• 締切済み
  • 困ってます

TCA回路の仕組みがいまいち納得できません…

すいません、最近興味があって独学で生化学を学んでいます。 その中で、TCA回路でよく分からないことがあります。 TCA回路はぐるぐる回りながらATPを産生しています。 その中で、糖や脂肪由来のアセチルCoAによってオキサロ酢酸をクエン酸として回していると思います。 そこでなのですが、ということはTCA回路はアセチルCoAさえあれば、ぐるぐる回り続けることができるということです。しかし実際には糖を摂取しないとエネルギー不足になってしまいます。アセチルCoAは脂肪から作れるのに。 これはなぜなのでしょうか。無知ですいませんがよろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数142
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

いろんな栄養素から AcCoA を作るのは, 当然だけど細胞の中だね. で, 実は「アセチルCoAは脂肪から作れる」とは限らないんだな. より正確にいうと そもそも脂肪を取り込みようのない (だから当然脂肪から AcCoA を作ることのできない) 細胞が存在する とするべきかもしれんが.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ケトン体が利用される仕組みがよく分かりません。

    ケトン体が利用される仕組みがよく分かりません。 文献などを調べたところ、糖不足時に糖由来のオキサロ酢酸が不足することによってTCA回路において、余ったアセチルCoAがケトン体生成に回されると書いてありました。そしてそのケトン体は他の組織でアセチルCoAに変換され、他の組織のTCA回路で再利用されると書かれていました。 しかし、他のどの組織でも糖を摂取していない場合には糖不足であり、他の組織にアセチルCoAとなるケトン体を回しても、どのみち糖不足によるオキサロ酢酸不足でTCA回路が回らないと思うんですが、どうしてケトン体が生成されるのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • オキサロ酢酸の取り込みについて

    こんにちは。 現在クエン酸回路について勉強中です。 この回路でのオキサロ酢酸について疑問がわいたので質問します。 まず、糖の過剰摂取によって形成された脂肪組織は、エネルギー源として利用する際に脂肪酸へと変換されますよね?この時、円滑にクエン酸回路をまわすためには、アセチルCoAと同量のオキサロ酢酸がないと、円滑に回路が進まない、と学びました。また、このような理由から、脂肪はなかなか燃えない、とも学びました。(間違っていたらすみません。) ここで疑問に思ったのですが、 オキサロ酢酸を食べ物やサプリメントの形で取り込めば、脂肪は分解しやすくなるのでしょうか?また、そういった形でオキサロ酢酸を取り込むことは可能なのでしょうか? わかりにくい箇所等ありましたらすみません。 教えてください。 よろしくお願いします。

  • 糖新生について

    趣味で生化学の勉強をしています。 糖新生について書かれている文献を読んでいると 「脂肪酸がβ-酸化されて生じるアセチル-CoAは、グルコースに変換されません」 という旨の文章をよく見かけます。混乱しました。 糖新生の経路で、ピルビン酸→オキサロ酢酸→リンゴ酸→・・・・・という経路がありますが、アセチルーCoAはTCA回路でクエン酸を経由してリンゴ酸やオキサロ酢酸に変換されますよね? アセチルーCoA→ピルビン酸という変換ができないため、糖新生という言葉の定義上、「脂肪酸は糖新生に利用できない」というのはわかりますが、「脂肪酸はグルコースに変換されない」というのが腑に落ちません。遠回りながらグルコースに変換され得るのではないかと思ってしまいました。 僕の認識の間違いを指摘してください。

  • オキサロ酢酸 ケトン体

    ケトン体は脳で、グルコースの代わりにエネルギー源となると、参考書に書いてあったのですが、TCAサイクルを回すにはオキサロ酢酸とアセチルCoAが縮合してクエン酸になることが必要ですよね? ケトン体がアセチルCoAに変換されても、グルコースがないとオキサロ酢酸はできないのではないでしょうか? オキサロ酢酸にも別の供給回路があるのですか?

