• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

忠臣蔵、この登場人物は?

朝日放送と、松竹(京都映画、現在の松竹撮影所)が、共同制作した、テレビ朝日系列による、2時間ドラマ、「土曜ワイド劇場」による、シリーズドラマ、「京都殺人案内」。 このシリーズで、忠臣蔵を、元にした内容で、昭和62年(1987年)頃の12月、丁度討ち入りの日だった、土曜日に、本放送した、題名が「忠臣蔵殺人事件」と言う回が、あります。 この回で、比較的最初に… 「京都市山科区にある、大石神社で、浅野と言う男が、刺し殺された事件が、発生した。 所が、「現場近くにある、寿司屋の板前である、月亭可朝さん扮する、北島が、浅野との間で、麻雀の掛け金を巡って、トラブルになり、恨んでる」事が、京都府警の捜査一課の調べで、判明した。 その北島は、「浅野から、大石神社に、呼び出されて、指示された、日時に行ったら、死んでた。 自分は、北島と、トラブルがあるので、警察には、何れバレるだろうから、犯人と、思われるのは、かなわない。 一ツ、警察に対する、陽動作戦として、ヤるか?」と、思いついた。 そこで、逃走先の東京にある、泉岳寺(東京都港区)へ、板金業の赤垣源蔵と言う、男の人を、呼び出して、お酒を入れる、とっくり(陶器製)で…。 更に、吉良上野介の屋敷跡(東京都墨田区)へ、会社役員の堀部安兵衛と言う人を、呼び出して、木刀で、それぞれ、殴って、ケガを負わせた。 因みに、被害者の二人だが、忠臣蔵の四十七士、赤垣源蔵、堀部安兵衛と、読み方以外、ほぼ同姓同名だった。 言う迄も無いが、北島のトラブルの相手で、大石神社での殺人事件の被害者、浅野は、忠臣蔵では、殿様の浅野である。 しかし、北島は結局、京都に戻って、勤務先である、現場近くの寿司屋に、戻った所を、張り込んでた、捜査一課の刑事に、任意同行として、捕まった…」シーンが、ありました。 そこで、質問したいのは… 「番組で、同姓同名の被害者として、登場した、赤垣源蔵と、堀部安兵衛。 歴史上の人物として、堀部安兵衛は、「剣術が、得意な人物」と言うのは、度々良く聞く。 もう1人、赤垣源蔵だが、「酒飲みである」等、歴史上、どう言う人物か?」に、なります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数178
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

>赤垣源蔵だが、「酒飲みである」等、歴史上、どう言う人物か よく知られているのが討ち入りの前日に源蔵が兄の家へ最後の挨拶に行ったら不在だったので、兄の羽織を鴨居にかけて、そのまえで一献傾けていとまごいをしたというものですね。「とくりの別れ」といってドラマでは徳利が自身が殺られる凶器になっているのですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答、有難うございます…。 「ズバリ、回答されたので、BAにしたい」と、思います。 又、質問した時は、よろしくお願い、致します…。

質問者からの補足

ドラマで、赤垣源蔵(同姓同名の方)が、ヤられた、問題のシーンが、実際の話「とっくりの話」を元に、脚本化されたかして、制作されたとは、知らなかったです。 一口メモ的な回答、有難うございます…。 一応、改めてですが、ドラマの中では、被害者の赤垣源蔵は、「頭の後ろに、軽いケガを、負っただけで、死なずに、済んだ」設定で、登場してた模様です。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • gunsin
  • ベストアンサー率32% (153/474)

四十七士の赤埴重賢(あかばね しげたか)が仮名手本忠臣蔵では 赤垣源蔵として登場してます。 赤垣源蔵で検索してみました。 https://www.google.co.jp/search?q=%E8%B5%A4%E5%9E%A3%E6%BA%90%E8%94%B5&ie=utf-8&oe=utf-8&hl=ja

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 忠臣蔵、この現場は…?

