-PR-
締切済み

過激なダイエット後のリバウンド

  • すぐに回答を!
  • 質問No.8815973
  • 閲覧数205
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 0% (0/5)

20代前半女子です。事情あって、2週間で約7kg減の過激なダイエットをしてしまいました。
さすがにやばいので、徐々に食事量を増やしたいのですが急に元に戻す(というか正常な食事量)と明らかにリバウンドしますよね。
ちなみに今の食事量は
・野菜サラダ+ドレッシングで60~70kcalくらい
・野菜ジュース(野菜一日これ一杯)をコップ2杯程
・プラス1~2
プラスというのは、玄米ブランだったりおからクッキーだったりウィダーインゼリー(低カロリー)だったり、野菜ジュース(フルーツ果汁入の)だったり、野菜サラダが少しカロリー高めのやつ(100カロリーくらい)だったり、この中から1、2個です。
運動量は、1日4km~6kmのジョギングと、腹筋背筋などの筋トレに、運動後のストレッチとマッサージです。
急激にダイエットしてしまったことを大いに反省しております。元々が70kgあったので、体重的にはまだポッチャリなのですが、このままの食事量と運動量をずっと続ける訳にはいかないので、とりあえずリバウンドせずにキープしたいのです。しばらくキープしてから、もう少し減量できたらな、と思っています。どうしたらリバウンドせずキープできるでしょうか…?
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全5件)

  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 32% (31/95)

どなたかは『脂肪だけでなく筋肉も』と書いておられますが、脂肪はほとんど減っていませんから太りやすい体質に化けた貴方がいるわけです。

 きちんとした食事(量も質も)を取り、普段から多く歩くことを心がければ自ずときれいになれますよ。

 この問いに書き込む前に私がお答えしているページ、ご覧になってください。
http://okwave.jp/qa/q8816022.html


  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 42% (382/896)

リバウンドとは何か、何故起こるか、を正しく理解しましょう。「過激なダイエットをしたから、急にダイエットをやめるとその反動でリバウンドする」みたいな超いい加減な考え方をしてませんか?そうだとしたら、全然違います。

太っている人は、食べ過ぎや運動不足など、もともと太る生活をしているのです。だから、一時的にそれを改めて、痩せたとしても、もとの太る生活に戻せば、元通り太るのは当たりまえ。
別にダイエットしたからリバウンドするわけではないのです。ただ単に、太る生活をしたら太る、それを改めれば痩せる。それだけのことなんです。
さらに、あなたが今行っているように、極端に食事量を減らすという間違った減量方法で痩せた場合、脂肪だけでなく筋肉も減ります。筋肉が減ると基礎代謝も減るので、減量前より太りやすい体質になってしまいます。そこで、もとの太る生活に戻せば、今まで以上に太るのは目に見えてます。そして焦ってまた減量しようとしても前より痩せにくくなっています。だから急にダイエットするとリバウンドするみたいな変な誤解をしてしまうわけです。

では、リバウンドを防ぐにはどうすれば良いか。
正しいダイエットをすることと、一生ダイエットを続けることです。
ただし、今あなたの行っているのは、無謀な減量であって、正しいダイエットではありません。
ですから、今直ぐに正しいダイエットを始めましょう。

まず食事は、栄養のバランスを考え3食きちんと取ります。野菜を多めにし、肉や魚などのタンパク質、ご飯やパンなどの炭水化物もきちんと食べましょう。
食事の量を極端に減らしていけません。腹八分目にして食べ過ぎを控えるだけで良いのです。極端に食事量を減らし、栄養が偏れば、健康を損ねます。それでは体重が減っても意味がありません。
たまには、栄養などを気にせず好きなものをを食べたいと思うこともあるでしょう。そういう時は、その前後の日を控えめにするなどして調節すれば良いのです。間食や甘いものも少しなら構いません。ただし、太っている人は、大抵、ダラダラと間食を続けて、かなりの量を間食で食べている可能性があります。ですから、そうした悪い習慣を断ち切るために間食は一切やめるようにした方が良いかもしれません。
どうしても食事の適正量が分からないなら、カロリー計算をして、1日2000kcalくらいを目安にすると良いでしょう。(カロリーはあくまでも目安です。)

