• 締切済み
  • すぐに回答を!

破産法について

大学の課題なのですかよくわからなくて困ってます すいません回答お願いします 破産者が破産債権者にした弁済の効力について、弁済が破産手続開始決定前になされた場合と破産手続開始決定後になされた場合とに分けて、それぞれ論じなさい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数153
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
  • kgei
  • ベストアンサー率61% (230/376)

破産手続開始決定前の弁済について  偏波弁済として「否認権」が問題になる。  破産法 第百六十二条  次に掲げる行為(既存の債務についてされた担保の供与又は債務の消滅に関する行為に限る。)は、破産手続開始後、破産財団のために否認することができる。 一  破産者が支払不能になった後又は破産手続開始の申立てがあった後にした行為。ただし、債権者が、その行為の当時、次のイ又はロに掲げる区分に応じ、それぞれ当該イ又はロに定める事実を知っていた場合に限る。 イ 当該行為が支払不能になった後にされたものである場合 支払不能であったこと又は支払の停止があったこと。 ロ 当該行為が破産手続開始の申立てがあった後にされたものである場合 破産手続開始の申立てがあったこと。 二  破産者の義務に属せず、又はその時期が破産者の義務に属しない行為であって、支払不能になる前三十日以内にされたもの。ただし、債権者がその行為の当時他の破産債権者を害する事実を知らなかったときは、この限りでない。 2  前項第一号の規定の適用については、次に掲げる場合には、債権者は、同号に掲げる行為の当時、同号イ又はロに掲げる場合の区分に応じ、それぞれ当該イ又はロに定める事実(同号イに掲げる場合にあっては、支払不能であったこと及び支払の停止があったこと)を知っていたものと推定する。 一  債権者が前条第二項各号に掲げる者のいずれかである場合 二  前項第一号に掲げる行為が破産者の義務に属せず、又はその方法若しくは時期が破産者の義務に属しないものである場合 3  第一項各号の規定の適用については、支払の停止(破産手続開始の申立て前一年以内のものに限る。)があった後は、支払不能であったものと推定する。 破産手続開始決定後の弁済について  こちらはやっかいですね。  まず前提として。 破産法 第七十八条  破産手続開始の決定があった場合には、破産財団に属する財産の管理及び処分をする権利は、裁判所が選任した破産管財人に専属する。  したがって、破産者には弁済する財産がないのが通常であることを論ずる必要があります。  そして、「破産手続開始決定後の弁済」はいかなる場合にあり得るのかを論じます。すなわち、破産手続開始決定後に新たに得た財産などの「自由財産」からの弁済です。  「自由財産」からの弁済については、明文の規定がありません。そこで解釈が問題になりますが、破産免責の趣旨との関係で論じて下さい。  最高裁判決(平成18年1月23日)があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 破産手続開始決定の効果について

    大学の課題で破産手続開始決定の効果を挙げ、そのような効果を規定している法律の条項を記すとともに、そのような効果が認められる実質的な理由は何かというものが出ました。 六法を見ると破産手続開始決定の効果の条項が記されているのはわかりますが、認められる理由まではよくわかりませんでした。 詳しい方が居ましたら教えていただきたいです(>_<)よろしくお願い致します!!

  • 破産法53条について

    住宅新築中に建築会社が倒産しました。 70%支払いましたが、工事の進捗度は4割程です。 本日、管財人より解除通知が届きましたので質問させてください。 解除通知の内容は、破産法53条1項に基づき、解除する旨を通知いたしますということなんですが、この破産法を見ても意味が今ひとつ理解出来ません。 第53条 1項 双務契約について破産者及びその相手方が破産手続開始の時において共にまだその履行を完了していないときは、破産管財人は、契約の解除をし、又は破産者の債務を履行して相手方の債務の履行を請求することができる。 最後の部分「破産者の債務を履行して相手方の債務の履行を請求することができる。」とはどういうことでしょうか? 相手方=当方は債権者です。 当方の債務の履行を請求できるとはどういうことでしょう?? この通知書が届くまえに管財人から&#65282;和解による解除の手続きをします&#65282;という連絡がありました。 財団債権者のまま解除のするという意味だったと思います。 この破産法による解除は財団債権者の状態での解除を意味するものなんでしょうか? 管財人に質問しようと思いますが、書面での問い合わせ以外受け付けないそうです。 時間がかかるので、先にこちらに質問させていただきました。 よろしくお願いいたします。

