的は、食中毒の防止(ノロウイルスなど)がメインです。 電解水の効果についてご存じでしたら簡単に教えて頂けたら幸いです。

  • 芽胞菌を殺菌するには?

    芽胞菌は高熱にも強く、次亜塩素酸ナトリウムやエタノールも効果がないといわれますが、これを殺菌するにはどうすればいいでしょうか?

  • カンピロバクターやサルモネラを殺菌する場合、消毒用

    カンピロバクターやサルモネラを殺菌する場合、消毒用エタノールと次亜塩素酸ナトリウム(カビキラーなど)を比べて、どちらの方が効果が高い(即効性等を含む)ですか?

  • 次亜塩素酸と次亜塩素酸ナトリウム

    私の会社に2社のパンフがあり、 一方は「次亜塩素酸水溶液」系、他方は「次亜塩素酸ナトリウム」系の 殺菌効果をうたっている商品です。 ハイターに代表されるように後者が有名だと思いますが、 前者の効き目(殺菌)は後者と比べてどうなのでしょう? 値段だけなら前者なのですが・・・ カテゴリー違いかもしれませんが、化学の知識がある方からの 意見が聞きたいのでお願いします。

  • 次亜塩素酸ナトリウムとファブリーズ

    今、無くなりかけの緑茶入りファブリーズと カンファスイという「除菌消臭水」があります。 カンファスイは半年以内に使い切るようにと書かれています。 成分は ・次亜塩素酸ナトリウム(厚生労働省認定 食品殺菌剤) ・希塩酸(厚生労働省認定 食品添加物) ・水 一方、ファブリーズの成分は ・トウモロコシ由来消臭成分 ・緑茶成分 ・除菌成分(有機系) ファブリーズが無くなったら、その容器にカンファスイを希釈して使用するつもりです。 調べてみたところ、次亜塩素酸ナトリウムは殺菌効果が高いようですが、 カンファスイは他の成分も入ってますし「除菌・消臭水」とかかれてます。 (1)それでもファブリーズよりも効果を期待できるものなんでしょうか? (2)除菌のファブリーズと同じ使い方(布製品)をして何か問題があるでしょうか? よろしくお願いします。 という質問に対し、以下の回答を頂きました。 ----------------------------- >(1)次亜塩素酸は強力な殺菌剤であり、有機物を分解する効果がありますので >濃度にもよりますが効果は期待できるでしょう。 >(2)ただし、早い話が塩素系漂白剤を薄めて撒くようなものですから 濃度や量によっては布を漂白してしまいます。 >それ以前に、霧状に噴霧して吸い込んでしまうと健康被害が出る可能性もあります。 >換気の良いところでつけ置きにするのなら良いでしょうが スプレーするのはやめた方が良いでしょう。 ----------------------------------- 製品の成分表や用途に「食品用」や「薄めて手に」など アルコールの消毒液と同じような方法で使用可能と書かれていますが、 漂白剤と同じ成分なら健康被害が出るのではないでしょうか?

  • ウイルス対策のため、微酸性次亜塩素水を作りたい

    寝具等にも使える安全な除菌水を使いたいので、電解次亜塩素酸ナトリウム液に水道水と炭酸水を加えて微酸性次亜塩素水を作りたいのですが、1000PPmの電解次亜塩素酸ナトリウム液400mlに対して、水道水を何mlくらいと炭酸水を何mlくらい加えたら塩素濃度200ppm程度の微酸性の次亜塩素酸水が作れますか?人体に害がなく殺菌効果の高い次亜水を手作りしたいのです。よろしくお願いします。加えるときの順番(手順)も教えてください。

  • ファブリーズと次亜塩素酸ナトリウム

    今、無くなりかけの緑茶入りファブリーズと カンファスイという「除菌消臭水」があります。 カンファスイは半年以内に使い切るようにと書かれています。 成分は ・次亜塩素酸ナトリウム(厚生労働省認定 食品殺菌剤) ・希塩酸(厚生労働省認定 食品添加物) ・水 一方、ファブリーズの成分は ・トウモロコシ由来消臭成分 ・緑茶成分 ・除菌成分(有機系) ファブリーズが無くなったら、その容器にカンファスイを希釈して使用するつもりです。 調べてみたところ、次亜塩素酸ナトリウムは殺菌効果が高いようですが、 カンファスイは他の成分も入ってますし「除菌・消臭水」とかかれてます。 (1)それでもファブリーズよりも効果を期待できるものなんでしょうか? (2)除菌のファブリーズと同じ使い方(布製品)をして何か問題があるでしょうか? よろしくお願いします。

  • 無隔膜電気分解式の強酸性水はアトピー等の治療は不可能?

    SANYOの電解水メーカー(DM-JK40)の作りが標記の通りですが、取説には台所等の殺菌に使用し、皮膚に使用不可と記載されてます。出来る水も弱アルカリ性(酸性ではなく)とのこと。なぜ皮膚に使用不可なのでしょうか?隔アトピー等の治療に使いたければ膜電気分解式の強酸性水機を購入すべきでしょうか? 購入失敗したなあ。

  • 殺菌洗浄剤の入手法について

    自社のFA機器について、海外の関係会社の要求により以下の殺菌洗浄剤について、外装のプラスチックが耐性を持つかどうかの試験をしなければいけなくなりましたが、 国内で取り扱っている業者かあるいは国内製の類似品を製造している会社をご存じでしたらお教え願います。当方電気屋なので見当がつきません。いろいろ検索はしたのですが。 P3-topax M55 (強アルカリ性塩素系) P3-formaklar (弱酸性ホルムアルデヒド系) P3-topax M acide (強酸性リン酸系?) いずれもヘンケル社製

  • 抗菌<除菌<殺菌のレベルがイマイチ分かりません。

    抗菌コートの柔軟剤や抗菌靴下は、防臭効果と言っても発生した臭いをどう退治するのでしょうか。 除菌も出来る台所洗剤はバイ菌を洗い流してくれるだけでしょうか。 勝手に殺菌作用があると思っていた塩素系漂白剤が除菌と消臭と、今、手に取って確認してビックリです。 病院などで行うのが殺菌で、殺菌した製品が滅菌なのかと、何だか訳が分からなくなりました。