    私は、先日。 「朝日放送と、松竹(京都映画、現在の松竹撮影所)で、共同制作して、昭和62年(1987年)12月、土曜日だった、討ち入り当日に、本放送された、テレビ朝日系列による、「土曜ワイド劇場」のシリーズドラマ、「京都殺人案内」。 この「忠臣蔵殺人事件」と言う回で、京都市山科区の大石神社の殺人事件で、犯人と、疑われた、月亭可朝さん扮した、北島(現場近くの寿司屋の板前)。 「京都府警への陽動作戦として、逃走先の東京で、忠臣蔵に関係する2ツの現場で、忠臣蔵の四十七士、赤垣源蔵と、堀部安兵衛と、ほぼ同姓同名の2人の男性を、呼び立て、殴り付けた」傷害事件を、犯した。 この2人の内、赤垣源蔵は、歴史上、どんな人間か?」的な内容で、質問しました。 (詳しい内容は、質問履歴から、ご覧になると、分かります。) この「忠臣蔵殺人事件」と、言う回では、他にも… 「円山公園(京都市東山区)で、「大石神社で、発生した、殺人事件の被害者、浅野の知合い、高宮と言う男が、刺し殺されてたのが、発見される」別の殺人事件が、発生した。 その翌朝、東京での傷害事件の捜査兼ねて、警察庁であった、全国都道府県警の捜査一課長会議出席の為、東京に、出張していて、宿泊先の旅館の客室で、朝ご飯中だった、遠藤太津朗さん(故人)扮する、秋山京都府警の捜査一課長は、京都で留守番してる、部下から、「円山公園で、殺人事件発生」の報告を、電話で受けた。 その時、報告した、部下に対して、秋山は、「ええか、現場の円山公園は、忠臣蔵では、円山会議の場所として、関係してるんや…!?」的な内容で、説明した」シーンも、登場してます。 そこで、質問したいのは… 「忠臣蔵殺人事件で、登場した、現場の内、大石神社は、「大石内蔵助と、主税親子を、祀った神社」として、何回か、聞いた事ある。 遠藤さん扮した、秋山捜査一課長が、部下に対して、説明してた、問題の円山会議は、忠臣蔵では、どう言う、出来事か?」に、なります。

  • 武士の通名

    例えば忠臣蔵ですが、大石内蔵助は諱名は良雄ですが普段は通名の内蔵助で呼ばれています。 堀部安兵衛も諱名は武庸ですが普通は安兵衛で通っています。他の義士についても同様です。 しかし江戸以前、例えば豊臣秀吉などはある程度の武将になってからは羽柴秀吉と自身も普段は秀吉と名乗っていたように思います。勿論彼の通名は藤吉郎。 前田利家も通名、又左衛門ですが通常は諱名の利家で呼ばれていた。 同じく伊達政宗も通名は藤次郎だが諱名の政宗が普通。 こうやってみると江戸時代に入って呼び名が変化したというか、普段は通名で呼ぶ事が普通になり本名である諱名はほとんど使われなかった、という事でしょうか? もしそうであればその理由は何でしょうか? ご教示願います。

  • 忠臣蔵討入りの日が近付いて来ましたが・・・

    ◇質問の背景 今も、BS7にて忠臣蔵を見ていました、これからは暫く続編を見る事になると思います。 そして、この時期、家族に笑われ冷やかされる、ハンカチで涙を拭い嗚咽ながらの正座視聴です。 何度も何度も同じようなシナリオ・シーンを毎年・毎回、良く飽きないもの。 仇討ちなんかを美化してるから古い・右翼思考だと言われる。 老化&涙腺が狂っているのか、あのシーン、そのセリフが近付いただけで、涙がボロボロ、目はグシャグシャに・・・ でも、何故か見てしまい、そしてまたも泣いてしまうのです・・・ 「赤垣源蔵徳利の別れ」「お軽勘平」「萱野三平自決」「天野屋利平は男でござる」「俵星玄幡」「雪の南部坂」「大石江戸下向」「討入り本懐泉岳寺へ」「切腹・辞世の句」 そこで、質問ですが・・・ ◇貴方の一番印象的・好きな忠臣蔵の役者<役名>、シーン、泣かせるセリフは? 貴方の熱き思い、最高キャスティングの推奨、感動の名シーンをお教えください。

