• ベストアンサー

機構的に一眼(レフ)カメラにしかできないこと

コンパクトカメラと一眼(レフ)カメラの違いについて調べているんですが、結局はボケをファインダーで確認できるかどうかしか違いを見つけられませんでした。 撮像センサーの大きさの違いなどスペックの差はもちろんありますがそれは一眼(レフ)カメラだからでなないですよね。 一眼(レフ)カメラはレンズを交換可能ですがコンパクトカメラは交換できないという理屈はないですよね。 単にメーカーがそのような製品仕様にしているだけのことで。 製品としてではなくカメラの機構だけを考えた場合、ファインダーでボケ具合を確認できる事以外に一眼(レフ)カメラにしかできないことってありますか?

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • luckyebisu
  • ベストアンサー率51% (582/1129)
回答No.7

>コンパクトカメラと一眼(レフ)カメラの違い 基本的にこういう分け方はしません。 現在は「レンズを交換できるものとできないもの」で大枠として分類します。 言葉としては「レンズ交換式」と「レンズ一体型」となります。 そしてその中で更にいくつかのグループに分けることが可能です。 但しこの“グループ”というのは明確な基準にのっとっているわけではなくて、メーカー及び販売サイド・メディアが都合のいいように分けているのが現状です。 もちろん分類方法は時代とともに変化すると思われますので、何年か先にはまた違った分け方になっているかもしれません。 さて、コンパクトカメラという言葉ですが、これはカメラの機構とは関係がありません。 カメラは昭和の30~40年代とかは今より大きいのが普通でそれだけで敷居が高かったらしいですが、確かオリンパスだったかな…それまでの常識を覆す小さいサイズのカメラをデビューさせて、それを販売するに当たり「コンパクト」ということを前面に出して商戦を展開したのが“コンパクトカメラ”という言葉が広がるきっかけだったと思いました。 ですから例えばどこかのお偉いさんが「これはコンパクトカメラだ!」と言えば、一般的に大してコンパクトとはされないサイズでも“コンパクトカメラ”になってしまうという類の言葉です。 一眼レフは現在主流の考え方としては「レンズを交換できるカメラの中で、像の確認(ファインダー)に鏡を利用する仕組みを持つもの」となります。 反射(レフレックス)を利用しているということですね。 ちなみに「一眼」という言葉も現在は「レンズを交換できるカメラの総称」として使われますが、「光学系(レンズ)を一系統しか持たないカメラ」というのが本来の意味です。 ただ、デジタルになってから撮像素子が得た情報を電気的に液晶に映し出す仕組みが発展し、結果として現在はほとんどのカメラが「一眼」になりました。 ですから「一眼」という言葉は死語と化しても不思議ではなかったと思うのですが、Panasonicがミラーレスを販売するに当たり、「一眼」という言葉を盛り込んでCMを打ったのがかなり大衆に浸透して、現在の意味として定着しつつあるというわけです。 >一眼(レフ)カメラにしかできないことってありますか 机上の理論で考えればありません。 ただコンパクトを志向したカメラは小さくするために何かをそぎ落とすことが多く、結果として「機能が備えられていなくて、やりたくてもできない」・「確率が著しく低くなる」・「状況の助けが必要」といった事態に陥ることが多々あり、『事実上できない』と結論される撮影が存在するというのが現実です。

shift-2007
質問者

お礼

なるほど・・・ 一眼という言葉に振り回されてしまった感がありますね。 ご回答ありがとうございました。

その他の回答 (7)

  • demio
  • ベストアンサー率13% (200/1473)
回答No.8

電気をつかわなくてもレンズを通した画像が見える つまり電気的に変換した画像ではなく、レンズから直接に光学的な画像で確認できる

shift-2007
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 デジタルカメラ時代にとってはどうなんでしょうね。

  • Kon1701
  • ベストアンサー率24% (1445/5856)
回答No.6

はっきりとしようとして見える違いはないでしょう。 ですが、現時点では一眼レフでないと撮りにくい写真があります。非常に動きが早くて複雑なスポーツなどです。応答の遅れのあるEVFや液晶画面では難しいです。また、液晶画面で動きの速いものを正確に追うのは難しいです。素早い正確なフレーミングも見かけの大きな目で覗くファインダーの方が素早くやりやすいです。 あと、スポーツ等では、私はファインダーを覗きながらもう一方の目で全体を見ています。球技ならボールの動きを直接追うことで試合の流れを見ることができるのでタイミングが取りやすいです。ファインダーの中だけでは遅く、シャッターが間に合いません。ファインダー表示に遅れがないので両目で見て違和感もありません。そもそもコンパクトカメラの液晶ではボールの動きに表示が追い付かないことがよくありますね。 ということで、覗いてみる光学ファインファーは非常に撮りやすいです。写る画像に仮に違いがなくても撮りにくいとそもそも写せないことになりますね。この違いは非常に大きいです。

shift-2007
質問者

お礼

光学ファインダーの利点もあるんですね。 ご回答ありがとうございました。

  • swn552
  • ベストアンサー率30% (21/69)
回答No.5

過去のフィルム一眼レフ用のマウント(FマウントとかEFマウントとか)をアダプター等を介さず取り付けられることが、デジタル一眼レフにしかできないことではないでしょうか?

