• ベストアンサー
  • 困ってます

3要因対応なしの実験計画法について

実験計画法について、同じ被験者に対して2回の実験を行う場合でも、 対応なしの被験者間計画はできますでしょうか。 例えば、実験計画は2×2×3の被験者間計画とし、 第一の要因は条件A(A1・A2)2水準、 第二の要因は条件B(B1・B2)2水準、 第三の要因は条件C(C1・C2・C3)3水準、 被験者60名で実験を行う場合について、 被験者数も少なく、実験時間が4時間程度かかるので、 第一の要因の条件A1を第1回の実験、 別な日に条件A2を第2回の実験で行おうと思うのですが、 第1回で被験者60名からランダムに6グループ(1グループ10名)を作成し、 第2回でも同じ60名からランダムに6グループ(1グループ10名)を作成し、 条件B×条件Cでグループ分けして実験を行った場合、 何名かは1回目と2回目で同じグループになるとしたら、 対応なしの被験者間計画とはいえないでしょうか。 ご教示のほど、よろしくお願いいたします。

noname#221160

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数260
  • ありがとう数17

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • orrorin
  • ベストアンサー率65% (88/134)

それだと、要因Aは被験者内要因、BとCは被験者間要因ということになりますね。 ですから、被験者間計画ではなく混合計画という言い方になります。 BとCでダブリになる人がでる可能性については、被験者間として処理してしまって大丈夫です。 被験者内か被験者間かというのは、要するに個人差の処理をどうするかという問題で、その点を相殺できるとみなす分だけ、統計検定の段階において被験者内の方が基準がゆるくなります(有意になりやすい)。 被験者間として処理するのであれば、より厳しい基準で有意判定を行うということになりますので、それでもなお有意になったのであれば、何も問題はありません(p=0.51とかなると、目も当てられませんが)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなりまして、すみません。 ご助言いただいたとおり、要因Aは被験者内要因とした方が良さそうですね。 厳しい基準というのは、本当に厳しそうです。 それで、悩んでおりました。 また、ダブリがあったとしても、被験者間として処理できるということが 分かって助かりました。 これでなんとか、やれそうです。 ご教示いただき、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 実験計画法を用いて実験を分けることができるのか?

    実験計画法を用いて心理実験を行おうと考えています。 その実験の内容なのですが、評価対象が多くなってしまい、被験者の疲労等を考えると、被験者一人当たりの量を減らさなければならないと考えました。 そこで、実験を3つにわけ(たとえば実験A,B,C)、その実験ごとに評価対象を割り当てると、被験者の負担は考慮できる範囲に収まることが予想できました。 このように実験を分けて心理量を評価させてもよろしいのでしょうか?

  • 実験計画法について

    実験計画法について教えてください。 実験計画法に基づいて実験をすると、主効果図で、 何の因子が結果に強く影響するかがわかりますよね。 実験計画法から、以下の情報が知りたいのですが、 複雑な理論や数式を使わずに簡単にわかる方法は あるのでしょうか? 1.結果の値を最適にする条件 2.2水準で実験した場合、間の点を予測する方法   (例えばある因子の値を、1と10で実験したとき、    5の場合の結果の値を予測する方法) 3.2水準で実験した場合、ふった水準以外の点を予測する方法   (例えばある因子の値を、1と10で実験したとき、    12の場合の結果の値を予測する方法) あまり統計や数学に詳しくありませんので、簡単に教えて いただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • 実験計画法の割付方法

    実験計画法で下記の実験を行うときどうしたら良いでしょうか? 因子3つで、水準4が2要因と水準2が1要因の場合。 宜しくお願いします。 因子A:4水準 因子B:4水準 因子C:2水準 とした場合、交互作用はA×B , A×Cをとりたいです。

  • 実験計画法とは?

    ワイヤーボンディングの条件出しをする際に、実験計画法という手法が有効と聞き、ネットなどで手法の内容を調べたところ、手法についての説明、書籍などを見つけたのですが、内容的に複雑で、ちょっと私には理解出来ません。 とりあえず、ワイヤーボンディングの条件出しに、実験計画法を使う場合のポイントを知りたいのですが、何か良い方法はないでしょうか?