  •  忠臣蔵についてどうしても分からない事があります。

     忠臣蔵についてどうしても分からない事があります。 1・吉良の長男で米沢藩の殿様である上杉綱憲がオヤジの救援に行く時、どうして色部か、千坂が止めに入ったんですか?。行かせてやったらいいじゃあないですか。そりゃあ、まあ、祝日とか、何かの行事があるとか、昼間とかなら話は分かる。でも、深夜で何も特別な日でもないんでしょう。だったら救援に行かせればいいじゃあないですか。どのみち、行くも地獄、引くも地獄なんだから。行かせなくても世間の非難を一斉に浴びてお家が取り潰される事になるかもしれないのに。本当に失礼かもしれませんが、この2人、本当のアホか、ボケが来てるか、それともその両方かですな。 2・浅野長矩が松の廊下で吉良に斬りつけましたが、何で幕府は浅野に即日、切腹、お家断絶を命じたんですか?。これはあくまで2人の問題でしょう。だったら2人がそれなりの仲裁人を呼んで双方、納得した形で解決させるのが筋でしょうが。  大体、たかが廊下でしょうが、バカバカしい。そんなに上等な畳を使ってもいないでしょう。後で浅野家にクリーニング代を請求したらいいだけの話ですし、勅使には「これこれ、こう言う事なので誠に申し訳ありませんが、どうか延期して下さい。」と事情を説明すればいいだけの話でしょうが。向こうだって来たくて来た訳じゃあない。あくまで仕事で来てる訳ですし、こっちで来て欲しくて来てもらった訳じゃあないんだから。  勅使も「そうですか。それは大変でしたな。まあ、そんな緊急事態なら仕方ありません。天皇には私から事情を説明して後日、出直す事にしましょう。」と言う筈です。 3・松の廊下事件はこれはどう見ても殺人未遂じゃあなくて単なる傷害事件です。何でか?、それは吉良の傷が浅いからですし、殺す気なら刺せばいいのに斬りつけるではまず死にません。おまけにあの服装ではとてもよっぽど相手に近づかないと、斬り殺せません。まあ、傷の程度にもよりますが。    

  • 登場人物はこれでいいですか?

    整理してみました。 発達障害者 身体障害者で車椅子生活 60代前後の高齢者 薬剤師 クレジットカード破産者が誰か知りませんけど。 他にはどんな人がいるんですか? というか現実にこれらの集団だとすれば もはやコミュニティを維持するのが難しいほど末期ですね…。 なぜ私をこんな集団にまきこんだんですか。

  • 登場人物を

    小説を書いているのですが、 登場人物を普通に名前で書く時と、「彼・彼女」と書く時がありますが、 どっちにしていいかわからないことがあります。 別に、どっちでもいいんでしょうか? 「彼・彼女」と書くのには、何か意味のようなものはありますか? お願いします!

  • あの登場人物はだれ?

    こんにちは。 今回質問させていただきたいのは、どの漫画でどのキャラかということです。覚えていることは以下の通りです ---------------------------------------------------------------- ・ジャンプかサンデーとかそのあたりだったとおもいます ・女性キャラに好意を抱いたいて、毎回その人に好きです、結婚してくださいみたいなことをいう。 ・父親キャラ?が「あいつがきているからお前はでなくていい」というようなニュアンスのことをいっている。 ---------------------------------------------------------------- これしかヒントはありませんが、どうか宜しく御願いします。

  • こんな登場人物

    こんな性格の登場人物の出てくる小説を探しています。 1.変人。  京極堂シリーズの榎木津のように、年中躁状態であったり、  倉知淳の猫丸先輩のように飄々としていて掴みどころがなかったり、  伊坂幸太郎作品に出てくる人間も私好みです。 2.自分に自信がなく、しょっちゅう失敗と反省をくりかえしている  頼りない10代の男の子が語り手。仲間・友人に支えられて、  徐々に成長してゆく様が描かれていればなお良いです。 ホラーとSFは苦手です。恋愛要素の少な目のものをご紹介ください よろしくお願いします

  • 一番好きな登場人物

    私は色々な本を読むのですが、最近あまり魅力的な登場人物に出会っていません。 そこで、あなたが今まで読んだ本の中で、一番魅力的な登場人物って誰でしょうか? また、その本はどのような本でしょうか? お願いします。

  • 冷静沈着な登場人物

    こんばんは。 このカテゴリーで「○○なストーリーの本を教えてください」という質問をよく目にして、いろいろ参考にさせていただいているのですが、今回はちょっと趣向を変えてキャラクターの方から質問させていただきたいと思います。 冷静沈着、かつ物腰が丁寧なキャラクターが出てくる小説がありましたら、紹介していただけるとありがたいです。 ただ、これだけだと、どこにでもいる人、という感じなので、きちんと「キャラクターが立っている」とうれしいです。 具体的に言いますと、わたしが過去に読んで「この人は味があって素敵だな~」と思ったのは、 ・宮本輝著「優駿」→多田時夫さん ・三浦しをん著「私が語りはじめた彼は」→市川律さん ・大倉崇裕著「無法地帯」→宇田川一さん ・本多孝好著「ALONE TOGETHER」→謎の男 ・光原百合著「時計を忘れて森へいこう」→深森護さん ・藤原伊織著「ひまわりの祝祭」→原田邦彦さん と、こんな感じです。 ジャンルは問いません。 ミステリでもハードボイルドでも時代ものでも、その他、なんでも読みますので、キャラクターに視点を当てて答えていただけるとありがたいです。 どうぞよろしくお願い致します。