• ベストアンサー
  • 困ってます

生前贈与 税金

親の資産、家と土地を生前贈与を考えています。 資産価値、約2000万円程の贈与で 贈与税、支払う税金的なものはどれぐらいかかるものでしょうか? 生前贈与のメリット、デメリットがあれば教えてください。 固定資産税等の税金も金額が変わってくるのでしょうか? 親は70代 自分は40代です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数380
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • ben0514
  • ベストアンサー率48% (2966/6105)

一番わかりやすいのが、贈与税の申告で相続時精算課税の選択を届け出ることですかね? 贈与税は、相続税を免れるために利用されたり、赤の他人への贈与などを考え、相続税より高い税率設定になっているはずです。しかし、推定相続人が受ける贈与の場合、相続にて課税を受けることを前提に、贈与税を仮に一時的に保留とし、相続税で課税されたら贈与税は課税されないという仕組みとなっています。 他の解答にある方法も一つの方法ではあります。否定するつもりはありませんが毎年の返済を正しく行えば、不動産の売買金額が現金で親の名で残ってしまいます。これを返済せずにその分を贈与で済ませようという考えではあると思いますが、立派な借用書を作っても、それとほとんど変わらない贈与を毎年行っていれば、借入時に、毎年贈与する約束をしたようなものになり、すでに判例などで連年贈与は最初にまとめて贈与を約束したものとして課税されると判断されてしまっています。これに対抗できるだけの準備が必要であり、確実的なものではないと思います。 固定資産税は、基本的に再取得した場合の評価により課税するものですので、贈与があったから変わるというものではありません。注意点としては、親の所有で親の住居に使っているというところでの優遇を受けている可能性があります。あなたが同居などをしているのであれば、状況は変わらないと思いますが、そのうち戻るつもりなどで進める場合には、取り扱いが変わることで税金が上がる可能性はあることでしょう。地方税は経験が少ないので細かい要件はわかりませんが、市役所などに確認されるとよいと思います。 忘れがちなのが、贈与や相続で名義が変わった場合には、法務局での登記変更が必要となります。登記の変更には、登録免許税というものを払わなければなりません。 この登録免許税は、名義変更であればその経緯によっても税率が異なりますので、贈与よりも相続のほうがよいように思いますね。 贈与ですと固定資産税に課税される際の評価額の1000分の20となります。 質問にある資産価値を固定資産評価額とした場合には、400,000円かかることとなります。 これを相続とすると、評価額の1000分の4となることから、80,000円と大きく変わることでしょう。 経験がないとこの登録免許税がかかることを忘れて手続きを進めようとして、費用負担でびっくりすることにもなります。 また、転居の際の住民票の手続きのように簡単なものではなく、必要な証明書類などを準備し、登記申請書を作成し手続きしなければなりません。多くの人は司法書士に依頼することとなりますが、司法書士はビジネスですので、そうれ相応な費用を要求されることとなります。 税務署の判断がどのようになるかはわかりませんが、分割した贈与を考えてはいかがではないですかね。 毎年金額を変え、時期も変えたうえで、毎年10分の1ずつ贈与するというのはいかがではないでしょうか? 贈与税は相続時精算課税を利用すれば、無税です。 相続税対策を考えての贈与でも、(200万円-基礎控除110万円)×10%となり、9万円です。これを10年で90万円と考えれば、負担できなくない金額ではないと思います。 固定資産税は、共有者のうち代表者に課税されるわけですが、分担して負担しても、あなたが全額負担しても、役所は文句を言いません。 登録免許税ですが、200万円×20/1000で4万円です。10年分で税率が変わらない前提で40万円です。分割での負担ですので、悪くないのではありませんかね。 ただ、途中で親が亡くなれば、親の残りの共有持ち分を相続することにはなりますが、ほかに大きな財産がなければ、相続税の負担も少ないことでしょう。特に基礎控除が法改正で下がる見込みであっても、贈与より大きな控除になるはずですからね。そして登録免許税も、相続では安いわけですからね。 あなたが共有することで、親に借金などがあり、抵当権などの設定がされていない不動産であれば、簡単に売却はできないこととなります。 どのような不動産なのか詳細が分かりませんので何とも言えませんが、専門家に相談されたほうがより良い方法が見つかるかもしれません。 他に相続人がいれば、争いや不平不満の原因になりかねません。これは一括の贈与だろうが分割贈与などであってもです。 親があとどれぐらい元気でいてくれるかなんてものはわかりません。寝たきりなどで意思疎通ができなくなっても、贈与ができなくなるといえることでしょう。スムーズにいかない可能性がリスクだと思います。 最後に、あなたが親へ仕送りや小遣いをあげているのであれば、それを返済とすることでもありかもしれません。 いろいろなことを考えて計画的に進める必要があります。 共有自体がリスクとも言えますからね。 頑張ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ben0514 様 回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 生前贈与について