  • 1因子4水準の実験計画法

    1因子4水準の実験(条件A~D)について、順序効果をなくすために複数回実験を行わなければならないと思うのですが、何通りの組み合わせで実験すればよいかわからないと思っていたところ、実験計画法というのを知りました。実験計画法のラテン方格を用いれば、最低限の実験回数が求まると聞いたのですが、具体的に今回の場合はどういう組み合わせて何度実験を行えばよいでしょうか? 教えていただけると幸いです。どうぞよろしくお願いします。

  • 実験計画法 L8直交表の割付けについて

    実験計画法 L8直交表の割付けについて教えてください。 L8の直交実験で因子A(4水準)、因子B(2水準)、因子C(2水準)の要因分析をしたいと考えています。 1,2,3列を使い因子Aを割付けようと思いますが、残りの因子Bと因子Cは何列に割付ければよいのでしょうか。 またそのとき因子Aと因子B、因子Aと因子Cの交互作用はそれぞれ何列に現れるのでしょうか。 それとも直交表を変形させてしまうと因子間の交互作用は評価できなくなってしまうのでしょうか。 見よう見まねで実験計画法を使ってみたいと思うのですが、本質が理解できておらないため質問させていただきました。 よろしくお願いいたします。

  • 実験計画法の分析方法

    ある実験でいろいろ条件を変えて、得られるデータの最大値と最小値がいくらぐらいになるのかを見たいのですが、因子が多く、水準も3つぐらいあるので直交表(L18)をもちいて実験回数を減らすという方向になったのですが、得られた実験データの解析方法がわかりません。 今回のようにデータの最大値と最小値を推測するにはどのようにすればいいのでしょうか?実験計画法について、最近勉強し始めたばかりで全くの素人です。わかりやすくお教えいただけるとありがたいです。またこの部分を勉強すればいいというアドバイスでもいいのでよろしくお願いします。

  • 被験者内一要因計画における差の差の検定

    被験者内一要因(3水準)計画の実験をして得られたデータの分析についての質問です。 一元配置分散分析にかけたところ、要因の主効果が有意で、多重比較の結果、全ての水準間に有意差が認められました。 ですが、平均値の推移を見ると、水準1と水準2の差よりも、水準2と水準3の差の方が、2倍くらい大きくなっています。 そこで、水準2と水準3の差が、水準1と水準2の差よりも有意に大きいかどうかを検定したいのですが、そのための方法は以下のようなものでいいのでしょうか。 方法:各被験者について「(水準3-水準2)」と「(水準2-水準1)」を算出し、前者が後者より有意に大きいか否かを、対応のあるt検定で確かめる この方法が適切なのか、あるいは全く別の方法を用いるべきなのか、教えてください。 よろしくお願いします。

  • 直交表 実験計画法

    学生時代、全く勉強してこなかった実験計画法を勉強中です。 わからないことがあったので、実験計画法に詳しい方ご教授ください。 2^4の直交表を使って 6因子2水準の実験をしたいと思います。 基本通り考えると、因子は A B AB C AC BC ABC D AD BD ABD CD ACD BCD ABCD が存在します。 ABはAとBの交互作用を表します。 さて、ものの本に ABC、ABDのような3つの交互作用は無視して良いので、 第五因子、第六因子は3つの交互作用の欄に割りつけると 2^4の直交表には最大で9因子の割り付けが可能とありました。 ところが仮にABCに第五因子(Eとする)を割りつけると AとE、BとE・・・のような交互作用が直交表にはありません。 この場合、新たにAとE、BとEのような交互作用を求めればいいのでしょうか? プロから見ると的はずれな質問をしているのかもしれませんが、 よろしくお願いします。

  • 実験計画法の因子が揃ってない分割法について

    「入門 実験計画法」という本の「分割法」4因子(各3水準)の間隔が揃っていない分散処理をしたいと思っています。自分が設定したのは 一次要因:A 二次要因:B、A*B 三次要因:C、A*C,B*C,A*B*C 四次要因:D,A*D,B*D,C*D,A*B*D,A*C*D,B*C*D,A*B*C*D という要因で誤差は三次誤差まであります。 そして、EXCELで表を作りSa,Sb,Sc,Sdを求めたところすべて正の数となり、そこからSSab(AとBの交互作用の平方和),SSbc…など二つの交互作用はプラスとなり SSSabc,SSSabd,SSSbcdなど三つの交互作用はすべて負の値となりました。 この平方和は必ずプラスの値とならないといけなんですよね? そして、二次誤差もマイナスとなってしまいました。 どの例題を見ても平方和はプラスとなっています。