• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

生前葬をした人が死んだとき

テレビでは,生前葬を執り行う芸能人の方が報道されます。 ネットでも,生前葬についての葬儀屋の宣伝が目につきます。 生前葬を行うぐらいですから,生きているうちはアクティブな人で, 生前葬の模様などをブログに書いたりしますが, その方が亡くなってしまうと,当然本人は書き込みができないので, 実際に亡くなった後のことがよくわかりません。 自分の周囲には生前葬を行った人がいないのですが, 生前葬を行った人が亡くなった後は,葬式は行われないのでしょうか。 それとも,生前葬はあくまで故人の好みの問題と割り切って, 葬儀は形式通りに行うのでしょうか。 特に決まりがあるわけではないでしょうから, 傾向としてどうなのかなと思い, 周囲で生前葬を行った方が亡くなられたケースをご存じの方がいらっしゃいましたら, 実際に葬儀は行われたのかどうかなど,教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数875
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

>生前葬を行った方が亡くなられたケースをご存じの方がいらっしゃいましたら 存じませんが、多分、身内だけでひっそりと「家族葬」(親族葬)を行い、知人・友人には知らせない方針と思います。(「生前葬」で香典相応を既にもらい、集まったみんなでお酒・料理などを堪能しているはず) ちなみに私も「家族葬」を行いご近所・知人からの香典は辞退したいと思っています(遺族は告別式・香典のお返しなどたいへんですから)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 父が亡くなった時のことですが, 病床で「遠い親せきに迷惑になるので葬儀は行わず, 49日は事前に通知を出してしっかりやってくれ」 と言い遺しました。 しかし,母の強い要望で, 結局普通の葬儀,普通の49日を行いました。 生前葬を行っていても, 結果的に遺族の意向で,普通のお葬式をやるのでは? と思ったのです。 自分も,父親同様に考えていますが, 遺族が結局遺志を反故にして葬式やってしまったら嫌だな, などと思っています。 (死んでるので分かんないんですけどね)

関連するQ&A

  • 生前葬?について教えてください。

    喪主になるべき人物が、身体障害などが有り、どう考えても、急遽、喪主として、通夜、葬儀などを仕切ることが不可能な家庭が、葬儀をする方法として、生前葬?があるよ、耳にしたのですが、、、 ただ、条件として、地方の田舎であること、兄弟はいるものの当てに出来ない、葬儀対象者(この場合は、高齢の両親2名とも)が双方とも高齢であるので、どちらも喪主としての活動は不可能、普段から障害などの理由で、近所の付き合いが無い為に、なるべく、近所の人たちになるべく世話になりたくない、、、などの条件があります。 そんな理由で、生前葬についてお聞きしたいのであります。 なお、障害は目に見えるものでないため、通常の葬儀では、怠慢を指摘されやすいと危惧をするものでございます。 戒名、葬儀屋の手配、ご近所の人たち、親族など、私たちの地方では、むしろ、この方々が、家族より中心に葬儀をしていただくという風習のある田舎でございます。 そんなところで、果たして、生前葬を敢行する場合に、どんな形で進めるべきなのか?また、両親両方を一度に可能なのか?生前葬後に実際に、亡くなったときには、どんなことをすべきなのか?また、生前葬は、親族、近所の人たちを呼ばなくていいものなのか?配り物で済ますことは可能なのか? など、質問でございます。 あと、生前葬をしたという人を聞くと、社会的地位のある方が多いと感じますが、今回の私のように、凡人で、しかも、障害が理由で、喪主を敢行する自身がない、という理由で生前葬を行うような例はあるのか?また、地方の田舎で例はあるのか?どんな業者に頼むのか(地方なのでJA総裁などはありますが、、) こんな感じでございます。 どんなアドバイスでも宜しくお願いいたします。

  • 遺言で葬儀を行わなかった場合、一周忌の節目になにかするべきでしょうか?

    亡くなった身内が、形式ばった葬儀などを嫌う人だったので 遺志を尊重してごく身内や親しかった方の個別弔問を受けるなどして 葬式を行ないませんでした。最近形式ばった葬式や商業ベースの葬儀に 疑問を持つ人などが増えているようですが、そのような場合 一周忌の法要も当然行わないので良いのでしょうか? 自分としては故人の遺志を尊重したいので、一周忌という形式に のっとったやり方はしたくありません。故人の性格をよく理解して くださっている周囲の人たちも理解してくれています。 ただ気持ちとして一周忌の節目に故人の好きだったものなどを お供えして好きだった音楽をかけるなどしてしのびたいと思いますが このようなやり方でも良いのでしょうか? 自由な形式で一周忌の節目を迎えたことのある方の アドバイスをお聞かせください。うちはこんな風にやった などという参考例もあったらお聞かせください。 幸いなところ、反対意見は周囲から出ていません。 あくまで遺志を尊重してあげることが供養だと思っています。 よろしくお願いします。