shift-2007
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 メーカーがそのように設計したという事ですよね。 逆に言えば設計次第では他も可能なはずと・・・

noname#206004
noname#206004
回答No.4

あの~、機構的に言えばコンパクトデジカメも現代では一眼です。 本物の一眼レフにしか出来ない事の最たる物は、撮影直前迄の様子を現実の世界と全くタイムラグ無しで確認できる事です。 いくら優れた液晶ディスプレイでも(背面液晶、EVF問わず)レンズを通して撮像センサーで受けた情報を電気信号に変換し、更に画像処理して液晶ディスプレイに表示するのに一瞬と言えどタイムラグが発生するからです。 液晶ディスプレイの場合は、長時間表示し続けると処理が追い付かず表示がカクカクしますが、本物の「一眼レフ」はそんなことにはなりません。 ファインダーで画像を確認するだけ(AF等を作動させなければ)ではバッテリーの消耗もありません。 長時間ファインダーを覗き続けても、目の疲労も液晶に比べると遥かにマシです。 今の世の中ではこの店に拘る必要が本当にあるのは極々限られたユーザーだけでしょうが、それだけ機能に拘らなくてはならないユーザーがあると言うことです。 画質的にはコンパクトデジカメではまだ問題がある場合がありますが、ミラーレス一眼でも余程の条件以外では問題無いことがほとんどです。 私も撮影で収入を得ますが、仕事での撮影では本物の「一眼レフ」しか使う気がしません。

shift-2007
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 もう「一眼」という名称に意味はないのかもしれないですね。

  • oo14
  • ベストアンサー率22% (1770/7943)
回答No.3

スルーザレンズにつきるのでは。 CCDを経由すればそれ以上のことが出来るとは思いますが、 光学系のみを通して、目の前に起こっている事象を、 自分の網膜に直接アクセスできる情報というのは 一眼レフしかないでしょう。 人質のビデオではないですが、どこまでが現実で、どこまでが虚像か 疑いだせばきりがありません。 とにかく、自分で今見ているものが、ボタンを押すだけで切り取りができるのです。 (望遠鏡とか顕微鏡は別でよいですよね。 逆にそれらにはカメラは取り付けられますしね)

shift-2007
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 見ているものと映るものが同じという事にどこまでこだわるかですかね。

  • Lupinus2
  • ベストアンサー率26% (1802/6710)
回答No.2

単に名称だけのことなので、一眼もコンパクトも、何でもいいと思うのです。 二眼レフに対して一眼レフと呼んでいただけだし。 今はメーカーがレンズ交換式カメラのことを、(ミラーレス)一眼と呼んでいるだけでしょう。 ボケ具合だって、レンズ交換式カメラじゃなくても確認できますよ。EVFでも液晶画面でも。 フイルム時代の旧名称をそのまま引きずっているだけです。 一眼でないカメラをコンパクトと表現するならば、一眼にできてコンパクトに出来ないことなんてありません。

shift-2007
質問者

お礼

デジカメというくくりにおいて一眼かそうでないかの違いってもうないのかもしれないですね。 ご回答ありがとうございました。

回答No.1

●理屈はないですよね。 ○それが一番です。一眼カメラとコンパクトカメラの大きな違いは「レンズ」です。 コンパクトカメラにレンズを交換できる機能を持たせれば「コンパクト」ではなくなります。 また、レンズの口径の大きさ、明るさ、画角の多彩さ、解像度などはコンパクトカメラでは限界があります。 少なくともコンパクトカメラでは「望遠」には限界があります。

shift-2007
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 コンパクトな一眼カメラもそのうち出るんじゃないでしょうか。

関連するQ&A

  • 中判カメラのレボルビング機構について

    最近はデジタルバックにレボルビング機構がついているようですが、横位置と縦位置とで、写りに微妙な差がでることはないのでしょうか? カメラのレンズというのは、フィルムなり撮像素子が横位置の状態で最適に写るよう設計されてはいませんか? http://www.nationalphoto.co.jp/2F/leaf_aptus.htm 『新開発の「Verto」テクノロジーによる画期的なセンサーロータリーシステムで、デジタルカメラバック部の脱着をせずにセンサー自体の内部レボルビングを可能にしました。撮影中の時間ロス、ゴミやホコリの侵入、落下等の事故から解放されます』

  • デジタルカメラと撮像素子の大きさついて

    フィルムの時代、35mm一眼レフも、コンパクトカメラ、はては、「写るんです」も、フォーマットは36×24でした。 デジタル時代になって、一眼レフの主流はAPS-C(フィルムのハーフサイズ)、コンパクトカメラにいたっては、5mm四方ともいえる小さい撮像素子になってしまいました。 写真表現が絵画と違うところのひとつにボケがあると考えていますが、5mm四方にも満たない撮像素子では、ボケ表現もかないません。また、焦点距離の短いレンズを使うため、パースペクティブ(遠近感)が異様に強調され、被写体のプロポーションが崩れます。 撮像素子が小さいことによるデメリットに何故多くの人が気づかないのでしょうか?