それから、運動は、今のジョギングをできるだけ続けるとよいでしょう。
もし、どうしてもきつければ2日に1回とか、1日の距離をもう少し短くしても良いでしょう。また、時間が取れない時や、体調が悪い時は休んで構いません。1日、2日休んだからといって、それまで運動が無駄になることはありません。とにかく継続することが重要です。まだ若いので地道に続けていれば体力が向上し、もっとたくさん運動できるようになります。
ちなみにストレッチやマッサージは疲労回復やケガ予防のためのものです。ストレッチやマッサージに痩せる効果を期待しない方が良いでしょう。

以上のような食生活と運動なら、ずっと続けられるはずです。逆にずっと続けられないような方法は正しいダイエットではないと言って良いでしょう。
生活習慣そのものを改善することこそが、本当に正しいダイエットです。ずっと続ければ、リバウンドすることもないし、健康にも美容にも良いのです。
  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 17% (1827/10270)

減ったうちの2~3kgは水分量や食べたものの重さだと思うので、今後普通にそれくらいは戻ると思いますよ。
脂肪分を戻さないようにするには、仮に現在の体重が65kgなら、65kgの体重を維持するために必要なカロリー量、それ以上に食べなければいいのです。
まあ、かなりあてずっぽうな数値ですが1日あたり1500kcalを超えなければおそらく大丈夫と思うのですが。
  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 21% (236/1116)

食事量を戻して、運動量はそのまま続けてください

そうすれば、きれいな形の身体になりますよ



リバウンド、リバウンドって言ってますが、あれって単に痩せたので、運動や食事制限を止めたので、単に元に戻ってるだけなんです。

リバウンドしてるわけではりません。
  • 回答No.5

はっきり書きますが、「キープはできない」です。

急激なダイエットで変動した体重は安定しないので、どうやっても行きつ戻りつします。一番のボトムである-7kgのところで一旦体重をキープしたいという気持ちは判りますが、今後はどうやっても増えてしまいます。特に水分量の変動を抑えるのは超難しい、というか、無理です。7kg減のうち3~4kgは水分量の変動によるものだから、今の食事メニューを変えると、その分は増える可能性があります。

むしろ今後はそれを織り込み済みにして計画を立てた方がいいです。

あなたの食事メニューを見ると悲惨ですね。炭水化物ばかりで、タンパク質と必須脂肪酸がほぼゼロ。これじゃ身体壊しますよ。他回答にさかんに筋肉が減るとあるけれど、筋肉どころか骨までやられますよ。骨密度の低下で骨ぼろぼろ。女性の過激なダイエットで一番気をつけなければならないのは「骨」です。30代で歩道の凸凹で蹴躓いて骨折して寝たきり…なんてことになりたくないでしょ?

なので、今後に向けてのアドバイスとしては、
最初にリバウンドには短期的なものと長期的なものがあることを学びましょう。あなたが恐れているのは短期的なリバウンドです。でも本当に怖いのは長期的なリバウンドです。

そして一旦食事を普通に戻す。そうすると体重は3~4kgくらい増える。これが短期的なリバウンドです。
でも元の70kgにはならないから安心してください。つまり3~4kgくらいは減ったままでいられます。開始二週間で3~4kg減の結果が出れば、上々のスタートだと思います。

何キロが目標体重か判らないけれど、10キロを超える大減量をしたいのなら最低一年くらいの時間をかけてください。最初に3~4kg減らせたということは、あなたは頑張れば体重を落とせる人なんだと思いますよ。

一年くらいかける必要があるのは長期的なリバウンドを避けるためです。長期的なリバウンドはデブ生活に戻してしまうために起こるのです。痩せ型生活に移行するためには、最低一年くらいじっくりのんびりダイエットをしっかり行って生活を見直す必要があります。

そして最後は軽いダイエットをしているのか、維持しているのか判らないくらいにダイエットを自分の生活に溶け込ませてください。そうすれば長期的なリバウンドを避けながら大減量を果たすことが可能になりますから。

頑張ってください。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
美容・健康に関する悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