    相続税について教えてください。 数十年前に親が購入した土地と家は登記登録がしてありません。 固定資産税はもちろん納付してます。 この家を売却するためには登記をしなくてはなりません。 この場合、親の名前ではなく息子の名前で登記した場合、 生前贈与となって税金がとられるのでしょうか? または土地と家を売却して得たお金は、親の口座ではなく息子の口座に入金はできるのでしょうか?その場合も生前贈与として税金が発生するのでしょうか? 教えてください。 またこのような詳しい相談は誰に相談したらいいのでしょうか?

  • これは生前贈与になりますでしょうか?

    子供のマンション購入にあたり、父親(60歳未満)が購入資金として 3000万円を一時立て替えました。 生前贈与の対象は65歳以上でその場合、 金額は3500万円までが上限ときいているのですが…。 やはりこの場合は、生前贈与にならないのでしょうか? よくわからないので詳しい情報を持っている方が いらっしゃったら教えていただきたいと思います。 もし、生前贈与になるとすれば税金はいくらぐらいになるのでしょうか? また、普通の贈与税がかかるとすればいくらぐらいの税金になるのでしょうか? どうぞ教えてください。

  • 生前贈与について教えて下さい。

    父親が住んでる土地、50坪で固定資産税評価額450万円くらいです。 その土地の名義を長男である私に変える場合、手続きはどのように したらいいんでしょうか? しかも贈与で無く、生前贈与ですので税金はどれくらいかも教えて下さい。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

>>(2000万-110万-225万)×50%=832万5千円。 > 【110万】と【225万】 > 相続金額にかかわらず、必ずかかる税金でしょうか? >どこから算出された金額でしょうか? 失礼。引き算の順番を間違えました。 (2000万-110万)×50%-225万=720万、が正解です。 110万は「贈与税の基礎控除」です。 暦年課税の贈与税は、その年に受けた贈与の110万円までは控除され、110万を超えた部分にのみ課税されます。 225万と言うのは「段階的に課税される部分の調整額」です。 贈与税は 200万円以下の部分は10% 200~300万円以下の部分は15% 300~400万円以下の部分は20% 400~600万円以下の部分は30% 600~1,000万円以下の部分は40% 1,000万円を超える部分は50% と言うように計算します。 2000万円の贈与の場合、まず、基礎控除の110万円を除いた「1890万円」に課税されます。 1890万円の課税額は 0~200万円の200万円分に10%=贈与税20万 200~300万円の100万円分に15%=贈与税15万 300~400万円の100万円分に20%=贈与税20万 400~600万円の200万円分に30%=贈与税60万 600~1000万の400万円分に40%=贈与税160万 1000を超える890万円分に50%=贈与税445万 の6つの部分に分かれます。 6つの部分を全部足すと「20万+15万+20万+60万+160万+445万=720万」となります。 「1,000万円を超えると50%」だからと言って、一気に「(2000万-110万)×50%=945万」と計算してしまうと、720万円よりも225万円多くなっちゃいます。 その「多くなった225万」を、後から引いているのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

chie65535 様 回答ありがとうございます。

  • 回答No.2

>資産価値、約2000万円程の贈与で… 何の値段が 2千万でしょうか。 不動産屋の相場なら関係ないですよ。 相続税や贈与税の算定根拠になるのは、土地は「路線価」が原則で路線価の定められていない土地なら「固定資産税評価額」、建物も「固定資産税評価額」です。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4602.htm >贈与税、支払う税金的なものはどれぐらいかかる… その 2千万が税法準拠の評価で間違いなく、同年中にそのほかの贈与は一切ないとして、ふつうの贈与として申告するなら、 (2,000 - 110) × 50% -225 = 720万円 の納税です。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm ほかに、不動産取得税 (県税) もかかります。 >固定資産税等の税金も金額が変わってくるの… 固定資産税は、誰が持っていようと同じです。 >親は70代自分は40代… 「相続時精算課税」の要件を満たしますので、来年 2/16~3/15 にその旨の申告を行えば、現時点での贈与税支払いは免れることができます。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4103.htm >生前贈与のメリット、デメリットがあれば… ・メリット・・・兄弟に取られる心配がなくなる ・デメリット・・・自分で固定資産税を払わなければいけない。国保なら国保税も上がる (自治体によって違うが)。 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