  • 脂肪酸のATP合成についての質問です

    脂肪酸のATP合成について。 例えばパルミチン酸(16:0)であれば、アセチルcoAが8mol作られると書いてありますが、 それは16÷2の8ですか? それとも、β酸化のサイクルが七回あるから、16を七 つに分けて、8molと言う事ですか? また、二重結合があるときはFDH2の産生が一回パスされると言う事ですが、もしアセチルcoAが8molだったら 8-1=7でいいのですか? 私がこれを知りたいのは、C(18:1)の物質であったら、結局いくつのATPが出来るかを知りたいからです。 出来れば解説もつけていただくとありがたいです。 よろしくお願いします。

  • アルコール中毒と糖新生について

    標題に関しましてご教示いただきたく書き込みさせていただきました。 自分の勘違いだと思うのですが、アルコールの分解においてアルデヒド デヒドロゲナーゼがアセトアルデヒドを分解し、分解産物の酢酸がATPを 消費してアセチルCoAになり、TCA回路や脂肪酸・グリセリン合成回路に 組み込まれると思うのですが、ATPを消費するということは(ざっくばらんに) 糖を消費するってことだと認識しています。 となると、アルコールの分解過程でATPが大量に消費されると血中の糖が 必然的に消費され、それが枯渇すれば低血糖から糖新生が起こるのではと 思っているのですが、ネットで調べると、エタノールは糖新生を阻害するよう に働いていると記述されています。 ただ、ハリソン内科学2nd edition 2644ページには「エタノールの急性作用に より糖新生が行なわれ、続いて健常人では・・・」と記載されています。 個人的にはハリソンのほうが理解しやすい感じがするのですが、糖新生を 抑制する生化学的理由がよくわかりません。 なんとなくですが、アルコールの持つエネルギーが糖より優先されて利用さ れるとか、(でも、アルコールのエネルギーは生体利用されなかったような気 がしてみたり…)糖新生よりアルコールの分解が優先されるとか(でも、ATP を消費してしまうと一緒のような気がしてみたり…)とよくわからない迷路に 入り込んでしまいました。 お忙しなかとは存じますが、どなたかご教示いただければとお願い申し上げます。

  • 中性脂肪におけるグリセロールの合成経路

    過剰の糖はアセチルCoAを経て脂肪酸に合成され、脂肪酸はグリセロールと結合して中性脂肪となり、エネルギー源として脂肪組織に貯蔵されます。 脂肪酸はアセチルCoAから供給されるとして、グリセロールはどのような経路で供給されるのでしょうか? 脂肪酸がいくら供給されても、グリセロールがなければ、脂肪酸が蓄積され続けるだけで、太りようがないですよね。グリセロールはリン脂質と関係があるようなので、分泌タンパク質が粗面小胞体→ゴルジ体→細胞膜へと移動する経路と似た経路で分泌されるんでしょうか?

  • 生化学に詳しい方 教えてください

    次の文章について、誤っているところを訂正しなさい 1.キロミクロンは肝臓の細胞で作られる。 2.テトン体は肝臓でアセチルCoAから合成され、肝臓で利用される。 3.コレステロールの大部分は食事に由来するものであるが、体内でも少しは合成される。 4.マルトースはグルコースにガラクトースはグリコシド結合した二糖類である。 5.解糖系はミトコンドリア内に存在し、ATPを産生しない。

  • 脂質の代謝

    脂質が脂肪になり、脂肪酸+グリセリン⇒脂肪⇒肝臓⇒脂肪酸⇒アセチルCoA⇒                         ⇒グリセリン⇒三炭糖リン酸⇒ ⇒TCAサイクル(燃焼) ⇒ピルビン酸⇒アセチルCoA⇒TCAサイクル  }水と二酸化炭素とエネルギー これが穴埋めに出来るような、高校生の家庭科向きのプリントが作りたいです。かわいい絵が入ったような、わかりやすい図はないでしょうか?

  • ヌクレオチドについて

    知識が乏しいので教えて下さい。 TCAにて産生されるATPとDNAを構成しているATPは同じと考えてよいのでしょうか。 ヌクレオチドはDNAの構成要素というイメージでしたが、ATPだけはエネルギーとして使われるのが不思議に思ってしまいました。 また、プリン系ヌクレオチドの摂取が多いと代謝に困り疾病を引き起こすのは、体内でATPを産生していることにも関係がありますか。ATPについては、取り込んだものと、体内で産生されたもの、構成要素になっているものの関係がよくわかりません。 質問が不明な点あるかと思いますが、リンクできるような知識をいただけたら助かります。