-PR-
締切済み

足回り

  • 暇なときにでも
  • 質問No.88841
  • 閲覧数224
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 0% (0/5)

ホンダロゴに乗ってます。
この車、足回りが、ふにゃふにゃ何かいい方法はないですか
ただし、車高を下げるのは、ダメです
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 20% (2/10)

日常での不満ですか?
ロゴなら純正のサスとかはないと思うので・・
タワーバーを入れてみてはどうでしょうか?
でも車種が車種だけに我慢するしかないかも・・・


  • 回答No.2

ダンパーを減衰力の大きなものにするのはいかがでしょうか?ふわついた感じはかなり抑えられると思いますし、スプリングのレートをあげた時のような、ごつごつ感も少ないと思います。ただし、あまり硬いダンパーを入れると、サスペンションの他の部分に負担がかかりますので、程々に・・・
補足コメント
tomm

お礼率 0% (0/5)

ダンパーは、アゼストとカヤバどちらがよいでしょうか。よろしくおねがいします。
投稿日時 - 2001-06-12 23:42:37
  • 回答No.3

 ・・・・sailor様の御回答にオンブにダッコで申し訳ございません(他人のフンドシで相撲を取る!?)

>ダンパーは、アゼストとカヤバどちらがよいでしょうか。
>よろしくおねがいします。

 アゼストなるダンパがどちらで製造されているかは判りませんが、自動車メーカー系のサス屋は、レーシングカーならともかく市販車のダンパを選ぶ場合、自動車メーカー系列外の国産品ならカヤバさんかトキコさんのモノしか信用していません。

 これはどれだけチューニングが行き届いているか、以前に、バルブやシールの耐久性に問題があるからです。
 どんなにキマッたチューニングが施されていても、1万kmも持たなければワザワザ交換する意味がありません。市販車に耐えるダンパを製造可能なのは、内製やグループ内部品メーカーの製造を除けば、カヤバさんかトキコさんだけです。

 しかし一方、ダンパは町工場レベルでオイソレと作れるモノではありません(普通に手作業の切削で作ると、バラつきが激しく商品になりません)。アゼストなるブランド(?)のダンパが実際にどこで作られているか?が問題です。案外カヤバさん辺りに外注出されていたとしましたら・・・・当然カヤバさんの耐久基準を満足した製品、とゆぅ事になり、そうなるとどちらを選択されても損はない、とゆぅ事になります。

 なんか結論が出ない話ですみません。
  • 回答No.4

あくまで個人的な好みですが(アゼストと言うのは私も知りません。オーディオメーカーなら知っていますが)カヤバのNEW SR SPECIALまたはSUPER SPECIAL FOR STREETあたりが良いのではと思います。車種を考えてみても、あまりスポーティーなモデルは装着しても意味がないでしょうし、乗り心地やボディー剛性に問題が出そうです。
  • 回答No.5
レベル6

ベストアンサー率 71% (5/7)

こんにちは!tommさん。

皆さんの意見はショックアブソーバーに集中しておりますが、これにいささか疑問を感じ(否定意見ではありません)レスしてみました。

私が察するに、tommさんはコーナリング中のロール量やステアリングの応答性、乗り心地に不満があるものだと思います。それらを改善する方法を下記に述べます。

ロール量の改善について
コーナリング中のロール量はある程度必要ですが、過度のロールは不快なものですよね。ロール量を少なくするにはスプリングの変更をお進めします。
理由はスプリングレートを高める事によりロール量の減少が見込めるためです。最近、市販品でダウンサスと呼ばれる物はスプリング長はほぼそのままで車高ダウン分わざとスプリングの一部が縮まるようにし、残りの部分のスプリングレートを高め、ショックが底付きしないようにしているファッションスプリングです。だから車高ベタベタで足がガチガチな大昔のヤンキーカー(死語)になるのですよ。
ですので、ストリート用にしっかり開発された物を選べば意味が無いほど車高を落とさずにロール量の改善が行えますよ。

ステアリング応答性の改善について
これはいかに足回りの遊びがないか、またバネ下重量が軽いかで決まります。
今の状態では必要以上にスプリングが機能し、ショック自体の低速域での減水力発生性能が悪いためにそう感じると思います。
やはり前述したスプリングを選び、ショック性能がそのスプリングレートに見合った製品を付ける事が一番ですね。しかし、複筒式のショックでは低速域での減水力発生性能はあまり期待できず、単筒式では値段やオーバースペック気味という面で???です。
よって複筒式にならざるを得ないのですが、なるべくショックのオイル量の多い製品を選ぶのが良いと思います。減衰力調整機能があれば尚良しです。
単筒式ならダメ元でビルシュタインに特注でも良いかも。
少し難しくなりましたが、路面の凹凸をスプリングが拾うため微量の伸縮を起こし、路面との密着力を低下するためにフワフワしたり、応答性が悪く感じるのです。だからその伸縮をキッチリ押さえる意味でもショックは重要ですが、スプリングがあっての話ですよ。
ちなみにホイールを軽量な物に変えると応答性が良くなりますよ。理由はランニングシューズと革靴はどっちが軽やかに動けるかという話です。

乗り心地の改善
実をいうと、ショック自体の低速域での減水力発生性能の悪さが大きな原因です。前項を改善すればおのずと改善されます。

長くなってすいません。私の持論ではあくまでショックの役割は裏方で味付けの部類だと思います。だからメインのスプリングに見合ったショックが必要なのであり、お互いのバランスが大切だと思います。2~3cm車高が下がるのが厭であるなら私の意見は無駄ですが、ロゴなら日常的に弊害が出る程ではないと思います。このレスが少しでも貴方の役にたてれば幸いです。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