mukaiyama 様 回答ありがとうございます。

  • 回答No.1

>贈与税、支払う税金的なものはどれぐらいかかるものでしょうか? (2000万-110万-225万)×50%=832万5千円。 贈与税は832万5千円。 832万5千円払うよりも、銀行に立会人になってもらって、親から2000万円を借りて、そのお金で親の名義の家と土地を、親から買い取りましょう。 きちんとした借用書を作って、返済計画書も作って、銀行に立会人になってもらった借金なら、税務署は、ちゃんと「借金」と認めてくれます。 で、毎年、誰か「血縁者」から、贈与税がかからない額の贈与(年間110万円以下の贈与は贈与税がかからない)を受けて、そのお金で、親から借りた借金を返済すればよいのです。 なお「血縁者」と「親」が同一人物であっても「借用書さえちゃんとしてて、銀行が立会人になってれば、特に問題は無い」です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

chie65535 さん 回答ありがとうございます。 >(2000万-110万-225万)×50%=832万5千円。 【110万】と【225万】 相続金額にかかわらず、必ずかかる税金でしょうか? どこから算出された金額でしょうか? 遺産相続の場合、832万5千円はかからないでしょうか? お手数ですが、宜しくお願い致します。

関連するQ&A

  • 親の土地に住んでいます。生前贈与はするのは、無謀なんでしょうか?

    今、親の土地に住んでいます。親も定年を迎え、年金生活になりました。 固定資産税を払うのも苦しそうなので、私共で払おうと思うのですが、家屋の分、土地の分と合わせると、結構な額になります。土地・家とも主人名義にすると、かなり軽減されるように思うのですが・・・。 生前贈与は、かなりかかるんでしょうか? それとも、親の名義のまま、固定資産税を軽減してもらう方法があるのでしょうか? 15年度より、贈与税が変わったみたいですが、、、 ネットで調べてもさっぱりわかりません。教えて下さい。

  • 生前贈与について

    母と、子供二人の家庭です。 (友人の話ですが、PCをつかえないのでかわりにかきます) 母親名義のマンションを 子供Aの名義にかえたいのです。 子供Bはマンションは引き継ぎません。了承済みです。 この場合、子供Aはどういう手続きをすればいいのでしょうか? また、現状だと母親に固定資産税の納付書がとどいているだけですが 子供Aの名義にかえるとそちらに納付書がきますよね? お金の負担ってそれだけでしょうか? それ以外にも、生前贈与というだけで税金がかかってきたり、 申告したりしなければなりませんか? 不動産取得税とか、、、なにか、他にかかる税金やお金ありますか? マンションは購入時で1500万。今1200万くらいの価値だそうです。 売却した場合の不動産やの金額なので、実際の価値はわかりません。

  • 相続税と生前贈与

    親が所有している土地があります。 金銭的にすでに揉めているので、親がなくなる前に贈与を済ませたいと思っています。 土地は1200万円程です。 贈与税はどの程度かかるでしょうか? 土地は処分して現金での贈与と土地のままの贈与ではどちらが良いのでしょうか? 生前贈与についても調べたのですが、よくわかりませんでした。 ちなみに、親は80歳過ぎで私どもは50歳台です。 親が亡くなった後だと相続は兄弟の同意が必要になると思いますが、 生前贈与だと同意なし、親の意思で決める事ができるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 生前贈与の税額について教えてください