  • 葬儀屋について

    不謹慎な話なのですが私の祖母が死んで葬式をしました。 葬式になるべくやすく済ませたのに200万かかるのはどうでしょう。 もし、格安の葬儀屋があったらいっぱいくるような気がするのですが。 でもやっぱり亡くなった人をきちんと見送る(?)と言うことが大事と思うので 需要はないでしょうか? 私見を述べれば死んでしまったもんをどんな金かけようと関係ないような気がします。 こういう考え方をする若い人が増えてくるような気がするのですが。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

生前葬をやったとしても、お遊びです。 春にやれば花見、夏にやれば納涼、秋にやれば収穫祭、冬にやれば忘年会新年会の余興です。 金を持って行っても、会費です。決してお悔やみ、香典では有りません。 死ねば、当然葬式をやります。そのときに持って行くお金が、香典です。 親のバカバカしいお遊びに、付き合う息子なら、葬式は盛大にやるでしょう、香典もたくさん持って行きましょう。 生前葬に息子たちが出ないなら、既に見放されています、密葬で、何も無いかも知れません。 バカバカしい親とつきあっている人たちなんか、葬式に来てもらわなくても構いません、と思っていることもありますので、もしお知り合いが生前葬をしたいと言ったら、止めるのが友人です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 確かに,イベント的な要素があるのは否めません。 とはいえ,最後の最後まで自分でコントロールしたい, という気持ちも分からなくもないです。 父が亡くなった後,近くのお寺で生前戒名を受戒しました。 父がしっかり過去帳をつけていたので, 代々の院号と戒名を伝え, 自分の希望を言ってつけてもらいました。 自分も下の回答者さん同様,家族葬で済ませたいと思ってます。 遺族には,自分の気持ちを汲んでほしいという思いがあります。

  • 回答No.2

生前葬は本人の意向ですが その方が亡くなった後は、家族の意向です。 どのような見送り方をするかはそれぞれです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 その通りだと思いますが,実態としてはどうなのでしょうね。

関連するQ&A

  • 生きていてもいなくても同じ

    今私が死んだら、葬儀屋が儲かって、私が生きることで生じる予定だった国の税収や消費電力や諸企業の売上が消えて、私の葬式に来る人や親を煩わせて、…って色々あるけど、大したことじゃない。 職場から私が消えたら、代わりになる人を置けばいいだけ。会社も職場の人も全く困らない。 私は生きていてもいなくても同じようなものですよね?

  • 90年代後半以降での葬儀

    こないだ、94年にご亭主を亡くした人の手記 を読みました。東京の区部在住者で、ご亭主 は大正半ば頃の生まれらしかったです。 その妻の人は、葬儀をやるについて自分なりに やりたいそうだったのですが、亭主の部下だった 人や昔からの友人・親族がたくさんやってきて、 彼らが葬儀を取り仕切ってしまい、妻とか添えモノ 状態だったとか。体質が古いからこういう事になって しまったのでしょうが、葬儀について95年以降に 体験した方、どうだったか教えて下さい。 ~地方政令都市、農村部、東京23宮内等、地域の  事を添えて頂ければと思います。(田舎では、今  も葬儀の挨拶らしいものを女にさせない地方も  あるのだそうです) ★記憶がいい場合は、もっと昔のものでも構い  ません。又、日本は葬式に先進国で突出して金が  かかりますが、その9割が仏教式の葬式だからで、  葬儀屋さんがいうには、仏教式でないと儲からない  から多くの葬儀屋は嫌がるのだそうです。(死を  ケガレと取るのも日本式で顕著だといいます)

  • Amebaアメーバのブログで、色々な人のブログを見たいのですが、どこに

    Amebaアメーバのブログで、色々な人のブログを見たいのですが、どこに一覧をクリックするところがあるのでしょうか?  こちらのサイトみたいに、新着の質問をトップページにどんどんアップして下さっているのか?(みあたりません)  どこからどうやって、ほかの方の(自分は新米会員です)ブログを拝見することができますか??  芸能人のブログのみ、右の欄に、宣伝されていますが・・・

  • 自分のブログにアクセスできる人を制限できますか?