  • デジカメにおける一眼レフの意味は?

    デジカメに一眼レフの意味ってどこにあるのでしょうか? 一眼レフの一番の優位性 ペンタプリズムとミラーによりファインダーで見えるままが撮影可能なことです。 フイルムカメラ時代は見たままの像が撮影できると言うのが 一眼レフのみの特権でしたが デジカメはすべて液晶画面があり液晶画面によりで見たままを撮影確認しながら撮影できます。 一眼レフのファインダー視野率95%なんかと比較すると 液晶はほぼ視野率100%なのでこの点はみたままが撮影可能ですよね? ※レンズが交換できるのが一眼レフと勘違いしている素人さんが多数いますがレンジファインダーでもレンズ交換できるものはありますし、 フイルムカメラにはレンズ固定の一眼レフも存在します。 そのほかをいえばフォーカシングスクリーンが交換可能とか 外付けストロボが接続可能とか 撮像素子が大きい(これはたまたまデジタルでは一眼レフがそうなっているだけで一眼レフだからではない) レンズ交換が可能なのもたまたまレンジファインダーのようなカメラがデジカメにないだけ どなたかカメラに詳しいかた教えてください

  • デジタルカメラの種類ってどんなものありますか?

    素人です。 カメラの種類は、 一眼レフ コンパクト(二眼) レンジファインダー くらいしかないですか? そもそも、コンパクトデジタルカメラって言われるのは、 全て二眼カメラ?のことなんでしょうか?

  • 一眼レフのファインダーでモアレ

    こんにちは、初質問です。 一眼レフ(D300) のファインダーでPCの液晶ディスプレイを見ると、縞々のモアレが見えます。 他のカメラ、レンズでも試したのですがどれも似たようなものでした。 一眼レフのファインダーは撮像素子を経由していないはずなのにどうして肉眼でモアレが見えるのでしょう? よろしくお願いします。

  • コシナのカメラの特徴

    フォトクレンダーを復活させたのは知ったのですが、古い感じもしますし魅力がなんなのかもやもやしています。コシナのカメラについて教えてください。 ファインダーっていうものはなんなのですか? 機構部分や、レンズ教えてください。

  • 2/3インチサイズの撮像素子(CCDなど)が搭載されたカメラを探してい

    2/3インチサイズの撮像素子(CCDなど)が搭載されたカメラを探しています。 現在、販売されているレンズ一体型のコンパクトカメラで、撮像素子の 大きさを見ていると1/2.3型や1/2.4型が主流で、ハイエンドモデルでは 1/2型や1/1.7型、1/1.6型なども見かけますが、2/3型(=1/1.5型)の撮像素子を 搭載したカメラは見かけません。 以前はDSC-F828, COOLPIX 8400, DiMAGE A200など数機種みられましたが、 2/3型の撮像素子を搭載した機種で、多分これが一番最新だろうと 思われる機種が有りましたら教えてください。

  • 使い易いデジタルカメラ教えて下さい

    コンパクトカメラを所有しています。 不便を感じることが二つあります。 一つは動き回る幼児を撮る時、素早く押せるシャッターであったら良いと思うことがしばしばです。 二つめは、明るいところでは液晶画面は非常に視辛い、やはりファインダーがあったらと思います。 素早く押せるシャッターと書くと半押ししてピントを合わせたらとのご意見も出ると思いますが、基本的にクイックなピント合わせの出来るカメラを求めています。 ファインダーは一眼レフには付いていますが、要求しているのは、安価なコンパクトカメラです。単なる覗き窓でもファインダーの役目をはたしますので、画面が確認できるだけで十分です。 二点を満足するカメラが理想ですが、片方を満足させるカメラでも結構です。

  • コンパクトカメラと1眼レフカメラ

    コンパクトも1眼レフも画素数は殆ど変わりません。レンズの違い、光学ズームの大きさの違いですか?画素数は引き伸ばした時に分かりますが。自分で細かいマニュアル操作できることですか?1眼でも初心者向けにAUTOにできますが、最近液晶画面が大きくなってファインダーが無くなりました。いまだビデオカメラにもありますがどう違うんですか?どういった役割なんですか?

  • 一眼レフカメラとビデオカメラでのレンズ設計の違い

    レンズ交換式か否か、ビデオカメラ用かカメラ用かなどいろいろ違いはあると思いますが カメラのレンズに比べてビデオカメラのレンズは明るいものが多いように思うのですがレンズ設計の違いはあるのでしょうか?表現が難しいのですが、カメラ用はこういったところを意識して作るので明るいレンズが作りにくいと言ったようなことです。 それとも、ビデオカメラのセンサーが小さいようなので35mm換算で400mm超の望遠ズームが実現でき実際の焦点距離が短いため明るいレンズも作れると言うことなのでしょうか?