     義父名義の土地の一部を主人に贈与されることになりそうです。  その対象になる土地に家だけを主人名義(土地は義父名義のまま)で建てるつもりだったのですが、主人の弟が社長で義父が役員になっている会社の運営が傾いてきているため、今のうちに贈与した方がいいという話になったのです。義父は今年61歳になるので、本当ならあと4年待って、生前贈与の2500万円控除の特例を受けた方がいいことはわかっているのですが、家を建てても土地を取られてしまえば元も子もないと義父に言われ、贈与税を払ってでも名義を主人に変えるということになりました。  ただ義父は簡単に贈与税を払えばいいというのですが、それが実際にどれぐらいの金額になるのかは誰も知らずに話をしていました。相続税に比べ贈与税はかなり高いと聞いている私はとても心配です。  贈与される土地は60坪あり、この辺りの相場は坪45万円ですので、大体2700万円の計算になります。わからないなりに路線価というものも調べてみたら、87Eと書かれていました。贈与税の計算には固定資産税評価額というものがわからないとはっきりわからないと思うのですが、その金額は今の時点ではすぐにわかりませんので、仮に相場45万円の70%程度の31万円を評価額として、計算方法を教えてください。  よろしくお願いします。

  • 生前贈与?について

    生前贈与?について 70代の母が、娘(30代・既婚・別世帯)の私におととし、去年と100万円ずつ現金をくれました。 母は「贈与税がかからないようにしている」と言っていますが、 1)贈与契約書は作っていない 2)母の口座から私の口座への「振込」ではなく、母に私の通帳を渡してそこに現金を「入金」している 3)おととしは11月頃、去年は2月ごろと時期はばらばら。今年も用意できたらまた100万円を渡すと言っている 4)もらったお金には手をつけず、定期預金に入れてある という状況です。 先日読んだ記事で「年間110万円までは贈与税はかからない」けれども「贈与契約書がないと贈与とは見なされない」「振込みでないと、贈与したという証拠が残らない」「毎年同じ金額を連続して渡すと、連年贈与になって課税される」などという記述があったのですが、我が家のケースはこれらにあてはまりますか? 母の希望通りに贈与税がかからないようにするためには、贈与契約書を作る必要がありますか?その場合、自分たちで適当な書面を作るのではなく、行政書士などに依頼しなければならないのでしょうか? 最終的にいくらを何回に渡って私に贈与するつもりなのかはわかりませんが、家と土地は母と同居している弟に渡る予定なので、現金である程度の金額を私に残すつもりではいるようです。 よろしくお願いします。

  • 生前贈与

    親が死んだときの相続でもめないように、 生きている内に生前贈与をするのがベストなのでしょうか? それに死んでから相続するよりも 生前に贈与した方が、税金面でも得ですよね。

  • 生前贈与について

    生前贈与を行う場合 現在の住宅評価価値より ローンの返済額のほうが 多かった場合 贈与税はかかるのでしょうか?  また 父が息子に対して名義を変更(名義を父→息子・・生前贈与)した後も父がローンを払い続けた場合 父が名義変更後に払ったローンは 贈与に値するのでしょうか?

  • 住宅地の生前贈与

    友人のことですが、坪単価10万円くらいで100坪の親の土地に、自分名義の住宅を建て20年弱経過しました。最近親から生前贈与しても良いと言われたのですが、税金が気になるようです。 生前贈与がなるべく安くなるように検討したいとのことですが、どこに相談したら良いかわかりません。 相談先と費用の有無など教えていただければと思います。

  • 生前贈与

    私(35歳)は別居中の父(69歳)の固定資産税及び社会保険料の軽減を目的に土地・建物の生前贈与を考えています。 評価が土地・建物で2500万円を超えるようであれば、一旦土地のみ等(評価2500万円以下)を相続すれば、一番節税にいいのか?恥ずかしながらよくわかりません。また他にいい節税対策があればご教授ください。宜しくお願い致します。

  • 土地の生前贈与の仕方を教えてください。

    現在、将来の相続税を考え、土地の生前贈与を父と私の間で考えています。税金の一番かからない方法、手順が明確にわかりません。お金の生前贈与はわかったのですが、土地の生前贈与方法を教えてください。よろしくお願いします。。 調べていると「相続時清算課税制度」と言うのも見つけました。 65歳以上が20歳以上の身内に生前贈与する場合、2500万円分は非課税だと・・贈与の種類は一切関係ないと書いているものの、土地の生前贈与に関して明確に書かれているものがないので、土地の贈与ってのはできないのかなと考えています。 是非教えてください。。よろしくお願いします。。