  • 破産手続開始について

    根抵当権の被担保債権の範囲の中で民法398-3II、回り手形、回り小切手の制限について教えてください。 ”債務者の破産手続き開始”というのがありますが、破産手続開始決定と破産手続申し立てというのは具体的にどうちがうのでしょうか? ある本では、”破産手続開始したとき”というのと”破産手続開始決定”というのも意味が違うようなのですが、破産について意味がわからず、困っています。 よろしくお願いします。

  • 破産法について詳しい方

    以下の事例について破産法上考えられる問題点とその問題点の見解を教えてもらえませんか? (事例) 繊維製品の製造業を営むA株式会社は2010年12月1日に、その全額を2011年6月1日に返済する約定でX銀行から1000万円を借り入れた。A社は2010年3月頃から売れ行き不振に陥っており、資金繰りは次第に苦しくなっている状況であった。 そして、2011年5月頃中旬頃には、A社の従業員に対する給料の遅配やA社と取り引きのある原材料納入業者に対する代金決済の滞留が生じていた。しかし、A社は、これまで長い間に渡って取り引き関係を築いてきたX銀行に対しては、今後の運転資金の貸し出しをも期待して、借り入れていた1000万円を、返済期日である2011年6月1日、約定とおり返済した。その後、A社の資金繰りはさらに悪化し、2011年6月20日にA社振り出しの手形が不渡りになり、その翌日である21日に、A社は破産手続開始の申し立てをした。 そして、2011年7月1日、A社に破産手続開始決定がなされ、甲が破産管財に選任された。 よろしくお願いします。

  • 破産法について

    債務者について破産手続が開始された場合において、債務者に対して有していた権利は、どのような取扱いを受けるのでしょうか? すいません回答お願いします

  • 破産手続廃止決定書または破産手続開始決定書がいわゆる破産決定書に当たるのでしょうか

    会社の破産についてのことですが、破産手続廃止決定書または破産手続開始決定書がいわゆる破産決定書に当たるのでしょうか。 それとも、破産手続廃止決定書の後に、破産決定書の交付を受けられるのでしょうか。 ご教示くださいますようよろしくお願いいたします。

  • 破産手続開始申立て後の外泊について

    破産手続中は裁判所の許可なしに2泊3日以上の旅行・外泊は出来ないと聞きましたが、破産手続開始の申立て後、破産手続開始決定まで時間がかかります。 裁判所の許可が必要なのは、申立ての直後からなのか、それとも破産手続開始決定後からなのか、どちらでしょうか。

  • NPO法人役員が破産者となった場合の役員変更登記

    NPO法人の役員が破産者になると、破産手続開始決定の時点で役員の地位を失い役員ではなくなると思うのですが、破産手続き開始決定とともに自動的に商業登記謄本から破産した役員の氏名が抹消されるんでしょうか? それとも自分または法人で変更登記しなければいけないのでしょうか?

  • 物上保証人が破産した場合の別除権予定不足額について

    連帯保証人兼物上保証人が破産した場合の債権者としての、破産債権届の提出についての 質問です。 当事者は以下のとおりです。 債権者 A   債務者 (株)B 債務1000万円 連帯保証人兼物上保証人 C (今回破産手続開始決定) この債務を担保するために、C所有の不動産に根抵当権 極度額3000万円設定。市場評価は400万円。 Cに対する債権は別除権付債権というものにあてはまるのでしょうか。 この際に、破産者Cの破産債権届には、別除権の予定不足額として、600万円と記載すべきなのでしょうか。 それとも、このCに対する債権は別除権付債権ではないので、破産債権届には、 別除権のことは記載しなくてもよいのでしょうか。

  • 錯誤による破産者に戻した土地を購入して大丈夫ですか

    錯誤による破産者に戻した土地を購入して大丈夫ですか  先日K工務店に家作り相談に行った時にある土地を薦められた。立地や値段は非常によく、購入しようと考えました。しかし、自力でちょっと土地について調べところ次の事実が分かりました(K工務店はその事実を隠そうとしていますが...)。  その土地は持ち主であるMさんは自己破産の前にK工務店に一旦「所有権移転」をしました。Mさんの破産手続開始決定2年後、「錯誤」によってその所有権移転が抹消され、現在所有権がMさんに戻りました。  破産の法律をちょっと調べたところ、破産手続開始決定後に取得した財産は「自由財産」となりますので、破産者が自由に管理、処分できるとの記載があります。「錯誤」による「取得」した土地は普通に取得したものと「取得時間」が違いますよね。その土地は論理的に「破産財団人」に管理(換金処分)されるべきの財産でしょうか。  もし私は宅建主任者を通して、代金を支払って、その土地を購入する場合、契約は有効でしょうか?将来問題や揉め事になりますか?もし契約が合法的であれば、Mさんに支払った代金(20万円以上)は破産財団人に差し押さえられますか?