    最近はじめて楽天ブログで趣味のパッチワークのページをつくりました。 ご存じのように楽天ブログは アクセスしてきた人の記録が最新50人まで わかるようになっているのですが、 どういう人が見に来てくれたのか楽しみに見てみると、 来る人来る人私の趣味とは全く関係のない、 アダルトサイトかアフェリエイトの人で、もううんざりしています。 もちろん、同じ趣味の人や友人も来てくれますが、 そういう人はむしろ少数です。 なので、アクセス数が多くてもあまり嬉しくないです。 どうして、アダルトサイトの人のアクセスが多いのでしょうか? また、新しく書き込みをすると、わかるらしく、 アクセス数が瞬間的に増えるのですが、 どこかに新規書き込みが掲載されているのでしょうか? できれば、私のブログにアクセスする人を制限したいのですが、可能でしょうか? あるいは、もしどこかに私のブログの宣伝が載っているのだとすれば、 その宣伝をなくすことはできますか? どうぞよろしくお願いします。

  • 池田氏と創価学会

    池田氏と創価学会 の関係が知りたいです。 幸福の科学を信仰している者が 創価学会で葬式を挙げていました。 都内ですが、密葬ということで 自宅に葬儀屋(創価学会)がきておりました。 私は宗教に無頓着ですが、 教会でお経をあげてるように思えました。 田舎者なので、都会の人は けっこう適当にお葬式やるのかなと。 そんなもんですかね?

  • さっき集団ストーカーの書き込みをしたせいでまた外はまた超大渋滞になって

    さっき集団ストーカーの書き込みをしたせいでまた外はまた超大渋滞になっておりました、4444のゾロ目ナンバーも登場し、葬儀屋関係の人も登場です、しかし一般人でこれだけ金を掛けて集ストするんやから芸能人の方達は本当に大変だと思います、ほとんどの芸能人が集ストされてると言っても過言ではないのでしょうか?バックが強い人を除いては

  • 神職の人は仏式の葬式には参列しないの?

    ある出来事から疑問に思ったので質問させてください。 神社で神職に就いている立場の人は知人や友人また親戚が亡くなっても仏式の葬儀には参列しないのでしょうか? 数年前に私の従妹が神職に就いている男性と結婚しました。 去年の夏と冬に親戚で2人亡くなった人がいるのですが、神職に就いている従妹夫婦は二人ともこれらの葬儀(告別式も)まったく参列しませんでした。 最初、「親戚が亡くなったのに葬式にも来ないなんて失礼だな」と思ったのですがふと「神職だから来ないのだろうか?」と思い始めました。 従妹とはいえ長い間疎遠だったので親しく聞くこともできず、また周囲に神社や神職について詳しい人がいないのでご存知のかた教えてください。 また夫が神職に就いている場合、その妻も仏式の葬儀には参列できないものなのでしょうか?

  • 死体が身近にあることによるメリット

    戦前や戦争中は道を歩けば死体がごろごろあったんですよね。 死が今より身近にある時代のほうが 死について考えると同時に、 命の大切さを実感するのではないかと思ったのですが どうでしょうか? 今はよっぽどのことがないと葬式に出ない限り 死体とは出会いません。 (看護婦や葬儀屋などの職業は除く) なので死が非現実的なもの、死ぬことなんてありえない、 人を殺したらどうなるのかわからない ということには繋がらないのでしょうか? 死体が道端に転がっているのが 古きよき時代とは言いませんが 死が身近にあるメリットもあると思いますが 私の考えはおかしいですか? よろしくお願いします。

  • 芸能人のブログへの書き込み

    最近、芸能人のブログを見ていて、 一般の人からの、そこへの書き込み(コメント)が、 たとえ世間的に(?)な芸能人だったとしても、 あまりにも、みんなでその芸能人のことを、 ‘ほめまくり’なコメントばかりだったのですが、 私は今まで一度もそういうコメントしたことがないので わからないのですが、 みなさんは、そういうコメントを見て ・うんざりする ・なんとも思わない ・微笑ましい の、どれですか!?

  • アーティストや芸能人がブログを書くメリット

    数年前からミュージシャンや芸能人などはブログを書くことが当たり前になってきました。 本人の意思で始めた人もいれば、事務所などに書くように命じられて書いてる人、マネージャーがかわりに書いていたりすると思います。 自分とは違う世界を生きてる人がどういう日常を送っているのかを覗けたり、どういう人か判断できるので、僕は好んで見ることが多いです。 ふと思ったのですが、そもそも彼らは何を目的としてブログを書いているのでしょう? ブログをもっている人と持っていない人の間に生まれる差とはなんだと思いますか? 僕が思いつくのは ・ファンへのサービス(その人の日常を知りたい人たちへのサービス) ・宣伝(ウェブサイトだけでなく、ブログも宣伝媒体として利用) くらいです。